Menu
 >
 >
 > 海辺の家

海辺の家

Life as a House
2001年【米】 上映時間:126分
平均点: / 10(Review 154人) (点数分布表示)
ドラマ
[ウミベノイエ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(2002-07-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アーウィン・ウィンクラー
キャストケヴィン・クライン(男優)ジョージ・モンロー
クリスティン・スコット・トーマス(女優)ロビン・キンボール
ヘイデン・クリステンセン(男優)サム・モンロー
ジェナ・マローン(女優)アリッサ・ベック
メアリー・スティーンバージェン(女優)アリッサの母 コリーン・ベック
マイク・ワインバーグ〔1993年生・男優〕(男優)アダム・キンボール
ジェイミー・シェリダン(男優)ピーター・キンボール
スコット・バクラ(男優)警官 カート・ウォーカー
ジョン・パンコウ(男優)ブライアン・バーク
チャールズ・ウィンクラー(男優)トレイラーパークの男
バリー・プリマス(男優)トム
ジョン・フォスター〔1984年生・男優〕(男優)
アート・チュダバラ(男優)会社の上司
サム・ロバーズ(男優)デイビッド
キム・デルガド(男優)ボブ・ラソン捜査官
サンドラ・ネルソン(女優)ナース
マーゴ・ウィンクラー(女優)バーバラ
野島昭生ジョージ・モンロー(日本語吹き替え版)
高島雅羅ロビン・キンボール(日本語吹き替え版)
浪川大輔サム・モンロー(日本語吹き替え版)
小島幸子アリッサ・ベック(日本語吹き替え版)
一城みゆ希アリッサの母 コリーン・ベック(日本語吹き替え版)
石井隆夫デイビッド(日本語吹き替え版)
牛山茂ブライアン・バーク(日本語吹き替え版)
水野龍司カート(日本語吹き替え版)
坪井智浩ジョシュ(日本語吹き替え版)
伊藤和晃ピーター(日本語吹き替え版)
音楽マーク・アイシャム
編曲ケン・クーグラー
挿入曲マリリン・マンソン"Sweet Dreams"
リンプビズキット"Rearranged"
ジョニ・ミッチェル"Both Sides Now"
レディオヘッド"How to Disappear Completely"
製作アーウィン・ウィンクラー
ロブ・コーワン
製作総指揮マイケル・デ・ルカ
リン・ハリス
配給日本ヘラルド
美術J・デニス・ワシントン プロダクションデザイン
字幕翻訳戸田奈津子
動物ラブラドール・レトリーバー
あらすじ
突然襲ったある事情から自分の人生を見つめ直そうとする建築家のジョージ(ケヴィン・クライン)が反抗期の息子サム(ヘイデン・クリステンセン)らと共に今まで住んでいた家を壊し、新しい家を造っていく。家造りに人生の再出発を重ねた感動作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
154.《ネタバレ》 家族だけで家を建てると思ったらそんなことはなかった。
あとお隣の娘さんがダサい苺Tシャツ着ていて、ときメモの早乙女優美ちゃんを思い出した。あんなダサい苺Tシャツ着ている人、三次元にもいるんだな。
たろささん [インターネット(字幕)] 6点(2017-12-08 23:31:43)
153.息子が嫌いな父親に無理やり連れて行かれるシーン、悪態をつきながらもついていく時点で、それほど溝は深くないのだろう、という印象を持つ。案の定、割とすんなり和解してしまう。日本の映画なら、ここまでの間に最低1回は暴力シーンが入るのではないだろうか。父の死が近いことを知ったあとの展開も含めて、感情の起伏は全体的に少な目で、穏やかな印象。思い切り泣ける訳ではないが、なんかいい映画を観たような感じにはさせてくれる。途中のショーもないエロも程よいアクセントになっていたと思う。
マー君さん [DVD(吹替)] 7点(2015-09-05 13:41:11)
152.すっごくいい映画を期待していたから残念。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-25 00:03:37)
151.親子関係の再生を描いた物語というコンセプトは良かったけど、それだけじゃ華やかさが足りなくなりそうなところを隣のエロい娘がいい仕事したね。
母親も同じくエロいという設定も面白かった。
悪いことも良いことに繋がるというシナリオ構成も上手かったし、ラストの纏め方も好感が持てた。
息子の説得に癌を利用せず正面から向き合ったのも良かったと思う。
感動で涙するということはなかったけど、更生して行く息子の姿が爽やかで、後味の良い作品に仕上がってると思います。
あと、どうでもいいことだけど、海辺の家というより、崖の上の家といった方が相応しいような気がした。

もとやさん [DVD(字幕)] 7点(2014-07-07 21:13:51)
150.《ネタバレ》 よくある、断絶していた父子関係再生の映画なのだが、本作の子役がかわいげのない16才の不良少年であるところが他作とは趣を異にする。「愛情の表現方法」は本作の大きな視点であり、その象徴としてハグがよく出てくる。登場人物全員が主人公を中心とした出来事の中で愛する人への接し方に思い巡らせる事によりハグに象徴されるスキンシップを取り戻していく様が、お色気のあるシーンをも交えながら織りなされていく。なのに、全てが大団円に向かう様相を示すのに主人公のみひっそりと退場していく。みんなで何かを成し遂げたかのような満足感とともに寂しさを感じさせる、そのバランスが絶妙で、風景の美しさと相まってとても印象に残る作品であった。好み45/50、演出12/15、脚本10/15、演技6/10、技術9/10、合計82/100→8/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 8点(2013-07-09 23:04:50)
149.《ネタバレ》 家の構築とともに家族の絆が出来ていき反抗的な青年の成長するというベタに感動できるストーリーだとは思うが、本筋とはあまり関係のない部分で出てくる人物が自由すぎてイマイチ物語に入れない。特に3人の女性にそれを感じることが多く理解できない行動が多かった。アメリカってあんなんなんですかね…
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-05-10 00:38:27)
148.個人的に残念な作品。
ケヴィン・クラインの演技で何とかなったという印象。
脚本を手直ししてリメイクしてほしい。
棘棘棘棘棘棘棘さん [DVD(字幕)] 4点(2011-01-23 17:27:12)
147.せっかくの感動ものだが、ちょくちょく余計なしーんが入って全体的に長くなっているのが残念。最後10分間と落ちはよかった。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 6点(2011-01-03 00:13:31)
146.無難なストーリーに主役・脇役ともに能力者をそろえたと感じました。邦題が気に入りません。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2010-04-17 22:31:07)
145.《ネタバレ》 傷が癒えるような何ともいえない気持ちになりました。途中の不要な描写と評されやすい部分は、大人も子供もみなダメダメなところを持っているということをよく表現できていたと思うし、そういうダメダメ人間たちが関係を修復できた結末が、私のようなダメダメ人間には救いになりました。しかし、やはり死を身近に感じなければ、人は本気で問題に取りかかろうとはしないものなのか。。。そうかもしれない。。。
wildflowerさん [DVD(字幕)] 8点(2010-01-09 14:19:49)
144.《ネタバレ》 人間、最後はやっぱり家族だなぁと、おもわせてくれました。面白い映画と言ったら嘘になるけれど、のんびりした感じの優しい映画でした。
lalalaさん [DVD(吹替)] 6点(2009-12-25 13:43:20)
143.《ネタバレ》 時間が無駄に長いのとSEX等の不要な描写が大きなマイナス。ヘイデン・クリステンセンのロッカーなメイクはコメディですね。ジェナ・マローンのむっちりな体も悪くなかったです。無難なストーリーで批判は少なそうですが、私には物足りませんでした。なんと言っても、父に恵まれていないので、この手の映画は基本的に感情移入できない。家を建てる場所は本当に素敵ですね。交通の便さえ良ければ、あんな場所に住めるのは最高に幸せでしょう。子供が落下しないか心配ですが・・・。



マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2009-07-17 00:55:43)
142.《ネタバレ》 隣人の母親や男友達絡みで余計な描写がありました。あれが無ければ、もっと感動できたのに。それが残念。でもラスト近くは感動できます。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2009-07-02 21:31:37)
141.《ネタバレ》 「女性向け映画だなぁ」というのが率直な感想。主演は父親と息子なんだけど、父親と息子は女性視聴者を喜ばす駒として存在している。
上上下下左右左右BAさん [地上波(吹替)] 6点(2009-05-31 12:44:12)
140.あらすじからほとんど予想できる内容だし、終盤へ向けての展開も実に予定調和的。しかし、最大の問題は、家建築のディテールをほとんど省いているところだと思う。この作品全体を象徴しているのはいうまでもなく家なのだが、その家自体がさしたる挫折も曲折もなく順当にあっという間にできてしまっているから、ますます物語そのものまでが予定調和に見えてしまうのです。
Oliasさん [DVD(字幕)] 5点(2009-05-30 04:35:23)(良:1票)
139.90年代の映画の雰囲気が出ていますね。話がやけに綺麗だな、と感じました。ですが、このエンディングには参りました。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-11-21 21:23:30)
138.なかなか良い話だと思います。父と息子という男同士なところがまた良い。息子の更生はわかっていても見ていてすがすがしい。最初の似合わない(ヘタクソな)メイクにはびっくりしたけど。
にうさん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-18 02:50:16)
137.《ネタバレ》 主人公であるジョージにとって「家」とは、自分自身を映し出す鏡なのだろう。その「家」とは、台所とトイレの区別がない不法な家であり、父親への記憶を想起せずにはいられない忌々しさの象徴であり、その忌々しさの他方で、愛情という相反した感情が同居する家なのだと思う。彼はそのような記憶が宿る家そのものを壊したかった。でも自身の余命があと4ヶ月、おまけに会社まで解雇される、いよいよな状況に立たされるまで踏み切ることができなかった。もどかしい話だけど、自分自身の象徴を壊すこと、自分にとって普遍的な何かを壊すことって、状況がよほど切迫しない限り実はできないことなのかも。そういう意味で、私は本作の肝は、後半の家を立てることより、むしろ壊すことにあると感じた。
ノマドさん [DVD(字幕)] 8点(2008-06-22 12:53:10)
136.どうも「早春スケッチブック」のパクリのような気がしないでもないが、比べちゃうとかなり見劣りするなあ。日米の感性の違いかもしれんが。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-05-27 01:27:52)
135.父親のぬくもりを知らずに育った私にとっては、とても憧れる父子の愛情だった。最後の予想してない終わり方にも感動した。
茶畑さん [DVD(字幕)] 8点(2008-03-04 23:10:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 154人
平均点数 6.80点
000.00%
100.00%
200.00%
363.90%
463.90%
52113.64%
62918.83%
73220.78%
84126.62%
91610.39%
1031.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review6人
2 ストーリー評価 6.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.71点 Review7人
4 音楽評価 5.60点 Review5人
5 感泣評価 5.50点 Review6人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS