日本大侠客のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > 日本大侠客
 > (レビュー・クチコミ)

日本大侠客

[ニホンダイキョウカク]
1966年【日】 上映時間:95分
平均点:9.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションヤクザ・マフィア伝記もの
新規登録(2020-12-28)【鱗歌】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マキノ雅弘
キャスト鶴田浩二(男優)吉田磯吉
大木実(男優)岡部亭蔵
天津敏(男優)花山精吉
品川隆二(男優)堺平助
岡田英次(男優)小野田修次
神戸瓢介(男優)中村秀四郎
木暮実千代(女優)スエ
徳大寺伸(男優)加山正一
河野秋武(男優)塩谷源之助
三島ゆり子(女優)おふじ
藤純子(女優)お竜
内田朝雄(男優)岩崎万吉
近衛十四郎(男優)桜井義三郎
楠本健二(男優)河童の五郎
大木悟郎(男優)ダルマ兼
河村満和(男優)耳切りの長吉
中村竹弥(男優)大滝喜一郎
汐路章(男優)浪七
国一太郎(男優)松五郎
脇中昭夫(男優)六蔵
小田部通麿(男優)源蔵
市川裕二(男優)奥田嘉兵衛
岡田千代(女優)お美代
丸平峰子(女優)おまき
加賀邦男(男優)熊辰
関根永二郎(男優)松田
蓑和田良太(男優)秋川
矢奈木邦二郎(男優)酒井
高並功(男優)仲仕A
小山田良樹(男優)仲仕C
脚本笠原和夫
音楽菊池俊輔
撮影山岸長樹
企画俊藤浩滋
橋本慶一
配給東映
美術鈴木孝俊
編集宮本信太郎
録音東城絹児郎
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 石炭積み出しに沸く明治の北九州・若松を舞台に、侠客・吉田磯吉の半生を描く。とは言っても、とても実話とは思えない点が多々あるのですが、フィクションで誇張された漢気が漲った、これぞ痛快娯楽作、という作品になってます。ユーモアもあれば悲壮感もあり、ホントに面白いんだ、これが。
磯吉オヤブンを演じるは、鶴田浩二。気が良くって無鉄砲、愛される存在ではあるけれど、身内からすれば頼りないことこの上ない。そんな彼の成長譚みたいなところもあって、いや、まあ、最後までずっと頼りないっちゃあ頼りないけれど、でも人間、こうやって周りから徐々に頼られるようになって、ジワっと成長していくもんだよね、というのが、よく出ています。
方言によるセリフがまた、何とも言えぬ人間味を感じさせるし、さまざまな人間が集まってくる港町らしく、さまざまな方言が入り混じる(関西訛りの役者たち)のも面白いところ。エキストラの動員により、町の雑多な感じや、殺伐とした争い、といったものも、映画によく表れています。
商売人としてはサッパリだけれど、舎弟たちに愛され、仲仕たちに愛され、大物オヤブンにも愛され、しかし藤純子演じるお竜との切ない関係があったりもして。その他、病弱なヒットマンとか、人が好さそうに見えて実は剣の達人のオッチャンとか、脇を固めるキャラクターも多彩で、それぞれが忘れ難い存在感を示しています。
そして、若松を牛耳ろうと企むハゲ親父・岩万こと内田朝雄との、深まる因縁。ラストはもう、殴り込みならぬ、討ち入り状態で、準備のために集結した主人公たちの姿が、どえらくカッコいい。激しい死闘、そして最後に鳴り響く銃声。シビレます。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 9点(2020-12-29 04:14:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
91100.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS