キャンディ(1968)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > キャンディ(1968)
 > (レビュー・クチコミ)

キャンディ(1968)

[キャンディ]
Candy
1968年【米・伊・仏】 上映時間:124分
平均点:5.71 / 10(Review 24人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-09-05)
コメディファンタジー青春もの小説の映画化エロティック
新規登録(2003-10-04)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-06-24)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリスチャン・マルカン
キャストシャルル・アズナヴール(男優)せむし男
マーロン・ブランド(男優)行者グリンドル
リチャード・バートン(男優)マクフィスト教授
ジェームズ・コバーン(男優)クランカイト医師
ジョン・ヒューストン(男優)ダンラップ院長
ウォルター・マッソー(男優)スマイト将軍
リンゴ・スター(男優)庭師エマニュエル
エヴァ・オーリン(女優)キャンディ・クリスチャン
ジョン・アスティン(男優)パパ T・M・クリスチャン / ジャック伯父
エルザ・マルティネリ(女優)リヴィア伯母
シュガー・レイ・ロビンソン(男優)運転手ゼロ
アニタ・パレンバーグ(女優)ブロック看護婦
レア・パドヴァーニ(女優)シルヴィア
フロリンダ・ボルカン(女優)暴走族ロリータ
マリル・トロ(女優)暴走族コンチータ
ニコレッタ・マキャヴェリ(女優)暴走族マルキータ
ウンベルト・オルシーニ(男優)ギャングのボス
エンリコ・マリア・サレルノ(男優)カメラを持った男
バック・ヘンリー(男優)狂った患者(ノンクレジット)
クリスチャン・マルカン(男優)映画監督(ノンクレジット)
原作テリー・サザーン「キャンディ」
脚本バック・ヘンリー
音楽デイヴ・グルーシン
主題歌ザ・バーズ"Child of the Universe"
挿入曲ステッペンウルフ"Magic Carpet Ride""Rock Me"
撮影ジュゼッペ・ロトゥンノ
製作ロバート・ハジャッグ
特撮ダグラス・トランブルspecial photographic effects
美術ディーン・タヴォウラリス
振付ヴィッキ・ティール
衣装エンリコ・サバッティーニ
ミア・フォンサグリーヴス
ヴィッキ・ティール
編集フランク・サンティロ
ジャンカルロ・カペリ
あらすじ
美少女・キャンディはある日、性の旅に巻き込まれる。キャンディのまわりには超個性的な男ばっかり出没しキャンディの体を狙う。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
24.《ネタバレ》 やばい!あまりの馬鹿馬鹿しさに笑いが止まらない。あのマクフィスト教授のいかれぷりとスマイト将軍のいかれぷりが最高である。キャンディと二人だけになった車の中で突如、キャンディに対しムラムラきて「欲求を拒むな」とか言いながら襲い掛かるシーン、それを草むらからのぞき見している男がこれまた名前がエマニュエルってなんちゅう、ふざけた名前だ。将軍の「私の子供を産んで欲しい」も思わず吹き出しそうになるし、キャンディのあどけなさといやらしさ、男たちに対して襲われながらもけして、嫌な態度はしない。言葉では欲求を拒みつつも身体は反応して拒む所か受けて入れる。もう、この映画には理屈などいらない。私にとってはただただひたすらキャンディの可愛さとエロイ身体とエロイ男たちの大馬鹿コメディとして楽しむ。それで良いのである。「バーバレラ」「裸でごめんなさい」と並ぶノーテンキなエロ万歳!な映画として忘れられない映画になった。やたらお堅いクソ真面目で小難しい映画なんかよりもこのノーテンキさが私は好きです。それにしてもほとんど見えてるんだけどあとちょっとで全部見えそうな感じのキャンディの裸、くそう!長い前髪が凄く邪魔だ。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2012-01-21 20:54:05)(笑:1票)
23.《ネタバレ》 テリー・サザーンが原作者ですからどうせ訳の判らん映画だろうなと思ってましたが、やはり予想通りでした。そうなると出てくるビッグネーム俳優のエピソードでどれが一番面白いかと考えるしかなく、やはりジェームズ・コバーンの大手術ショーが順当でしょう。ここにはジョン・ヒューストンも絡みますが、この当時のヒューストンが出演した映画は『カジノロワイヤル』『マイラ』とヘンテコでカルトになった作品ばっかしですな。ほんとこの人役者としての選択眼が優れているのか、それとも単に趣味が悪いのか、どっちなんでしょうね。ジョン・アスティンがひとり二役をしてますが、ピーター・セラーズだったらもっと面白かっただろうなと思いました。
S&Sさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-02 01:01:51)
22.『トミー』とか『ロッキーホラーショー』などの病弱で陰鬱な英国ロック映画にくらべて、このアメリカ的な逞しいロック・カルチャーのほうが、わたしの趣味には合う気がしました。はじめのうちはブニュエルを見るような気分で楽しんでいたんですが、どのシークエンスにおいても、その諧謔的表現が結局は「エロ」に行き着いてしまうので、さすがに途中からは飽きました。ブニュエルに見られるような20世紀初頭の諧的的精神や革命文化は、ある程度はロックの精神にも受け継がれているかもしれないけど、やや多様性に乏しいし、重みにも欠ける。ひっくり返すべきものが単純すぎて軽いんだと思う。
まいかさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-13 17:23:33)
21.エヴァ・オーリン大好き。出演陣が隠れ豪華、内容はエロどたばた劇の禁断オチ。エヴァオーリンに8点
Vanillaさん [地上波(字幕)] 8点(2006-11-19 13:45:29)
20.まったくもって理解不能。キャンディもそんなに可愛くは思えませんでした。エロを期待するとガッカリします。
憲玉さん [DVD(字幕)] 1点(2006-09-16 23:19:06)
19.テリー・サザーンが 「関わっている」 という時点でストーリーはあってもなくても気にしない (というか、むしろ彼の場合はいつも 「ないッ」 )。キャンディちゃんのキュートでえっちなプロモーションビデオと割り切るならこの点数?! あぁ、キャンディのパパになりたい…(笑)。
マイケル・エリスさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-17 03:28:09)
18.《ネタバレ》 キャンディーちゃんが全編に可愛い。空港でコケる姿まで可愛い!でもちょっとおバカさん過ぎだよ、魅力のひとつなんだろうけど・・   ビートルズは正統派カッコイイのイメージしかなかったから、リンゴ・スターのあの役にはびっくりしたなぁ。   観てる方まで混乱するエンディングに流れる歌がまた良いです。歌詞に注目。
晴朗雪月花さん [DVD(字幕)] 8点(2006-02-07 00:05:04)
17.ストーリーもあったもんじゃないおバカ映画。でもキャンディのかわいさにかなり甘めの採点です(笑)
74さん [DVD(字幕)] 6点(2006-01-18 19:27:03)
16.明るいお色気にダラダラしたギャグが楽しい。大人のおもちゃ箱みたい。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(字幕)] 5点(2005-12-17 04:37:30)(良:1票)
15.主人公かわいい。観たのがテレビ版だったから、ノーカットがあるのなら、是非見たい。
おれおれ41さん [地上波(字幕)] 7点(2005-11-20 07:36:41)
14.3流の内容と1流のアホな空気。ごめん…なんか好き。
モチキチさん [DVD(字幕)] 8点(2005-09-09 21:16:10)(良:2票)
13.ストーリーがハチャメチャで、何がなんやら分かりません。雰囲気映画なんかな。個人的に60年代ポップていう雰囲気がどうも苦手で全く入り込めなかったです。リンゴスターがまさか庭師で登場してくるとは思わなかったんで、びっくらこきました。
c r a z yガール★さん 3点(2005-02-22 03:32:47)
12.ポップでえっちな不思議の国のアリス。可愛くてお洒落な雰囲気はいいんだけど、面白いかといわれたら微妙。あの軍人のとこが一番笑えた。なぜか常に前方から風が吹いている詩人も好きだけど。フィナーレも個人的には好き。 なんとも言いがたい映画ですね。インド映画をみせられたようなカルチャーショックがありました。
no oneさん 5点(2005-01-23 05:36:45)(良:1票)
11.《ネタバレ》 原作には当時の米国人の宗教と道徳の建前からの表向きのセックス観と現実の違いを表面化させると言う真面目な意図があったようです。60年代の初頭に日本で出版された翻訳は発禁の扱いを受けたけれど、その後にほとんど同じ内容で文庫本になりました。映画化の話は知っていたけれどやっとDVDで観ました。原作で面白かった病院の場面(医師の名前が「患者」と言うだけあって皆が「ビョーキ」であるのには変わりないのですが)が血まみれ手術と変貌しているのは少し変ですが。これを観て病院恐怖症のひとが増えそうです。ヨガのグルによる教育場面はトラックの中ですが、当時のヒッピー達の風俗とか今ではどこにでもあるような風景ですが映画化当時には斬新性があったのでしょうか?最後の「パパ」との再会で終わるのかと思ったらそのあと全登場人物の顔見世は田舎の芝居小屋みたいでちょっと興ざめです。
たいほうさん 6点(2004-11-09 13:31:52)
10.超大物が出演とは聞いていたが、誰が出てるかまでは知らなかったので、超びっくり。あ!×××だ!え?これ△△△?お!◇◇◇まで!出るわ出るわ。しかしエンドロール見るまで○□◎が出てたことに気づかなくて、マジ?何処に出てた?状態。アレしかないと分かったときにはぶったまげました。・・・カルトな楽しみ方に適した作品です。
伯抄さん 6点(2004-10-11 08:59:01)
9.素晴らしい!!ピンクポップコメディの王道だあ!^^
3737さん 9点(2004-09-27 00:35:16)(良:2票)
8.ストーリーなどは全く点を付けられない程だが、出演者のメンツは凄すぎる(@@;マーロンブランド、ジェームズコバーン、リチャードバートンを始め、庭師なんてゆうメキシコ人役にリンゴスターが出ているし(苦笑)ウォルターマッソーに、ジョンヒューストンまで!メンツだけで観る価値のあるバカ映画とでも言えるでしょう!だからこそこの内容で2時間以上も引っ張れるんですね(笑)

あとやっぱり主役のエヴァオーリンの可愛さは凄い!舌足らずで声の高さといい、まさにベビードールって感じがします。きっと35年前の映画でも、この女優さんの可愛さは今でも認められるんじゃないでしょうか?「バーバレラ」「キャットバルー」のジェーンフォンダも可愛かったですけどね(^^)暇つぶしにはもってこいのバカ映画です♪しかし、何故この内容で「R-15」指定?(汗)

最後の方に出てくる座禅組んでるオヤジ、役得過ぎてギャラ要らないんじゃないか?コイツ(笑) エヴァオーリンの舌足らずさに7点あげちゃう♪
まさかずきゅーぶりっくさん 7点(2004-09-22 17:20:46)
7.可愛くてオシャレ★★なのは分かりますが、映画としての面白さが全く理解不能でした。プラスアルファ何かが欲しかったなあ。出演陣が豪華とかいうのでは無くて。
さん 3点(2004-09-15 13:06:44)
6.『マジック・クリスチャン』といい、『イージーライダー』といい、本作といい、テリー・サザーンの原作映画はやはり苦手です(涙) 60年代はこういう雰囲気の映画が流行ってたのかな?まぁキャストは豪華なのでそれなりに楽しめます。それにしてもエヴァ・オーリン、可愛すぎ。点数はすべて彼女の登場シーンに対してです。あんな娘が近くにいたら、俺もヤバイかも・・・・。
こわだりのインテリアさん 5点(2004-07-25 00:09:16)
5.エヴァ・オーリン、可愛すぎです。でもねえ、いくらなんでももうちょっと抵抗しなさいよ。だまされて脱いでる場合じゃないよ…。男性陣も節操なさすぎ。気持ちはわからんでもないですが(笑)
RITAさん 8点(2004-06-02 02:29:54)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 24人
平均点数 5.71点
000.00%
128.33%
200.00%
3312.50%
400.00%
5520.83%
6520.83%
728.33%
8625.00%
914.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS