英国万歳!のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 英国万歳!
 > (レビュー・クチコミ)

英国万歳!

[エイコクバンザイ]
The Madness of King George
1994年【英】 上映時間:107分
平均点:6.70 / 10(Review 10人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-11-22)
ドラマコメディ伝記もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-12-20)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・ハイトナー
キャストナイジェル・ホーソーン(男優)英国国王ジョージ三世
ヘレン・ミレン(女優)シャーロット王妃
イアン・ホルム(男優)ウィリス医師
アマンダ・ドノホー(女優)レディー・ペンブローク
ルパート・エヴェレット(男優)プリンス・オブ・ウェールズ
ルパート・グレイブス(男優)グレビル
ジョン・ウッド[男優・1930年生](男優)サーロウ
ジュリアン・リンド=タット(男優)ヨーク公
ジュリアン・ワダム(男優)ピット首相
ジム・カーター[男優1948生](男優)フォックス
アラン・ベネット[脚本](男優)MP
原作アラン・ベネット[脚本]
脚本アラン・ベネット[脚本]
音楽ジョージ・フェントン
作曲ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル挿入曲"Zadok the Priest"
編曲ジョージ・フェントン
撮影アンドリュー・ダン
配給松竹富士
特撮ジョナサン・テイラー〔撮影〕(視覚効果)
美術ケン・アダム(プロダクション・デザイン)
マーティン・チャイルズ(美術総監督)
編集タリク・アンウォー
字幕翻訳細川直子
あらすじ
「王は君臨すれども統治せず。」の原則が確立された18世紀最後のイギリス国王、敵国フランスの敵ドイツから迎えた王室の三代目にして初めて英語をまともに話した国王ジョージ3世はアメリカ独立の頃から周囲の誰の目にも明らかなほど言動が異常だったが、ある日おつきの者が王の排泄物の色が変なのに気がつく。現在なら対症療法が知られている国王の代謝異常に対して周囲は皇太子を摂政につけ、議会の権力を拡充し、そして専門医を採用して王の精神的負担を軽減しようとする。イギリスの議会制民主主義成熟の過程で起きた珍事の顛末。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
10.《ネタバレ》 王と王太子の仲が悪いというのは、現代まで連綿と続く英王室の伝統みたいなものなんですね。それにしても、王室の物語だというのにウンコやオシッコのネタが多いのは笑っちゃうほどです。それも国王のですからねえ、こんなもので患者の精神状態が判るなんてほんと眉つばものです。よく考えるとこのストーリーは『英国王のスピーチ』と基本的には同じ話なんですね、王族への視点が本作の方がはるかにシニカルですけど。このジョージ三世という王様はは失政が多くてアメリカ植民地の独立を招いてしまったりしてますが、悪役扱いの王太子の方が奴隷解放を唱えたりして政策的にはまともな感じなのは凄い皮肉です。この王様、精神錯乱状態のときに助けてくれた侍従や医師を回復するとクビにするなど、『英国王のスピーチ』のジョージ六世と違ってなかなか非情です。感動を呼ぶには程遠い結末ですけど、これはこれで王族という人達の本質を鋭く突いていると思います。ラストで「家族円満を見せることが王室の大事な仕事だ」と犬猿の仲のロイヤルファミリーが民衆に笑顔を振りまくところなんか皮肉がきつ過ぎです。 ナイジェル・ホーソンの演技は、狂っているというよりも強度のノイローゼという感じなのです。でも本当は正気なのに厳しい現実から逃避するために深層心理が暴走している様にも見え、なかなか優れた演出だと思いました。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2015-12-02 00:14:01)
9.フランスではエライことになる前年に英国では狂った王様の取り扱いにてんやわんやだったのですねえ。どこも大変だ。ヨーロッパ史のお勉強にはなったものの、人間ドラマとしての広がりは乏しい。ので、あまり面白くはない。映像は美しいけれど。(もっとも、女性陣にはもう少し着飾ってほしかった。)
やたらと脈を取りたがったり、病人を叱り付けたりと現代から見ると奇妙キテレツな当時の医療技術を見られるのも一興ではあります。
そしてアナ・カン時のルパート・エヴェレットファンにはこの映画はまさしく悲報となるでありましょう。もうほんと誰だか分からなかったわい。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-28 23:58:32)
8.ちょっと期待はずれでした。というのもジョージ3世とシャーロット王妃に関しては喜悲劇両方のいろんなエピソードが知られているからです。まず同国王の戴冠式の日、王冠にはめてあった一番大きな宝石が抜け落ちて国民は後にこれはアメリカ独立の予兆だったんだと思ったということ、そしてドイツ貴族の娘だった容姿も中身も平凡なシャーロット妃がイギリス王妃に選ばれたので7日以内に渡英の準備を完了するよう言われてショックで気絶したこととか、結婚式で素材と縫いこまれた宝石の重さに耐え切れずに新王妃の衣装の肩の縫い合わせが万人が注視する教会のど真ん中で一気にほどけたこととか・・・。こういうエピソードも盛り込んで、国王が狂気に徐々に犯されていく過程をじっくり描いてほしかったです。英語のWikipediaを読んでも国王の持病だった代謝異常のポルフィリン症が狂気に直結するとは書いてないし、ポルフィリン症は国王の狂気の引き金だったかもしれないけれど、むしろ国王がハーノーバー朝イギリス王家で初めて英語を母国語として話したという事実やフランス大革命や産業革命を含むいろんな社会情勢や国際情勢が国王の精神を蝕んでいったという仮説にたって史実を再現してほしかったです。 ところで、Wikipediaからのおまけの知識ですが、現在知られているポルフィリン症の対症療法とは患者に直射日光を避けさせることだそうです。ポルフィリン症の怖い点は精神異常ではなく、太陽光線の作用によって臓器に結石ができることだそうで、この病気がある人は今ではみんな直射日光の下では日焼け止めなんかで完全武装するようです。ジョージ3世は狩猟きちがいみたいでしたから、頭のネジがはずれるような具合で結石ができていたのかもしれませんね。
かわまりさん [DVD(字幕)] 5点(2010-06-15 12:21:35)
7.フランス革命の前年、アメリカ独立のショックもまだ残っている英国で王が狂う。『バリー・リンドン』のラストで、これはジョージ三世の治世下の出来事である、と出たのは、狂った王の下というニュアンスを含んでいたのか。多くの狂人が王になりたがるわけだが、そもそも王は狂と近い。気でも狂わなければ“絶対”なんてやってられない。人間離れしなければならぬ王と、人間である王との葛藤。狂者になることで人間になれるのかと思ったら、やはり王位の椅子のような拘束椅子に座らせられてしまう。どっちにしろ椅子に拘束される存在。彼が王であることを逃れられるのは、「リア王」の台本読みで狂王を演じるとき、という皮肉に至る。やや理が先行する脚本で、映画として酔える種類の作品ではなかった。屋外シーンは美しい。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-03-04 12:09:41)(良:1票)
6.在位60年のジョージ3世の歴史物語。その間アメリカ独立もあり、内外に加え家族も含めた悩み。「もっと理想の家族らしくしろ」という台詞は今の王室にこそ必要な言葉かもしれないとあった。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-08-25 18:51:29)
5.本作に出てくるイギリス首相ウィリアム・ピットは、24歳で宰相となった人物。結婚もせず生涯を政治に捧げ41歳で亡くなったのだが、汚職等のスキャンダルとは全く無縁の高潔な人物だったそうだ。こういう人が国のリーダーに選ばれるイギリスがちょっとうらやましい。
カテキン・スカイウォーカーさん 7点(2003-03-26 19:54:55)
4.ルパートファンとしては彼の姿にちょっと悲しい気もするが、又、違った一面を見た気がした。
sugai hisaeさん 8点(2003-01-04 17:43:44)
3. 結構おもしろかった。
相対性理論2さん 7点(2002-08-16 10:23:23)
2.痛烈な皮肉が根底にある怪作。結構よくまとまっていました。
ななさん 7点(2002-02-09 19:23:14)
1.面白いといえば面白いんだけど・・・、二度見てみようとは思わないんだよね。ルパート(エヴェレットのほう)がカッコ悪すぎる。
まきさん 6点(2001-06-14 00:49:11)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 10人
平均点数 6.70点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5220.00%
6220.00%
7440.00%
8110.00%
9110.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1994年 67回
主演男優賞ナイジェル・ホーソーン候補(ノミネート) 
主演女優賞ヘレン・ミレン候補(ノミネート) 
美術賞ケン・アダム受賞 
脚色賞アラン・ベネット[脚本]候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS