ダブル・インパクトのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダブル・インパクト
 > (レビュー・クチコミ)

ダブル・インパクト

[ダブルインパクト]
Double Impact
1991年【米】 上映時間:110分
平均点:4.76 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
アクションサスペンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シェルドン・レティック
助監督ヴィク・アームストロング(第二班監督)
アンディ・アームストロング〔スタント〕(第二班監督)
演出ヴィク・アームストロング(スタント・コーディネーター)
ジャン=クロード・ヴァン・ダム(格闘指導)
キャストジャン=クロード・ヴァン・ダム(男優)
ジェフリー・ルイス(男優)
アンディ・アームストロング〔スタント〕(男優)
大塚芳忠(日本語吹き替え版【VHS】)
金尾哲夫(日本語吹き替え版【VHS】)
小林修(日本語吹き替え版【VHS】)
富沢美智恵(日本語吹き替え版【VHS】)
筈見純(日本語吹き替え版【VHS】)
曽我部和恭(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
江原正士(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
佐々木勝彦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
相沢恵子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
天田益男(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
池田勝(日本語吹き替え版【日本テレビ】)/(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小宮和枝(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
山寺宏一(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田太郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
深見梨加(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田和宏(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塩田朋子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作シェルドン・レティック(原案)
ジャン=クロード・ヴァン・ダム(原案)
脚本ジャン=クロード・ヴァン・ダム
シェルドン・レティック
撮影リチャード・H・クライン
製作ジャン=クロード・ヴァン・ダム
シェルドン・レティック(共同製作)
マイケル・ダグラス(共同製作)
アショク・アムリトラジ
製作総指揮モシュ・ディアマント
配給日本ヘラルド
スタントディッキー・ビアー
アル・レオン
その他スティーヴン・ブラウン〔製作〕(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 ヴァンダムは双子だった!

香港マフィアに両親を殺され赤ん坊の頃に生き別れになってしまった双子、香港で孤児として育った荒くれ者の兄のアレックス、ロサンゼルスでチャラくシティボーイを満喫していた弟のチャド、この兄弟が香港で再開する時、一世一代の復讐が始まる!

そんなこんなで始まるヴァンダムの双子モノはなんと開始直後に2人が運命の再開を果たす、そしてトントン拍子でマフィア打倒をして行くのだが、まぁこういう荒っぽい事に慣れていない弟チャドが足を引っ張ったり、兄があらぬ妄想をしていしまい弟と喧嘩したりとまぁなんとも「本当に大丈夫かよ」と思うシーンばかり。
それでいて突然マフィアに拉致られたり、突然ベンツの売買をしたりとよくわからないエピソードが脈絡無く入るのでちょっと戸惑います。

それと本作は兄弟力を合わせるシーンはちょっとだけでなるべく、兄弟一緒にいるシーンを撮りたくないのか別行動するシーンが多いのも、微妙な気分にさせられますが、別行動で違う刺客達と戦うという「二度美味しい」設定でもある気がするので、僕的には満足でした。
刺客達も女殺し屋に、無口な怪力男など個性的な所も嬉しいです。

もちろん見所はヴァンダムアクション。そしてヴァンダムと言えば足技!
本作でもこれでもかとばかりにヴァンダムのヴァンダムらしい超ハイキックをそれしか無いのかと思わせるくらい見せてくれます。
暗闇での刺客との戦いや、ゴロゴロ回るガンアクションもたまりません。
そして本作は荒くれヴァンダムとチャラヴァンダムを一本で二度楽しめるので彼の演技も楽しめるポイントです。
あと舞台は香港なのにパツキンのネーチャンが常にいるのもこの頃のアクション映画お約束で嬉しいですね、セクシーシーンももちろんありますが、事あるごとに悲鳴を上げます。

まぁアクション映画としては非常にオーソドックスな出来ですが、アクションシーンの密度が濃いのでなんだかんだで楽しめましたが、序盤のチグハグな兄弟協力任務が若干足を引っ張っているような気もしました。
それと敵幹部とのバトルは正直あんなに引っ張らなくてもよかった気もしますね。まぁスカッとはしましたが。
そんな感じでなんともヴァンダムの中では若干異色ではありますが、僕的には及第点な作品でした。

DVDは字幕のみだったので吹き替えで見たかったです。
えすえふさん [DVD(字幕)] 5点(2019-09-29 17:16:47)
16.ヴァンダムさんが二人もいるのにアクションが少ないうえに迫力薄。話も面白くない。スローモーションとか、下手な編集入れるのやめてくれ。蹴りがクリーンヒットして体勢崩れている相手にもう一蹴りするシーンなのに、カメラが切り替わると相手が何事もなかったのように直立してる・・・っていうのを繰り返されたのは萎えた。
すべからさん [DVD(吹替)] 4点(2012-05-13 13:37:33)
15.《ネタバレ》 これ、悪くないよ。ヴァンダムが2役演じた分、格闘シーンも割り増しだし。
あとヤン・スエの筋肉が『なんじゃありゃあ』ってくらいすごい。映像技術が発達してる現代から見れば、CGで作られた筋肉かっていうくらいすごい。

ほんまもんのCG筋肉をまとったヤン・スエの投げたドラム缶を蹴り返すヴァンダムが印象に残った。
シバラク・オバマさん [地上波(吹替)] 7点(2010-07-17 23:22:23)
14.ヴァンダムが2役物に目覚めた原点。で、この2役が一番良かったかな。これに気を良くして悪ノリしっちゃったんだろうなあ。ストーリーはまあまあ、アクションは随所随所に見所を作ってくれているので見ごたえ十分。ただし全体的に倒され方があっけないんだけどね。特にブラッドスポーツの再燃、マッチョのアジア人とのバトルは最後あっけないものです。それでもヴァンダム物の中では無難に楽しめる方だと思います。
tantanさん 6点(2004-06-09 21:55:50)
13.ヴァンダムが2人ということもあってショックも2倍だった。
かれの作品ってかならず復讐がテーマですね。恋人がさらわれるというのもお決まりのパターン。ジャッキー・チェンも双子という設定の作品やりませんでした?困ったときの逃げ道なのだろうか・・・。
斬新なものを創りたかったのだろうが、結局はヴァンダムのヴァンダムによるヴァンダムの為の作品となってしまった。
おはようジングルさん 3点(2004-02-04 17:47:40)
12.ヴァンダムの作品の中ではなかなか良い うまく二役を演じれていたと思う アロナ・ショウが出ていてよかった
ようすけさん 7点(2004-02-01 10:30:11)
11.なんかかったるい作品、
最後の中国人との格闘シーンが良かった。
ネスさん 5点(2004-01-30 00:33:10)
10. アクションシーンで必要以上にスローモーションになるのがいただけない。あと、股間を殴ったり蹴ったりするのもいまいち。

 
ericaさん 4点(2004-01-20 18:35:22)
9.ヴァン・ダムVSヴァン・ダム。まさにインパクトがダブルになるのでは、と少しだけ期待して観たが・・・ヴァン・ダム特有のリアル感のないアクションが増えただけで暑苦しかった。詳しいことは何も覚えていないが、脚本も彼が担当していたのか。本作でスタローンの才能を再認識。それにしても・・・彼のようなエアロビインストラクターがいたら確かに有閑マダムにはもてもてだろうなぁ。
恭人さん 4点(2003-12-07 17:32:47)
8.ヴァン・ダム作品の中ではストーリーもそこそこ練れているし良い方でないかな。一人二役もそれ程イヤミがないしね。兄貴役の方が渋くて好きである。
個人的には希代の悪役スターであるボロ・ヤン(ヤン・スエ)御大がまたも出演しているのでそれだけでお腹一杯だったりする。ブラッド・スポーツの時より渋いところがイイ。
enderさん 7点(2003-11-18 13:58:09)
7.「くっだらない」と言いたい映画だけど、良い意味でも悪い意味でもヴァン・ダムらしい映画と言えるかもしれない。アクションスターとして有名だけれど、もはや州知事まで登りつめたシュワルツェネッガーほどのスーパースターにはなりきれなかった根っからのB級っぽさこそ、今やジャン=クロード・ヴァン・ダムという俳優の魅力と言えるのではないか。だが、この映画はつまらない。
鉄腕麗人さん 3点(2003-10-15 21:41:55)
6.ヴァン・ダムはアクションスターの中では好きな方だけど、この映画はあまりにちゃちい印象がある。ジャッキー・チェンのツインドラゴンのパクリっぽいし。
スマイル・ペコさん 3点(2003-06-02 20:34:10)
5.ちなみに、個人的評価は8点。単に他人にはおいそれと奨めるつもりがないから「4」ということで。だってお互い、イヤな思いしたくないっしょ。でもさ、撮影監督リチャード・クラインならではの夜間場面の素晴らしさや、ほとんどジーン・ケリーのようなヴァン・ダムのアクションの美しさを、どうして誰も見てあげようとしないのですか? …とまれ、小生的にはこの本作と、『ボディ・ターゲット』、『マキシマム・リスク』がヴァン・ダム映画のベスト! 《追記》皆さんのレビューを拝見していてあまりに悲しくなった(笑)ので、やっぱり8点献上! B級映画は、作り手にヤル気があるかないかを評価の基準にしたい。なければ単なるクズだし、予算がないなりに一生懸命あれこれ工夫を凝らしていれば、ヘタなA級大作なんぞよりよっぽど「映画的」な充実感をもたらしてくれる。だって、映画とは本来そういった作り手の顔や熱意が透けて見えるところに感動があるものじゃないか。いくらカネをかけて、最新のSFXやCGを駆使したスペクタキュラーな映像を繰り広げたとして、その画面のなんて冷ややかで、無感動なことだろう(ex.ジェリー・ブラッカイマーあたりの作るイベントムービー。あれって、映画といえるのか?)。…この頃のヴァン・ダム作品には、間違いなくそういった“熱意”がほとばしっている。
やましんの巻さん 8点(2003-05-16 11:27:26)
4.何が楽しいのこれ?テレビでやらないで欲しいね、間違えて見ちゃったよ。
恥部@研さん 1点(2003-01-08 17:50:22)
3.レプリカントのオリジナル(?)
M・R・サイケデリコンさん 5点(2002-12-27 17:54:09)
2.バンダムはやっぱりいまいち。
タコスさん 5点(2002-01-29 00:07:40)
1.バンダム対バンダム。この人が筋肉番付に出る日も近いだろう。
あろえりーなさん 4点(2002-01-21 05:14:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 4.76点
000.00%
115.88%
200.00%
3317.65%
4423.53%
5423.53%
615.88%
7317.65%
815.88%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS