Menu
 >
 >
 > 時計じかけのオレンジ

時計じかけのオレンジ

A Clockwork Orange
1971年【英】 上映時間:136分
平均点: / 10(Review 546人) (点数分布表示)
ドラマSF犯罪もの音楽もの
[トケイジカケノオレンジ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-07-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(1972-04-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督スタンリー・キューブリック
キャストマルコム・マクドウェル(男優)アレックス・デ・ラージ
ウォーレン・クラーク(男優)ディム
ジェームス・マーカス〔1943年生〕(男優)ジョージー
ポール・ファレル(男優)浮浪者
パトリック・マギー(男優)アレクサンダー氏
エイドリアン・コリ(女優)アレクサンダー夫人
ミリアム・カーリン(女優)キャットレディ
ジョン・J・カーニー(男優)巡査部長
スティーヴン・バーコフ(男優)タマを掴まれる警官
マイケル・ベイツ(男優)看守長
ゴッドフリー・クイグリー(男優)牧師
オーブリー・モリス(男優)デルトイド氏
アンソニー・シャープ(男優)内務大臣
カール・ドゥーリング(男優)ブロドスキー博士
フィリップ・ストーン(男優)
シーラ・レイナー(女優)
クライヴ・フランシス(男優)間借人ジョー
デヴィッド・プラウズ(男優)用心棒ジュリアン
キャロル・ドリンクウォーター(女優)フィーリー看護婦
マーガレット・タイザック(女優)
原作アンソニー・バージェス
脚本スタンリー・キューブリック
音楽ウォルター・カーロス(シンセサイザー編曲・演奏)
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
挿入曲ジーン・ケリー"Singin' in the Rain"
撮影ジョン・オルコット
アーネスト・デイ(カメラ・オペレーター)
製作スタンリー・キューブリック
配給ワーナー・ブラザース
美術ジョン・バリー〔美術〕(プロダクション・デザイン)
クリスティアーヌ・キューブリック(劇中絵画・彫刻)
衣装ミレーナ・カノネロ
編集ビル・バトラー〔編集〕
録音ピーター・グロソップ[録音]
字幕翻訳高瀬鎮夫
原田眞人
あらすじ
共産主義化された近未来のロンドン。本能の赴くままに超暴力(ウルトラ暴力)とセックスを繰り返していた不良青年アレックスは仲間に裏切られ刑務所へ収監される。刑期を短くするため犯罪性の切除を目的とした"ルドヴィコ治療"の被験者となるが……。 宗教・政治・哲学的な主題を描きながらも、ビザールなファッションと演出によりポップカルチャーにも多大な影響を与えたカルトムービー。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
466.前半を見て最後までこののりでいくクライムムービーかと思いきや、後半は罰がテーマ?結局、悪いことしたら報いがあるということですかね。
確かに映像や音楽の使いかたは印象的だけど、世間で言われてるほど異色作・傑作とは思えず、割と普通の映画だったなぁと思いました。
すべからさん [DVD(字幕)] 7点(2008-06-24 18:30:36)
465.《ネタバレ》 独特の雰囲気に引き込まれました。まるで一枚の抽象画を観ているような気分にさせられる作品です。ポップな色彩にダークで猟奇的なシーンが溶け合って、なぜか笑いが起きるという不思議な世界観がたまりません。まさに「時計仕掛けのオレンジ」という題名にも頷けますね。テーマ自体は物凄く真面目なものなのに、キューブリックが撮るとこうも奇想天外かつ妙に現実的で、もしかしたら明日は自分がこの世界に?いや、もう居るんじゃない?という気にさせられてしまう映画に仕上がるのですね。文句なしです。
ClocheRoseさん [DVD(字幕)] 10点(2008-05-15 04:36:17)
464.1回見ただけでは意味不明で終わりかねないが、何度も見るうちに、その中毒性にハマってしまった。何度見てもおもしろい。このぶっ飛んでいる感じと中毒性は他にはないものだと思う。
Fayさん [DVD(字幕)] 9点(2008-04-14 17:17:39)
463.それで更生はどだい無理でしょう。
Yoshiさん [DVD(字幕)] 3点(2008-03-23 10:22:24)
462.キューブリックの作品は時代を感じさせない凄さがある。とても'70年代の作品とは思えない。今観ても衝撃的な作品だが、当時観ていたらどれほどの衝撃を受けたのか計り知れない。
茶畑さん [DVD(字幕)] 7点(2008-02-16 23:15:56)
461.《ネタバレ》 全然好きになれません。あの名曲たちに対するイメージを返してください。
色鉛筆さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-02-02 11:39:04)
460.《ネタバレ》 かつてブルーハーツ(ヒロト)が、ドブネズミを美しいと歌ったり、パンクロックを優しいと歌ったのを聴いた感覚に近い、価値観や感性を揺さぶられ普遍でありながらも新しいモノを突きつけられたような圧倒的な映画。
直接的暴力描写よりも、アレックスの序盤の自宅に来た学校の先生と話す下りや、釈放後に帰宅したときの浮ついた感じや、作家宅でスパゲッティを頬張る奔放さに内省的な暴力性を感じる。そして気分が乗ってるとき、気持ちいいとき口ずさむ"雨に唄えば" このリアリティ。
まともな人間など一人も出てこない。まともと思っている自分自身さえ揺らがしてしまうような映画。最高にかっこいい。
よし坊さん [DVD(字幕)] 9点(2008-01-16 07:11:42)
459.今まで観た映画の中で最大の衝撃を受けた。
初めて観たときのことははっきりと覚えている。えらいもんみちまったよ、と思った。
ストーリー、音楽、キャスティング、カメラワーク、衣装などの全てが完璧。これからも年に1回は観たい作品。
eurekaさん [DVD(字幕)] 10点(2008-01-15 20:17:45)
458.友達に勧められて見てしまったのだが本当につまらない作品。
ここの人が高い点をつけている理由がわからない。
音楽のプロモーションビデオっぽい雰囲気はあったきがする。
結構昔に見た作品だがあまりにつまらなすぎて印象に残っている。
友達のために1点。
joumonnさん [ビデオ(字幕)] 1点(2008-01-02 06:45:28)(良:1票)
457.《ネタバレ》 アレックスの精神状態が彼が着ている衣装の色や背景などにうまく表れていた気がします。暴力行為を繰り返している場面は真っ白な服に身を包み精神的に自由な状態。警察に逮捕され収監されている時、出所してホームレス老人や昔の仲間に暴力を受けている場面では紺のスーツと暗めの画面で心身ともに追い詰められいる。そして、最期の病院シーンでは、全身包帯に巻かれ身体的には不自由なものの、その姿は真っ白で、内面はすでに暴力行為を繰り返していた元の状態に戻っていて、最期の恍惚の表情を浮かべて妄想しているシーンでそれが最高潮を迎えていた気がします。話自体がアレックスの一人称で語られているので、彼の中での映像が内面的な部分に影響されて色彩に表れていたのかなぁと勝手に自分なりの解釈をしました。
ちゃじじさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-26 00:47:38)
456.内容的には、インパクトを狙いすぎてて頭が痛くなる場面も多々あるのですが、カメラワークと色彩感覚、小道具関係のセンスは今見ても絶品。映画としての重量感みたいなものを感じます。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-25 01:55:30)
455.《ネタバレ》 主人公を悪の枢軸国(例えばイラク)、国家の役人をアメリカ、主人公の友達をイラク近隣諸国なんかに置き換えて考えると、この映画に隠されたものすごくポリティカルなメッセージが浮かび上がると思うのですが、どうでしょう。 …違うか。
垢抜け戦隊さん [DVD(字幕)] 9点(2007-12-09 18:42:46)
454.何回も見たいとは思わない映画。
なぜなら最初に見たときの衝撃を再び耐える自信が持てないのだ。
ただこれだけはいえる。この映画を見ずに死ぬべきではない。
norainuさん [DVD(字幕)] 10点(2007-12-08 18:17:38)(笑:1票)
453.私はこのようなむき出しの暴力描写、はだか描写は映画表現の堕落と思うし認めることはできない。卑怯にもキューブリックはこの作品の上映をふるさとの英国では許可しなかったそうだ。自分の故郷で上映するには恥ずかしいと思ったのだろうか。デザイン的には優れている、暴力描写は美しく秀逸だ、しかし根本的に映画としてインモラルだ。テーマそのものはモラル的だが、ここまで暴力をスタイリッシュに高らかに歌い上げるほど大したテーマでもない。この映画描写により、この映画をまねたウルトラ暴力が一般に蔓延し、性暴力がまるでおすみつきを得たかのように世界にのさばりだした。キューブリックにはそのことに対する責任があるはずだ。それは、映画の出来不出来以前の問題であり、人間としての生きる姿勢の問題であり、功なり名を遂げた表現者としての一般に対する責任の問題だ。ふるさとで上映を許可できないような映画を作るな、といいたい。
マンフロントさん [DVD(吹替)] 0点(2007-11-20 18:13:48)(良:3票)

452.完璧でしょう!
キューブリックの中でも最高の作品。

ストーリーも映像もなにもかも素晴らしい。
「好き嫌いはともかく」一度は体験すべき映画だと思います。
非映画人さん [DVD(字幕)] 9点(2007-11-06 00:15:11)(良:1票)
451.「ルドヴィコ療法」とかすごい斬新で印象に残るんだけど、全体を通してみるとやっぱりなんか腑に落ちないなあ。最初の非道行為が尾を引いているからかな??キューブリックらしさは満載なんだけどなー。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 5点(2007-10-24 20:50:34)
450.個人的だが初見で受けた衝撃の大きさではゴッドファーザーと比肩する。ただ、今でも年に一度は必ず見たくなるあちらと違ってこちらは二度目を見ようとは思わない映画。二回目を見たらそれなりに新たな発見があるんだろうけど・・。これはキューブリック映画に共通する傾向ではあるが。
陽炎さん [DVD(字幕)] 9点(2007-10-14 01:22:12)
449.《ネタバレ》 若い頃に何となく観た作品なので、もう一度観かえした方がいいのかもしれません。
それにしても目を強引に見開かせながら、映像を見させる教育(拷問)シーンにはハッとさせられました。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-10-13 10:07:18)
448.《ネタバレ》 暴力が描かれますが凄い恍惚感があります。
不思議な音楽です。
音楽と映像が作り出すこの孤高で深遠な雰囲気はまさに芸術的です。
スタンリーキューブリックの映像の美しさはシンメトリーな構図にあるような気がします。
この作品はキューブリックの作品の中で最もアートな印象を受けます。
暴力がテーマだと思いますが、その不快さを美しく見せるコンセプトは分かりづらかったですが、
ただ凄いものを見ている感じです。
また暴力が絡んだ因果応報みたいなのが面白かったです。
あれだけ好き勝手していたアレックスちゃんが気に毒になっちゃうところが大好きです。
逆流性胃炎になってしまいそうなゲップの演技でした。
あと作家おじさんの変顔が最高です。霊気みたいのが出てるかもしれません。
派閥争いを始めとする全ての事柄は世の中の仕組みが描かれている気がします。
正直分からないことも多いのですが。
描写や技巧が洗練され過ぎていてそれを言葉で表現しようとすると無理があるくらいです。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 9点(2007-09-18 23:59:32)
447.何度観ても惹きつけられる、飽きない、考えさせられる映画です。エンターテイメント性にあふれていながらも人間の内面をえぐっています。
独特の近未来的世界観には至る所にキューブリックのセンスを感じます。古さを感じないと言うと嘘になりますが、十分現代にも通用する映像でしょう。
ベートーベンの音楽も非常に効果的に使われていて、これほど完成度の高い作品に仕上がっていながらも実験的、前衛的な手法を積極的に取り入れているキューブリックに敬意を表して。
Balrogさん [DVD(字幕)] 10点(2007-09-14 23:40:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122232425262728
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 546人
平均点数 7.56点
0152.75%
191.65%
261.10%
3142.56%
4183.30%
5397.14%
6417.51%
76712.27%
89617.58%
99517.40%
1014626.74%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.28点 Review46人
2 ストーリー評価 7.22点 Review49人
3 鑑賞後の後味 5.96点 Review50人
4 音楽評価 8.27点 Review58人
5 感泣評価 3.81点 Review22人

【アカデミー賞 情報】

1971年 44回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞スタンリー・キューブリック候補(ノミネート) 
脚色賞スタンリー・キューブリック候補(ノミネート) 
編集賞ビル・バトラー〔編集〕候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1971年 29回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)マルコム・マクドウェル候補(ノミネート) 
監督賞スタンリー・キューブリック候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS