Menu
 >
 >
 > カリギュラ

カリギュラ

CALIGULA
1980年【米・伊】 上映時間:164分
平均点: / 10(Review 22人) (点数分布表示)
歴史ものモンド映画エロティック
[カリギュラ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-04-13)【ESPERANZA】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ティント・ブラス
キャストマルコム・マクドウェル(男優)カリギュラ
ピーター・オトゥール(男優)ティベリウス
テレサ・アン・サヴォイ(女優)ドルシラ
ヘレン・ミレン(女優)カエソニア
ジョン・ギールグッド(男優)ネルバ
グイード・マンナリ(男優)マクロ
ジョン・スタイナー[男優](男優)
レオポルド・トリエステ(男優)カリクレス
アドリアナ・アスティ(女優)
音楽ブルーノ・ニコライ(ポール・クレメント名義)
レンツォ・ロッセリーニ〔音楽〕(1984年公開版)
撮影シルヴァーノ・イッポリティ
製作ボブ・グッチョーネ
配給日本ヘラルド
美術ダニーロ・ドナーティ
編集ラッセル・ロイド(ノンクレジット)
その他ブルーノ・ニコライ(指揮)
あらすじ
紀元1世紀前半のローマ帝国、人々は美酒・美食・華麗な風俗と文化に酔い、官能の歓びを追い求める日々を送っていた。皇帝ティベリウスにはかつての知的で誠実な王の面影はなく、半ば朽ちかけた肉体を引きずりながら、周囲の陰謀と裏切りの経験によって極端なまでに疑り深く、凶暴な振る舞いを重ねてきた。そのティベリウスから後継者に指名されたカリギュラだったが・・・。 米国ペントハウス誌のオーナー、ボブ・グッチョーネが46億円を投入し、ローマ帝国の官能と退廃を描いたハード・コア巨編。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

22.《ネタバレ》 ジョン・ギールグッド、ピーター・オトゥール共演以外の知識なく鑑賞。カリギュラ即位から暴虐の限りを尽くした挙句惨殺される歴史モノに名を借りたAV。モザイクがかかっているもののハッキリと映っており、ありとあらゆる種類の行為を飽きる程見せられる。官能美のカケラもないゲテモノポルノはそっち目当てで鑑賞してもゲンナリすること請けあい。彼等が何故こんなクソ以下のシロモノに出演したのか? カリギュラとダブって見える大金持ちの色情狂に薄汚い手口で騙された無念さを思うとハラワタが煮えくり返る。「小人の饗宴」を遥かに上回る鑑賞歴中最低最悪の動画。
JAPANESE. 551さん [DVD(字幕)] 0点(2017-12-08 02:14:46)
21.《ネタバレ》 公開当時は思春期真っ只中な時期で、当然観に行けなかったのですが、その当時にあった“ロードショー”だの“スクリーン”などの月刊誌のカリギュラの紹介ページを見ただけでも興奮し、学校ではカリギュラ、カリギュラと何かにつけて友人と言い合っていた思いを巡らしつつの初鑑賞です。

一寸見カリギュラって、どうしようもない奴だなとも思ったのですが、何でも手に入り全てが思うがままの身分になってしまうと、全ての事が信用出来なくもなるもんなのだな・・・と少し憐れみを感じてしまい、悲しい運命に思えました。


しかし、序盤の白いヒラヒラの衣装で駆けずり回る兄妹(天使に見えた)から後の、エグい位のエログロシーンは必要あるの?とも思ったが、良く言えばこの時代の狂った事象をよく表現していたとも思える・・・が、歴史大作の名を借りた洋物AVとも(その割にはあまり興奮しないんだけど・・・)

な訳で、雑誌の紹介で興奮してたあの頃は純だったんだな・・・と懐かしく思った次第であります。
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 5点(2013-01-27 16:08:14)(良:1票)
20.イカれた男が絶大な権力を握ると本当にこんな感じになるんだろう。
カリギュラが『時計じかけのオレンジ』のマルコム・マクダウェルとは、なんというハマり役。
ハードコアポルノのようなきわどい内容なのに、一流の俳優を使って仕上げるというのは、日本では考えられない。
エログロなのでストーリーには特筆するようなものはないけど、これだけスケールが大きいと無修正版なら一見の価値あり。
飛鳥さん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2013-01-11 00:19:49)
19.《ネタバレ》 ハードコアの部分が極度に取り上げられ評判はすこぶる良くないが、歴史映画だということを忘れてはならない。昔のローマ皇帝の中には、これほどひどい皇帝がいたという事実なのだ。
私が少年時代に習ったのは暴君ネロだが、このカリギュラ帝はそれ以上で狂っているとしか言いようがない。最愛の姉ドルシラを亡くしてからそのとどまる所を知らず目を覆うばかりである。家臣によって暗殺され在位わずか3年の短命の皇帝だった。
ところでこの映画、私は結婚する前に妻と一緒に見た映画の1本である、と言ったら皆さん信じられるだろうか。私もこれほどまでとは思わず、感想を聞くのをはばかった映画だったが・・・。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 6点(2012-04-01 22:06:20)
18.最低。
俳優陣の役者魂に+1点。
せかいのこどもさん [DVD(字幕)] 1点(2010-12-11 20:45:10)
17.中身のない人間が絶対的権力を手にしたらどうなるのか。それが始まりから終わりまで描かれていた。秩序の崩壊と快楽的欲求のスープ煮込みといった感じで、まあこうこう世界も有り得るということを映画にするのも私は悪くないと思った。
ピカレスク。さん [DVD(字幕)] 6点(2009-03-22 17:22:39)
16.エログロ描写は文句なし。公開出産と全裸部隊の突撃はインパクト大。セットに奥行きが無く、特に前半は舞台劇を観てるようでした。カリギュラが人格破綻していく過程をマルコム・マクダウェルが熱演しており飽きさせない。
8bitさん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-13 00:35:36)
15.ピーター・オトゥール ヘレン・ミレンが出演していたのには驚いた。
ご自由さんさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-07 00:25:03)
14.良く出来た映画の分類にはいるのではないかな?
見ているうちに、エロシーンやグロシーンより、主役のカリギュラの心理的な部分がものすごく自分に入ってきて、そういったシーンなんかどうでもよくなってて・・・
最後には、「これが人間なんだなあ」という感じでした
ほ~り~ぐれいるさん [DVD(字幕)] 9点(2006-10-01 10:56:20)
13.うげぇ・・。こんな映画だとは知りませんでした。古代ローマが大好きなのでレンタルしちゃいました。時代考証はしっかりしてるんだろうけど、気持ち悪くなるエログロ・・そこを早送りしてたら、やけに早く終ってしまった。ってことはつまり、殆どエログロ?!うぅ・・。グロはある程度しょうがないとして、エロの場面はあんなに必要なんでしょうかね。てかカリギュラ役はどこかで見たことあると思ったら、アレックスじゃないか!!
ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 2点(2005-06-24 01:34:13)
12.《ネタバレ》 P・オトゥールが出てる作品を制覇する目標のネックがまずこれ。

現在ふたつのレンタル屋さんの会員にはなっているものの、

ただでさえ困難な作品が多くネットDVDレンタルも利用しています。

このネットレンタルというのが意外と便利で、DVDボックス5枚組みのうちの一枚とかが

借りられるので「未知への飛行」「将軍たちの夜」はここで借りたのです。

この「カリギュラ」もそうです。レンタ屋には置いてない。R指定、置いてあったとしても聞けない。

というか(ポルノと知り)見たくなかったのですが、この谷を越えなきゃと決心(苦笑)

・・同じように全作品見れてない監督、俳優ももちろんいますが・・

なんでこんなジャンルによくまぁと思ったのだけれど、

うまくまるめこまれたらしいですね。ほとんどの出演者は知らずに真剣に演じ、

あとで関係のない映像を差し込まれたというから驚き。

しかもR指定になる前に劇場をまるごと借り切り大ヒットさせたとか・・

オトゥールさんは、まったくわかってなくて、監督がこの映画の意義を理解していない、

困ったものだったって・・主演は確信してたと思う。

あの、「時計じかけのオレンジ」の、アレックスことマルコムですから。

いや、映画の本質は時計じかけと近いものがあると思う。

でも一番激怒したのは、執事役?の俳優さんで、かなりな人です。

サーの称号を持つジョン・ギールグッド 氏。ていうかこの映画、俳優が豪華すぎ。

すごい投資してたんですね・・



ただね、この映画もしきちんと作ってくれてたらば、かなり私はいい評価をつけると思う。

この時代の残忍なシーンや奴隷の裸なんて、教科書や博物館でも目にするし。

巨額をかけたわりに舞台のようなセットとなぜか合う、豪華な舞台名優のオペラ調の演技。

マジうまいのですよ。この映画にこのひとらを、だまして使うのは悪いよなぁ・・

と思えるくらいエロ以外はまじめに作られていました。

ミュージカルは苦手だけれど、オペラや舞台劇は興味あるので残念。
アルメイダさん [DVD(字幕)] 3点(2005-05-07 07:43:06)
11.マルコム・マクダウェル主演なのでプラス1.5点です。
hayakawadotcomさん [ビデオ(字幕)] 3点(2004-04-18 12:28:59)
10.《ネタバレ》 期待して観ただけにおもしろかった。予想はついていたけれども、あのラストシーンには衝撃を受けた。ものすごく悲しい話のような気がする。ドルシラの死ぬシーンは胸が苦しくてたまらなかった。カリギュラ役はマルコム・マクドウェルがぴったりだと思った。無茶苦茶ではあるけれど、憎めない主人公を演じきれていたから。確かにエロいシーンばっかりだけど、それを理由に観ないというのは、かなりもったいないかな。
揺香さん 9点(2004-03-02 14:38:22)
9.気分悪い。見るんじゃなかった。
仮面の男さん 1点(2004-02-28 00:58:46)
8.コレ、アメリカの無修正版で観ましたよ。普通これ見たら一流のスタッフ、キャストで贈るポルノってなるよね。エロいってよりキモい、グロいって感じかな。で日本の修正版見たこと無いんだけど、どうなの?コレ修正したらボカシだらけで面白さも半減するのでは?まあ、話を追うだけだったら日本版でもいいんだろうけど。あと上映時間長く感じたな。
カズゥー柔術さん 5点(2003-12-07 04:52:44)
7.ほとんどボカシばっかりで、何がうつっとるのか、さっぱりわからん!女同士でレズってるところの喘ぎ声は、迫力もんだったが、それだけ。ジョンギールグッドよくこんな映画に出たな。断れよ。「金返せ!」と言いたい映画だったが、館内はほぼ満杯で、半分近く女子大生だった。俺は恥ずかしかったぞ!
ひろみつさん 2点(2003-11-01 17:35:02)
6.本名はガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクスといって、カリグラ(カリギュラ)とは彼が幼少の時に軍隊が付けたあだ名で【兵隊靴の坊や】という意味です。見ての通り、マルコム・マクダウェル、ピーター・オトゥール等の一流のスタッフを動員した歴史ポルノ大作ですが、実際のカリグラ帝も即位後すぐに患った大病によって精神を冒され、その後溺愛していた妹の死によって狂気がさらにエスカレートした狂人だったので、このような作品になるのは当然だし、その点については上手く彼の狂行を表現できてると思います。この後、彼の妹の(小)アグリッピナが、後に暴君としてその名をとどろかせるネロを生んだというところが、歴史の面白みを物語っていますね。
クリムゾン・キングさん [DVD(字幕)] 7点(2003-06-29 02:33:55)
5.壮大なるアフォ映画。
venomさん 5点(2003-05-10 16:39:56)
4.エロ目的に見たって気持悪いだけです。しかもこれ確信犯でエロ映画にしてるでしょ?全然、意味のないエロシーンの方が本編より多いですから。噂のキワモノっちゅーのは友人と酒飲みながら見るモンじゃないですね。
グリギンドンさん 1点(2003-04-02 20:38:26)
3.一般的にナンセンスと言われるのもわかりますが、要は観方の問題だと思います。狂った王様の物語と言う意味では、ビスコンティの「ルードビヒ」と対極をなす名作ともとれるのではないでしょうか?この度のヘア解禁版は当たり前で、そーでなくてはこの映画の「狂った」度も全然分からなくなると言うものです。
トビキツネさん 9点(2003-03-01 10:59:25)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 22人
平均点数 4.32点
014.55%
1418.18%
229.09%
3313.64%
400.00%
5418.18%
6418.18%
714.55%
800.00%
9313.64%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 1.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS