Zのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 >
 > (レビュー・クチコミ)

[ゼット]
Z
1969年【仏・アルジェリア】 上映時間:126分
平均点:8.32 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-11-21)
ドラマサスペンスミステリー政治もの歴史もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-15)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督コスタ=ガヴラス
演出イヴァン・シフレ(スタント・コーディネーター)
キャストイヴ・モンタン(男優)Mr.Z
イレーネ・パパス(女優)エレーヌ
ジャン=ルイ・トランティニャン(男優)予審判事
ジャック・ペラン(男優)新聞記者
シャルル・デネ(男優)マニュエル
フランソワ・ペリエ(男優)検察官
ベルナール・フレッソン(男優)マット
マルセル・ボズフィ(男優)ガヤ
マガリ・ノエル(女優)ニックの妹
レナート・サルヴァトーリ(男優)ヤゴ
ジェラール・ダリュー(男優)
ジャン・ダステ(男優)イリヤ・コステ
ラウール・クタール(男優)英国人外科医(ノンクレジット)
ジャック・モノ検事総長(ノンクレジット)
黒沢良Mr.Z(日本語吹き替え版【TBS】)
西沢利明予審判事(日本語吹き替え版【TBS】)
古川登志夫新聞記者(日本語吹き替え版【TBS】)
大木民夫長官(日本語吹き替え版【TBS】)
西村知道検察官(日本語吹き替え版【TBS】)
中田浩二マット(日本語吹き替え版【TBS】)
安原義人マニュエル(日本語吹き替え版【TBS】)
飯塚昭三(日本語吹き替え版【TBS】)
広瀬正志ヤゴ(日本語吹き替え版【TBS】)
上田敏也(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ホルヘ・センプラン
コスタ=ガヴラス(ノンクレジット)
撮影ラウール・クタール
製作ジャック・ペラン
配給コロムビア・ピクチャーズ
あらすじ
平和主義思想の指導的立場にあるZ博士によって、軍事政権を批判する集会が開かれた。会場の外には多くの群集が集まり、機動隊が警備に当たっていた。演説を終え、会場から出てきた博士は突如乱入してきた車にはねられ、その後死亡する。警察は事故死として処理しようとするが、事件担当の予審判事は調査を進めるうちに、暗殺の疑いを強くしていく…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 腐敗を正す人物がヒーロー視されているように見えてそうじゃないのが独特です。彼は正義の為に動いているわけではなくて、仕事として腐敗の実態を暴いていくことになるので、彼がクビになっても悲壮感はありませんでした。インテリは殺された議員一派と予審判事だけで、極右団体の連中も腐敗した政府の人間もろくな教育を受けていなさそうなのが製作者の思想を反映していたんではなかろうか。勉強しよう。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2015-06-20 01:24:27)
27.《ネタバレ》 ○多くの登場人物と引き起こされる展開に次々と明らかになる新事実と見応えあるポリティカルサスペンス。なかなか引き寄せられる作品。○ただ、暗殺の詰めが甘かったり、供述に似たような表現が使われたりともう少し作り込んでほしいと感じた場面もあった。○しかし、ラストには驚愕させられた。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-12-31 23:59:34)
26.《ネタバレ》 これはハッピーエンド?特にこの黒幕を暴いていく過程で誰が助かるわけでもないのに、カッコいい(ホントカッコいい)BGMのせいか、観終わって痛快な気分になる。もう一回前半を観直すと、なるほどこれはこういうことだったか、と思う面白い映画。
ラストが恐ろしい。まだまだ黒幕がいるってことか。生まれた国が日本で良かったぁと思った。タモリのような予審判事が中々いい味出してて、カッコいい。
トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-08-08 16:25:30)
25.ミキス・テオドラキス
kagrikさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2011-02-10 14:46:09)
24.《ネタバレ》 登場人物の紹介もソコソコに最初っからいきなり緊迫していて何が何だかわからない。
雑そうに見えてそれほど複雑ではないので、次第になんとなくわかってくるんですが、展開がスピーディーで次から次へと人物が登場しまくり、特別誰かにスポットが当たるわけでもないので、鑑賞者としてはただ流れを追ってくだけになってしまっていた。
しかし、早い展開は退屈せずに面白いし、音楽がやたら軽快でカッコ良い。ラストもちょっとビックリ。暗殺の凶器はなぜ棍棒?
すべからさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-12-15 14:58:58)
23.《ネタバレ》 最初、出てくる人が多くて、やや混乱気味。中盤からだんだん慣れてくると、話も一気に緊迫度を増す。予審判事が暗殺を疑い出してからが面白い。チョイチョイとしか出ないけれどイレーネ・パパスの存在感が凄い。時折はさまれるフラッシュバックが彼女の心情を物語る。勲章ジャラジャラの軍関係者が次々召喚され尋問を受け起訴を言い渡されるその帰りに、皆、同じ戸口から出ようとするシーンが滑稽で苦笑してしまう。そこからラストに至るナレーションが淡々としていて怖い。そうか、「Z」とはそういう意味があったのか! 言論統制ってやろうと思えば簡単なんだよな、きっと。こうしてくだらないレビューをネットに書けて、ありがたいことだ。
すねこすりさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-11-12 13:25:36)
22.《ネタバレ》 後の「ミッシング」にも通じる不気味な映像の迫力が印象的。特に、エキストラの丁寧な使用が効果を高めている。相手方の描写が多少ステレオタイプのようにも見えるが、大した問題ではない。途中から主役になる予審判事の謎解きが、あくまでも地道な質問の積み重ねと資料の精査に尽きており、突出した特技を用いているわけではないというのも、今日においてもいろいろな場面での参考になる。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-05-20 01:46:10)
21.政治色の強い題材ながら、緊迫感あふれるサスペンスに仕上がっており、フラッシュバックを交えた演出と、後半の追及劇のスリル、まさに第一級のミステリ映画とも言えます。多彩な登場人物のそれぞれが、個性豊かに描かれているのも見逃せません。議員「Z」と、彼を囲む面々、真実を追い求めつつもどこかチャラチャラした記者、告発オヤジ、敵か味方かつかみどころがなくハラハラさせられる予審判事。一方のいわゆる“悪役”側の面々もまた各々が個性的で、これほど多くの登場人物を印象的に、巧みに描き分けた、人物造形のうまさが、娯楽映画としても成功しているポイントですね。前半の政治劇から後半の追及劇、そして最後にその輪が閉じたときに感じるのは、ファシズムへの怒り……ではなくて、“政治”というものの不気味さ、異様さ。Zは確かに生きている、いや亡霊となり姿かたちを変えながら、未来永劫我々を苦しめ続ける。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 10点(2008-11-24 08:10:49)
20.《ネタバレ》 非常によくできた政治サスペンス
2時間飽きずに引き付けられる映画はそうざらにあるものじゃないが、これはその1本だろう。

暗殺事件までの異様な雰囲気、そして事件後の展開。
ときどき入るフラッシュバックや音楽、余計なシーンがほとんどないカットなど、随所がうまく作られている。

そして後半に判事が猛然と追い込みをかける。
孤高のヒーロー的に次々要人を告訴していくのは圧巻。
そして満足して終わろうかというところであのニュースのラストで絶望へと追い落とされる。
しかしこれが現実だともいえる。

全体のテンポがよく、うまくまとまった秀作。


最後に
これを「左翼はもっと頑張らねば」的に読んでいる人が(ここにはいないようだが)巷には多かったりもするのだが、それはこの映画を根本的に取り違えている気がする。
監督が批判しているのは「全体による圧制」であって、右とか左とかの話ではない。
あえて右左でいいたいならば、いまどき政府の弾圧とか起きるわけもなく、「第四の権力」マスメディアが主力を左翼が牛耳っており、ちょっと危ないことを言うと「軍国主義、戦争賛美、危険人物」的な取り扱いを受ける(実際それで大臣の首が飛ぶこともままある)この日本で、「全体」の側に立っているのは一体どっちかを考えてみて欲しい。実際、言論弾圧法案である人権擁護法は左翼の側から出されているのだし。
さらに言えば、この監督は次に共産主義を痛烈に批判する映画を撮っている。そして今ある共産主義国(中国とか北朝鮮とか)を応援しているのは左右どちらだろうか。
θさん [地上波(字幕)] 10点(2008-08-14 23:15:35)
19.《ネタバレ》 「正義が勝てない」社会の恐ろしさを描いている映画ですね。途中までは、J・L・トランティニャン演じる予審判事が権力の陰謀を痛快なまでに暴き立てる政治サスペンスなのですが、予審判事が要人を告訴してからラストに至る展開こそがこの映画が伝えたい事であると言っても良い位重いです・・・・・。

 最後の締めくくりの素晴らしさ、格好良さは特筆に値します(やや、プロパガンダ映画的ではありますが)。
TMさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-06-19 19:41:45)
18.《ネタバレ》 保守とか革新とか、右とか左とか、今ではもうどーでもよくなってきたけど(現にソ連なんてとっくの昔に消滅してしまったけど)、それでも全然古さを感じさせない作品。権力の陰謀というテーマそのものは平凡であるにも関わらず、切り口が非常に斬新で、フランス映画独特のシニカルな味が全編にわたって良く効いている。途中でストーリーの軸足を野党議員から予審判事に移していったところに、作り手のセンスの良さが窺える。あえてケチをつけるとすれば、こん棒で一発殴っただけであんな風になるのかなと思うんだけど、まあ実際にあった事件をモデルにしてるらしいので・・・。それにその辺はあまり本質的ではないし、ということで納得。バシリコスの原作を読みたいと思ってさんざん探したけれど、絶版になっているらしく結局見当たらず。残念。
鳥居甲斐守さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-06-08 19:20:27)
17.《ネタバレ》 優れた映画作品には、3つのE、すなわち「3E」が備わっていると言います。その3Eというのは、「Educational(教育的で)」、「Enlightening(啓蒙的で)」、「Entertainment(面白い)」の3つです。その観点から言うと本作は、まさにこの3つの要素が備わった傑作中の傑作であると言えます。演説場での暴動と、議員が暗殺される一連のシーンの緊張感とダイナミズムは本当に素晴らしい!そして真実を追い求める予審判事と事件を収束させようとする国家権力の息をもつかせぬ闘い!国名こそ上げていないものの、当時のギリシャの軍事政権を批判した内容となっており、事実に即した悲惨な結末が待っていても、やはりこの作品には大いなる希望を見いだす事が出来ます。それは、真実はどれほど覆い隠そうとしてもいつか必ず暴かれるものであり、自由はいくら抑圧しようともいつか必ず人々の身に宿るという、この世の真理を雄弁に語っているからです。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-05-25 23:55:57)
16.《ネタバレ》 前知識なくいきなり観たので、まさかこれほどまでに思想的・政治的な作品だとは思わず、面食らった。

しかし、とてもスピーディな作品で、苦もなく観ることができた。
その時点で既に傑出した作品だ。

主演のイヴ・モンタンは、中盤であっさり殺されてしまい、これまた面食らった。
これで主演とは。

それにしても、イヴ・モンタンって、こんなに長身だったっけなぁ。
スーツ姿でユラユラと歩く姿が、とても威圧感がある。
すごい存在感だ。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 7点(2008-01-21 21:04:02)
15.宗教と王室を守ることを第一義とする右翼体制の政府、警察国家、統治国家に対するコスタ・ガヴラスの批判的思想が生み出した作品であり、また、この作品の歴史的背景には驚嘆させられるしかないのだが、そんな思想より、背景よりも、この演出力である。独特な音楽も大きな魅力の一つであるが、群を抜いているのはカメラワーク。これほどまでに大胆で滑らかな動のカメラを私は知らない。ショットが短く複雑で、クロースアップも多用しているのに疲れさせることなくそれぞれのショットが流麗に繋がっている。モンタージュ技法を応用したフラッシュバックも過不足ない情報量が詰め込まれ、過去の出来事や心象を見事に伝えてくる。これはもう、とっくに政治作品云々を超えた「映画」であろう。細部に至るまでのリアリズムが貫かれているわけではないが、判事と同じく観客も中立の立場から作品に参加させる意図と、演出力によって敢えて行われる軽量化により、魅きつけられてしまう。映画の持ち得る力や魅力が分かり易く詰まった大傑作である。
stroheimさん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-09-24 12:46:32)
14.《ネタバレ》 脚本・演出・撮影・音楽・キャスト、全てが素晴らしい。自分の欲を満たすために、相容れない主義・主張を国家権力を駆使して抹殺しようとする権力者達。身の危険に動じないイブ・モンタンや、検事に良心を問われてそれに起訴で応えたジャン・ルイ・トランティニャンの静かな怒りと気迫(渋すぎる)に、信念を持った人間の強さを感じた。ラストで実話を元にした作品のせいか、国家の力が個人の力よりも圧倒的に優位だという絶望的な現実を見せつけられる中での僅かな希望、ナレーションの『Z』の意味が胸に響いた。
The Grey Heronさん 10点(2004-05-26 22:31:51)(良:1票)
13.恐るべし国家権力、その圧力がとてもわかりやすく描かれていた。非常にサスペンスチック。
スルフィスタさん 9点(2004-03-01 21:56:54)
12.《ネタバレ》 1969年、フランス。まさに政治の季節。そんな時代に、実話を元に、政治的な謀殺や反政府運動をテーマに撮られた映画と聞いただけで、重苦しくイデオロギーバリバリの作品かと思うが、観た印象は全く異なる。誇張された政府側の人々の言動は、ある種コミカルですらあり、素直に演技の妙を味わえる。演出面でも、テンポのよい展開の中に、唐突に挿入されるフラッシュバックがアクセントとなり、心地よい緊張感でストーリーを引っ張っていく。特に音楽が秀逸で、冒頭から独特な作品世界の構築になくてはならない要素として機能している。権力が張り巡らせる罠の恐怖を描いていながら、決して主張を押し付けるのではなく、むしろ楽しんで見られる傑作。後半は判事のヒロイックな奮闘を中心に据え、ハッピーエンドを期待させるが、あっさりそれを裏切るラストが重い余韻を残す。全編に溢れる、熱い政治の時代を象徴するかのような太陽の光が、逆に現実の冷たさを際立たせている。
眠い悪魔さん 8点(2004-03-01 02:09:48)
11.「ダラスの熱い日」と続けてみた。どちらも実話をベースに脚色を加えた暗殺モノ政治サスペンスだが、ダラスの方がやや上かな。ストーリーはまあまあ楽しめるのはずなのに、モンタン以外の役者陣の存在感が皆薄いので、彼が死んでからは作品の軸が定まらず、ちょっと退屈する。
東京50km圏道路地図さん 5点(2004-02-12 01:48:44)
10.ギリシャでの実話を元にした作品で、ギリシャでは上映禁止だったそうです。公開当時の社会的意義は認めるけれど、純粋に映画としてはどうかな?と思う所もありました。どうも警察の人間の描き方が単調な気がして・・・。あの、証言しようとして頭を殴られた男の描かれ方は好きなんですけどね。でもやはりラストシーンは衝撃的。そうか、だから「Z」なのか・・・。
ぐるぐるさん 7点(2004-02-11 18:25:49)
9.僕はわりとサスペンス映画ってのは登場人物が多すぎたり、途中で話が掴めなくなったりするんで苦手なんですけど、これは良かったですね。ただ、エンターテイメントに徹したところに逆になんか引いた。政治がらみで凄くヘビーな内容なのに、そのせいでちょっと軽くなった感あり。
Keith Emersonさん 7点(2004-02-11 03:34:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 8.32点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
513.57%
613.57%
7828.57%
8414.29%
9621.43%
10828.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review2人
4 音楽評価 9.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1969年 42回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞コスタ=ガヴラス候補(ノミネート) 
脚色賞ホルヘ・センプラン候補(ノミネート) 
脚色賞コスタ=ガヴラス候補(ノミネート) 
編集賞 受賞 
外国語映画賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1969年 27回
外国語映画賞 受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS