Menu
 >
 >
 > Kids Return キッズ・リターン

Kids Return キッズ・リターン

Kids Return
1996年【日】 上映時間:108分
平均点: / 10(Review 230人) (点数分布表示)
ドラマシリーズものスポーツもの青春ものヤクザ・マフィア
[キッズリターン]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-05-20)【イニシャルK】さん
公開開始日(1996-07-27
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督北野武
助監督清水浩
キャスト金子賢(男優)マサル
安藤政信(男優)シンジ
森本レオ(男優)担任教師
大家由祐子(女優)サチコ
山谷初男(男優)ジムの会長
石橋凌(男優)ヤクザの組長
モロ師岡(男優)ハヤシ
丘みつ子(女優)サチコの母親
寺島進(男優)ヤクザの若頭
下條正巳(男優)ヤクザの親分
大杉漣(男優)タクシーの客
平泉成(男優)秤販売会社の上司
津田寛治(男優)カズオ
芦川誠(男優)橋田先生
宮藤官九郎(男優)かつあげされる学生
やべきょうすけ(男優)不良三人組のリーダー(矢部享祐 名義で)
谷本一(男優)教師
森下能幸(男優)酒場の男
日野陽仁(男優)タクシー会社の事務
十貫寺梅軒(男優)相手側ヤクザ
脚本北野武
音楽久石譲
撮影柳島克己
山本英夫〔撮影〕(応援撮影)
小林元(応援撮影)
製作オフィス北野
バンダイビジュアル
プロデューサー森昌行
柘植靖司
吉田多喜男
配給オフィス北野
ユーロスペース(配給協力)
特撮納富貴久男(ガン・アドバイザー)
美術磯田典宏
尾関龍生(装飾)
龍田哲児(装飾助手)
赤松陽構造(タイトルデザイン)
編集北野武
太田義則
録音堀内戦治
白取貢(録音助手)
照明高屋齋
木村明生(照明助手)
その他吉川威史(キャスティング)
東京現像所(協力)
あらすじ
高校で、落ちこぼれのマサル(金子賢)とシンジ(安藤政信)。学校へ行っても真面目に勉強する気はなく、だらだらと過ごしていた。やがてマサルはヤクザ、シンジはボクシングの道を進もうとするが…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

230.《ネタバレ》 男子高校生青春ドラマ。
ほとんど予備知識なしで鑑賞。金子賢がでていて、ボクシングと聞いていたので、
金子賢がボクサーになるのかと思いきや、その友達のひょろっとしたほうがボクサーに。
腐ったしまった若者にまだ間に合う、まだお前の人生はじまってない!というメッセージ性を感じました。
へまちさん [DVD(字幕)] 7点(2017-08-13 14:09:04)《新規》
229.《ネタバレ》 北野作品は結構観ていて、どうも本人が出てきてピストルぶっぱなすイメージが強いですが、本人未出演のこの作品は群を抜いてると思います。
主人公のおちこぼれ二人は何処の世界に行っても他人との軋轢や、組織のしきたりで縛られたり潰されたりしてなかなか思うように行かない。それと入れ替わるようにかつては主人公達に馬鹿にされていた漫才コンビや、後進ボクサーが台頭していく。
淡々とした描写の中に人の世の栄枯盛衰と無常感がよくでていて痛いほどでした。若者の話なので最後は少し救いを入れたのかな。
タイトルバックの自転車二人乗りの疾走感、スパーリング時のリズム感、音楽も素晴らしいです。
クリプトポネさん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2017-07-25 23:16:51)(良:1票)
228.《ネタバレ》 北野作品のなかでも数少ないほのぼの感のある作品。ボクシングはやったことありませんが、才能がある人はこんな感じでハマっていくスポーツなんでしょうね。私なんかは、観ながら何の目標があって続けてるんだろうと思いました。金子賢もヤクザになってしまいましたが、最後まで爽やか感があってよかったです。
SUPISUTAさん [DVD(邦画)] 7点(2016-09-25 12:21:26)
227.マーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな。
馬鹿野郎、まだ始まっちゃいねーよ。
最後、校庭で自転車に乗りながらのラストの台詞が大好きすぎる。
人には必ずある人生の失敗、挫折を青春に乗せて描く最高のストーリー。
レイジングブルに影響受けたというがやっぱりボクシングいいよね。北野武監督の才能に拍手喝采。
濤声さん [地上波(邦画)] 10点(2016-09-09 19:28:48)
226.《ネタバレ》 陰鬱な流れを一気に瑞々しい日々に変えてしまう。最後のせりふは逆転サヨナラホームラン。あんまりキマリすぎているため、これを言わせたかったから撮った映画じゃないのと思ってしまう。また、俳優・金子賢のキャリアもキメてしまったかのようです。
なたねさん [DVD(邦画)] 7点(2015-12-30 08:27:54)
225.《ネタバレ》 北野たけし映画。
高校の悪ガキ2人組が一人はボクシング、一人はヤクザでトップを目指す。
しかしボクシングの方は誘惑に負け勝てなくなっていく。
一方ヤクザの方も組長が暗殺され窮地に立たされる。といった話。
面白いかと言われたら普通。
二人は結局自業自得なんですよね。
だから追いつめられてても仕方ないよねで終わってしまう。
SASUKEさん [DVD(邦画)] 4点(2015-06-25 00:11:04)
224.《ネタバレ》 嫌いなんですよね この二人。
だけども好きになってしまう この作品。
巧いですよね この撮り方とその作り。
それでいてキッズ・リターンとは ラストシーンを目にした瞬間、タイトル付けに関して完璧で巧いなと唸らざるを得ない。
漫才師を目指した二人の部分はサラッと流し、喫茶店に通い続けた彼とその店のお姉さんの悲劇的成り行きもくどい状況説明なく坦々と流し、ヤクザ部分をメインとせずに適度に軽く切り上げ ボクシングに明け暮れる少年シンジの部分だけを全編通してきっちり丁寧に描いた事が 最後の爽快感へと繋がったのでしょうね 名作と言われて不思議の無い名作。ただ、皆が言われる感動というのとは自分ちょっと違うと思う。感動など出来ませんよ ヤクザの絡む話に感動などしない。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2015-01-11 23:52:26)(良:1票)
223.見よう見ようとは思っていたものの北野映画独特の敷居の高さからなかなか踏ん切りがつかなかったのですが、ナッツリターン騒動の影響でむしょうにこの映画を見たくなりついに見ることとなりました。内容は小難しいこともなくエンターテインメントとして普通に楽しく見ることが出来ました。まだこの頃はそんなに名前が売れてなかったであろう若手の顔もチラホラと見ることが出来て俳優の顔だけ見てても面白いです。監督が撮りたいものがハッキリしているせいか一つ一つのシーンの安定感が異常で非常に安心して最後まで見ることが出来ました。やっぱり他の監督さんとは一つ次元が違いますね。
映画大好きっ子さん [DVD(邦画)] 9点(2015-01-08 22:11:25)
222.《ネタバレ》 決しておりこうさんじゃない二人の主人公の青春と挫折のストーリー まったく違う話だけど「モンスターズ・ユニバーシティ」を思い出した どうしようもなくバカな二人の挫折の話だが妙に爽やかな気持ちになる 主人公の二人だけではなくて高校時代のクラスメイト達の人生や挫折も同列に描くのはなかなか巧い 北野映画特有の超短いシークエンスでクラスメート達のその後を印象的に描くのはバツグンだ エロ映画館にいろんな奴が繰り返しバカな仮装して現れるとか、成人映画のタイトルが「悶えろ青春」だったり、くだらない北野ギャグも健在 久石譲の音楽も抜群 ストーリーの説明がまったく無い上にセリフが聞き取りにくいのでヘッドホンとかで集中して見たいと思った バカな二人を見ているだけで遣り切れない気持ちになるが、いつもの北野映画に比べるとずっと希望がある 北野映画は「世間は常に甘く無く、人生は残酷である」ということを繰り返し描くがこの映画は二人が若いだけに希望がある ラストにシンジが「俺たちもう終わっちまったのかな?」と聞くとマサルが「馬鹿ヤロウ、まだ始まっちゃいねーよ」と答える 「そうそうお前達はまだまだこれからだよ」といってやりたい一作
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2014-10-10 18:54:22)
221.《ネタバレ》 久々に見直してみたが、北野映画では断トツで一番好き。
それぞれの人生模様が面白い。
サラリーマン、タクシードライバー、漫才師、そしてボクサーとヤクザ。
浮き沈みが激しく、力関係も絶えず入れ替わっていく。
兄貴分のマサルがスパーリングでシンジに圧倒されて、ボクシングを辞めヤクザの世界へ足を踏み入れていく姿には哀感があった。
悲しいかな、人には向き不向きがあるということ。
そのシンジも伸び悩みの先輩に悪影響を受け、ジムで期待の星とされながらもKO負けし、新たな期待の星に席を奪われる。
ヤクザの組長が優しい笑顔で子分の親御さんを気にかけている素振りを見せながら、対立組織の構成員を躊躇なく殺させ、罪をその子分になすりつける。
ヤクザの怖い裏の顔にインパクトがあったが、その組長もあっけなく敵対組織に殺されてしまう。
憧れの喫茶店の娘とようやく結ばれた真面目高校生が、タクシー会社に転職し、苛酷な労働条件が原因と思われる交通事故死。
栄枯盛衰の世の中でのほろ苦さが、この作品の底流にある。

ボクシングとヤクザの世界に分かれた二人の友情。
高校でバカやってた時には思いもしなかった挫折が、人生のどこかで待っている。
雑魚キャラの中から、不良三人組の一人がボクシングで頭角を現し、漫才コンビが客席を沸かせていたのが皮肉。
それぞれこの先どんな浮き沈みが待っているのだろうか?
夢の途中で梯子から落ちた感のある二人も、まだ負け犬の表情ではないのが救い。

とにかく全編に良いシーンが散りばめられており、説明過多にもならずに映像で語りかけてくる。
他の北野映画はそれほど好みではないのだが、この作品だけでも賞賛に値する。
脚本も兼ねてこれを作り上げたのだから、映画人として才能があることは確か。
後続の芸人たちが何人も監督業に手を出しているけど、プロと言えるのは北野武だけ。
飛鳥さん [DVD(邦画)] 9点(2014-10-10 00:31:18)(良:2票)
220.北野映画はあまり好みじゃない。
miumichimiaさん [DVD(邦画)] 4点(2014-09-13 21:17:46)
219.北野武監督作品は何本か見てどれもつまらなかったのであまり期待していませんでしたが、これは結構面白い映画でした。
ProPaceさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2014-09-12 18:19:51)
218.若い時の、深く考えず努力する姿が良いですね。
真尋さん [DVD(邦画)] 6点(2014-05-11 12:36:12)
217.なんとも余韻が残る作品で、観客のあらゆる年代層によって違ったいろんな思いが残りそうな作品。自分の人生に思いをはせて、かなわなかった夢を持つ人にとってはなんともせつない映画だった。少し客に受けようを媚びた感がしないでもないが、高評価を受けて当然の作品。
タッチッチさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2014-05-06 16:48:10)
216.《ネタバレ》 北野武のヤクザ映画は余り好きじゃないけど、「あの夏、一番静かな海」と「キッズ・リターン」は大好き。

少年から青年になっていく子供たちの多感な時期を描いた青春ドラマ。

この映画には色んな「あの頃の自分」がいるんだよな。

授業サボッてた奴、
真面目だった奴、
カツアゲされた奴、
されなかった奴、
見て見ぬフリをしていた奴、
スポーツやってた奴、
恋をする奴、
学校辞めた奴・・・色んな「自分」が見え隠れしている。

登場人物は一目見ただけじゃ印象に残らない奴も多い。
それを毎日会って話している内に馴染みになるように、じんわりと染み込ませてくれる。

大人になろうと一生懸命背伸びして、馬鹿やって、何をやっても長続きしない。
ただ、報われないだけが人生じゃない。
失敗から学んで別の成功をする奴だっているし、努力を続けて報われる奴だっている。

時折出てくるあの漫才コンビは良い例だね。
馬鹿にされてもプラス思考でコツコツ頑張り、夢を叶えた。
自分のために、誰かの夢になるために。
この漫才コンビはたけし自身を表現したものだと思う。

この話の下敷きは漫才師になった「たけし」自身と、
たけしが以前ボクシングに打ち込み始めた頃に東洋フェザー級チャンピオンとして活躍していた「関 徳光」のエピソード。

漫才師になった自分と、ボクシングに打ち込んだ関光徳。

そっからこんな爽やかな良い映画が生まれた。

「もう終わっちまったのかなぁ?」

「バカヤロウ、まだ 始まってねぇよ!」
すかあふえいすさん [DVD(邦画)] 9点(2014-03-23 21:17:24)(良:2票)
215.散漫な印象でした。
Kさん [DVD(邦画)] 4点(2014-02-12 11:16:37)
214.《ネタバレ》 ワタシの知り合いにボクシングをやってたやつがいて、最初は友達のおまけで行っただけなのに、結局友達はすぐやめてそいつはアマのチャンピオンになったやつがいるんです。この映画をみて思い出しました。案外、才能のきっかけはそんなものかもしんないね。北野監督の世界観と配役と音楽とがとーってもうまく作用していて良かったです。最後の場面が北野監督らしくて最高だね!タイトルもお見事でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2013-12-01 08:59:58)
213.《ネタバレ》  主演の二人はいわゆる「不良」であって、どうしても共感しづらい部分はあります。恐喝。暴力。真面目に頑張っている人間を不真面目な人間がたいした理由もなく傷つけ蹂躙しちゃうってのは見ていて腹立たしい。それでも見ているうちになんとなく二人を、とりわけシンジ君を応援しちゃうのは、二人がボクシングに出会ってからひたむきに頑張る姿を見てしまったからでしょうか。
 ただこれにはいわゆる「不良君が良いことすると100倍良い人に見える」という心理が働いているのかもしれません。だって普通に考えれば、学生の頃から恋も就活もまじめにがんばっていて、ラスト辺りでタクシー田んぼにつっこんだ彼のほうが偉いと思うんですよ。なのに、この映画では主演の二人にスポットライトがあたっていて、サクセスストーリーではないけれど、二人にやっぱりなんとなく魅力を感じてしまう。そして田んぼにつっこんだ彼のようにはなりたくないと思ってしまう。二人にはラストで希望が残されましたけど、じゃあ彼は?冷静に考えれば理不尽ですよねー。
 でも、その理不尽さってのは、映画の面白さには全く関係ないようです。この作品は面白いんです。鑑賞者が当事者意識を感じるようなリアルな雰囲気で、自分が経験したことのない人生をほんの少し疑似体験できるところが魅力的ですね。
 今までに見た、群像劇のようなストーリーでは、この作品がそれぞれの終着点を描いていてすっきりしました。もちろん、その後もそれぞれの人生は続くという余韻を残しての終わり方も良かったと思います。
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-25 01:41:36)(良:1票)
212.セリフだけでは感じ取れない2人の心境を自然と感じ取れる点は素晴らしいと思った。ラストシーンがとにかく印象的でこの映画の言いたかったことのすべてだと思う。
しっぽりさん [DVD(邦画)] 7点(2013-11-16 19:33:26)
211.《ネタバレ》 希望を持って飛び立った若者が堕落していく様を描いているが、それを通して描きたかったモノが見えてこない。そのためただ話を見ただけって感じがあり、イマイチ感動につながらない。
afoijwさん [DVD(邦画)] 6点(2013-10-06 14:36:16)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 230人
平均点数 7.73点
000.00%
100.00%
200.00%
310.43%
493.91%
5125.22%
6219.13%
74519.57%
86729.13%
94720.43%
102812.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.92点 Review14人
2 ストーリー評価 8.00点 Review17人
3 鑑賞後の後味 8.16点 Review18人
4 音楽評価 8.64点 Review17人
5 感泣評価 7.90点 Review11人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS