代理人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 代理人
 > (レビュー・クチコミ)

代理人

[ダイリニン]
Losing Isaiah
1995年【米】 上映時間:111分
平均点:6.43 / 10(Review 7人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-03-20)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴン・ギレンホール
助監督エレン・H・シュワルツ
キャストジェシカ・ラング(女優)マーガレット・ルウィン
ハル・ベリー(女優)カイラ・リチャーズ
デヴィッド・ストラザーン(男優)チャールズ・ルウィン
サミュエル・L・ジャクソン(男優)ルイス弁護士
キューバ・グッディング・Jr(男優)エディ
ジェニファー・クリスタル(女優)
田中真弓カイラ・リチャーズ(日本語吹き替え版)
脚本ナオミ・フォナー
音楽マーク・アイシャム
編曲ケン・クーグラー
撮影アンジェイ・バートコウィアク
製作ナオミ・フォナー
ハワード・W・コッチ・Jr
美術ジャニーン・オッペウォール(プロダクション・デザイン)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
7.《ネタバレ》 まだあんまり売れる前のハル・ベリーがすごいね。内容はちょいと難しい問題を含んでいるけど、うまくまとめた感じかな? キューバ・グッディングJrの出番が少なかったのがちょいと勿体ない、そんな印象デス
Kanameさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-21 10:25:22)
6.《ネタバレ》  久しぶりに胸を打たれる映画でした。
 麻薬中毒者で、自分の子供をゴミ捨て場に放置してクスリを打ちに行く母親カイラ(ハル・ベリー)。一方、その子供の治療にあたり、それからその子供をわが子として育てる母親マーガレット(ジェシカ・ラング)。
 これだけ見れば、当然マーガレットと、その一家を応援したくなるのですが、この作品の見所は何と言っても母親カイラの立ち直り。警察に捕まったことがきっかけで、必死に人生を頑張ってやり直そうとするカイラに自然と心が寄り添ってしまうのです。ただ、マーガレットのルウィン一家も、白人の一家でありながら黒人の捨て子に無償の愛を注ぎ、本当に幸せそうな家庭を築いていくのです。
 そしてついに、カイラのカウンセラーによって、死んだと思っていたわが子が生きていたことをカイラは知ってしまいます。ここから物語は加速していきます。親権を取り戻そうとするカイラ。最愛の息子を失いたくないマーガレットとルウィン一家。両者は裁判で親権をめぐり争うことになっちゃうんです。
 普通は、裁判ものっていうのは、どちらかを応援したくなるものですが、この映画に関してはどちらかに肩入れすることはないかもしれません。なぜなら、二人から、偽りのない息子への愛情を感じてしまうからです。
 そして感動のラスト。最後に二人が抱き合ったシーンは久しぶりに目頭が熱くなりました。何より、黒人の子供(イザヤ)の演技が凄すぎます。とても良い映画に出会いました。
たきたてさん [DVD(字幕)] 9点(2014-01-21 00:53:15)
5.一応裁判劇でありながら、そこに重きは置いてなくて、養子制度の問題点、
人種問題を背景に、何が正しいのか、鑑賞者に考えさせるような社会派ドラマに仕上がってます。
主役二人の女優さんの演技は悪くないけど、両者のキャラは業が強くて感情移入はできず、
ラストはていよくまとめちゃって、個人的にはあまり心に響いてくるものはなかったかな。
観る人の考え方や立場によって、捉え方や感想も変わってくる作品かと。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-11-22 15:38:39)
4.《ネタバレ》 育ての親が絶対正しいと思ってみていたけど、人種問題なんかもあって単純にそうもいかないんだなぁと思った。ハルベリーはどうにもならなくなって最後頼みに行くわけだけど、もっと言い方ないのかよ!頭下げろよ!と思ってしまった。でもよくよく考えると彼女も親としてプライドあるし、あれが精いっぱいだったのかな。マイナーな映画みたいだけど観る価値ありますよ。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 7点(2008-07-20 13:14:55)(良:1票)
3.生みの母VS育ての母の親権争い。序盤に病院で赤ちゃんを見つめるジェシカ・ラングの表情(←うまいんやもん)にまず傾いてしまいます。
が、人種問題、家庭の(経済的な)豊かさ、子どもの年齢など考えると、どちらも勝たせたい、という思いに悩まされてばかり。それでもしいてどっちかときかれたら、私はハル・ベリーの方を支持するかなぁと泣く泣く考えてました。
双方のパートナー(人相怪しいでデビッド・ストラザーン/性格もグッディングJr.)のちょっと距離を置いた存在の演出も優れていてほっとできます。心優しい貴女におすすめ。
かーすけさん [DVD(字幕)] 7点(2005-06-20 00:51:01)(良:1票)
2.子供の笑った顔を見たとき嬉しかったです。
スネさん 7点(2003-06-20 23:51:12)(良:1票)
1.最初の、空撮のビルからスラム街、乳飲む赤ちゃん、がなんか印象的だった。
あろえりーなさん 5点(2002-07-06 08:29:12)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 7人
平均点数 6.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4114.29%
5114.29%
6114.29%
7342.86%
800.00%
9114.29%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 9.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 10.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 9.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS