ペギー・スーの結婚のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ペギー・スーの結婚
 > (レビュー・クチコミ)

ペギー・スーの結婚

[ペギースーノケッコン]
Peggy Sue Got Married
1986年【米】 上映時間:103分
平均点:5.09 / 10(Review 33人) (点数分布表示)
公開開始日(1987-04-18)
ドラマコメディファンタジーロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-03)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランシス・フォード・コッポラ
助監督マーク・ラドクリフ[製作](第二助監督)
ダグ・クレイボーン
キャストキャスリーン・ターナー(女優)ペギー・スー
ニコラス・ケイジ(男優)チャーリー・ボデル
キャサリン・ヒックス(女優)キャロル
ジョアン・アレン(女優)マディ
ケヴィン・J・オコナー(男優)マイケル
ジム・キャリー(男優)ウォルター
バーバラ・ハリス〔1935年生〕(女優)ペギーの母イヴリン
ドン・マレー(男優)ペギーの父ジャック
ソフィア・コッポラ(女優)ペギーの妹ナンシー
モーリン・オサリヴァン(女優)ペギーの祖母エリザベス
レオン・エイムズ(男優)ペギーの祖父バーニー
ヘレン・ハント〔1963年生〕(女優)ペギーの娘ベス・ボデル
ジョン・キャラダイン(男優)レオ
サチ・パーカー(女優)リサ
バリー・ミラー(男優)リチャード
戸田恵子ペギー・スー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
牛山茂チャーリー・ボデル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
高島雅羅キャロル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
横尾まりマディ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
島田敏リチャード(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
堀内賢雄マイケル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠ウォルター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小宮和枝(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
松岡文雄(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
折笠愛ナンシー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本アーレン・サーナー
ジェリー・レイクトリング
音楽ジョン・バリー〔音楽〕
ジェリー・レイクトリング(音楽監督)
撮影ジョーダン・クローネンウェス
ジョン・トール(カメラ・オペレーター)
製作総指揮バリー・M・オズボーン
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術ディーン・タヴォウラリス(プロダクション・デザイン)
ジェームズ・J・ムラカミ(美術監督補)
衣装セアドラ・ヴァン・ランクル
編集バリー・マルキン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントスティーヴ・ホラデイ
その他バリー・M・オズボーン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
サム・マーサー(ロケーション・マネージャー)
ジョン・バリー〔音楽〕(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
33.《ネタバレ》 この映画はタイムスリップものなのか単なる夢オチなのか判断に苦しみますが、コッポラは後年『胡蝶の夢』なんかも撮っていますので、自分にはこれは夢オチなんだろうという気がします。キャストが現在の視点で観るとけっこうな面子が揃っていて、中でもフランシス・コッポラ&ソフィア・コッポラ&ニコラス・ケイジという最初で最後であろう親族コラボ(『コットンクラブ』でのソフィアはエキストラ出演みたいなもの)は貴重でしょう。現在ではフランシスは映画監督は引退したも同然だし、ソフィアの監督作にニコジーが出演するなんて想像もできませんからね。ニコジーは本作では『初体験リッジモンド・ハイ』のころの面影とヘンな発声は残っていますが、割と理性的な部分もあるキャラでした。このニコジーはギリ高校生に見えなくもないですけど、万人が認める通りキャスリーン・ターナーは熟女のコスプレ以外の何物でもなかったです。他に撮っていないことからも推測できますが、コメディとくにラブコメはコッポラがもっとも苦手とするジャンル(あとSFもひどいな)みたいで、本作はイマイチ吹っ切れていないところが評価を下げています。まあこの映画をコメディと思うほうが間違いかもしれませんが。ジョン・バリーの音楽は『ある日どこかで』を彷彿させてくれて良かったです。やはりノスタルジーを音楽で表現させたら、彼の右に出る者はいないんじゃないでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2019-12-07 22:43:52)
32.時代の雰囲気は好きなんですけど、お話がイマイチはまらなかったなぁ。キャラ設定ももう少しやりようがあったような。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2016-04-29 17:26:42)
31.キャスリーン・ターナーが女子高生に見えないww
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-01-13 13:41:20)
30.狙いのいいSFストーリーだが、大きな矛盾点が足枷になっているため、
お話が広がらず、ラストが簡単に予測できてしまうのが難点。こういうジャンルの作品は、
テンポのいいコメディータッチにでもしないと粗ばかりが目立ってしまう。
キャストに関しては、主演のキャスリン・ターナーはこの時32歳で、
本作の役柄を演じるにはあまりにも無理がある。もっと他に適役がいたはず。
女性には共感できる部分もあるのだろうが、ストーリー自体は、
取り立てて新鮮味や面白味も感じない作品だった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 2点(2011-08-12 08:24:50)
29.《ネタバレ》 キャスリーン・ターナーこの時32歳。ヘレン・ハント(当たり前だけどヘレンも若いなあ・・・)が娘という設定にも無理があればタイムスリップして高校生を演じるのも無理があるのも当然ではあります。

ハイスクールでの同級生とのシーンは先生と生徒に見えてしまうのも事実ですが、(妹役は何とソフィア・コッポラですよ!今見直すとキャストは何気に豪華です。)心は今のままでもう一度青春時代をやり直していることを混乱しながらも楽しんでいる、人妻であり母である心情を見た目のハンデはありながらもターナーは好演していたと思います。ジョン・バリーの音楽も相変わらず素敵です。

本作の舞台は60年代。この頃のコッポラは過ぎ去ってしまった時代のアメリカの青春を振り返る映画を続けて撮っていますが、自身の作品で立て続けに青春時代を振り返るコッポラの当時の心情はどんなだったのでしょうか。
とらやさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-06 21:58:06)
28.《ネタバレ》 オチの無い夢オチ映画です。ついでに女優陣に華も無い。
ダルコダヒルコさん [地上波(吹替)] 3点(2010-01-17 14:47:34)
27.ずいぶんと無理な配役してますねぇ。キャスリーン・ターナーの30才超えて女子高生役かよ~。ニコラス・ケージも老けても若い時もあんまり変わんねえ、っていうかむしろ若い時の方が違和感アリアリと感じたのは自分だけか?コッポラさんの映画にしちゃあ普通すぎてターナーがオスカーにノミネートされてもん~・・・、うーん、、、微妙だなぁという印象しか残らなかったです。
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 4点(2009-05-14 02:14:34)
26.オープニングの曲は良かったんですけど。タイムスリップ物なのに、ワクワクしなかった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2009-03-05 23:33:48)
25.映画ってここまで脚本に左右されるんですね。監督、出演者はこんなにも豪華なんですが。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-03-28 21:43:49)
24.《ネタバレ》 過去に行って状況を変え、現代に戻って結ばれる。それで幸せなの?そんな作られた環境を幸せとは呼びたくない
りりあさん [地上波(吹替)] 2点(2008-01-26 20:43:26)
23.キャスリーン・ターナー…ムリ。日本でも自分の肉体におきている現実について、認識出来ないもしくは見なかったことにする女優さんが多いんですよね。
リニアさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-12-23 01:57:00)
22.何だか中・高生が書いたような話ですね。
とんでもなく直球で短絡的。
カラバ侯爵さん [地上波(吹替)] 2点(2007-12-17 22:37:24)
21.キャスリーン・ターナーがどうみても高校生に見えない…。話的には4点だけどマーシャル・クレンショーがバディ・ホリー歌ってたので+2点献上。
ucsさん [DVD(字幕)] 6点(2007-03-10 13:18:55)
20.《ネタバレ》 20年くらい前に見たのですが内容を憶えていなかったので再度見ました。「バック・トュ・ザ・フューチャー」にしろ、この作品にしろタイムスリップものは、見ているうちに穴が見えてきてしまいます。ラストに夢オチにするにしても、ストーリー的に納得したかった部分が残っているので今ひとつです。
omutさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-01-26 01:47:26)
19.内容もノスタルジー全開ですが、私としても懐かしい映画でした。タイムスリップものとしては伏線の使い方などが、BTTFほど小気味よくありませんが、おばさんがタイムスリップしたと思えば、このぐらいのテンポではないでしょうか。何より久しぶりに見直してびっくりしたのはチョイ役で出ている俳優陣です。キャスリン・ターナーの娘役に「恋愛小説家」や「ハート・オブ・ウーマン」のヘレン・ハント、ニコラス・ケイジのコーラス仲間にジム・キャリー、そしてターナーの妹役にはなんと、幼き日のソフィア・コッポラ監督が配役されているではありませんか!みな大物になる前の姿で、これこそまさにタイムスリップ!
如月CUBEさん [地上波(吹替)] 7点(2005-05-05 02:07:08)
18.はっきりいって退屈でした。ニコラス・ケイジ、22歳なのにラストの現在の場面のほうが自然に見えたんですけど・・・。40数歳の役ですよね。主役ももちろん違和感だらけでしたが、どうでもいいです。ストーリー的にもいまいちだったので。
るいるいさん 4点(2005-01-09 00:03:56)
17.監督がコッポラなんですよねえ・・・。本来、奇想天外ラブコメの方向になるはずなのに、あくまでもじわじわと、そしてじめじめと進んでいく。導入部の延々続く(そしてその間に、中心人物もどうでもいいサブキャラも含めてあれこれ無秩序に出入りしている)同窓会の流れは、どうみても重厚大作の作り方です。なので、いざタイムスリップが起こっても、主人公が感情のままに跳ねることができず、結局何がしたいのかがさっぱり分かりません。●ヘレン・ハントの若々しさも驚きですが、友人の1人役でまったく見せ場のないあのお方は、ジョアン・アレンじゃないですか。今からすれば、何ともったいない使い方・・・。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2004-09-04 23:52:18)
16.主役二人の配役に納得出来ない。めちゃんこ違和感。今は味のあるいい役者のニコラス・ケイジも、若さのせいかこの役では魅力なし。
Mirandaさん 5点(2004-06-12 21:56:36)
15.私にはそれほどひどい出来だったという記憶はないなあ・・。ほかのそういう作品につけた点数に準じて、7点にしておきます。キャスリーン・ターナーには思い切りエコヒイキの私だから、これでよいのだ。<追記>けさスカパーで放送しているのを見ていたら、ジム・キャリー、ヘレン・ハントその他超メジャーになった俳優陣、監督になったソフィア・コッポラの若かりし頃が見られて、それも楽しかった。この豪華キャストを味わえるし、どうしてこのオバサンが高校生に見えるわけ~?とツッコムという楽しみどこもあるので、1点プラスの8点に変更します。大真面目に見るばかりが映画じゃないよッ!てことで。
おばちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2004-05-17 15:54:28)
14.明石家さんまではないが、私はポニーテイルが好きである。もちろん本物のお馬さんのシッポも、見ていて表情があるので楽しいのであるが、ここで定義する”ポニーテイル”とは、女性が髪をアップにすることである。もちろん最近は男もロン毛が多い(かくいう私もシッポがある(笑))から、男でもしようと思えばできるのであるが・・・。しかし! このごろのおねーちゃんたちは、この由緒正しきポニーテイルということばを使わないらしい。単なる「アップ」だときたもんだ(苦笑)。今これを読んでいる「アップ」派のおねーちゃんたち、直ちに”ポニーテイル”と呼んで欲しいものだ。キャスリーン・ターナー、たしかに高校生は無理がある(笑)。だってこのときの実年齢は、女子高生の倍近い歳だろう。しかし、あのオールドアメリカンな「古き良き時代」といわれた頃のファッションは、なぜかしっくりとくるのである。このとき、顔の「アップ」を意識してはいけない。理由は、やっぱり無理があるから(笑)。でも、立派におねーさんしてたと私は思いたい。カーデガンを軽く羽織ったり、白いブラウスだったり(白いドレスの女ではない)。そして、夢とも現とも受け取れる展開に、「ああ、私ももう一度高校生に戻ってみたい。今の知識と経験をそのまま持ち越して」と思うのである。さて世の若い諸君。君たちもすぐに歳を取るんだから、どう老けるのか楽しみにしていたまえ。私? そうだね。私も充分楽しんでいるよ、今を。
オオカミさん 7点(2004-05-17 04:44:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 33人
平均点数 5.09点
000.00%
100.00%
239.09%
313.03%
4721.21%
5824.24%
6824.24%
7515.15%
813.03%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1986年 59回
主演女優賞キャスリーン・ターナー候補(ノミネート) 
撮影賞ジョーダン・クローネンウェス候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞セアドラ・ヴァン・ランクル候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1986年 44回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)キャスリーン・ターナー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS