Menu
 >
 >
 > ガタカ

ガタカ

Gattaca
1997年【米】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 418人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
[ガタカ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(1998-05-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ニコル
キャストイーサン・ホーク(男優)ヴィンセント・フリーマン
ユマ・サーマン(女優)アイリーン
アラン・アーキン(男優)ヒューゴ刑事
ジュード・ロウ(男優)ジェローム・ユージーン・モロー
ローレン・ディーン(男優)アントン・フリーマン
ゴア・ヴィダル(男優)ジョセフ局長
アーネスト・ボーグナイン(男優)清掃係シーザー
ウナ・デーモン(女優)看護士長
ザンダー・バークレイ(男優)ラマー医師
イライアス・コティーズ(男優)アントニオ・フリーマン
マーヤ・ルドルフ(女優)分娩担当の看護婦
ブレア・アンダーウッド(男優)遺伝学者
トニー・シャルーブ(男優)遺伝子ブローカー
ウィリアム・リー・スコット(男優)10代のアントン・フリーマン
宮本充ヴィンセント・フリーマン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕アイリーン(日本語吹き替え版)
井上倫宏ジェローム・ユージーン・モロー(日本語吹き替え版)
阪脩ジョセフ局長(日本語吹き替え版)
藤本譲清掃係シーザー(日本語吹き替え版)
仲野裕ラマー医師(日本語吹き替え版)
立木文彦遺伝学者(日本語吹き替え版)
千田光男遺伝子ブローカー(日本語吹き替え版)
小室正幸アントニオ・フリーマン(日本語吹き替え版)
山野史人ヒューゴ刑事(日本語吹き替え版)
後藤敦アントン・フリーマン(日本語吹き替え版)
脚本アンドリュー・ニコル
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
撮影スラヴォミール・イジャック
製作ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
コロムビア・ピクチャーズ
ジョージア・カカンデス(製作補)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクブライアン・ペニカス
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ監督)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・マッシー[録音]
リチャード・キング[録音]
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳佐藤恵子
スタントマイク・スミス[スタント]
その他マイケル・ナイマン〔音楽〕(指揮〔ノンクレジット〕)
あらすじ
遺伝子の優劣が社会的階層を決定する近未来。自然な形で生れたヴィンセント(イーサン・ホーク)は、遺伝子操作で生れたエリート=“適正者”に対して、“不適正者”のレッテルをはられている。宇宙飛行士の夢を追い続けるヴィンセントは、下半身不随となった“適正者”ユージーン(ジュード・ロウ)の身分を借り、宇宙開発事業を手がけるガタカ社の社員として潜りこむことに成功する…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
418.《ネタバレ》 テーマとメッセージは明確だし、サスペンス性もあるのだけど、いまいち、乗り切れなかった気がする。
展開が地味というか…。
ゴール地点である「宇宙飛行士」が、飛び立つシーンでしか描かれないため
宇宙飛行士になれることがどれだけ名誉なのか、カタルシスがあるのかが伝わってこないせいかも。
Donatelloさん [DVD(字幕)] 5点(2017-07-27 02:05:20)★《新規》★
417.かつて観たが再鑑賞。ちょうど20年前の作品。近未来という設定だけど、さすがに古臭さは隠せない。これはSF映画の宿命ですかね。有名俳優がたくさん出ているがみんな若い。そして以前観ていたのに全然覚えていた内容と違ったのにはちょっと恐怖。。。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 8点(2017-05-21 02:56:10)
416.《ネタバレ》 なんか変ですね。「そう遠くない未来」って言ってますが、スーツにネクタイ姿のまま乗り込める宇宙船って「そう遠くない未来」に可能か?ジェロームとヴィンセント全然顔似てなさすぎ。いくらなんでも気づくでしょう。そりゃあね、確かにヴィンセントは殺人犯じゃなくて結局冤罪だったけどね、それでも警官殴り飛ばして頭突きして逃げればそれはもう立派な公務執行妨害+暴行罪。闇の世界でクライアントにサンプルを与え続ける仕事のはずが、なんだか楽しそうに一緒に連れだってクラブへ遊びに行っちゃうし。二人一緒にいるとこ見られちゃまずいでしょう。みんなに顔を知られてる銀メダリストなんだし。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(吹替)] 3点(2016-12-18 20:41:02)
415.《ネタバレ》 捜査開始直後「ヴインセントに家族は?」と聞かれ「家族はいない」と答えたイケメン刑事。
そのシーンで「あれ?死んだの?」と思ったんですが、そうか実は弟だったわけですね。

不適正者のヴィンセントを周りが地味に応援してくれて結局無事宇宙にいけるという一見感動的ストーリーなわけですが、うーん、映画として面白いんでしょうか?
娯楽映画としては致命的に地味で華がないように思います。

話にしても、遺伝子によりいろいろ差別(というかこれは区別ですね)される世界というのはSFの世界ではごくごくありきたりで取り立てて目新しい要素はありません。もっと言えば映画中で不適正者がそこまで差別されている印象もないですから(何しろヴインセントが上級者との遺伝子取り換えができるくらいの金がちゃんと仕事で作れるわけですからね)、ある意味職業に対する適材適所選別をきちんと行っているだけに見えます。
ヴインセントが宇宙に行けない最大の理由は能力ではなく心臓にあるわけですから、これはいけないのが当然で不当でもなんでもないわけで、それを無理やり宇宙に行こうとする方が悪いわけです。

また、そういう事を考えずに表面だけとらえて感動ドラマとして見るなら、もうちょいケレン味がほしいところで、あまりに地味です。

推理物としてみれば、ヴィンセントがやってないとなれば、もう犯人候補者は1人か2人しかいないわけで推理物としてはそもそも成立してません。

個人的にはいまいちな感じがぬぐえない映画でした。
あ、でもアーネストボーグナインに似てるな、と思ってたおそうじのおじさんが、ほんとにアーネストボーグナインだったのがちょっと嬉しいかな。
それから、些細な事ですが、全体的に男性同士が耽美気味に(いやらしい意味ではなく)絡み合うシーンが多いですしストーリー的にも、これはかなり腐女子の方におすすめできる映画ではないかと思います。
「実は腐女子向け映画ランキング」とかあったら、上位は確実ではないかと思われます。
一般に誤解されがちですが、腐女子の方は最初から腐ったものは食べません。健全なものの中にそういう事を見出すのが好きなのです。
あばれて万歳さん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2016-11-05 22:43:07)
414.《ネタバレ》 生まれつき“適性者”でなければなれない職業、宇宙飛行士。何でも出来るのに、適性がない自分に悩む。下半身不随でありながら適性者の血統を持っている、同僚の協力を得て、別人に成りすまして宇宙開発社ガタカに入り、宇宙飛行士を狙う。後半はいつバレるかとドキドキです。よく出来た作品です、面白い!
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 9点(2016-04-04 00:09:55)
413.《ネタバレ》 遺伝子が劣等、不適正者というだけで差別されて来たヴィンセント。夢は宇宙に行く事だった。
だけど誰よりも努力しても不適正者というだけで認めてもらえない近未来。不適正者と言うだけで犯罪者扱いされる近未来。
彼のした事は不正。しかし彼の能力は紛れもなく彼の物だった。
そしてヴィンセントの夢ために自分の名前と遺伝子を差し出すジェローム、彼もまた完璧に生まれたばかりに事故で全てを失ってしまった男。
その男同士の友情かなんなのか彼らの持ちつ持たれつの二人のジェロームの生活はどこか切ない。一人は夢に向かって歩き、一人は夢を捨てた。
最後、一人は宇宙へ旅立ち。一人は焼却炉に入る。彼が唯一のジェロームになるために。そのために彼は最後に身をも捧げたのだ。
美しい構図と美術、柔かな音楽そして張りつめた緊張感がありながらも、希望を胸に夢へと向かう男の切ない物語でした。
えすえふさん [DVD(吹替)] 8点(2015-09-16 17:10:47)
412.近未来のSFではあるが哀愁が強いヒューマンストーリーだね。
ジェロームが最後に諾したヴィンセントへの友情は心に迫るものがあった。
濤声さん [地上波(字幕)] 7点(2015-09-06 23:14:47)
411.とてもよく出来ているし、面白い。発想が良いし、結末も自分としては妥当。
全編を貫く静かな雰囲気と内に秘めた哀しさを強く感じる。サスペンス色が強く、微妙なバランスを何とか保っている映画。こういったSF作品をたまに観たくなる。プラスに評価したい。
simpleさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-08-23 17:59:17)
410.生まれつき「劣等」の烙印を押された男は、他人になりすまし宇宙飛行士を目指す。わずかな痕跡からも人物同定がなされてしまう未来社会。異分子である彼は、ひたすら「自分自身の存在を消すこと」によってのみ、存在が許される。うわーコレ、ツラい。何がツラいって、我々も社会生活を乗り切っていくにあたって多かれ少なかれ、そういう不自由、偽りの仮面を被って素の自分を隠し続ける不自由の中に、生きてる訳ではないですか。何とも身につまされますなあ。そういえば、同様に身につまされ系設定のSF作品『TIME/タイム』も、同じくアンドリュー・ニコル監督の作品でしたね。まあ何にしましても、本作の主人公、別に我々のように穏便に暮らしたいがために自分を消している訳ではなく、宇宙飛行士となる夢のために敢えてこの苦難に身を投じている、というところにドラマが生まれます。打ち上げられるロケットが遠くに垣間見える。この「垣間見える」ということが、主人公の憧れの気持ちを実によく表現しています。現実世界以上に厳しい設定の世界でありながら、ラストはいささか甘いものであるかも知れませんが、ただ甘いだけではなく、そこには犠牲を伴うという苦さもあって、余韻が残ります。それにしてもジュード・ロウ、「他人になりすまされる」役が、良く似合う・・・?
鱗歌さん [CS・衛星(吹替)] 9点(2015-05-19 22:39:09)
409.《ネタバレ》 発想が面白く、世の中急速に遺伝子情報万能社会へと進みつつあるので一層身近に感じられます。表現したいことは伝わってきますが、DNA適正者でない私にももう少し心に響くようなシナリオを望みたいです。サスペンスも適度にあって障害者である本物のジェロームが腕の力だけで階段を上がっていくシーンは見るからに辛そうです。近未来なんだから自宅にもエレベーターくらいつけとけよと言いたくなります。
ProPaceさん [CS・衛星(吹替)] 7点(2015-03-01 23:17:59)
408.《ネタバレ》  そもそもこの作品は、映画作品として面白いのでしょうか。
 ドラマとして見ると、リアリティに乏しく深みが足りません。
 SFエンタメとして見ると、遊び心が少なく、抑揚が足りません。
 何ともつかみどころがない作品です。
 本当に良い映画は、たとえ娯楽性が薄くても、話にひきこまれて、『映画・作品としての面白さ』を感じます。この作品にはそこまでの圧力がありません。
 決定打に欠ける作品です。映画としての『ウリ』がないです。斬新なアイデアのみで勝負している印象です。
 内容について少し述べます。
 世界の構図が見えづらいです。また、ヴィンセントの目的はわかります。ですが、その動機、彼を動かす原動力が伝わってきません。何故そこまで『宇宙へ行くこと』に固執するのか。その説得力があれば、より感情移入することもできて、まったく違った印象になったことでしょう。まるで、『映画のために宇宙へ行こうと躍起になっている青年』のようです。ついでに言うと、アイリーンの立ち位置、彼女とのラブストーリーの必要性も不明です。それにジェロームは何のためにサンプルを提供するのか、彼の目的・動機が一番わかりにくいです。
 細かいところで言うなら、遠泳でやたらと優劣をつけたがるのも近未来SFの設定に合っていない気がします。
 そもそも娯楽SFサスペンスを見るつもりでいたのが間違いですね。サスペンスと思ってみると失敗します。確かにサスペンスの側面もあるのですが、あくまで味付け程度。多くの人が述べられているように、これはヒューマンドラマであり自己啓発ドラマです。
 もっとマクロな世界観を期待していたのに、意外とミクロな世界でのやりとりに終始してしまったのも残念です。良い映画なんでしょうが、どうしても面白くなかったので、ここは正直に『つまらなかった。』と言っておきます。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-12-21 13:48:48)(良:1票)
407.タイトルからしてハイセンス。オシャレだけを追求しても作れないと思う。映像編集も素晴らしい。
自己啓発的な側面も見ようによってはあるだろうが、
鬱々としているときに見ても自己啓発にはならないような内容なので、
元気なときに見て余韻を味わうのがいいのかな、とも思う。
よこやまゆうきさん [DVD(字幕)] 10点(2014-11-26 16:08:27)
406.全編を貫く独特の色彩、そして低いテンションの空気感が個人的には非常に好みだった。
セットや背景はスタイリッシュなのか単に安っぽいのかイマイチ判断し難いが、この物語には上手くハマっていたと思う。
派手さは無いが、非常に印象に残る作品。
すけこましさん [DVD(字幕)] 8点(2014-09-05 01:20:06)
405.あまり好きではない。
過大評価され過ぎでは。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-02 01:00:37)
404.この映画は、本当に素晴らしいです。
観た後に何かが残る映画です。絶対にDVDを購入しようと思った映画の1つです。
たぬき野郎さん [ブルーレイ(吹替)] 10点(2014-08-11 22:53:25)
403.好きな映画です。主人公の心がしみじみ伝わってきます。SF映画や、遺伝子の映画として観るよりも、自分の才能を信じて人生を進んでいった者と、信じることができず惰性の人生を過ごしている自分を対比させてしまう映画です。少しつらいです。
cogitoさん [DVD(字幕)] 8点(2014-07-28 22:28:46)
402.《ネタバレ》 深い。色々なテーマがあり色々なことを考えさせられる。基本的に近未来モノは好きではなく、「ガタカ」という訳の分からないタイトルのため見るのを敬遠していたが、見てよかった。DNAで全てを判断する血の通わない世界であっても人間の感情は失われない。失ってはいけないのである。彼女や弟、医師、ユージーンらとの人間としてのさまざまなつながりが主人公を宇宙へと導き、目的は果たすことができた。が、これで彼の問題が解決された訳ではないのである…深い。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 8点(2014-05-06 11:08:38)
401.レンタルショップでパッケージ借りした映画です。「三流のSF好きだしなぁ」的な感じでしたが、見始めるとアラアラなかなか完成度が高いマジ映画。。全体の雰囲気が70年代風で古い感じですが、実は近未来という設定も良かったです。ストーリー自体にはかなり無理があるようには感じましたが、それでも非常に面白いプロットでグイグイ引き込まれます。

遠泳のシーンやソーラーパネルのシーンなど多少間延び感もありましたが、最後までハラハラさせられます。そしてラストも何となく寂しい感じの余韻を残しますね。イーサンホークとユマサーマンのカップルがDNAに支配された未来らしい完璧人間の雰囲気で素晴らしかったです。なかなか印象深い映画です。
アラジン2014さん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-04-30 17:31:32)
400.《ネタバレ》 遺伝子がすべてを決める世界だけど、頑張れば報われる!?
一言で言えばそういう話だけど、それだけの安っぽい話ではなくて、キャストそれぞれの人間性や苦悩がうまく描かれていて良かった。

映像はまんま一昔前の未来都市で、予算ないのかな?と思わせるようなダサい映像だけど、それも気にならないくらい、単純に面白かった。

特にジュード・ロウが良かったけど、最後は悲しかったな・・・
スーツでロケットに乗るのはちょっと笑えたw
とんちんさん [DVD(字幕)] 8点(2014-03-31 22:25:42)
399.評判が良かったので期待して見ましたが、個人的には素直に乗り切れませんでした。いいところもあるとは思うんでうが、絵のチープさや主人公のとる手段にそれほど共感できず・・・。初監督作品だから予算が確保できなかったのかもしれませんが、マリン郡庁舎でロケしてSFでござい、というのも、今時の映画でそれはキツいっす。新宿のコクーンタワーでロケして「近未来SFです」って言ってる邦画があったら、見てるこっちが赤面します。そういう感覚ですね。「才能と努力」という題材は子どもむけCGアニメ作品で既に沢山の良作があるなかで、この作品が特別良く出来てるとは思えませんでした。主人公よりも脇のキャラクターのほうが魅力的だったとは思います。それにしても、適格者を何百人も診察してきた医者からみても、不適格者である主人公のチ○コはかなり立派だった、というのは笑ってしまいました。
ゆうろうさん [DVD(字幕)] 5点(2014-01-12 15:08:21)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 418人
平均点数 7.76点
000.00%
100.00%
210.24%
330.72%
4122.87%
5317.42%
6378.85%
77918.90%
810926.08%
97918.90%
106716.03%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.47点 Review17人
2 ストーリー評価 8.26点 Review34人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review31人
4 音楽評価 7.19点 Review26人
5 感泣評価 7.85点 Review20人

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
美術賞ヤン・ロールフス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS