リップスティックのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リップスティック
 > (レビュー・クチコミ)

リップスティック

[リップスティック]
Lipstick
1976年【米】 上映時間:89分
平均点:5.62 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷もの犯罪もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-03-24)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ラモント・ジョンソン
助監督ミッキー・マッカードル(第1助監督)
キャストマーゴ・ヘミングウェイ(女優)クリス・マコーミック
クリス・サランドン(男優)音楽教師 ゴードン・スチュアート
マリエル・ヘミングウェイ(女優)クリスの妹 キャシー
アン・バンクロフト(女優)検事 カーラ・ボンディ
脚本デヴィッド・レイフィール
音楽ミシェル・ポルナレフ
編曲デヴィッド・フォスター〔音楽〕
撮影ビル・バトラー〔撮影〕
ウィリアム・A・フレイカー(追加撮影)
ロバート・M・スティーヴンス[撮影](カメラ・オペレーター)
製作フレディ・フィールズ
パラマウント・ピクチャーズ
製作総指揮ディノ・デ・ラウレンティス
配給東宝東和
美術ドンフェルド
衣装ドンフェルド(ノンクレジット)
字幕翻訳山崎剛太郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 マーゴ・ヘミングウェイのレイプシーンが話題になった映画。
裁判で無罪になった男が、今度は妹を毒牙にかけようとして、主人公に射殺される。
それがカタルシスを生んでいる。
飛鳥さん [映画館(字幕)] 5点(2012-12-05 16:41:22)
7.公開当時は、日本でも結構話題になった。
ヒロインのマーゴ・ヘミングウェイは有名ファッション雑誌の表紙を何度も飾っている
今でいうスーパーモデルさん。この作品では実の妹と姉妹の役で共演している。
レイプを題材にした本作は、とてもストレートな展開で、しかも判り易い。
相手役の俳優さんが憎たらしく、観ているこちら側に大きなフラストレーションを与えるが、
それだけにラストの展開は気分爽快だった。難を挙げれば、映像と演出が低レベルなことかな。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-08-03 06:36:08)
6.《ネタバレ》 復讐したい気持ちはわかるけど、いくらなんでも射殺して無罪はないわな。日本でも裁判員制度が始まれば、こういう無茶苦茶な判決がでるんだろうか???
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-21 02:45:54)
5.《ネタバレ》 忠臣蔵が日本人の原点であると密かに思っている小生としては、あのラストはどうしても納得できないわけです。復讐という行為の裏側に、情状を酌量すべき如何なる事情があろうとも、それはそれとして是非を判断するというのが理性というものでありまして…いくら何でも無罪なわけねーだろ!
鳥居甲斐守さん [地上波(吹替)] 4点(2008-03-18 22:48:59)
4.全体的な雰囲気が苦手。とても。映画の中身を知ってるからいえることかもしれないけど、良いきれいな雰囲気ではない。客観的になれない空気とでもいえばわかりやすいかな。恋愛映画などを観ていても思うことがあるけど、やっぱり男と女では見方が違ってくるんだろうな。妹と男のシーン、違和感もないし別の映画にはめこんだら素敵なシーンになりうるのかと思うととても怖い。
らいぜんさん 6点(2003-12-07 20:22:18)
3.ジョディ・フォスターの「告発の行方」(1988)とついつい比べてしまいます。ヘミングウェイの孫娘二人の熱演はありますが、どうもこの手の映画は苦手ですね。
オオカミさん 6点(2003-11-29 13:52:13)
2.マーゴ・ヘミングウェイの真っ赤な分厚い唇と骨太の大きな体が印象的。銃を構える姿が様になってた。当時はずいぶん評判になった映画だけど、コメントが少ないのは、やはり、古い映画だからなのかな。
くるみぱぱさん 7点(2003-09-30 05:48:53)
1.レイプという今日的な問題を扱った作品ではあったが、娯楽性が強いという事もあって、当時としてもそれ程の問題作という印象はなかったように記憶している。ただ音楽教師としては、作曲する音楽そのものからして異常性が感じられ、この時期もっとも個性的な俳優C・サランドンの変質者ぶりが、強烈なインパクトとして残っている。マーゴ・ヘミングウェイ演ずるファッションモデルが彼にレイプされる生々しいシーンから、一転、裁判モノに移行する構成となっているが、終始被告に有利に展開するレイプ裁判の難しさというものを、考えさせられたものだった。結局、罪を問う事が出来ず、彼は無罪放免。しかし、再び魔の手が自分の妹にまで及んだときに起こした姉の行動が、クライマックスに用意されている。白いドレスを美しく翻しながら、ライフルの銃口を向ける彼女。我慢に我慢を重ねた末の感情の爆発。まさにカタルシスが最高潮に達した瞬間だが、弾が無くなっても引き金を引き続けていたのは、他でもない、我々自身である。
ドラえもんさん 7点(2003-05-23 11:18:17)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.62点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4112.50%
5337.50%
6225.00%
7225.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS