ヘラクレス(1997)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヘ行
 > ヘラクレス(1997)
 > (レビュー・クチコミ)

ヘラクレス(1997)

[ヘラクレス]
Hercules
1997年【米】 上映時間:93分
平均点:5.96 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-07-26)
コメディアドベンチャーファンタジーアニメミュージカルファミリー歴史ものロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
テイト・ドノヴァンヘラクレス
ロジャー・バート少年時代のヘラクレス(歌唱)
ダニー・デヴィートピロクテテス
ジェームズ・ウッズハデス
マット・フルーワーパニック
リップ・トーンゼウス
サマンサ・エッガーヘラ
バーバラ・バリーアルクメネ
ハル・ホルブルックアンピートリオン
アマンダ・プラマークロートー
チャールトン・ヘストンナレーション
キース・デヴィッドアポロ
メアリー・ケイ・バーグマン地震女 他
キャスリーン・フリーマンがっしりした女
ウェイン・ナイトディミトリウス
デビ・デリーベリー補足音声
エリック・フォン・デットン補足音声
松岡昌宏ヘラクレス(日本語吹き替え版)
工藤静香メガラ(日本語吹き替え版)
永井一郎ピロクテテス(日本語吹き替え版)
若山弦蔵ゼウス(日本語吹き替え版)
嶋田久作ハデス(日本語吹き替え版)
森繁久彌ナレーション(日本語吹き替え版)
水谷優子テレプシコル(台詞)(日本語吹き替え版)
池田昌子[声]ヘラ(日本語吹き替え版)
内田稔アンピートリオン(日本語吹き替え版)
久保田民絵アルクメネ(日本語吹き替え版)
江原正士ヘルメス(日本語吹き替え版)
津田延代ラケシス(日本語吹き替え版)
京田尚子クロートー(日本語吹き替え版)
磯辺万沙子アトロポス(日本語吹き替え版)
大友龍三郎ネッソス(日本語吹き替え版)
島香裕背の高い男(日本語吹き替え版)
北村弘一老人(日本語吹き替え版)
荒川太郎リトス(日本語吹き替え版)
鈴木勝美ハイドロス / ストラトス(日本語吹き替え版)
亀山助清焦げた男(日本語吹き替え版)
郷里大輔サイクロプス(日本語吹き替え版)
藤本譲ディミトリウス(日本語吹き替え版)
片岡富枝がっしりした女(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
音楽アラン・メンケン
作曲アラン・メンケン"Go The Distance" 他
主題歌藤井フミヤ"Go The Distance"(日本語吹き替え版)(カバー・バージョン)
挿入曲ロジャー・バート"Go The Distance" 他
チャールトン・ヘストン"Long Ago"
ダニー・デヴィート"One Last Hope"
工藤静香"I Won't Say I'm in Love"(日本語吹き替え版)
製作ジョン・マスカー
ロン・クレメンツ
制作ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
配給ブエナビスタ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 ディズニーのアニメ作品は、やっぱり音楽がなきゃね。
ムーサたちの歌うゴスペル。良いですわー。

でも、この映画で一番好きなのは、ハデス。
まぁ愚痴に悪態、ペラベラと良くしゃべるwww

J.ウッズが声を当てていますが、
数多いマシンガントークを売りにした俳優さんの中でも屈指の才能だと個人的には思っているので、
この軽妙なトーク術をフル活用した映画を見てみたい。
J.ウッズはMIT出身で、おっそろしいほど頭が良いらしいです。
テンポの良い早口の人って、頭良い人多いですよね。映画には関係ないけど。
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 7点(2015-06-26 01:04:44)
27.キャラデザインがゴツゴツしてて苦手。
movie海馬さん [映画館(吹替)] 5点(2014-05-08 00:01:58)
26.《ネタバレ》 神アニメ。あまりにすべてが完璧すぎる。ここまで調和したすばらしい物語だったとは!
承太郎さん [DVD(吹替)] 10点(2011-08-16 20:24:51)
25.スカーが毛皮になってる~(;一_一)
はりねずみさん [DVD(字幕)] 7点(2009-11-01 23:04:13)
24.《ネタバレ》 とにかくディズニーチームは、自分たちの決められた様式から一歩もはみ出さないと決めているらしく、これで創造の喜びがあるのかなあ、と心配になる。同じギリシャ的なものなら、『ファンタジア』の「田園」がすでにあるわけで、あれも『ファンタジア』の中ではちょっとイメージの自由さが制限されててレベルが落ちるものだったが、それでも何かを創り上げてやろうという緊張が、これに比べればあった。夜のとばりが下りるシーンを比べただけでも、雲泥の差。こっちはつまらないクスグリを入れるんだ。ラストの、火・岩・風などが出てきたところは、ゼウスはあっちだ、なんて滑稽を入れる場所ではあるまい。ミロのビーナス誕生秘話は、かつて『アラジン』でスフィンクス誕生秘話をやったのの二番煎じ。でも、改心する悪女ってのは好きだから、そこは許せる。悪玉ハデスの青い火もちょっといい。音楽はゴスペル調。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 5点(2009-03-31 11:59:23)
23.《ネタバレ》 ディズニーアニメの劇場公開を逃すと、なかなか再見するチャンスに恵まれないため、どんな作品でも基本的には観るようにしています。ギリシャ神話が題材だと自ず子供向けアニメだし、奇っ怪な脚本になってしまうのだろうな・・・・予想は的中ではありましたが、この誰も真似したくないような絵柄が実は好きなので点数は甘め。
成田とうこさん [映画館(字幕)] 7点(2008-04-09 06:24:28)
22.《ネタバレ》 全然ヒロインぽくないヒロインに萎える。吹替が工藤静香でより萎える。。。これもポカホンタスと同じく、ディズニーが扱うべきではない題材。ハーデス殺しちゃいかんだろ。誰が冥界管理するんだよ・・・
えいざっくさん [ビデオ(吹替)] 3点(2007-03-29 17:14:36)
21.《ネタバレ》 小さい頃いとこと見た記憶があるんですが、そこまで面白くはなかったような?
このあたりからディズニーキャラクターが極端な体型を始めており、ヘラクレスも
ちょっと危ないわー・・・と感じるくらい筋肉と骨のバランスがあってない(笑
ディズニーにはいなかった脇役キャラなんかも登場してたけどインパクトが薄いですね
。ディズニーアニメの中ではB級作品だと思います、
ハリ。さん [ビデオ(字幕)] 5点(2006-07-02 15:54:24)
20.実力を秘めつつもドジな主人公、お調子者の相棒、主人公の行く手を阻む悪役(とドジな手下)、そして根は善人の悪女が繰り広げる冒険ファンタジー。ディズニー・アニメの王道中の王道を行く、つまりは可もなく不可もない無難な内容になってます。小学生以下の子供なら楽しんで観られると思います。ところで、本作で特筆すべきは吹替版の工藤静香。歌が上手いのはもちろんですけど、メグというキャラクターの妖艶さに、彼女の鼻にかかったハスキー・ボイスがぴったりとハマり、TOKIOの松岡君の頼りなさを補って余りありました。という訳で、キムタクの女房に+1点、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2005-12-24 00:01:53)
19.う~~ん。好き嫌いが別れる内容かな?ディズニーの中ではイマイチな作品。
ゆみっきぃ♪さん [映画館(字幕)] 5点(2005-08-06 10:07:24)
18.子供向けとしては、ごく普通の出来...
コナンが一番さん [ビデオ(吹替)] 4点(2005-04-07 16:53:19)
17.ヘラクレス、関節がすごい細いよね……あと、ひろいんの女の子があんま好きじゃない。
ギニュー隊長★さん 5点(2005-03-22 20:19:14)
16.絵が苦手だなぁ。
ネフェルタリさん 6点(2004-11-29 10:04:53)
15.TOKIO松岡の吹き替えはかなりしらけます
ムートさん 4点(2004-08-02 18:19:44)
14.しまった、完全にマンガでした。映画館で観てしまった。吹き替えの工藤静香の歌はよかったけど...。
杜子春さん 2点(2004-07-04 07:03:25)
13.正直ディズニー映画作品としては結構劣る部類に入るのかなあと思います。でもわかりやすくて子供が見る分にはおもしろいとおもいます。ヒロインも珍しいタイプのヒロインでよいですね。
りょうさん 6点(2004-02-10 16:08:14)
12.ヒロインのメグが魅力的なキャラクターで、それはちょっと意外。だってディズニーらしくない、アダルトな感じの存在ですから。ドラマが彼女のお陰でもってるかな?という。主役のヘラクレスは類型的なアメリカンなキャラですからね。ただ、ラストシーンとエンドクレジットの間にプロモーションビデオなんて入れるの、本っっっ当に!やめて下さい、お願いしますよ~。見たくない人間にも無理矢理見せるような構成にしてる訳ですけれど、拷問のよーです。あれで映画ぶち壊し。余韻ぶっ飛ばし。フミヤに恨みはないけれど、確実に悪印象抱いてしまいましたよ、私ゃ。
あにやんさん [映画館(字幕)] 7点(2003-12-25 23:38:13)
11.主人公が不義の子ではまずいのか。アメリカ的発想なのかもしれないが、ヘラクレス伝説に関して根本から捉え方が間違っている。ヘラクレスはゼウスとヘラの息子ではない。ヘラクレスが数々の試練に立ち向かわなければならないのは、そもそもヘラの嫉妬が原因なのだが・・・。さらに、ハデスの設定も神話を完全に無視している。ハデスはゼウスの兄で(もう一人はポセイドン)、ゼウスよりも人格では優った存在である。あんな3流悪役としてしか描かれないとはあまりに酷い。神話とはその民族が育んだ偉大な遺産であるのに、他民族によって斯くまで改竄される悪例は他に類を見ないほどである。また、ストーリーやデザインの陳腐さは今作から始まったディズニーの失墜を覆うべくもなく、音楽に関してもそれまでの数作に比べるとやはり劣る。遺憾ながら、駄作と言わざるを得ない。
山岳蘭人さん 3点(2003-11-07 21:14:52)(良:1票)
10.もともとは・・・○様だったんだねぇ・・・ヘラクレスって  曲も良く良い意味で期待を裏切ってくれた作品でした。
だだくまさん 8点(2003-10-24 09:56:55)
9.最近のディズニー映画におけるキャラクターの安い造形美が顕著に表れた作品だった。ストーリー的に悪いとは思わないけど、コミック雑誌のようなキャラクターには違和感を拭えない。
鉄腕麗人さん 5点(2003-10-23 17:46:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 5.96点
000.00%
100.00%
213.57%
327.14%
427.14%
5828.57%
6517.86%
7414.29%
8310.71%
913.57%
1027.14%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 2.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
オリジナル主題歌アラン・メンケン候補(ノミネート)"Go the Distance"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS