バレット モンクのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バレット モンク
 > (レビュー・クチコミ)

バレット モンク

[バレットモンク]
Bulletproof Monk
2003年【米】 上映時間:103分
平均点:3.56 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
アクションコメディ
新規登録(2003-10-19)【カズゥー柔術】さん
タイトル情報更新(2008-10-27)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ポール・ハンター
演出コーリー・ユン(アクション監督)
キャストチョウ・ユンファ(男優)チベット僧
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)カー
ジェイミー・キング(女優)ジェイド/バッドガール
カレル・ローデン(男優)ストラッカー
マコ(男優)Mr.コジマ
音楽エリック・セラ
撮影ステファン・チャプスキー
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作ジョン・ウー
テレンス・チャン
チャールズ・ローヴェン
ロバート・K・ランバート(製作補)
配給東芝エンタテインメント
特殊メイクグレッグ・キャノン
キース・ヴァンダーラーン
特撮ドリュー・ロングランド(特殊効果)
ジョン・E・サリヴァン〔特撮〕(視覚効果スーパーバイザー)
編集ロバート・K・ランバート
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 一応、チベット僧の名誉の為に言っておきますと、強いか弱いかはどうでもよくて、実は慈悲深い心を持った、真に徳の高い人物なんです。寺院の仲間がたくさん殺害されたり、シャク返せ、じゃなかった。何十年も巻物よこせのすったもんだで一般人にも被害が出たかもしれません。それなのにチベット僧は悪役にこう言い放ちます。「お前が変わるのを60年待った」と。そりゃ本気出せばちょちょいのちょいですよ。もしかしたら最初に寺院を襲撃された時点で、チベット僧は片をつけられたかもしれません。でもそれを良しとしないチベット僧の観客に対するサービス精神。何より敵に対して適度に力を抜くフェアプレー精神。ね?こうしてみれば腹も立たないってもんです。
あーつまんなかった。
ゴリラの住む丘さん [DVD(吹替)] 2点(2011-03-01 20:53:08)
31.予告編等での「弾丸坊主、弾丸坊主、・・・」はすごく良かったのに、内容はサッパリ。残念すぎる~。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 2点(2008-12-20 22:02:29)
30.なにもかもが中途半端感が否めない作品。弾丸坊主って弾の字も出てこない程のヘタレっぷり。ホットドックとパンの格言はまったくもって意味不明。
真尋さん [地上波(吹替)] 1点(2008-12-14 18:15:31)
29.只々つまらない映画でした。この脚本でよく映画会社はゴーサイン出したなあと或る意味で感心。カンフー映画観まくったら強くなったってどうなんでしょう。あと、色んなシーンが「マトリックスに憧れて作ったのかな?」と思うくらい似ていました。まあ似ていても雲泥の差ではありますが……。ワイヤーアクションしまくりなのは、まだ良いとして、殺陣はちゃんとして欲しかったですね。あれじゃあ文化祭レベル。
民朗さん [ビデオ(吹替)] 3点(2008-12-14 10:49:51)
28.ハリウッドへ渡った香港スターがとりあえず出演した数々のくだらないCG・ワイヤー多用アクション物の悪い部分を、さらにギュッと濃縮したような作品。冒頭から始まる吊り橋の上での格闘シーンだけでも、鼻白むくらい"ワイヤーアクションのためのワイヤーアクション"を見せてくれて、お腹いっぱいになります。「ザ・ワン」や「メダリオン」がダメだったら間違いなくこれもダメ──と言い切れます。
Monochrome Setさん [地上波(字幕)] 3点(2006-12-23 17:50:18)
27.B級の中でも、ヤバイ。
ビリー・ジョーさん [DVD(字幕)] 2点(2006-01-14 16:44:55)
26.「バレットモンク」、略して「バッタもん」って感じ。とにかく新しくない。例によって秘宝を狙うのはナチス、ヒーローは街のコソ泥、アクション・シークェンスも他作品からスケール・ダウンさせての流用…。挙句の果てに何だ、記憶を読み取るとかいうあの古臭~い機械は? 二番煎じのB級映画というコンセプトだったとしても、あの機械が出てきた時点で、普通こんな脚本ボツにしないか? 「浄土を守る」が「ジェイドを守る」に至っては開いた口が塞がらない…。ハリウッド版「ストリートファイター」にかなり近いものを感じたゾ。もしかしたら、香港映画の雰囲気をそのまま持ち込みたかったのかもしれませんけど、変に金をかけてしまった所為で、逆に馬鹿っぽさと安っぽさばかりが際立つ結果になりましたね。という訳で、4点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-01-14 00:05:07)
25.《ネタバレ》 これをチョウ・ユンファ主演映画と言ったらまず「はぁ?」になると思う。まずユンファがカンフーを使ってること自体がおかしいしワイヤーも使ってることもおかしい。まぁ一番有り得んのは2003年に製作っていうことですけどね。どう見ても90年代なんですが。ハリウッドに来て規制が厳しいせいか香港時代の面影は全く見られない。ジョン・ウーと組んでもここまで落ちたものかと逆に落胆しちゃうなぁ~。ん~・・・、個人的にユンファ色が出てたと思うのはハリウッドデビュー作の「リプレイスメント・キラー」だけ。あとは宝の持ち腐れって感じなのばっかのような雰囲気がするでござる。もっとがんばってや~ほんまに(笑)
M・R・サイケデリコンさん 1点(2005-03-16 11:13:12)
24.アメリカ人向けの映画。東洋人が見ると白ける。
リーム555さん 4点(2005-02-15 12:33:11)
23.大して期待せずに(ジョン・ウー苦手だし)観てたので、吃驚する程の駄作とまでは言い難く、かと言って痛快娯楽だったか?と、いわれれば、薄口減塩醤油みたいな頼りなさ。細かい所突っ込むなら、「チベット僧がノッケから英語に喋んの?」「スリの端役かと思ったら重要キャラなん?んで、強いん?」「なんでボスの孫は女格闘家なん?」「ヒロインのパパが露マフィアのボスって強引ちゃう?」「記憶引き出しマシーンがヘボいんちゃう?」とか、キリが無いが、まあまあ。アクション映画の及第点って、こんなものなんじゃないかな。個人的にJ.キングの可愛さは、とりあえず今後要チェックでした。
aksweetさん 5点(2005-01-28 00:35:16)
22.真面目に見ると面白くない(笑)
ゆうろうさん 4点(2005-01-03 09:41:17)
21.《ネタバレ》 話の展開が製作者の都合のいいように作っているだけで、観客を喜ばす+盛り上げる工夫が皆無だった。  主人公は強いのに終止逃げ回っていて、反撃に出て盛り上がるのかと思っていたら、結局あっけなくつかまってしまう、そういった話の流れに、エンターティメント性がなかったのが痛い。チベットから出てきた僧侶が、アメリカで後継者を育てるってのは面白いとは思ったが、それも生かしきれていないように感じる。
六爺さん [映画館(字幕)] 2点(2004-12-11 17:11:55)
20.チョウ・ユンファのファンなので憤りというか、脱力感しか残らなかった。役者には格というものがあるだろう、”亜州影帝”と呼ばれた男のやる役か。最近のアクション映画の悪いモノをすべて集めた様な作品で、特にCGとワイヤーバレバレの違和感だらけの動きに爽快感など皆無である。ストーリー、キャストも最低。ジョン・ウー&二丁拳銃ということで”昔のチョウ・ユンファに会えるかも”と期待させただけに罪は重い。
まさサイトーさん 0点(2004-11-22 16:22:19)
19.《ネタバレ》 えっ?結局こいつらはすごく強いわけ?弱いわけ?
そこらへんの設定がすごく中途半端で観ていていらいらすることが多々あります。
チョウ・ユンファ、冒頭ではおもっくそ弾丸胸に食らうくせに物語中盤では自分の顔のすぐ横を通りすぎる弾を見送るこの余裕。・・・どっちやねん!!!(怒)
カー(=ショーン・ウィリアム・スコット)も全く同じ。映画の真似して型ぐらいは身につけてるのかもしれないが、あの弱さでは今後60年も巻物を守っていけないだろう。特にひどかったのは2つ目の予言の「浄土(ジェイド)の愛を得るため闘う」ってのをジェイドって言う女性の名前に無理やりこじつけているところ。もうこれでこの映画は残りのストーリーで何が起きようが観てる人に真剣に観てもらえることはありません。ゲームオーバーです。巻物の「世界を救うこともできれば破壊することもできる力」ってのも映画の中で全然見れなかったように思う。大体そんな力を持ってるやつがあんな数人のナチス崩れにあそこまで追い込まれるんだろうか。
疑問の残るところである。
要はストーリーや設定を誇張しすぎってことですかね。そのやりすぎた設定について来れないキャラクター達はもはやスクリーンの中でピエロと化しています。各俳優陣のアクションが良かっただけにとても残念。特にショーン・ウィリアム・スコットなんかあの棒術のシーンのためにむちゃくちゃ練習しただろうに。色んな意味ですごく気の毒な作品でした。
アクションの出来映えの良さを評価して、1か2点にしようと思ってたところ3点にします。
TANTOさん 3点(2004-10-11 00:02:41)
18.過度の期待がものの見事に外されました。どうしたんだ、チョウ・ユンファ!今一番カッコいい俳優の一人なのに… どうか、出演作品を選んで欲しいものです。
あまりにも中途半端。何でしょうね、このストーリーは。ツッコミどころが多過ぎて、どうしていいか困ってしまいました。
言いたいことがいっぱいありすぎて… もう忘れましょう、次は期待を裏切らないでね。
ぽこたさん 3点(2004-10-08 00:34:26)
17.モンクだけで良いじゃないか!アメリカンは必要無いだろう。
taronさん 5点(2004-10-03 18:04:44)
16.僕の大好きなユンファーが・・・香港ノワールの頃のユンファの大ファンだっただけに・・・ジョン・ウーはこんなに成功しているのに・・・ハリウッドに出てきてイメージの作り方を間違えたと思う、「アンナと王様」「グリーン・ディスティニー」、大作ではあるが坊主の役はもういい!!英語を勉強したり、カンフーアクション、ワイヤーアクションしたり、努力はたいへんなんだろうけど、ユンファーの魅力は、拳銃(二丁拳銃)とコメディタッチの力を抜いたニヒルな演技だと思う。あのころのユンファにはもう戻れないのか・・・でも好きだから6点。
ぼぎーさん 6点(2004-09-18 19:39:08)
15.全体的にキャラクターが弱いし、話もどうかなぁ・・・。悪役のスケールも小さいしね。
「おっ」と思える所といえば皆さんも言っているチョウ・ユンファの二丁拳銃くらいですか。それとヒロインのジェイミー・キングがなかなか良かったかな。最近は誰でも気軽に”ワイヤー&CG”でお手軽にカンフーアクションが撮れるようになったが、この作品はダメでしたね。新しさが無く”見飽きた感”を思いっきり味あわせてくれました。最後の”ホットドック”の話も納得いかないなぁ・・・。
カズゥー柔術さん 4点(2004-09-06 12:28:08)
14.《ネタバレ》 【弾丸坊主!!】CMで目の前を通り過ぎる弾丸をマトリックスばりに見送り・・・。
結構インパクトあるCMだったのでいつかはレンタルで見るかと思い観てみたが・・・。
先ず何が弾丸なのかと思いながら観ていっても中々その凄さが伝わらない。
唯一弾丸なのかと思ったのはチョウ・ユンファの頭だけ?
昔はそれなりにいい男だった記憶があるが、坊主頭がこれほどハマらない人も珍しい。
ストーリー的には伝説物でありきたりのパターン。
それなりに巻物(今回のキーパーツ)の争奪戦が展開したがコマ切れしすぎて今一盛り上がらない。どうみても弱いだろうとしか思えない白人の青年と悪になり切れないヒロイン。
どこをとっても中途半端な印象が否めない作品だ。
マコさんこんな所にという感じで今回は少し印象が薄かったけど唯一の救いなのか!?
sting★IGGYさん [DVD(字幕)] 3点(2004-08-19 12:59:03)
13.どうしても笑いがこみ上げてしまうワイヤーアクション。ストーリー展開もなんだか安い。二丁拳銃のシーンだけやたらかっこよかったけど。最後のホットドックがなんたらっていう格言みたいのも意味がわからなくて、ありがたみがない。
アンソニーさん 5点(2004-08-07 01:38:33)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 3.56点
013.12%
139.38%
2515.62%
3618.75%
4618.75%
5721.88%
6412.50%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 1.50点 Review2人
2 ストーリー評価 1.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review3人
4 音楽評価 4.50点 Review2人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS