ザ・ボーイ ~人形少年の館~のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・ボーイ ~人形少年の館~
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・ボーイ ~人形少年の館~

[ザボーイニンギョウショウネンノヤカタ]
The Boy
2016年【米】 上映時間:97分
平均点:5.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-07-17)
ホラー犯罪ものミステリー
新規登録(2018-10-31)【たろさ】さん
タイトル情報更新(2019-11-05)【3737】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・ブレント・ベル
キャストローレン・コーハン(女優)グレタ
ルパート・エヴァンス(男優)マルコム
ジム・ノートン〔男優・1938年生〕(男優)ヒールシャー
撮影ダニエル・パール
製作トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
ロイ・リー
マット・ベレンソン
製作総指揮ロバート・シモンズ〔製作〕
オーレン・アヴィヴ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 心霊現象にビクビクしながら見ていると後半は一転パワー系のドタバタ猟奇映画に。ホラーとしては普通だけどやはりウォーキングデッドのマギーことローレン・コーハンが目当てで見たので彼女の美貌に加点。着替えたりシャワーしたりと大変ありがたく拝見させていただきました。
にしきのさん [インターネット(字幕)] 6点(2020-01-08 20:02:13)★《新規》★
5.《ネタバレ》 まず誰でも解る事といたしましてはコールという男、きっと後で出てき来て殺されるんであろうということ。これはお約束。
そんなことよりブラームス君、まさか陶器だったなんて ビックリさ!よく今まで割れることなく生きてこれたな ビックリさ!そしてビックリして間もなく真のブラームス君が登場、顔は隠してあるも胸毛の濃さが強烈な胸毛君。そして気が狂ったの如く暴れさせてジ・エンド。つまり悪人だったと仕立て上げられ後味悪く終了。
なんか勿体無かった 途中まではミステリー系の心情ホラーとして体を成していたのに、終盤間際になってから急にバタバタと。この責任は一体誰に取ってもらいましょうか コールお前さんだよ アンタだよ。アンタがいちいち死ににさえ来なければ、もうちょっとはあのまま平和にママさんゴッコが続いていたのに もうね、アンタのせいで台無しだ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2019-11-03 22:30:20)
4.《ネタバレ》 チャッキーの様にこの人形が襲いかかってきた方が面白いのに。気になったのが、男が女に「ガム占いだよ」と言い、女が食ってるガムを「恥ずかしいわ」と言いつつ男に手渡すシーン。日本じゃイケメンでもドン引きされます。
真尋さん [インターネット(字幕)] 3点(2019-05-05 22:41:15)
3.《ネタバレ》 一体どういうからくりなのか?どういう結末なのか?が予想できず、見入って今う。
謎の怪奇現象は、オカルトなのか、現実的仕掛けがあるのか、どっちなんだろうと思いつつ見ていて、さすがにこれは前者、オカルトな話で終わるんだろうなと思ってたら、後者だった。ここまで予想を裏切ってくれたのなら高く評価したい。
数々の伏線を張ってしっかり回収しているのも素晴らしい。
結末であるブラームスの正体は、悪魔のいけにえのレザーフェイスとあまりに似ていて、ちょっと新鮮味にはかけてたのは残念。
あの人形が耳にした内容を、本物のブラームスがすべて聞いていたということになるわけだが、だったら、あの人形を壊した時に中からマイクとかカメラが出て来たほうがよかったのではないだろうか。そうじゃないと、一体ブラームスはどうやって情報を得ていたのか分からずじまいになってしまう。
椎名みかんさん [インターネット(吹替)] 8点(2018-12-23 16:34:43)(良:1票)
2.《ネタバレ》 いや、さすがに無理あるでしょ。「壁の中に誰かがいる」を思い出した。
センブリーヌさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-12-17 03:42:59)
1.《ネタバレ》 老夫婦がまるで実の息子のように溺愛する一体の蝋人形。広い洋館で、その人形と一夜を共にすることになった女性の不可思議な体験を描いたミステリー・ホラー。正直に言いまして、この作品を観たのは確か一年近く前でその頃はこのサイトに本作が登録されておらず、だからと言ってわざわざ自分で登録申請するほどのもんでもないなぁとほったらかしにしていました。ところが今回、親切なお方が登録してくれたので約一年ぶりにうろ覚えの記憶だけを頼りにレビューを書かさせていただきます。まあつまんない作品でしたよね、これ。さして怖くもないし、最後のオチなんて「はぁ何それ?」って感じで怒りを通り越して呆れてしまったのを覚えております。まぁそれくらいかな(笑)。要約いたしますと、論評に値しない作品ってことですわ。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2018-11-13 03:49:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3233.33%
400.00%
5116.67%
6116.67%
7116.67%
8116.67%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS