Menu
 >
 >
 > 千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し

Miyazaki's Spirited Away
(Sen and the Mysterious Disappearance of Chihiro)
2001年【日】 上映時間:125分
平均点: / 10(Review 880人) (点数分布表示)
アドベンチャーファンタジーアニメファミリー
[セントチヒロノカミカクシ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-15)【イニシャルK】さん
公開開始日(2001-07-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
カーク・ワイズ(英語吹替版)
助監督高橋敦史
柊瑠美荻野千尋(千)
入野自由ハク
夏木マリ湯婆婆/銭婆
菅原文太釜爺
内藤剛志千尋の父 荻野明夫
沢口靖子千尋の母 荻野悠子
上條恒彦父役
小野武彦兄役
我修院達也青蛙
神木隆之介
大泉洋番台蛙
中村彰男カオナシ
玉井夕海リン
安田顕
山像かおり
山本道子
塚本景子
山本郁子
佐古真弓
戸次重幸
斎藤志郎
デイヴィー・チェイス千尋(英語吹替版)
スザンヌ・プレシェット湯婆婆/銭婆(英語吹替版)
デヴィッド・オグデン・スタイアーズ釜爺(英語吹替版)
ローレン・ホリー千尋の母(英語吹替版)
マイケル・チクリス千尋の父(英語吹替版)
ジョン・ラッツェンバーガー青蛙(英語吹替版)
原作宮崎駿
脚本宮崎駿
音楽久石譲
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
スタジオジブリ(音響・音楽制作)
作曲木村弓「いつも何度でも」
主題歌木村弓「いつも何度でも」
撮影奥井敦(映像演出)
製作氏家齊一郎
星野康二
日本テレビ(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
徳間書店(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
東北新社(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
電通(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
三菱商事(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
遠谷信幸(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン(「千と千尋の神隠し」製作委員会)
製作総指揮徳間康快
ジョン・ラセター(英語吹替版)
プロデューサー鈴木敏夫
市川南〔製作〕(宣伝プロデューサー)
制作スタジオジブリ
奥田誠治(制作担当)
シャフト(動画協力)
配給東宝
作画高坂希太郎(作画監督)
安藤雅司(作画監督)
百瀬義行(原画)
マッドハウス(作画協力)
Production I.G(作画協力)
金子志津枝(原画)
米林宏昌(原画)
田中敦子〔作画〕(原画)
小西賢一(原画)
大杉宜弘(原画)
美術武重洋二(美術監督)
小倉宏昌(背景)
山本二三(背景)
真野薫(タイトル)
男鹿和雄(背景)
保田道世(色彩設計)
編集瀬山武司
録音井上秀司(整音)
西尾昇(デジタル光学録音)(デジタル光学録音)
上田太士(光学録音)
東京テレビセンター
その他森吉治予(海外プロモート担当)
IMAGICA(現像)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
久石譲(指揮・ピアノ演奏)
あらすじ
トンネルのむこうの町で、千尋は両親と訪れた時に、不思議な事が起きた。両親は豚に千尋は不思議の国に。千尋はその不思議の国で働くことになるのだが。。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
41424344
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
880.久しぶりに鑑賞しましたが、相変わらず登場人物のインパクト大で面白かったです。ナウシカやもののけ姫とは違って、いきなり普段の世界から違の世界へまぎれこむ展開なので、やや置いてきぼり感を感じてしまうのは仕方がないですが、世界観はいかにも日本的で自分好みです。もののけ姫とは違って暗いあやしい雰囲気ではないので、小さな子供でも怖がらずに安心して観れます。なんとなく「まんが日本昔話」をスタイリッシュにした感じとでもいうのでしょうか。一つだけ惜しいのは、すでに書かれている人もいるのですが、千尋の最初からラストへの成長過程の部分です。向こうの世界では目覚しく成長しているのですが、こちらの世界に戻ってきた途端最初の弱弱しいキャラに戻ってしまっていて、何だか今までの世界がすべて夢だったかのような印象を受けてしまいました。あの世界の登場人物が、現在の世界とリンクしていて、後日談的に「かまじいは学校の先生の化身だった」かのような話にしても面白いかもと勝手に思ったりもしました。
金田一耕助さん [DVD(邦画)] 8点(2017-09-25 15:02:52)
879.解り易いようでヤッパリ解らない映画

コレは世界の宮崎氏の代表作なんでしょうが・・自分には???
日本版の不思議の国のアリス?
変な登場人物?が大勢出てきて、右往左往の大騒ぎ。
神隠し被害者の少女の孤独な戦いの中で精神的に成長するお話?

それならば、リアル世界での千尋のビフォーアフターの描写も無いと・・・?

初期のジブリ映画とはかなりチャイますねえ。
もののけ姫もかなり違和感がありましたが、これはもっとかな・・
宮崎氏の目指す物と、大衆の期待する物には乖離が有るようですが
この作品は外国でも評価されたようで、乖離しているのは自分の
方だったのかと落ち込んでいます。
この映画があんなに高評価で、バカ売れした理由が??わからない
いやー映画って難しいですねー
グルコサミンSさん [DVD(邦画)] 5点(2017-01-30 13:36:40)(良:1票)
878.《ネタバレ》 この映画なんかめっちゃ汚い。ばっちい。不潔。
う○こみたいなのがいっぱい出てきて気持ち悪かった。
マントタヌキさん [インターネット(字幕)] 3点(2016-11-30 00:15:17)(良:1票)
877.《ネタバレ》 宮崎駿の後期の作品の中では好きなほうの作品。しかし、世界観は良いのだが、ストーリー設定に少々つっこみどころがある。それもそのはず、宮崎自身、完成直前までシナリオが完成していなかったらしく、どうするかあれこれ試行錯誤していたようだ。こうなると、もうダメだね。顔無しの存在とかよく分からん。宮崎、衰えたり。
festivaljapanさん [DVD(邦画)] 6点(2016-07-16 20:13:15)
876.《ネタバレ》 ジブリの中では一番好き。ジブリの代名詞とも言える空を飛ぶという自由の象徴に突き進んでいくと思いきや、あわや軽々しくそれを放棄して、恐ろしい程、静かになってゆく。決して盛り下がっているというわけではなく、清められているというか、見終わった後、凛とした気持ちになっている。そういったところがたまらなく好きなのです。
母の腕にしがみつき、夢かうつつか定かではない世界に入り込む千尋。かつての心もとない千尋のようなカヲナシに付きまとわれるようにまでになった千尋が、帰り道、今までの出来事がまるで嘘だったかのように母の腕にしがみついて、歩いている。成長というものは同一の環境下で為されて初めて、形容される言葉なのかと思い知り、そのストイックさに驚きを隠せません。変わったのは千尋ではなく、環境の方であり、元々眠っていた力が引き出されていただけ。でも、必ず、経験、記憶、そういった類のものは然るべきときに然るべく発揮されてゆく。だからこそ、千尋の紫色の髪留めが静かに、しかし力強くキラキラと光っていることに心が震えて仕方ありません。
うーさん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2016-05-04 01:25:11)
875. 難しい映画です。

 隠されたメッセージだの寓意だのを分析しようとすると、どうしても「監督が可愛い女の子を色んな目に遭わせてみたかっただけのロリコン映画」という結論しか出てこないんですよね。
 かつては反体制側の視点から作品を描いていたはずなのに、この作品では権力者側に非常に同情的になっている点など、色々と着目すべき事は多いのですが、それ以上に色濃く感じられたのが「大人は醜い豚」「この世は理解出来ない化け物ばかり」「そんな中で唯一の癒しである幼女は、こんなにも健気で可愛らしい」という主張だったりしたので、やはり自分にとっては、上記のような結論に達してしまう訳です。
 もしかしたら、美少女が画面に出てくるだけで嬉しくなるような気質である自分自身がロリータ・コンプレックスだからこそ、そう感じてしまっただけかも知れませんが、ちょっとそれ以外の言葉で表現しようとすると嘘になってしまいます。
 自分の好きな「ドラえもん」シリーズや「シベールの日曜日」や「あの子を探して」などがロリコン映画であるという程度には、この作品もそうなんじゃないかなぁと。
 ただ、この映画に関しては「そんなに大人が嫌いで、純真無垢な幼女が好きなの?」という作り手に対する疑問符のようなものが浮かんで来てしまい、映画の世界に入り込めなかったというのが正直なところです。

 そんな大いに偏った印象を除外して考えれば、凄く上質な映画であるのは間違いないかと。
 単純にアニメーションとしてのクオリティーが高く、画面の中でキャラクターが動くのを眺めているだけでも楽しいですよね。
 逆境の中で主人公を助け、安堵感を与えてくれるハクの存在も魅力的だったと思います。
 特に、竜の飛翔シーンに関しては圧巻の一言で、暫し呆然として見惚れてしまいました。
 やはり、こういったタイプの映画は難しい事を考えずに、頭を空っぽにして観るべきだよな、と反省させられましたね。

 ラストシーンにて「何だか全てが夢だったみたい」と感じさせてくれる非現実感というか、心がフワフワするような不思議な気持ちを与えてくれるのも(これが童心に返してくれる映画という事なのかな)と思ったりしました。
ゆきさん [DVD(邦画)] 4点(2016-05-02 22:45:33)(良:1票)
874.さすがに初めて見た時の神秘的な緊張感や先の読めない意外性から受ける衝撃は薄れてきますが、八百万神と魔法の世界は相変わらずファンタスティックです。作者の思いとはズレているかもしれませんが、想像力や右脳が目いっぱい刺激される直感的な映画でした。
ProPaceさん [DVD(邦画)] 9点(2016-03-10 23:35:32)
873.正直なんでこんなにうけているのかわからない
HRM36さん [DVD(邦画)] 0点(2015-06-29 16:18:54)(良:1票)
872.《ネタバレ》 車の後部座席で花束を抱えて仰向けになる少女。窓の外にアカンベー。

見知らぬ森の鳥居、大木、ほこら?薄暗い道。
両親の好奇心に振り回される娘。まるで童心に還った子供のように。遺跡を探索するようなピクニック気分。それを笑って“迎える”ように立つ像。謎の建物の黒い、異様に暗い穴に吸い込まれていく人々。

地面をガリガリ削るように走る車の躍動感。そっから竜が飛ぶわ化物が駆け回るわ、相変わらずそのスピードへのこだわりにビックリだ。そういうシーンの数々を見るだけでも、方向性とかテーマとかそんなものどうでも良くなりそう。

演技はそんなに悪くないと思う。これ以降のジブリ作品が特に酷いというだけ。

菅原文太の兄貴の演技、夏木マリの素晴らしい演技を聞くだけでもそんな事はどうでもよくなる。

無人の市街地の不気味な静寂。相変わらず食欲をそそられる食い物の数々。
サンプルのような山盛り料理と、二人が食べるぷりぷりした質感の違い。その違和感が、この映画そのものの違和感を物語る。度々聞こえる列車の音。

食いだしたら止まらない止められない恐怖、謎の少年の警告、かけられる“呪い”、人質を助けるために奪われる名前、個性。溶けて“ゼロ”になりかける肉体と心。

それを取り戻すために少女は“千尋”として様々な事件を乗り越えていく。

劇中の人々は、外見も中身もメチャクチャ変わっていく。取り戻す名前と自分、家族。
劇中の人々は、外見も中身もメチャクチャ変わっていく。あの「カオナシ」すら自分を見つめ直そうとするのだから。
そんな人々の中で、魔女はあまり変わらない。それは正反対の性格を持った“もう一人の自分”が既にいたからなのだろうか。必要悪、絶対悪としての存在。それが揺らいでしまう事への恐れ。夏木マリの演技力に恐れ言った。

そういう存在がいなかった「ハウルの動く城」をめぐる魔女は、おどろくほど様変わりしてしまう。


車を覆う草木だけが経った時間を語る。遠のいていく穴、何とも言えない寂しさ。
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-12-14 21:31:52)
871.ジブリ作品の中で一番ワクワクした映画、また観てしまったけど相変わらず面白かった。
マンデーサイレンスさん [地上波(邦画)] 10点(2014-12-01 13:23:43)(良:1票)
870.《ネタバレ》 会場(劇場)で見なくていまだに後悔している出来事が2つあり、PRIDE崩壊後に大晦日に行われた格闘技イベント「やれんのか」と、この映画を映画館で見なかったことがあげられる。それだけ、この映画をTVで見て衝撃的だった。CM付のTV放送でこの感想なのだから、劇場で見てればなおさら感動しただろう。特にスタッフロールで泣きそうになった映画というのは、後にも先にもこれだけだ。
善悪の区別が無いとかわかりにくいとか批判も色々あるが、この映画は「日本の伝統的な神々の雰囲気を体現する」ことに関しては超一級品。だから、そういう世界観や価値観に触れたことない海外には特に評価されたのだろう。
序盤のホラーな感じとその後のお祭り騒ぎは、まさに日本における幽霊や八百万の神の価値観、それにまつわる祭りを体現したものだと思った。善悪の区分けがはっきりしてないのもまさにそれ。「貧乏神と福の神」の話のように、本来ならば歓迎すべき「福の神」が敵役?となってしまってるように、日本の神々の善悪の価値観なんてその時々。妖怪大戦争でもそうだったように、善悪にはっきりわかれるのではなく、お祭り騒ぎを楽しみましょうというのが日本の神々のポジションというイメージなんだろう。カオナシだって、八百万も神がいればこんなやつもいるだろ程度に捉えておけばいいんですよ。近年、ハリウッド映画などで善悪がはっきりしているキリスト教的な考えに基づく物語構成に慣れてしまっていると、違和感を覚えるかもしれないが。ていうかナウシカだってそんな単純な話じゃないぞ?あれも相当説教くさいし。
もう全編この映画の持つ雰囲気が心地よく、特に電車に乗る辺りからは祭りの終わった後の片づけ中のやりきった感にも似たなんとも言えない空気感が好きである。そして最後のスタッフロール。主題歌と背景が、祭りの撤去後の会場にも似た寂しさがあり、このスタッフロールは個人的に最高のツボだ。ジブリ映画は必ずどこかにハッとするいいシーンがあるが、もうこの映画はスタッフロールまでそういうシーンのオンパレードである。
打投極全てが完璧のラピュタと違い、一芸に秀でた感じのある映画ではあるが、個人的にはラピュタとこれが宮崎駿の2大傑作かと思ってる。
みーちゃんさん [地上波(邦画)] 10点(2014-11-27 11:25:40)(良:2票)

869.何度観ても、唯一無二のテーマ性と、舞台装置にあふれ出るイマジネーションの奔流には圧倒される。全く予想のつかない物語の中を主人公と進む楽しさ、好奇心が刺激される喜び。125分間、子供ともども目をまん丸にして身動きせず見入ったものだった。
ほとばしるような色彩、朱色の鮮やかな和とも中華とも感じる美術をはじめ、藍の深い海列車の夕暮れに出迎えのランプ、具現化された八百万の神々、釜爺のボイラー室の背の高い薬草箱から客室の襖絵に至るまで、ひとつひとつの場面があまりにも印象的で美しく、数多のアニメ映画の中でも別格に位置すると思う。
例えば夕暮れ時の鳥居になぜか心がざわめいたり、道の脇に地蔵様を一体発見しただけでその背景が想像できたりと、異界への感受性は日本人のDNAに刻み込まれているかのように感じることがある。だからカオナシが何者なのかとか、○○は△△の象徴であるとかの説明が無くても、彼らがそこにいることを私はすんなりと受け入れられる。
主人公の少女千尋は宮崎アニメの女の子としては珍しくリアルに近い造型で、怖気も開き直りも親切にされた喜びも、彼女にシンクロしたかのように共感できる。もうイイ年になった私だけど、そう何度観ても。
tottokoさん [DVD(邦画)] 10点(2014-11-27 00:34:30)(良:4票)
868.《ネタバレ》 TV放映されいてたので再鑑賞、以前観た時には何点付けてるか楽しみだなぁと思って記事追加しようとしたら未登録でした^^;前観た時よりも面白く感じました、細かい事気にせず楽しむ事にしているのが良かったようです。前回は説教くさいと感じたのですが、改めて観てみるとそうでも無いので、先入観を持って観ると楽しめないかもしれませんね、楽しい物を観てるんだから楽しまないとね^^、ふと思ったんだけど、低い点数ばかりの激辛レビュアさんがおられますが、映画を観てて楽しいのか心配になります。。。大きなお世話ですね。。。^^;
ないとれいんさん [地上波(邦画)] 7点(2014-11-25 20:30:56)
867.《ネタバレ》 映画公開当時に映画館で鑑賞。その後テレビ放映も録画して数回見ていましたが
「なんか話はよくわからんがいい映画だなぁ」ってぐらいにしか思っていませんでした。音楽は強く印象的でサントラは買いましたが・・・。
で、それから10年以上が経過。ふとテレビ放映で見ていたら、何故か物凄く強く引き込まれてしまい、エンディングの風景が消えるその瞬間まで感動していました。
千尋が訪れた生と死の間にあるような静かで不思議な神の世界は彼女の心象世界であって、千尋の心の成長がしっかりと描かれています。最後に冒頭のシーンに戻った時、その時の彼女はおそらく記憶を無くしていると思われるのですが、「一度あったことは忘れないものさ…想い出せないだけで」という銭婆の台詞のように、きっと無自覚に成長しているんでしょうね。
nokkyさん [地上波(邦画)] 10点(2014-11-22 21:52:22)
866.《ネタバレ》 雰囲気、空気感、そんなとりとめもないことが心に残る珍しい映画
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-03 20:17:51)
865.ふと改めて観たくなり、DVDにて観賞。初めて観たときにはストーリーとこの映画の訴えることともに???だったが、その後のジブリ作品でさらなる退屈と「なんじゃこりゃ?」状態をこれでもかと味わっていたためか、今回案外すんなりと受け入れられた。物語のターニングポイントは、銭婆に契約の印鑑を返しに行くと自分で決意したところ。それまでは「働かせてください。」と言ったところでそれはハクの入れ知恵によるものであり、純粋に自分の意志で伝えたものではない。そう、この映画は一人の少女が自らの意志で行動していく課程を描いたものであり、そう捉えると実に納得。元の世界に戻った後、千尋がこの世界のことをはたして覚えているかどうかが興味深いところ。
黒兵衛さん [DVD(邦画)] 7点(2014-07-31 08:31:48)
864.最後、千尋が振り返ろうか迷う時・・・時間を忘れることが出来ました。
cogitoさん [映画館(邦画)] 9点(2014-07-30 19:21:33)
863.《ネタバレ》 こんなに多くの人が見ているのにストーリーを理解できない自分。でも結構いますね、意味わからんという人も。
幼少期ディズニーで育った私には、ジブリの世界はどうも合いません。まず両親の冷たさ。子どもが止めるのも聞かずに無断で人のものを見苦しくむさぼる。そして豚に変えられて崩れ落ちる。これは怖いです。
その後の展開は意味が分からなくなります。「ゲボゲボ」とか「血しぶきがピッ!」とか苦手です。ラストで両親が何も変わっていないのも驚きです。相変わらず冷たい。こどもの帰る場所は温かくなくちゃ。宮崎監督は、いわゆる声優が嫌いということなので、この冷めた感じの棒読みが好きなのでしょう。ディズニー映画お決まりの、大人が成長する(子どもをそのまま受け入れる)、子どもが安心してまた出発する、というラストは、宮崎さんにしたら論外なのでしょうかね。
LOISさん [地上波(邦画)] 3点(2014-05-10 20:54:12)
862.もう会えない友達、成長とともに忘れてしまった子供時代の出来事、そんな時の侘しさが久石譲さんの音楽で湧き上がりました。
さわきさん [地上波(邦画)] 7点(2014-05-06 16:15:34)
861.史上最高のアニメーション映画
pillowsさん [DVD(邦画)] 10点(2014-04-08 02:34:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728293031323334353637383940
41424344
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 880人
平均点数 6.41点
0171.93%
1242.73%
2283.18%
3455.11%
4697.84%
510411.82%
612814.55%
713014.77%
814416.36%
911212.73%
10798.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.03点 Review27人
2 ストーリー評価 5.82点 Review47人
3 鑑賞後の後味 6.11点 Review45人
4 音楽評価 6.97点 Review47人
5 感泣評価 5.03点 Review31人

【アカデミー賞 情報】

2002年 75回
長編アニメーション賞宮崎駿受賞 
長編アニメーション賞鈴木敏夫受賞 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS