私立探偵・濱マイク/我が人生最悪の時のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 私立探偵・濱マイク/我が人生最悪の時
 > (レビュー・クチコミ)

私立探偵・濱マイク/我が人生最悪の時

[シリツタンテイハママイクワガジンセイサイアクノトキ]
1994年【日】 上映時間:92分
平均点:6.12 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスシリーズものモノクロ映画ハードボイルド
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-07-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督林海象
助監督行定勲
キャスト永瀬正敏(男優)濱マイク
佐野史郎(男優)神野
麿赤児(男優)中山刑事
塚本晋也(男優)山口
梶原善(男優)岩崎
近藤芳正(男優)近藤
阿南健治(男優)北村
南果歩(女優)王百蘭
南原清隆(男優)星野
鰐淵晴子(女優)
宍戸錠(男優)宍戸
脚本林海象
天願大介
音楽めいなCo.
撮影長田勇市
プロデューサー林海象
古賀俊輔
配給日本ヘラルド
アスミック・エース
美術木村威夫
編集冨田伸子
照明長田達也
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.この監督は「…もどき」という世界をピョンピョンと渡っているみたいで、「もどき」でない世界をいいかげん見せてもらいたい気がする(と封切り当時のノート)。これはアジア映画的というか、日活無国籍アクションもどき。でも主人公はウロチョロしてるだけで、事件との絡みが稀薄。そもそも「事件」に明確な輪郭がないのが、こういう話としては致命的。楊海平の顔はとってもいいんだけど。せっかくモノクロ・シネマスコープという活劇黄金期の枠を選択したのに、それがあんまり生きてない。痛快さがないの。陰気に指切り落としたりして、ジメジメして。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 5点(2011-01-19 10:11:48)
15.台詞まわしや小物などから、50~60年代の日本を思わせる空気感があります。しかし時代設定を明確にしているわけではなさそうで、あくまでそう思わせる雰囲気のある作品という意味です。モノクロ画像もいっそうその雰囲気を助長しています。モノクロの使用は、ちょっとあざとい感じがしないでもないですが、自分はこの雰囲気が好きなのでOKということで。「星くん」「濱くん」と呼びあう永瀬と南原の掛け合いが気持ち良いです。後のTVシリーズに比べると地味に感じますが、そこがまたイイです。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2006-07-08 21:02:18)
14.《ネタバレ》 この映画は、昔なつかしの日活映画を彷彿とさせます。
世界一の殺し屋スペードのジョーが、ここでは探偵で、マイクの親代わりで出ています。
今の横浜の街をきれいに表現しているが、昔の日活映画らしさも出ていて、いい邦画とはこういう写真をいうのだと思います。
T-zenさん [DVD(邦画)] 6点(2006-03-25 15:19:05)
13.《ネタバレ》 濱マイクのキャラクター設定はすごくいいと思うし、ぜひシリーズ化してほしいとも思うんだけど、実際に映画としてみてみるとはっきりいっておもしろくない。ストーリーは平凡すぎで先が読めるというか、パンチに欠けるというか。白黒映像で、ノスタルジックなスタイリッシュさを狙ったんだと思うが、成功したとは思えず。表層的なところだけをかっこよく見せかけて中身が薄いのをごまかしている姑息な技(しかも成功していない)でしかなかった。アイディアとキャラ設定がいいだけに惜しい。
黒蜥蜴さん 4点(2004-05-23 16:18:12)
12.ハッキリ言ってつまんなかった。これが巷で言うところの‘濱マイク・ワールド’かと思うと残念でならないし、
なんだか退屈ワールド全開でした。
個人的に‘濱マイク・ワールド’とはTVシリーズ第9話「ミスター・ニッポン」の方が、よっぽどそれらしくて面白いと思う。
白黒である意味も感じないし、ストーリーもつまらないし、なにしろナンちゃんのヘタな演技はひどすぎると思う。
これでは相方のウッちゃんも思っているに違いない「しょっぺぇ~」と。
それにしても、下の方から商業の匂いがしてくるような気がするが気のせいでしょうか?
Fatmanさん 1点(2004-03-20 15:52:43)
11.林海象の映像美がノスタルジックなムードを上手く作っていて、世界に浸れるのがいい。個人的にはあまり永瀬正敏の芝居がしっくりこないが、濱マイクはなかなかのキャラクターかな。妹・茜を演じる大嶺美香さんとはたまたま5年程前にお知り合いになれて感動したものだ。女優をやめた彼女の今後に激励の意も込めて7点。
恭人さん 7点(2003-11-30 17:26:12)
10.当時待望の林海象の新作、今回は3部作ということでかなり期待大だった。海象らしさは十分出てたと思いますが・・・まだまだこれからって感じでした。
亜流派 十五郎さん 6点(2003-11-18 15:02:32)
9.マイク、かっこいいもの!おらー大好き!林海象と永瀬正敏この二人はいいわ、やっぱり。
便利屋探偵さん 10点(2003-05-25 23:09:34)
8.俺としても南原が引っ掛る。始終、邪魔な感じ?ソレが気になって・・・。でも、男の美意識?好きじゃないなりにもいい感じでした。
aksweetさん 5点(2003-05-18 17:33:18)
7.オレはどうもナンちゃんが全て台無しにしてるような気がする・・・。ナンか自分のアイデアを披露してるシーンなんか台詞棒読みに思える。役作りには思えないし。
シュールなサンタさん 0点(2003-01-14 20:29:24)
6.モノクロがイヤラシイくらいの雰囲気を出してた。永瀬が周りの役者に食われてる気もするが。
slimバスタードさん 8点(2003-01-13 17:27:19)
5.先にテレビシリーズを見てからこっちを観ました。こだわりすぎの感がありますが、やはりマイクはマイクですね。もうちょっと軽~くして欲しかったかな。
恥部@研さん 6点(2002-12-24 18:34:27)
4.このシリーズは感覚的にすごくとんがってて、そこが面白いんですね。ストーリーは飛ばし過ぎでやや疲れるけれど、濱マイクはカッコイイしモノクロ画面も良かった。三作中ではこれが一番好きです。
ネジマキさん 8点(2002-12-16 17:56:51)
3.モノクロっていうのは、狙い過ぎって思う時があるけど、この映画は妙に静けさを感じさせてくれてgoodです。まあ、内容はそこそこ騒がしいんだけど。
transexualさん 7点(2002-11-19 18:35:45)
2.マイクはいいねぇ!1人の利口な悪と慕っている仲間という設定もいいね!探偵なんて職業、孤独に思えて実はまわりが助けてくれてる所なんか人間味があるよ。続編、ドラマも要注意だな!
新宿鮫さん 10点(2002-09-16 12:06:59)
1.この映画は横浜日劇でしか上映されませんでしたが、その横浜日劇に事務所を構える私立探偵のシリーズ作品第一段です。全編モノクロで効果的かつ印象的です。二枚目半の濱マイク(永瀬正敏)がとっても格好良いです。白タク運転手兼情報屋の星野(ナンちゃん)が良い味を出しています。
Rachelさん 9点(2002-02-04 02:14:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 6.12点
016.25%
116.25%
200.00%
300.00%
416.25%
5212.50%
6425.00%
7212.50%
8212.50%
916.25%
10212.50%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS