極道の妻たちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > 極道の妻たち
 > (レビュー・クチコミ)

極道の妻たち

[ゴクドウノオンナタチ]
1986年【日】 上映時間:120分
平均点:5.24 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(1986-11-15)
アクションドラマシリーズものヤクザ・マフィア小説の映画化
新規登録(2003-10-19)【かまるひ】さん
タイトル情報更新(2021-04-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督五社英雄
助監督清水彰(監督補佐)
演出富永佳代子(方言指導)
疋田泰盛(方言指導)
キャスト岩下志麻(女優)粟津環
かたせ梨乃(女優)池真琴
佳那晃子(女優)小磯泰子
竹内力(男優)花田太市
清水宏次朗(男優)清野伴司
家田荘子(女優)清美
芹明香(女優)早崎久美
不破万作(男優)半田署の刑事A
有川正治(男優)野田宗樹
岩尾正隆(男優)柿沼辰郎
五十嵐義弘(男優)北村勇次
中村錦司(男優)得津謙造
川浪公次郎(男優)
三村敬三(男優)テレビのアナウンサー
石倉英彦(男優)喫茶店の客
福本清三(男優)富田満男
木谷邦臣(男優)半田署の刑事B
富永佳代子(女優)シャブ中毒の女
鹿内孝(男優)新海高明
小松政夫(男優)川瀬肇
大坂志郎(男優)池保造
佐藤慶(男優)粟津等
成田三樹夫(男優)小磯明正
世良公則(男優)杉田潔志
絵沢萠子(女優)雪江
藤間紫(女優)堂本絹江
小林勝彦(男優)遠山典吾
笹木俊志(男優)矢田木進
成瀬正(男優)羽田
森源太郎(男優)
大木悟郎(男優)伊沢徹
丸平峰子(女優)町子
疋田泰盛(男優)蔵川将大
原作家田荘子
脚本高田宏治
音楽佐藤勝
作詞荒木とよひさ「あんた」
作曲三木たかし「あんた」
撮影森田富士郎
企画日下部五朗
配給東映
美術西岡善信
編集市田勇
録音荒川輝彦(録音整音)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
17.《ネタバレ》 岩下志麻と成田三樹夫の存在感で何とか持たせるてるが、内容的には今三つの出来。
それと、かたせ梨乃の脱ぎっぷりのよさには感心する。
当時は「仁義なき戦い」ブームが終息して、目新しいヤクザ映画が見たい諸兄+女性ファンに人気が出てシリーズ化したと思われる。
内容は極道の名を借りた姉妹げんかレベルで、内容スカスカのちゃちい映画。
とれびやんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2021-07-18 00:12:48)★《新規》★
16.岩下志麻バージョンの極妻を走破する気になって一作目を鑑賞。やっぱり見たことありましたが、極妻はTVでも頻繁に放送されていますので半分くらいは見たことがあるでしょうね、きっと。

岩下志麻の「わてや」は名セリフです。本職妻でも憧れるんじゃないかなというくらいのカッコよさで、ゴッドファーザーに通じるものを感じます。かたせ梨乃も世良公則も「わてや」に負けないくらいキャラ立ちしていますが、上手く住み分けされていて競合せず見やすいです。暴力団の実態がどんなものかは全く想像できませんが、遠からずでしょうから想像を馳せながら体験できるのは映画の利点です。

ビーバップに出てきた悪役の人たちもちらほら見られて、「不良の末路はこれかな(笑)」なんて思ってみたりと色んな意味でも楽しめます。個人的には極妻シリーズは末端の男の子と綺麗な女性が絡んで悲しい結末になる点が哀愁を感じて好きですね。

調べてみたら「わてや」のバージョンは全部で8本あるようですので一週間で走破できそうです!
アラジン2014さん [インターネット(邦画)] 6点(2018-07-19 10:44:04)
15.《ネタバレ》 言われてみれば観てなかった極妻(誰に?w)。まぁぶっちゃけこういうヤクザ?ものは苦手だから観てなかっただけなんだけどもね。岩下志麻さんはと~ってもお美しい、そして和服が似合い過ぎ!、全般的に出演の皆様が若い。そりゃそーだ、もう約30年前の作品だもの、かたせ梨乃さん若いねーー。点数はお美しいお二人に。
Kanameさん [インターネット(字幕)] 6点(2015-12-02 10:11:16)
14.《ネタバレ》 エンターテイメント性に富んだ映画ではないですね。アウトレイジ的な部分を期待していただけに残念です。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 4点(2015-06-20 10:25:20)
13.今さらながらの「極妻」初見。
まあとは言っても、昔は何度もテレビ放映されていたし、それを観る父親らの傍らでどこかしらの場面場面を観ていた記憶は、子供心に確実に刻まれている。
「岩下志麻」という大女優の固有名詞を聞いて真っ先にイメージされるのは、確実に「極妻」であるし、「初見」という感じはまったくしなかった。

今作よりもさらに一昔前の「緋牡丹博徒」などの任侠映画や、「仁義なき戦い」などのヤクザ映画は大好きでよく観てきたので、今作にも同様のカタルシスを期待した部分があったのだけれど、良い意味でも悪い意味でもその思惑は結構外れてしまった。

家田荘子のルポルタージュを原作にしているだけに、想像以上に“リアル”な分(実際何がリアルかは知らんが……)、映画としての娯楽的な格好良さやドラマ性は薄く、極道の世界で入り乱れる女と男の“生々しさ”が際立っていた。
岩下志麻も含め、登場する“妻たち”は、決してただ妖艶に美しいわけではなく、むしろ“無様さ”の方が目立つ。
主人公も決してヒーロー然としているわけではなく、あの世界に身を捧げた女のある種の美しさと醜さ、そして儚さが滲み出ているように見えた。

その主人公を殆ど喰ってしまっているのが、ご存知かたせ梨乃。
今作における文字通りの熱演によって、“肉体派”女優としての存在感と絶大な人気を決定づけた彼女のパフォーマンスは、流石に凄い。
ラストの強烈な“絡み合い”だけでも、この映画を観る価値はあるというもの。

エンターテイメント性の強いタイプの極道映画を期待してしまうと、大いに困惑してしまうことは否めない。
しかし、他の映画シリーズにはないこの映画ならではの“女の情念”とそれに伴う独特の禍々しさが、多くの人たちを惹き付けたことはよく分かる。


最後に、この映画においても最も残念なところを言及したい。
主人公の側近役で、“斬られ役俳優”の福本清三がキャスティングされている。
彼のキャリアの中では珍しく全編通して登場するのだが、結局、死なずじまい……。
おいおい、勿体なさ過ぎるだろうよ。
鉄腕麗人さん [インターネット(字幕)] 6点(2013-06-13 23:28:17)
12.《ネタバレ》 シリーズ第一作。当時ビデオで当時のツレと鑑賞しました。社会を裏から仕切る組織やそれに挑むインディー集団の大抗争。元を見れば人と人との意地ゆえの争いでしかなく、肉親ゆえの執着もあり、男と女だからこその情念が引き金な訳よね。タイトルと相対的に、男たちの描き方も秀逸です。そうそう、男って女が付いてるときは粋がっちゃう生き物なのよね(爆笑)。演じきってる役者陣が見事です。本職の人たちがホントにファンになってしまったという(笑)岩下志麻さんの姉御っぷり、決め方も絶品!!
FBIの滝さん [ビデオ(邦画)] 9点(2009-10-29 06:53:47)
11.シリーズ第一作。見たことあるかなぁと思ってたら意外に見てなかった作品。見てみるといかにも80年代!って雰囲気いっぱい(特にかたせ...)。そんな中でも志麻さんは一作目から凛々しくかっこいいです。撃たれるためだけに出てきた佐藤慶も印象深いです。
バカ王子さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2005-12-30 23:31:48)
10.うわ~、面白くない極道映画見てしまったって感じでした。まず、ストーリーに全く面白味がないっ!!もっと組みどうしの緊迫したやり取りを期待していたのに・・・。それと、極道映画に必ずと言っていいほど男と女の関係が出てきますけど、あれ余計です。男のムサイ世界観が好きなのに・・・。
はりねずみさん [インターネット(字幕)] 1点(2005-12-19 23:50:20)
9.やっぱり、これですよね。成田さん、関西弁もええのよ。かたせさんは、11PM等のモデルから本格的な女優へ脱皮できるか否か、コレにかけたようです。最後の体当たり演技にそれが出てます。もちろん萌えさせていただきました。今日はお誕生日だったような気が、、梨乃姐さまおめでとうございます。
かーすけさん 6点(2004-05-08 00:12:28)
8.初めて極道を知りました。怖いね。それだけ~
あかねぇさん 1点(2004-03-11 20:32:53)
7.極道の妻たちの凄さが分かり面白かったです。
演出も言うことなしだったと思う。
(ビデオ)
zero828さん 8点(2004-03-04 21:40:44)
6.岩下志麻、、若いなぁ、、、
GRINさん 6点(2004-01-09 13:59:35)
5.岩下志麻のプロモーションビデオといってもいいくらい、志麻さんは『極妻』ハマリ役です。ただ「着物にピアスかよ!」て言いたくなります(笑)。まあそこはそこでいいです。あと高島礼子など数々の女優さんがしてきた『極妻』ですが、やはり志麻さんが一番です。あの迫力は永遠です!
ピルグリムさん 5点(2003-11-03 16:40:49)
4.昔から岩下志麻の着物姿の凛々しさ、クールな綺麗さに惹かれてましたが、それがもっともはまるのが姐さんですね。ストーリーはともかく、ヤクザという男社会に生きる女達の生き様にすごいパワーを感じた。
亜流派 十五郎さん 5点(2003-10-30 11:16:55)
3.岩下志麻よりもかたせ梨乃の映画っていうイメージ。彼女の身体は当時、すごいインパクトだった。内容も彼女もリアルで迫力があった。
スルフィスタさん 5点(2003-10-26 21:41:28)
2.志麻姐さんかっこいい~。すごいど迫力。かたせ梨乃のすげーボディにも驚きましたが、これは成田三樹夫さんがでてたので好きだった。
fujicoさん 5点(2003-10-24 12:58:56)
1.岩下志麻のはまり役、本物より本物っぽい。ただ、それだけの映画でした。ストーリーもいまいち。かたせ梨乃のダイナマイトボディで+0.5。世良正則の死ぬシーンでさらに+0.5。
かまるひさん 4点(2003-10-24 09:45:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 5.24点
000.00%
1211.76%
200.00%
300.00%
4211.76%
5529.41%
6529.41%
715.88%
815.88%
915.88%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 3.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 2.33点 Review3人
4 音楽評価 3.33点 Review3人
5 感泣評価 1.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS