Menu
 >
 >
 > アメリ

アメリ

Amélie/Amelie[英]/Amelie from Montmartre
(Le Fabuleux destin d'Amelie Poulain)
2001年【仏・独】 上映時間:120分
平均点: / 10(Review 539人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリーコメディファンタジーロマンス
[アメリ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-05-27)【S&S】さん
公開開始日(2001-11-17
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン=ピエール・ジュネ
キャストオドレイ・トトゥ(女優)アメリ・プーラン
マチュー・カソヴィッツ(男優)ニノ・カンカンポワ
ジャメル・ドゥブーズ(男優)リュシアン
ドミニク・ピノン(男優)ジョゼフ
イザベル・ナンティ(女優)ジョルジェット
ヨランド・モロー(女優)マドレーヌ
リュファス(男優)プーラン氏
アンドレ・デュソリエナレーション
林原めぐみアメリ(日本語吹き替え版)
宮本充ニノ(日本語吹き替え版)
根本泰彦リュシアン(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]マドレーヌ(日本語吹き替え版)
内田直哉ジョゼフ(日本語吹き替え版)
池田勝プーラン(日本語吹き替え版)
銀粉蝶ジョルジェット(日本語吹き替え版)
原康義イボリト(日本語吹き替え版)
野沢那智ナレーション(日本語吹き替え版)
久保田民絵(日本語吹き替え版)
茶風林(日本語吹き替え版)
佐々木敏(日本語吹き替え版)
石住昭彦(日本語吹き替え版)
定岡小百合(日本語吹き替え版)
出演スペンサー・トレイシースタンリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
ジョーン・ベネットエリー・バンクス(映画「花嫁の父」より)(ノンクレジット)
脚本ジャン=ピエール・ジュネ
ギョーム・ローラン
音楽ヤン・ティルセン
撮影ブリュノ・デルボネル
製作クローディー・オサール
製作総指揮クローディー・オサール
配給アルバトロス
美術アリーヌ・ボネット(プロダクション・デザイン)
衣装マデリーン・フォンテーヌ
編集エルヴェ・シュネイ
あらすじ
アメリ(オドレイ・トトゥ)はモンマルトルのカフェ・ムーランで働く22歳。幼い頃から父と二人暮しだった彼女は、いつのまにか空想好きでエキセントリックな女性になっていた。そんな彼女が、駅で証明写真機の下を探る男性ニノ(マチュー・カソヴィッツ)に一目惚れする。彼女は、ダイアナ妃が亡くなったニュースを見ながらアパートの浴室でみつけた小さなブリキの箱を持ち主に届ける事ができれば、新しい世界に飛び込んでみようと決心する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
479.個人的には、こういうひとりよがりな映画は苦手かもしれない。そこそこ面白く、誇張された表現があってそれなりに楽しめたが…。主人公もイマイチ苦手。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2008-08-06 21:51:32)

478.苦手な人の気持ちも、好きな人の気持ちも
どちらの意見もよくわかるこの映画。

ちまたでは女性向けの映画とされているこの作品。
私、男なのですがこの映画大好きです。

全体の映像美、テンポの良さ、キャラクターの良さ。
どこか漫画的なのかな?

この映画のおかげで自分の中にあるフランス映画のイメージが一新されました。
非映画人さん [映画館(吹替)] 8点(2008-08-06 01:57:31)
477.変人過ぎてついて行かれませんでした。

映像は綺麗だし、雰囲気をかわいらしく感じたのも事実なんですが、どうしてもビデオクリップ以上映画未満に感じました。
黒猫クックさん [DVD(邦画)] 4点(2008-07-21 02:43:26)
476.素直に面白かった。終始ニコニコしながら見た映画ってあまり記憶にないなー。当初の予定はエミリーワトソンだったらしいがオドレイで正解。気味の悪さと微笑ましさのギリギリの線をうまく出した良作。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 8点(2008-07-20 18:43:01)
475.この主役の女性、ある意味天才でしょう。喫茶店で働いていることが勿体無く感じた。良くも悪くもフランスらしさがでている映画です。
あるまーぬさん [地上波(字幕)] 6点(2008-07-18 03:24:37)
474.《ネタバレ》 微妙にもなりきれない・・かといっておもしろくなかったわけでもない。ところどころ、(それはちがうんじゃないか?)てとこもありながら、にっこりしてしまうところもあり・・アメリが陰ながらでも動いたから恋は成就したんだろうけど、こんなにうまくいかないでしょ・・・・と突っ込んでしまいました・・
おもしろくなかったわけじゃないけど、おもしろいわけでもない、自分にとってはそんな映画でした。
子供の頃のおもちゃを届けてあげたエピソードはすごく心があたたまりました。
Shioriさん [DVD(字幕)] 5点(2008-05-26 20:47:36)
473.《ネタバレ》 思い切って飛び込んでみれば人生はきっと楽しくなる、もし失敗してもやり直すことはできる。独特の世界観と映像、音楽に彩られた「アメリ」は人生の素晴らしさを教えてくれて同時に心を幸福感で満たしてくれる。誰が何と言おうと胸を張って「大好き。」といえる映画。大好き。
サムサッカー・サムさん [ビデオ(字幕)] 10点(2008-03-11 09:19:32)
472.こんな女性は、ちょっと…
Yoshiさん [ビデオ(字幕)] 2点(2008-03-04 22:58:56)
471.映像がとてもキレイで女の子が好きそうなオシャレな映画です。アメリがとても魅力的で、その行動も面白いし、序盤のテンポも良いし、雰囲気もとても良いです。
ただ、ちょっと中だるみを感じ、長く感じてしまった。良くできたファンタジックなラブコメですが、僕とはやはり相性は良くなかったです。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-02-27 13:41:31)
470.個人的に大好きです。
アメリ好きな女は痛いというイメージがあるかと思いますが
大好きです。
音楽も色の使い方、オドレイのかわいさ、すべてが◎です。
映画をみて速攻、サントラを購入しました。
momoさん [映画館(字幕なし「原語」)] 10点(2008-02-23 11:12:11)
469.シュールなファンタジーの代表格でしょうか。このクオリティなら良かったと言わざるを得ませんでした。
色鉛筆さん [インターネット(字幕)] 8点(2008-02-03 16:16:52)
468.癖のある映画だなと思いました。こんなことを思いながら点数は平凡ですが・・・
たけよしさん [地上波(字幕)] 6点(2008-01-09 19:15:20)
467.素直にええやん!と思った。
ジダンさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-01-06 10:08:37)
466.オドレイ・トトゥ出演作で比較すると、「愛してる、愛してない...」の方がブラックで好き。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-04 10:47:41)
465.テレビの吹替えで見た自分が言うのもなんですが、楽しめなかったです。どなたかが「感性が合うか合わないか、そういう作品」とおっしゃってましたがまさしくそうですね。これだけ評価が高いのだから、私の見る目がないのかもしれませんが、物語の中にも入り込めず自分には合わなかったです。どこをどう楽しめばいいのやら・・・。鑑賞しながら戸惑いを覚えました。
☆Tiffany☆さん [地上波(吹替)] 3点(2007-08-17 13:53:23)
464.フランス恋愛映画はまったりとしたテンポのイメージが自分には強く、好きになれなかったのですが、今作品はテンポ良く、印象深い美しい映画でした。
Jane.Yさん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-16 06:54:40)
463.すごい好きな映画です。
映像、音楽が可愛い。独特な雰囲気。
ひょんなところから始まる恋が素敵です。
オドレイが可愛い。
ゆりたぬきさん [ビデオ(字幕)] 10点(2007-07-25 00:32:27)
462.《ネタバレ》 ワタシも子供時代のほうが面白かったクチです。成長してからはちょっとテンポがね。でもドワーフが送ってくる旅先からの写真は気に入りました(特に赤の広場からのヤツ・・・)。あんなん見ると欲しくなっちゃうよなぁ、ああいう可愛くないちょいリアルなドワーフ。買ってうちの庭にも置きたいよ。
ぞふぃさん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-21 12:56:31)
461.この映画の感想を言葉で表現するのは難しいです。DVDを借りてきて、連続して3回観てしまいました。こんなことは初めてです。「こんな女いるもんかーっ」って思いながら、全く不快感がないんですよね。最初から最後まで、憎めない映画です。(この「憎めない」感がこの映画のツボなのかもしれない)
かねたたきさん [DVD(字幕)] 10点(2007-05-18 23:59:15)
460.映画を見た後、心がきれいになった気がしました。
主人公のアメリを軸として、いくつかの話が同時進行していくものでした。そして、その中にも違う話につながる伏線があり、とても楽しみながら見ることができました。日常の小ネタも多数含まれていて、くだらなすぎて笑ってしまいます。アメリの嫌がらせも、ささやかなものでストレートに笑えます。
見終わった後、もう一度見たいと思う作品でした。
SAKURAさん [DVD(字幕)] 9点(2007-02-23 21:01:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21222324252627
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 539人
平均点数 6.77点
030.56%
1101.86%
2152.78%
3142.60%
4397.24%
5468.53%
67814.47%
710519.48%
812423.01%
96512.06%
10407.42%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.52点 Review21人
2 ストーリー評価 6.71点 Review32人
3 鑑賞後の後味 7.74点 Review35人
4 音楽評価 7.90点 Review31人
5 感泣評価 5.85点 Review14人

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
脚本賞ジャン=ピエール・ジュネ候補(ノミネート) 
脚本賞ギョーム・ローラン候補(ノミネート) 
撮影賞ブリュノ・デルボネル候補(ノミネート) 
音響賞 候補(ノミネート) 
美術賞アリーヌ・ボネット候補(ノミネート) 
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2001年 59回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS