アダム氏とマダムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アダム氏とマダム
 > (レビュー・クチコミ)

アダム氏とマダム

[アダムシトマダム]
Adam's Rib
1949年【米】 上映時間:101分
平均点:6.33 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ法廷ものモノクロ映画ロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-09-24)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・キューカー
キャストスペンサー・トレイシー(男優)アダム
キャサリン・ヘプバーン(女優)アマンダ
ジュディ・ホリデイ(女優)アテンジャー夫人
トム・イーウェル(男優)アテンジャー氏
デヴィッド・ウェイン(男優)キップ
ジーン・ヘイゲン(女優)ベリル嬢
脚本ルース・ゴードン〔1896年生〕
ガーソン・ケニン
音楽ミクロス・ローザ
撮影ジョージ・J・フォルシー〔撮影〕
製作ローレンス・ウェインガーテン
MGM
配給セントラル
特撮A・アーノルド・ギレスピー(特殊効果)
美術セドリック・ギボンズ(美術監督)
エドウィン・B・ウィリス(セット)
ヘンリー・グレイス(セット装飾補)
衣装ウォルター・プランケット
録音ダグラス・シアラー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 ヘプバーン&トレイシーコンビの、息の合った掛け合い夫婦漫才みたいなやり取りが楽しめる、ごくごく標準的なコメディー。検察側が夫で弁護側が妻、たまたま同じ事件を裁判所で審議するという面白いシチュエーション。だた内容自体は、その設定から想像出来るそれ以上でもそれ以下でもない。役者の魅力を引き出すのが上手いG・キューカー監督ですが、同時期の「ボーン・イエスタデイ」といいこの作品といい、この時代ならではのおっとりした展開を敢えて狙ったような演出なんですよね。今のめまぐるしくハチャメチャに展開する、コメディに慣れてしまった目には、少々かったるく感じるかも。まあそこは好みの分かれるところだと思います。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-13 10:56:32)
2.舞台作品の映画化ということでブロードウェイの演出家出身のジョージ・キューカーさんが舞台的緊張感をそのままぶつけたような作品に仕上げております。ヘップバーン演じる弁護士がジュディ・ホリデイから事情聴取するシーン、延々と5分ほどがカットを割らずに撮られています。このシーンで、ヘップバーンをくっているのが、ジュディ・ホリデイのとぼけたコメディエンヌぶり・・・冒頭からの挙動不審ぶりや、拳銃を撃つのに説明書を読んだりとおかしさを出しているのですが、この事情聴取の会話のかみ合わなさは、殺人未遂という重々しさとの落差で余計に笑わされます。ストーリィは男女同権を素材に、トレイシーとヘップバーンの弁護士夫婦が、家庭という私的空間ではパートナーとして、裁判所という公的空間ではライバルとして過ごしているうちに・・・という内容です。私生活でもホットな関係であった二人ですから二重に見応えがありますね~。ラストのラストにトレーシーが語る言葉は、女性贔屓といわれた監督の巷間への反語のように聞こえて痛快でした。あ~お腹がすいた。←見た人だけがわかるネタですいません。
彦馬さん 7点(2004-11-07 23:41:38)
1.夫を殺そうとした妻の裁判で、検事と弁護士として対決する夫婦のお話。ヘップバーンが男女平等を掲げながらいつものようにめちゃくちゃなことをするので、目新しさはない。
HKさん 6点(2004-08-13 11:58:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.33点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6266.67%
7133.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1950年 23回
脚本賞ガーソン・ケニン候補(ノミネート) 
脚本賞ルース・ゴードン〔1896年生〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS