Menu
 >
 >
 > ロッキー・ホラー・ショー

ロッキー・ホラー・ショー

The Rocky Horror Picture Show
1975年【英・米】 上映時間:100分
平均点: / 10(Review 80人) (点数分布表示)
ホラーSFコメディミュージカル戯曲(舞台劇)の映画化
[ロッキーホラーショー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-04-28)【イニシャルK】さん
公開開始日(1976-08-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジム・シャーマン
キャストティム・カリー(男優)フランクン・フルター博士
スーザン・サランドン(女優)ジャネット・ワイズ
バリー・ボストウィック(男優)ブラッド・メイジャース
リチャード・オブライエン(男優)リフ・ラフ
パトリシア・クイン[1944年生](女優)マジェンタ
ネル・キャンベル(女優)コロンビア
ミート・ローフ(男優)エディ
チャールズ・グレイ〔1928年生〕(男優)犯罪学者
イモージェン・クレア(女優)トランシルヴァニア星人
江原正士フランクン・フルター博士(日本語吹き替え版)
高島雅羅ジャネット・ワイズ(日本語吹き替え版)
井上和彦ブラッド・メイジャース(日本語吹き替え版)
池田勝リフ・ラフ(日本語吹き替え版)
吉田理保子マジェンタ(日本語吹き替え版)
滝沢久美子コロンビア(日本語吹き替え版)
上田敏也犯罪学者(日本語吹き替え版)
原作リチャード・オブライエン(オリジナルミュージカル舞台劇:脚本)
脚本ジム・シャーマン
リチャード・オブライエン
音楽リチャード・ハートレイ(音楽監督)
グレーム・クリフォード(音楽編集)
作詞リチャード・オブライエン使用曲(オリジナル)作詞
作曲リチャード・オブライエン使用曲(オリジナル)作曲
撮影ピーター・サシツキー
製作ジョン・ゴールドストーン〔1943年生〕(製作補)
20世紀フォックス
配給20世紀フォックス
特撮ウォーリー・ヴィーヴァーズ(特殊効果)
美術イアン・ウィッテカー〔美術〕(セット・ドレッサー)
編集グレーム・クリフォード
録音ピーター・グロソップ[録音](ノン・クレジット)
字幕翻訳清水俊二
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
80.《ネタバレ》 ニューシネマですね~。ベトナム戦争で正気に耐えられない人がはまったんでしょうね。時代が狂気を帯びると、こういう映画が連発されるのだと思います。しかしその中でスーザンサランドンの役者根性たるや、イヤハヤ。「デッドマンウォーキング」の彼女を最初に観てしまうと、その後の「ぼくの美しい人だから」とか「テルマ&ルイーズ」の彼女に驚かされるのですが、この映画を観るとうなずけます。何故、彼女がセクシーな役を多く演じていたか・・。彼女はそのギョロリとした目で、体を晒してまでも現実を逃げずに見続けてきたからこそ、歳を重ねてからの円熟味のある演技ができるのだと思います。酸いも甘いも噛み分ける人ってこういう女性のことでしょうね。さて、この後は同年代に創られた「ファントムオブパラダイス」を観るかな(笑)。気分はもうベトナム戦争!
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2017-03-18 02:10:37)
79.そのビジュアルだけで独り歩きしてしまうほど最高に意味のない最高にお祭り騒ぎなミュージカル。
movie海馬さん [ビデオ(字幕)] 7点(2016-04-21 16:53:23)
78.若いスーザン・サランドンの谷間しか観ていなかった。それくらいしか見る価値を見出せなかった。
マー君さん [DVD(字幕)] 1点(2016-04-10 10:47:56)
77.《ネタバレ》 ハロウィンの時期に見ましたが最高のテンションにさせてくれる映画です。
不気味で退廃的なのに最高に愉快でご機嫌な映画です。
世の中に蔓延する不安や不幸を一気に吹き飛ばすパワーがあるかもしれません。
倒錯的な世界観が現実をどうでもよくさせます。最高に明るいです。
パーティー的な楽しさが究極レベルです。
音楽が最高に良かったです。
怪奇映画の恐怖演出のツボを押さえていて、
その胡散臭さが効果的に使われていたと思います。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 8点(2015-11-17 21:53:48)
76.《ネタバレ》 つい最近この映画の存在を知って、興味本位で見たのですが、すっかりやられてしまいました。フルター博士の登場シーンに完全に魅了され、トランス状態になったあとは映画の思うがままです。低予算のセットは馬鹿馬鹿しいですが、作品の雰囲気にはあっていると思います。終盤の石膏像の使い方には爆笑させていただきました。ああ、馬鹿馬鹿しい。
はっきり言って突っ込みどころ満載の馬鹿映画ではありますが、それ自体を愛することができるセンスの良さがあります。特にフルター博士を怪演したティム・ロスには感服いたしました。世界中で愛されるカルトムービーの実力をまじまじと見せつけられ、映画ってやっぱり凄いな、楽しい!と思いました。残念なのはフロア・ショーがちょっと退屈なことですね。しかし、死ぬまでにフルター博士の登場シーンを何度見るかわかりません。僕の中に深く残り続ける作品になると思います。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 8点(2013-09-08 08:20:19)
75.《ネタバレ》 悪く言えばその時代を写したただのサブカル映画なんだが、この時代の突き抜けたセンスは好きなので甘めの評価。
afoijwさん [ビデオ(字幕)] 6点(2013-04-16 01:43:34)
74.異様な世界観と意味不明な話に圧倒された。男のガーター姿は、怖いもの見たさで目が釘付けになる。
真尋さん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-20 15:02:16)
73.元は舞台、ローリー寺西版も見ました♪ 冒頭“SCIENCE FICTION/DOUBLE FEATURE”(SF映画2本立て)の歌詞からしてマニアック。 ティム・カリーはまだ20代だからキレイ(?)ざんしょ。 彼のフランク・フルター博士の濃ゆさに対抗できんのは、クイーンのフレディ・マーキュリーくらいだと思うぞ。 「ロッキー・ホラー」の仕掛け人リチャード・オブライエン様のポーカーフェイスなリフ・ラフも素敵! まだオネエちゃんみたいなスーザン・サランドンは、最初っからこんなのに出ちゃあ並の女優にはなれまいね。 “TOUCH-A TOUCH-A”の捨て身の乱れっプリはお見事。(あの下着はスケない特別製の衣装か?) 「コックと泥棒、その妻と愛人」的な要素だけがイヤだけど、あれもエディ役のミート・ローフの芸名にひっかけたシャレじゃーないのかな。 変態といっても30年前のだからそれほどでもなく、可愛いもの。 案内役の学者がテレビ「シャーロック・ホームズの冒険」のマイクロフト、チャールズ・グレイなのもウレシイ。 自由奔放に生を謳歌するトランシルバニア星人の生き様を見ていると、レシピどおりの人生なんてあじけなく思えてくるのだ☆
レインさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2012-06-10 07:00:03)
72.《ネタバレ》 うーん、良さが分からなかった。
どうしてもファントムと比較してしまうが、肝心の音楽の映像があんまりカッコよくなく、あまり楽しめなかった。
エディの登場シーン、壁を突き破る直前に後方からのアングルがあるが、あれ無いほうが良くね?
kosukeさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-05-07 13:17:17)
71.こんな酷い変態映画だったのか。意味が分からない。マジキチ。これに10点つけちゃうような人もきっと変態に違いない。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 10点(2012-03-24 06:30:55)
70.真正変態映画ですね うん。70年代って今より感性が進んでる気がする。音楽もファッションも最近の流行りはかつて見たものの焼き直しに見えてしまう。おしゃれなものほど70年代の模倣のような。この映画0点つけるひとは正しいし 10点つけるひとのセンスも捨てがたいと思います。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-08-08 00:11:45)
69.よくわかりません。
akilaさん [ブルーレイ(字幕)] 3点(2011-02-18 01:33:08)
68.トランシルバニア星人! ドラえもんの映画にも出られますね。・・・お後がよろしいようで(汗)。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-01-24 23:12:16)

67.《ネタバレ》 全編に渡って繰り広げられるビザールでサイケデリックな変態世界にテンションあがりまくり!正にホラー・ショー、正にカルト映画の名にふさわしい突き抜けっぷりですが、私にとっては大好物です。フランクン・フルター博士がマントを脱ぎ捨てた時の衝撃は忘れられない。人によっては拒絶反応を起こし、人によってはこのハイテンションな変態世界に魅入られるでしょうね。
民朗さん [DVD(字幕)] 9点(2011-01-23 01:59:42)
66.カルトムービーとミュージカルは好きだと思っていたが‥。うーん。
Balrogさん [DVD(字幕)] 3点(2010-10-28 00:38:19)
65.願わくば感受性の鋭い十代の頃に映画館で観てドカーンと衝撃を受けたかった変態ミュージカル映画。30代半ばになってようやく初めて見たところ、これを共に爆笑しつつ愉しめる、老いてなおファンキーな相方と一緒になれた幸せに気付くというおまけがついてきた。で、これに10点を付けてしまう自分が相当痛いアラフォーだということに気付くというさらなるおまけが…
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 10点(2010-08-14 01:12:47)(笑:1票)
64.昔、名画座で『ファントム・オブ・パラダイス』と二本立てで良く上映してましたね。今から考えると、豪華なプログラムですこと! この歳になっても、♪スィ~トトランシルベニヤア~を聞くとアドレナリンが噴き出しますよ。低予算とは思えないカラフルな画面構成の素晴らしさは現代でも全く色あせていません。武道館で上映して、みんなで米まいたり、“タイムワープ”を踊ったりしたら楽しいだろうな~。ミュージカル映画の中で一番好きかも。
S&Sさん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-26 23:50:50)
63.《ネタバレ》 30年前の映画だとは思えない。みんな歌がうまくてすばらしい。
no_the_warさん [DVD(字幕)] 8点(2009-05-25 00:55:16)
62.表紙の写真に惹かれてしまって、DVD借りました。私は、大好きでした!のりのいい音楽に、意味不明だけどなんだか愛らしいキャラクター。すっごく楽しかったし、もう一回観たくなりました。
リノさん [DVD(字幕)] 8点(2009-04-07 22:26:12)
61.悪趣味なミュージカル。ストーリーがあるようでないに等しいのが残念でした。
しっぽりさん [DVD(字幕)] 4点(2009-01-22 14:32:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 80人
平均点数 6.86点
011.25%
111.25%
233.75%
378.75%
433.75%
545.00%
6810.00%
71417.50%
81620.00%
91518.75%
10810.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review8人
2 ストーリー評価 4.88点 Review9人
3 鑑賞後の後味 7.66点 Review9人
4 音楽評価 8.63点 Review11人
5 感泣評価 4.14点 Review7人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS