ダークネス(2016)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > ダークネス(2016)
 > (レビュー・クチコミ)

ダークネス(2016)

[ダークネス]
DARKNESS
2002年【スペイン・米】
平均点:5.00 / 10(Review 41人) (点数分布表示)
ホラーミステリー
新規登録(2003-06-29)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-04-10)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャウマ・バラゲロ
キャストイアン・グレン(男優)マーク
ジャンカルロ・ジャンニーニ(男優)アルベルト
フェレ・マルティネス(男優)
アンナ・パキン(女優)レジーナ
レナ・オリン(女優)メアリー
小島幸子(日本語吹き替え版)
森田順平(日本語吹き替え版)
阪脩(日本語吹き替え版)
川島得愛(日本語吹き替え版)
一柳みる(日本語吹き替え版)
脚本ジャウマ・バラゲロ
製作ブライアン・ユズナ
製作総指揮ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
あらすじ
40年前の皆既日食の日、スペインのある村で7人の子供が失踪した。懸命の捜索にも関わらず、発見されたのは逃げ帰った1人の少年だけ。彼には何の記憶も残っていなかった。そして40年後、父の故郷であるスペインにアメリカから移住して来た家族に、不気味な影が忍び寄る。実は、彼らの住む古びた家には秘密が隠されていたのだ。「闇」に蝕まれていく恐怖を描いた、スペイン発のホラー作品。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.なんの新鮮味もない
オチも早々とわかちゃう感じでした
とまさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2014-01-04 16:51:11)
40.恐怖は十分味わえましたが、結末をしっかりして欲しかった。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 5点(2011-04-20 08:46:07)
39.《ネタバレ》 本当の狙いはオヤジって所でずっこけた。姉弟、逃げ回る必要ないじゃん。…と思っていたら、何の伏線もなく超自然的な闇が迫ってきて…。どうも撮影しながらお話作ってるんじゃないかというような展開が残念。雰囲気や自然描写などの情緒的な部分は無茶苦茶良いので何か勿体ない。米資本やハリウッドが絡むと、あっちこっちから横槍が入って収集つかなくなるのかしらん。
番茶さん [DVD(字幕)] 6点(2010-11-23 02:32:35)
38.《ネタバレ》 「本国スペインでは大ヒット」という前ふりが全然ウソに思えるほど、な~んの新味もない話です。
こんな使い古された話を、どう料理すれば大ヒットになるのかというと、それはひたすらに、ああひたすら~に「演出」です。そして、ホラーに対してあまり目の肥えていない観客(スペインの人たちごめん)も必要だ。
レナ・オリンなどというクセのあるベテラン女優を起用したワリには「べつに彼女でなくてもよかったのでは…」との疑問が。なにかもったいないという気がする。
んでまあ、本編はこれでもかの「演出」責めでして、まーこれだけなんでもないフツーの話(ホラーとしては)ならここまで「演出」しなければ見せようがないよなあ、と納得もしたくなる。
最後はどうしようもなくなって、とにかく暗くしてなにも見えない攻撃で〆るという無謀さだ。
…たいしたことない話を演出の腕前だけでどう見せるか、というのもひとつの醍醐味なのだろうが、この作品はそこが突出しすぎ。いくらなんでもやりすぎ。ソースかけすぎ。
や、話のつまらなさゆえにこんなに演出に凝らなければならないくらいなら、最初からもっと面白いストーリーを使ったらどうなのよ、という素朴な疑問を消せないよなあ。
ともかくスペインの観客のホラー沸点は相当に低いと言わざるを得ない。日本や香港のホラーは怖すぎてとても見られないだろうなあ。これって自画自賛かな(違うだろ)?
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2009-09-02 19:27:31)
37.これも今ひとつ盛り上がりに欠ける不完全燃焼のような作品だった。レナ・オリンと言えば怖い女ってイメージを持っていたんですが、この映画ではちょっとおっかない程度の母さんだったので残念。あの不気味な三人が写った掛け軸が一番怖かった。
カーマインTypeⅡさん [DVD(吹替)] 5点(2006-12-02 15:03:00)
36.《ネタバレ》 物語に入り込むまでに、30分程かかってしまった。中盤以降は、なるほどと思う事が多く、だんだんおもしろくなっていく。あの設計者の老人はどうなったの?とか、7人同時に殺さなくても良いの?とか疑問は山程。ラストのあの終わり方もズル過ぎますね。題材としては好きですが。
i borgさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-09-14 21:26:50)
35.まさしく「えっ....もう終わり?」でしたね。終わり方はこれでいいんだって思う人もいるだろうけど私は中途半端だった。最後の娘が暗闇に懐中電灯1つのシーンはなかなか好きです。途中で祖父が娘を椅子に縛り付けて運ぶシーンがあるけど「ハンニバル」でもそういうシーンがあった様な。そういえばハンニバルに椅子に縛り付けられて死ぬ人は祖父役の人でしたね。
TRUST NO ONEさん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-25 03:56:07)
34.《ネタバレ》 キャスティングが良い。また各キャラの個性を出す演出も良い。登場人物を7人(家族4人+祖父、娘の彼氏、家の設計者)に絞り込んだことが効果があったと思う。家と子供というソフトホラーの王道二つを題材に親父が狂う「シャイニング」風の味付けは違和感もなく見れたが、話の落とし方にはもう一工夫ほしかった。
ぼぎーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-05-07 02:21:30)
33.《ネタバレ》 確かになんとなく『シャイニング』に似ていますね。ただその似た部分に変にこだわったばかりにホラーものなのかサイコものなのかがはっきりせず、とても微妙な作品になってしまった感じがします。その所為か折角の“通”ウケしそうなキャスティングも全然生かされていませんね。何の怖さを描きたかったのかがとても曖昧になってしまったことがこの作品の大きな失敗だと思います。
眼力王さん [DVD(字幕)] 3点(2006-02-23 22:12:00)
32.凝った脚本だと思う。ホントだったらどうしようと思った位だから、私にはとっても恐かった。
ただ、最後の最後が頂けないなぁ。一気に嘘っぽくなっちゃった。
さらさん [DVD(字幕)] 6点(2005-09-26 11:25:59)
31.怖いと感じさせるセンスは認めますが、全体としては散漫で個々の布石?の詰めが中途半端。
もったいない。
かじちゃんパパさん 5点(2005-03-12 09:08:32)
30.スペイン的な怖さを期待してたのに思いっきりアメリカ的ではないか。しかも画面が暗いだけで怖くない。ラストが…。関係ないけどアンナ・パキンは、どこか見慣れた顔だなって思ってたら、友達にすごい似てて結局そこばっか気になってしまった。
c r a z yガール★さん 3点(2004-12-23 03:34:41)
29.闇に重なる子供の幽霊の姿が少し怖かったです。
真尋さん 8点(2004-12-22 10:31:53)
28.「ネイムレス/無名恐怖」で、日本を除いた世界中のファンタ系映画祭を熱狂させたスペインのジャウマ・バラゲロ監督が、米資本とハリウッド・スターを迎えて作ったオカルト映画(この辺は製作のブライアン・ユズナのノウハウ?)。サスペンスとオカルトという違いはありますが、子供達が失踪するミステリーというモチーフは前作と同じ。暗い映像や激しいカット割り、カメラの縦揺れ等も同じ。そして私にとって面白くない、若しくは怖くない映画というのも同じだった…。大体、この儀式が完了すると何が起こるの? それが分からないと怖がり様も無いと思うんですけど…、4点献上。
sayzinさん 4点(2004-12-15 00:18:32)(良:1票)
27.《ネタバレ》 まず感じたのは「シャイニング」との類似性。一家の主が次第に狂気に蝕まれていく様は、共通したモチーフだと思います。廊下のシーンとか、古い写真の使い方なんかも似てるし。でも、決定的に異なるのは、この作品はオカルトがベースになっていること。そして、幽霊は幽霊らしく「うらめしや~」的に出現しています。対して「シャイニング」の方は、オカルト的ではあるものの心理劇として受け入れられる内容で、幽霊は「こっちにおいでよ~」的に誘ってきます。で、結論的には私はどちらも好きなんですが、こちらの絶望的な終わり方の方が寧ろS.キング的じゃないかなんて思えたりもします。
キャスティングもいいし、映像も音響も素晴らしい。ただ、皆さんのご意見にもあるように、ツッコミどころはかなりあります。じれったいところも目に付きます。ということで、8点といきたいところですが、7点献上に留めておきます。
ぽこたさん 7点(2004-11-21 02:15:34)
26.レンタルDVDにて鑑賞。不気味な怖さだった。ショッキングなだけではないこの不気味さは好きです。ホラーには特別なこだわりをもっていない私には楽しめた。サラウンドは非常に効果的。この“音”を経験できるかどうかで、1~2点の評価差が出てしまうと思います。
いわぞーさん 7点(2004-07-19 22:15:43)
25.もう少し画面明るくして。
永遠さん 1点(2004-07-08 08:05:48)
24.《ネタバレ》 私も暗闇は怖い方なので、テーマとしてはゾクゾクした。「儀式」や「寺院」とかの言葉が出てくると、少し冷めちゃうけど、それを忘れさせるストーリー&テンポで、「闇の恐怖」を感じとれた。昔、サイレントヒルというゲームをビクビクしながらプレイしていたのを思い出した。光が無くなった闇世界の怖さってたまらない~。
聞く耳を持たない仕事疲れの母と、狂っている父親を見てて、すごい胸くそ悪かったけど、一番悪いのは医者のおじいさん。あのじじいが全ての事の発端になっている。
映画が終わっても、「具体的に最後はどうなってしまったのか?」と、とても気になる。
父親を心から愛していたのは、あれだけ忠告した実娘であったのか。それはそれで、とても切ない。ハッピーエンドでない展開が、いたく気に入った。
さん 8点(2004-05-29 05:35:05)
23.ちょと怖かった。いい歳こいてビビってまったがや。 ほんでも、ラストにガックシ、え?もう終わり?
3737さん 7点(2004-04-15 01:48:15)
22.観ていてかなり苦痛。もっと過去の事件が中心となる推理的サスペンスかと思ったが、期待を裏切るオリジナリティーのないオカルト。特にクライマックスは暗すぎて何が起こっているのかいまいちはっきりしない。まぁ大したことは起こってませんが。主に展開する屋敷に独特の雰囲気がなく、どこが霊的エネルギーを溜め込む造りなのか、なぜ彼等がここに住むことに執着するのか説得力もない。前回の事件から40年後に同じ人間が事件を起こすという設定も納得できない。あんた40年後にまた同じことする気力ある?
wishさん 2点(2004-04-13 00:46:19)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 41人
平均点数 5.00点
000.00%
124.88%
224.88%
3717.07%
4512.20%
5614.63%
6921.95%
7717.07%
824.88%
912.44%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 5.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.33点 Review3人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 0.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS