Menu
 >
 >
 > シティ・オブ・ゴッド

シティ・オブ・ゴッド

City of God/God's Town
(Cidade de Deus)
2002年【ブラジル・仏】 上映時間:130分
平均点: / 10(Review 255人) (点数分布表示)
ドラマ犯罪もの青春もの実話もの小説の映画化バイオレンス
[シティオブゴッド]
新規登録(2003-10-10)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
公開開始日(2003-06-28
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督フェルナンド・メイレレス
キャストアレクサンドル・ロドリゲス(男優)ブスカペ
レアンドロ・フィルミノ(男優)リトル・ゼ
ダグラス・シルヴァ(男優)リトル・ダイス
セウ・ジョルジ(男優)マネ
アリシー・ブラガ(女優)アンジェリカ
パウロ・リンス(男優)
原作パウロ・リンス
脚本ブラウリオ・マントヴァーニ
音楽アントニオ・ピント
エド・コルテス
挿入曲ジェームズ・ブラウン[主題歌]"Get Up I Feel Like Being Like (Sex Machine)"
撮影セザール・シャローン
製作ウォルター・サレス(共同製作)
配給アスミック・エース
特撮レナート・バタタ視覚効果スーパーバイザー
編集ダニエル・レゼンデ
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
1960年代。ブラジルのシティ・オブ・ゴッド(神の街)と呼ばれる無法地帯で写真家を目指す真面目な青年ブスカペが街を取り仕切るギャングの大ボスのリトル・ダイスの写真をスクープ。犯罪が日常となっている神の街で、幼少から、のし上がっていくリトル・ダイスの半生を描いた衝撃作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
255.先進国に生まれただけでラッキーなんだなと思う。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2017-06-07 18:44:15)
254.幼稚なガキンチョ共に銃を持たせたらこうなるでしょ、という話。不思議なことは何もなく、十分想像できる範囲内という感じでした。
マー君さん [DVD(吹替)] 4点(2016-12-17 21:14:27)
253.まさに「陽気な地獄へようこそ!」という感じですね。リオの空港では給料遅配に怒った現地警官たちが「地獄へようこそ」と描いたサインボードを掲示したそうですが、ここはぜひ“Welcome to City of God !”とシャレてほしかったところですね。 たしかに自分は今までいろいろ映画を観てきましたが、これはその中で五本の指に入る衝撃作でした。まるで『ロック・ストック(以下略)』のような軽妙かつスタイリッシュな語り口なんですが、その内容ときたらもう凄まじいの一語です。だいたいからして、こんなに子供が大量に殺される映画は他には探してもないんじゃないでしょうか。この徹頭徹尾血なまぐさい物語が、からからに乾いたユーモアでストーリーテリングされるんですから、そりゃ衝撃を受けますよ。本作がどれだけ世界を驚愕させたかは、全編ポルトガル語なのにアカデミー賞では外国語映画賞ではなく監督賞や撮影賞など普通の部門でノミネートされたことでも判ります。フェルナンド・メイレレスはこれですっかりブラジルを代表する映画作家となり、リオ五輪の開会式の監督を任されるまでになっています。 まあこの映画を観てつくづく感じるのは、ブラジルじゃギャングより警官の方がはるかに怖いということです。そしてリオで五輪を開催するなんてよくできたなと思いますよ、映画のストーリー自体は過去の話といってもリオのスラムの現状はどうも大差ないみたいですから。これを書いている時点では五輪は終了していないんですが、どうかこれ以上何事もなく閉会式を迎えることを切に願う次第です。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2016-08-20 21:10:01)
252.《ネタバレ》 リオ五輪真っ最中なので、ブラジル映画をチョイス。それがこの作品だったが、南北アメリカでギャングの成り立ちが全然違うんですね。犯罪の絶えないスラム街で、一人の凶悪な子どもが出てくる。話はこの子どもの生い立ちに触れない。何故こんな凶悪な子どもが生まれたのかが分からないため、この映画はバイオレンス映画になってしまったが、これが実話なら、その辺が大事だと思う。ラスト、警官に賄賂を渡して、悪玉が釈放されるのが切ないが、そこにとどめをさすのが、若い子どものギャングというのが、もっと切ない。テンポもよく、飽きさせないストーリー運びにブラジルの文化度が分かる。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2016-08-07 13:56:48)
251.《ネタバレ》 これが実話って辛いですね・・日本に生まれて本当に良かったと思います。我々から見た非日常が日常として描かれている事に強い違和感を覚えます。最後も"これで終わったわけじゃない"ですし。
視野が広がって勉強にはなりましたが、映画として面白いか?と問われるとそこまでではなかったです。
alianさん [DVD(字幕)] 6点(2016-04-09 16:48:14)
250.まさにディープインパクト。ただのギャング映画では無い。
スポーツ大国・ブラジルが名選手を生んできたのは貧富の差が激しくハングリー精神の異常な強さだとぼんやり想像していたがイメージがガラリと変わった。
『神の街』は無法地帯のなんでもあり。殺人、強盗、強姦、鳴り止まない銃声、小さい子供が平気で銃を所有。悲惨さがリアルでノンフィクションというから尚更だ。そこから伝わる恐怖のパワーが凄い。
残酷ではあるがそんな環境で育ち銃が無いと身を守れない孤独な子供たちは悲しすぎる。恵まれた日本から見れば非常に考えさせられる深い作品。
これからリオ五輪を控える新興国ブラジル。おそらくスラム街は今もあってTVで映し出されることは無いと思うが昔の面影を見たくないのは本心。
UFC196.さん [DVD(字幕)] 8点(2016-02-03 21:41:52)
249.《ネタバレ》 ブラジルの実在するスラム街で繰り広げられるギャングの抗争を
実際にそのスラム街で育った作家の原作小説を映像化したもの。
この映画は久々に大ヒットです。
登場人物一人ひとりの描き方がヒーローでも悪党でもなく人間を描いてる。
命の価値なんて無いものに等しく虫の居所が悪いってだけで
何の躊躇なく命を奪うのが日常なんです。
彼らは強盗だろうが殺人だろうが平気で行うけど
それが当たり前の場所で生活する人たちだから悪党ではないんですよね。
価値観が違いすぎるだけなんです。
この映画を地元の人が見たら残酷な場面でも爆笑したそうです。
平和な日本人からしたらめっちゃバイオレンス映画なんですけどねー。
監督はフェルナンド・メイレレス。
この作品以降はそれほどヒット作は出してない模様。
SASUKEさん [DVD(吹替)] 9点(2015-04-10 21:38:41)
248.《ネタバレ》 「心優しき三人組」の物語が終わりリトル・ゼのの物語になってからは、欲しいモノがあれば銃で奪う、撃たれたら撃ち返す。撃たれなくても撃つ。それだけ。登場人物の個別な事情はおいといて。ブラジルのスラム街のことはわからないワタシですが、こんなにもプリミティブな世界だったの。ワタシは社会派ドラマを装った単なるギャング映画とみました。満を持して最後に明かされる、物語の語り手であるウイルソン・ロドリゲス(写真家)って誰。
なたねさん [DVD(字幕)] 3点(2015-01-10 07:51:32)
247.全編にわたって衝撃的な作品ですが、とりわけ印象的なのがオーラスの子どもたちの会話。それぞれ銃を持ち、軽い調子で「○○を殺そう」などと言い合う中で、「この中で字を書けるヤツは?」「俺だ」「ウソつけ」なんていうやりとりもありました。これが、「神の街」の現状を象徴しているのでしょう。こういうセリフを最後に持ってくる脚本の力に、感服せざるを得ません。
眉山さん [インターネット(字幕)] 9点(2014-08-08 02:51:06)
246.《ネタバレ》 最高
音楽、映像、脚本 すべていい
初見から10年以上経っているが、これを越える映画に未だ出会っていない
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 10点(2014-08-02 11:15:31)
245.素晴らしいですね





















pillowsさん [ブルーレイ(字幕)] 10点(2014-04-05 03:20:38)
244.《ネタバレ》 のっけの、カットアップを思わすオープニングから既にセンスが溢れ出ている。素晴らしい。
afoijwさん [DVD(字幕)] 7点(2014-03-15 02:49:28)
243.個人的には00年代のベスト。
セラーズさん [DVD(字幕)] 10点(2014-01-04 09:18:41)
242.《ネタバレ》 「日常を描いた映画」と言えば、淡々としてのんびりした雰囲気の映画を思い描くはず。けれど、"ブラジルのスラム街での"と頭に付けただけで、ここまで様変わりしてしまうとは!「常識」っていうのは一体なんなんだろうなと思っちゃいます。この映画以降手持ち撮影が流行ったりしてこのスタイルにも見慣れたし、それなりに年数も経ちました。それでも初めて見た時の衝撃は強烈に印象に残っています。ハエを叩き殺すのとさほど変わらないテンションで殺人が行われ、偉そうなギャングでさえ「神の街」の中では虫ケラ同然。まるで虫カゴの中を観察しているかのような残酷ささせ感じる作りの映画でした。もしかして「神の街」の"神"ってこの映画を見てる観客のこと?まさかねえ…。とは言え、映画を楽しんでしまったのも事実。個人的に印象に残ったのは、最初はただクスリをやってた白人のアンちゃんが、何時の間にかギャングの中でそれなりの地位まで上がっていたこと(笑) 野心を持たずにマイペースでいるほうが、案外生き残るのかもしれない(彼は結局死んでいたけど 汗) 。リトル・ゼなんかも、絶対に関わり合いたくないような人物。けど最後まで見てると、意外と彼に感情移入していたことに気づかされて、それもまた複雑な気分に。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 8点(2013-11-08 02:22:49)
241.生きてるって感じ。
黒ネコさん [DVD(吹替)] 9点(2013-10-13 19:34:07)
240.《ネタバレ》 盛者必衰の理をあらわす映画?素晴らしいですね。めくるめくバイオレンスとドラマに度肝を抜かれました。オープニングからして名作の香りがプンプンしましたね。前情報を一切入れずにみても「ああ、この映画は残酷なほどの弱肉強食を描いていくんだなぁ」と理解出来ました。部外者として眺めることしか出来ないブスカペくんに訪れた大チャンスと、最大の友を失っておかしくなっていくリトル・ゼの対比がなんとも言えません。リトル・ゼが自身の落ちぶれに気づかぬ素振りなのもひっそりとした哀愁を感じさせます。好きで好きで仕方がなかった女をモノで釣り上げて、やったー!とポーズを決めようとしたら海猫にかっさらわれ、それに怒ることも出来ず女を奪った海猫と仲良くするだなんて切なすぎますが、人生はこんなものですね。好きでもない女とマリファナをやった勢いで寝て喪失するなんて…前向きに捉えるか悲観的に捉えるかは人それぞれですね。 【追記】ほとんどの役者がスラムに住む素人で、演技もほぼアドリブだと知って驚愕しました。とんでもないことをやってのけた映画なのですね…すげえ!
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-23 18:25:23)
239.バイオレンスで他人には薦められないからこの点。恐いー。でも映画の持つパワーはとてつもない。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-09-19 15:09:32)
238.《ネタバレ》 けっこうドラマがあって面白かった。
幾人かの視点でドラマが描かれていて、その多くが黒人であったが、
なかなか分かりやすかったと思う。
というのも登場人物の多くが黒人の場合、
キャラを混同して物語が分かりづらくなることがあるから。
貧民層のスペクタクル、クライム、クロニクル、バイオレンス、
それらを時間軸いじり?したものであるが、複雑過ぎず単純なわけでもないようで、
上手く貧民街の現状を伝えていると思う。
この作品の中でイイやつと悪人はいるが、善も悪もゴッチャでただただ生きているだけな映画。
善悪感が自分の信じていたものとちょっと違った状況の中での
ハイ・アドレナリナブルな展開が面白かった。
エンターテイメントとリアルが両方あるようだ。
あっちの明るい気候のせいだろうか、貧民街で何もすることなければ、
(この映画の)”犯罪”や”戦争”は”暇つぶし”のようにも見えてきた。
”生きるため”というのよりもそっちの色合いが強いのかもしれない。
いっちゃえばドラッグやセックスといっしょかも。
リトル坊やが限りなく憎ったらしい。
ただ、親友の送別会にいたリトルゼを見たら、
彼はまたとてつもなく孤独な人なんだと思った。
この映画は人脈がまた面白い。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2013-07-14 14:05:55)
237.《ネタバレ》 地球の裏側で起きている、信じ難いまでの暴力の炸裂。文明国とは思えないほどプリミティブ。なにせリトル・ゼときたらジャイアンそのもの。「お前の物は俺のもの」というジャイアン理論を銃を乱射しながら実践、このプリミティブ感に呆気にとられるんですよ、こんなに幼稚でいいのかと。他のギャング映画に見受けられるような組織のドンが持ち合わせてるフトコロの大きさや事象への目配り、すなわち“大人”の部分が無いんですな。他者の痛みが分からない想像力の欠如も、脳みそが幼児並だからなのか。親友が恋人と新生活を始めることに嫉妬し、自分が見捨てられると感じて周囲に八つ当たり。自己顕示欲が強くて、写真に撮られたがる。ガキである。14才くらいの。ガキなので子分にしていた連中にもあっさり掌を返される。恐ろしいのは、リトル・ゼが次の世代にもまだまだいるということ。「○○が邪魔なら殺せばいいじゃん」とゲームの話みたいに気軽に言うんだ。ああ簡単に手に入りすぎるよ銃が。銃よりも鉛筆を手にしてまず字を覚えるべき子供らの、この荒廃。気分は甚だ悪いけど、語り手のブスカベがどこかのほほんと呑気な空気を醸すので、奇妙なバランス感に助けられる。傑作だけど・・、キツイ映画だ。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-06-30 01:37:31)
236.《ネタバレ》 映画が始まってから、ひたすら延々と繰り返される過激なバイオレンス描写と子供を含めた登場人物たちの盗みと殺し合いシーン、事実を基にしたとてつもなく重たいストーリーなんだけど、ブラジルという乾いた土地柄がなせる技か、最後まで一気に見せる。そして鑑賞後の気分は何故か爽快感さえあった。それは、冒頭の鶏を追いかけて走る男の姿に象徴されるように、人間の生きるエネルギーを良くも悪くも肯定的に描いているからだろう。ライオンが草食動物を噛み殺すのに理由など要らないように、ここの人間たちはただひたすら必死に生きている。まさに〝神の街〟としか言いようのない世界を濃密に描き出した俊英の手腕に拍手。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-03 10:32:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 255人
平均点数 7.90点
000.00%
110.39%
210.39%
372.75%
441.57%
583.14%
6218.24%
74116.08%
86123.92%
97629.80%
103513.73%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.15点 Review20人
2 ストーリー評価 8.52点 Review36人
3 鑑賞後の後味 7.69点 Review33人
4 音楽評価 8.31点 Review32人
5 感泣評価 5.09点 Review11人

【アカデミー賞 情報】

2003年 76回
監督賞フェルナンド・メイレレス候補(ノミネート) 
撮影賞セザール・シャローン候補(ノミネート) 
脚色賞ブラウリオ・マントヴァーニ候補(ノミネート) 
編集賞ダニエル・レゼンデ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS