シベリア超特急4のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > シベリア超特急4
 > (レビュー・クチコミ)

シベリア超特急4

[シベリアチョウトッキュウフォー]
SIBERIANE EXPRESS4
2003年【日】
平均点:5.25 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス戦争ものミュージカルシリーズものミステリー
新規登録(2003-09-21)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-05-05)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
演出水野晴郎
キャスト宇津井健(男優)宇津井健(特別出演)
内藤武敏(男優)内藤武敏(特別出演)
安井昌二(男優)画家(友情出演)
丹波哲郎(男優)???
堀正彦(男優)医師&ジミー勝田
森宮隆(男優)助監督&文学青年
渡辺雄作(男優)俳優&名探偵ボギー
たにし(男優)プロデューサー&西条
勘太郎(男優)脚本家&モンゴル人の乗客
西村協(男優)歌手
三角大(男優)刑事A&乗客A
徳秀樹(男優)刑事B&乗客B
やべきょうすけ(男優)丹波哲郎お付き
田中真二(男優)ヒロシ(西条の秘書)
江成大輝(男優)少年&雄太郎(ジミー勝田の弟子)
安藤一平(男優)食堂者のボーイ
中野ダンキチ(男優)謎の中国人
西田和晃(男優)佐伯大尉
水野晴郎(男優)山下陸軍大将&水野監督
三田佳子(女優)三田佳子(特別出演)
光本幸子(女優)大女優(友情出演)
小田切みき(女優)画家の妻(友情出演)
金濱夏世(女優)掃除婦&マリー(ボギーの女)
真柄佳奈子(女優)少女&由紀子(ジミー勝田の娘)
油井昌由樹ナレーション
原作水野晴郎
脚本水野晴郎
製作水野晴郎
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.これは映画ではない。舞台と言ってもシベ超ファン以外は楽しめないでしょう。これはシベ超ファンの為のファン感謝イベントです。1、2、3を見てたから楽しめましたから5点付けますが、このレビューもシネマレビューではありません。
【追記】
上記ドヤ顔で書いてしまいましたが、5年も前に【min】さんが先に書いてらっしゃいましたね。先にレビューを見てたのを忘れてたみたいです。自分でも上手いこと思い付いたと思って書いてしまったのが恥ずかしいです(笑)
映画の夢さん [DVD(邦画)] 5点(2018-05-21 17:14:36)
7.《ネタバレ》 ごめんなさい、シベ超の1~3観たから、そのノリの映画だと思った自分がバカだったんだ。これは、本気の舞台でもない、映画でもない、シベ超のファン感謝デーだったんだな。・・・自分は、ここまでシベ超ファンじゃないんだが・・・水野さんのカルト的人気に5点を。
minさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2013-07-04 22:41:55)(良:1票)
6.酷い。始まって5分で嫌になった。最初のトークショーはいらないし、シベ超の酷さをネタに笑いを取ろうとするのも好きになれない。舞台だけあって、台詞は忘れる、物語は前後するなどなんでもあり。1回だけの公演だったらしいけど、こんなん何度もやられても困る。
茶畑さん [DVD(字幕)] 2点(2008-01-15 23:51:11)
5.映画じゃないな。何だこりゃ?
SINさん [DVD(邦画)] 3点(2008-01-15 01:55:49)
4.ついにここまで辿りついた。李将龍さん、きのすけさん、山岳蘭人さんに続いて4人目の快挙(いや多分もっと観ている方はいるはずだけど羞恥心というものが邪魔して書けないのだろう。よく分かる)。この前者御三方はもちろんシベ超①~③までの作品においてすべてレビューを書かれている。”シベ超皆勤賞”と呼ばれる栄誉ある賞をとられている方々だ。そして私もそのお仲間に加えさせていただいた(殿堂入りということだろうか?)。映画に対する感性や趣味などは違うかもしれないし、もちろん話した事も無いけどなぜか妙な親近感が湧いてしまう。このシベ超戦線という死線を共にくぐり抜けてきた”戦友たち”だから。その戦友たちだからこそなぜ私がシベ超①に0点を付けてこのシベ超④に9点とう高得点を付けた心情が理解出来ると勝手ながら思っております。観てない方はここまで這い上がって来てくださいきっと分かるはずです。そしてようやく私はこの戦争に参加した”意義”というものがうっすらだけど見えた気がする。戦争の先にあるものとは”愛”ということを・・・。私がここまでこれたのもただただ山下閣下への愛情を裏切らず信じてきたからこそ成せたことだと思う。今日この日自分で自分を誉めてあげたい。  作品に対するコメントは・・・シベ超①~③まで観てきた方なら腹がよじれるほど笑えます。映画も映画なら舞台も舞台で「なんじゃこりゃ~!」という感じです。シベ超シリーズを観られてない方は絶対④から観ないでください。確実に引きます。寒気がします。はっきり言って全員セリフもろくに覚えてません。カンペどころじゃなくどこからともなく声が聞こえてきます(なんと言っていいのやら”愛の手”というべきだろうか)。いえいえそれでもいいんですよ。気にしない気にしない。それが”シベ超”だから。  --- ”シベ超=戦争”を”シベ超=愛”へと変わっていったレビューワここにありき ---
tetsu78さん 9点(2004-10-08 12:57:09)(良:1票)(笑:4票)
3.観たくて仕方がなかったが、観なければ良かったかもしれない。なんか、そんな感じ。いや、面白いよ?水野晴郎が毒殺されるシーンなんか、近年稀に見る爆笑でしたからね。でもさ、やっぱりさ、芝居の途中でトークショー始めて延々と自画自賛するのはどうかと思うね。そんなことせんでもええのに!とビデオで観ると考えちまうけど、生で観るとまた違うんだろなあ。生で観たヒト、本気で羨ましい。
山岳蘭人さん 4点(2004-07-31 20:42:09)
2.長らくレビュー書くのを保留にしてきましたが、そろそろ書こうかと思います。さて何書こうかな。え~・・・・・ノーコメント(笑) この映画を評価するのは難しいです。だってこれ、映画じゃないもの・・・。とりあえず点数は、0点か10点かで悩みましたが、間をとって5点にしたいと思います(適当だなぁw) しかし、こんな誰も観てないような映画の「キャスト・スタッフ情報」を無駄に充実させてしまった私って一体・・・。「新幹線大爆破」には勝ったかな?(笑)
きのすけさん 5点(2004-01-28 21:57:56)(笑:4票)
1.マイク監督、ついに映画まるまる1本を1カットで撮ってしまった。長回しの世界記録か?・・・というのは冗談で、これは舞台劇です。しかも上演はたったの一回限り。生で観れた人は非常に幸運というか、うらやましい・・・もう、ここまで来ると次回のシベ超はどうなってしまうのか。ますます目が離せない!
李将龍さん 9点(2003-06-03 23:34:31)(笑:2票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.25点
000.00%
100.00%
2112.50%
3112.50%
4112.50%
5337.50%
600.00%
700.00%
800.00%
9225.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.50点 Review2人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS