Menu
 >
 >
 > アメリ

アメリ

Amélie/Amelie[英]/Amelie from Montmartre
(Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain)
2001年【仏・独】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 537人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーコメディファンタジーロマンス
[アメリ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-11-25)【イニシャルK】さん
公開開始日(2001-11-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ピエール・ジュネ
キャストオドレイ・トトゥ(女優)アメリ・プーラン
マチュー・カソヴィッツ(男優)ニノ・カンカンポワ
ジャメル・ドゥブーズ(男優)リュシアン
ドミニク・ピノン(男優)ジョゼフ
イザベル・ナンティ(女優)ジョルジェット
ヨランド・モロー(女優)マドレーヌ
リュファス(男優)プーラン氏
アンドレ・デュソリエナレーション
林原めぐみアメリ(日本語吹き替え版)
宮本充ニノ(日本語吹き替え版)
根本泰彦リュシアン(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]マドレーヌ(日本語吹き替え版)
内田直哉ジョゼフ(日本語吹き替え版)
池田勝プーラン(日本語吹き替え版)
銀粉蝶ジョルジェット(日本語吹き替え版)
原康義イボリト(日本語吹き替え版)
野沢那智ナレーション(日本語吹き替え版)
久保田民絵(日本語吹き替え版)
茶風林(日本語吹き替え版)
佐々木敏(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
定岡小百合(日本語吹き替え版)
出演スペンサー・トレイシースタンリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
ジョーン・ベネットエリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
脚本ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン
音楽ヤン・ティルセン
撮影ブリュノ・デルボネル
製作クローディー・オサール
製作総指揮クローディー・オサール
配給アルバトロス
美術アリーヌ・ボネット(プロダクション・デザイン)
編集エルヴェ・シュネイ
あらすじ
アメリ(オドレイ・トトゥ)はモンマルトルのカフェ・ムーランで働く22歳。幼い頃から父と二人暮しだった彼女は、いつのまにか空想好きでエキセントリックな女性になっていた。そんな彼女が、駅で証明写真機の下を探る男性ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に一目惚れする。彼女は、ダイアナ妃が亡くなったニュースを見ながらアパートの浴室でみつけた小さなブリキの箱を持ち主に届ける事ができれば、新しい世界に飛び込んでみようと決心する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
497.あ~うっざい女。こんなやつが身近にいたら絶対いじめそう!!かわいくもなんともないな。
HAMEOさん [DVD(字幕)] 4点(2009-09-18 21:21:21)
496.ジュネの映画が大ヒットするなんて誰も予想しなかったこと。女の子に受けるキラキラ要素とマニア受けのコテコテ要素が混在するモンド・ビザール。自分で作りあげた夢の世界の住人アメリ(オドレイ・トトゥのなりきりぶりはすごいが少々苦手な子…)のちいさな冒険。停滞気味のシネマフレンチの壁を破ってスコーンと抜けた感じはよいが、「デリカテッセン」「エイリアン4」「ロング・エンゲージメント」も含めた5本の中で、自分にとってのメダイユ・ド・オーが「ロスト・チルドレン」であることに変わりない。
レインさん [映画館(字幕)] 7点(2009-08-07 00:04:47)
495.フランス映画のイメージが変わった名作。
アフロさん [DVD(字幕)] 8点(2009-06-17 19:24:52)
494.まあまあ観れた。
承太郎さん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-05-04 18:16:12)
493.ファンタジックで絵が綺麗で、いかにも女のコが好きそうな映画ですね。とは言え、私のようなオッサンでも結構楽しめましたが。私にはアメリが空想好きとも内向的とも思えません。だってあの程度の空想は若いうちなら誰でもするでしょうし、アメリの行動力たるや、はっきり言って私の30倍はあります。私にはとてもじゃないが、嫌な奴の留守宅に忍び込んで悪戯するなど出来ませんし、気になる相手を尾行して落し物を拾い、さらには……。なんてコトも出来ません。すごいぞアメリ! めちゃめちゃパワフルな行動派じゃないですか。映画としては、途中少々中弛みがあるのが気になったかな。上手く編集すれば、あと10分くらい短くしてもっとシャープな印象の映画になったと思うんだけど。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-04-30 13:13:08)
492.脳内がお花畑になれる
くまさんさん [地上波(字幕)] 8点(2009-04-28 05:04:36)
491.《ネタバレ》 妖精のいたずらのような奇行を繰り返すアメリですが、これはあのルックスと思いやりがあってこそ成立する行動です。普通の人(特に確信犯的な不思議少女系や、自分を見失った盲目少女系)が真似するととんでもないことになるのでご注意を。何度か鑑賞している映画ですが、何度見ても面白い映画です。最初に見た時は、この映画から漂うオシャレさ/キュートさ/センスなどに目がいきました。改めて見直した時は、奇人変人達でも通用する町社会の人情の温かさを痛烈に感じました。下品な場面が多々あるので一家団欒で楽しむ事はお勧めしません。一人かカップルで見て、微笑むくらいが丁度良いです。鑑賞後に恋がしたくなる映画です。
VNTSさん [DVD(字幕)] 8点(2009-02-24 23:40:47)
490.色彩がとても綺麗な映画でした。やっぱりフランスはどこで撮っても画になるね。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2009-01-26 16:13:41)
489.《ネタバレ》 アメリのような友人がいます。見た目はすごくかわいい。悪戯が大好き。子供のような残酷さ。偶に小悪魔ならぬ悪魔の片鱗を見せる。はまったものには物凄い集中力を見せて徹底的にやりぬく。ある意味器用。恋に恋する。少し奥手‥‥。付き合っていると振り回されるしイライラする可愛さ余って憎さ百倍になることも多々。
でも、やっぱり彼女の残酷さは純粋さともいえるし、突き抜けた器用さは不器用ともいえ、応援したくなる。友人としては大変な時もあるけど、彼女の可愛さはアメリに通じると思う。アメリはブラックな面があるけど罪がない。この映画は可愛くてちょっと犯罪手前だけどクスっとしてしまう。合うか合わないか割ときっぱり分かれそうな映画だけど面白かったです。
まりんこさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-09 23:58:17)
488.《ネタバレ》 アン・シャーリーが善なる空想家なら、アメリは厄介な妄想娘といったところでしょうか。ただ妄想するだけなら害はありませんが、悪戯癖には困ったものです。やり過ぎのお仕置きや、他者の人生に介入するような真似は褒められた話ではありません。ですが、これも人生の“スパイス”と考えれば少しは許せるというもの。旅するドワーフに感化された父親は引きこもりから抜け出たようですし、“ほとんど病気”の2人はめでたく(?)結ばれました。美味しい料理にも、楽しい人生にも、スパイスは欠かせません。気になる彼に仕掛けた恋のトラップなんて微笑ましいです。でも、スパイスが過ぎたら料理は台無しになってしまいます。それに香辛料だけではお腹は満たされません。ずっと自分の人生と向き合う事を避けてきたアメリは、ルノワールの絵の中の「水を飲む娘」と同じと言えます。心ここに在らずだから、真ん中にいるのに存在感が薄いのです。本気でぶつからなかったら、自分の人生を手に入れられません。やがては絵描きのおじいさんのように、他人の絵を模写する事で大切な時間を使い切ってしまいます。やはり絵描きは、”自分の絵”を描かなかったらウソだと思います。おじいさんは、アメリにそうなって欲しくないと願ったのではないでしょうか。勇気の一歩はいつでも踏み出せます。でもそのタイミングは無限ではありません。疾走するバイクの如く、時はあっという間に過ぎていくのです。2人乗りが出来たアメリは幸せを掴んだ様子。もちろん一人乗りだって気持ちが良ければそれで構いません。大切なのは、納得できる人生を歩むこと。やらない後悔より、やって後悔。失敗だって人生のスパイスに違いありません。本作で描かれている様々な人生のかたちは、観客に優しくその事を問い掛けている気がします。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 9点(2009-01-01 00:00:01)
487.あの騒ぎは一体何だったんだろう。当時はジュネ=「ロスト・チルドレン」っていう確固たるイメージがあってどうも馴染めませんでしたがいま冷静になって再見するとジュネのセンスが「明」のほうに突き抜けたとても素敵な映画と感じます。好きな人への不器用な接し方を対比するオドレイ・トトゥとドミニク・ピノンがもんのすごいはまり役。 今回吹き替えで観たんですがナレーションが素晴らしいです。
8bitさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2008-12-27 23:53:48)
486.映像と音楽とエンディングは個人的には好きだけど、主人公にまったくといっていいほど共感(周りにあのような人がいたらひく…)できなかったのでこの点数。
たっけさん [DVD(字幕)] 5点(2008-12-11 00:19:52)
485.雰囲気のみでこんなにステキな作品が撮れるのはすごい。
Balrogさん [DVD(字幕)] 9点(2008-12-03 19:34:56)
484.《ネタバレ》 めちゃくちゃかわいかったわー。 アメリ性格悪っ! ホホ。 子供時代からイタズラのセンス良すぎよ。 サッカーのゴールシーンだけアンテナ外すなんて…やられたらほんとイラッとくるわよね。 あとドアノブが逆になってるとか、スリッパがちょっとだけ小さいとか…アタシも彼にカチンときたらやっちゃおうかしら。 ホホ。 全体的にやっぱりフランスな感じよねー。 エスプリ(黒)が効いてるっていうか。 …この映画見てたらアタシもモンマルトル辺りを散歩したくなったわ。
梅桃さん [DVD(字幕)] 8点(2008-11-18 10:56:10)
483.うわぁぁ~アメリうぜぇぇ~。気味悪いし。軽犯罪で連行されればクスッと笑えたのに・・・
にうさん [DVD(字幕)] 1点(2008-10-13 12:26:23)(良:1票)
482.もっと風刺のきいた辛口コメディかなと思ってたら、ファンタジックな変わり者の女の子の片思い成就物語でした。嫌いじゃないですね、色彩と背景もいい、特に部屋の壁紙がいいなぁ。この映画はかなり想像力と粋な遊び心が豊かな人じゃないと作れないと思う。
一歩間違えたらストーカー、でも悪意とかネジ曲がった欲がないの。自分にあんまり利のない自己満足っていうのかな。人が喜ぶのを見て満足してる感じ、ココがいいです。
お父さんに旅に出る決意をさせるための写真がいいネ、かわいいです。
いつでもどこでもストレートに自己主張すればいいってもんじゃないです、人間関係がいつも不必要に緊張していてギスギスしてきそうだ。
フランス人は恋愛とバカンスのために働き生きているのかもね、やっぱり。
envyさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-09-19 12:33:18)
481.オドレイ・トトゥがとても素晴らしかった。意外とこういう女性好きかもしれないです。可愛らしさとミステリアスさがなんともいえなかった。映像も綺麗だし癒された気分になった。
茶畑さん [DVD(字幕)] 7点(2008-09-13 23:46:16)
480.構成・演出にこだわりが感じられて素晴らしかったです。オドレイ・トトゥが適役でかわいかったなあ。
すたーちゃいるどさん [DVD(吹替)] 8点(2008-08-17 20:17:04)
479.個人的には、こういうひとりよがりな映画は苦手かもしれない。そこそこ面白く、誇張された表現があってそれなりに楽しめたが…。主人公もイマイチ苦手。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-06 21:51:32)

478.苦手な人の気持ちも、好きな人の気持ちも
どちらの意見もよくわかるこの映画。

ちまたでは女性向けの映画とされているこの作品。
私、男なのですがこの映画大好きです。

全体の映像美、テンポの良さ、キャラクターの良さ。
どこか漫画的なのかな?

この映画のおかげで自分の中にあるフランス映画のイメージが一新されました。
非映画人さん [映画館(吹替)] 8点(2008-08-06 01:57:31)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 537人
平均点数 6.77点
030.56%
1101.86%
2152.79%
3132.42%
4397.26%
5468.57%
67814.53%
710519.55%
812322.91%
96411.92%
10417.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.52点 Review21人
2 ストーリー評価 6.71点 Review32人
3 鑑賞後の後味 7.74点 Review35人
4 音楽評価 7.90点 Review31人
5 感泣評価 5.85点 Review14人

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
脚本賞ジャン=ピエール・ジュネ候補(ノミネート) 
脚本賞ギョーム・ローラン候補(ノミネート) 
撮影賞ブリュノ・デルボネル候補(ノミネート) 
音響賞 候補(ノミネート) 
美術賞アリーヌ・ボネット候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS