Menu
 >
 >
 > ガタカ

ガタカ

Gattaca
1997年【米】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 417人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
[ガタカ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(1998-05-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ニコル
キャストイーサン・ホーク(男優)ヴィンセント・フリーマン
ユマ・サーマン(女優)アイリーン
アラン・アーキン(男優)ヒューゴ刑事
ジュード・ロウ(男優)ジェローム・ユージーン・モロー
ローレン・ディーン(男優)アントン・フリーマン
ゴア・ヴィダル(男優)ジョセフ局長
アーネスト・ボーグナイン(男優)清掃係シーザー
ウナ・デーモン(女優)看護士長
ザンダー・バークレイ(男優)ラマー医師
イライアス・コティーズ(男優)アントニオ・フリーマン
マーヤ・ルドルフ(女優)分娩担当の看護婦
ブレア・アンダーウッド(男優)遺伝学者
トニー・シャルーブ(男優)遺伝子ブローカー
ウィリアム・リー・スコット(男優)10代のアントン・フリーマン
宮本充ヴィンセント・フリーマン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕アイリーン(日本語吹き替え版)
井上倫宏ジェローム・ユージーン・モロー(日本語吹き替え版)
阪脩ジョセフ局長(日本語吹き替え版)
藤本譲清掃係シーザー(日本語吹き替え版)
仲野裕ラマー医師(日本語吹き替え版)
立木文彦遺伝学者(日本語吹き替え版)
千田光男遺伝子ブローカー(日本語吹き替え版)
小室正幸アントニオ・フリーマン(日本語吹き替え版)
山野史人ヒューゴ刑事(日本語吹き替え版)
後藤敦アントン・フリーマン(日本語吹き替え版)
脚本アンドリュー・ニコル
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
撮影スラヴォミール・イジャック
製作ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
コロムビア・ピクチャーズ
ジョージア・カカンデス(製作補)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクブライアン・ペニカス
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ監督)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・マッシー[録音]
リチャード・キング[録音]
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳佐藤恵子
スタントマイク・スミス[スタント]
その他マイケル・ナイマン〔音楽〕(指揮〔ノンクレジット〕)
あらすじ
遺伝子の優劣が社会的階層を決定する近未来。自然な形で生れたヴィンセント(イーサン・ホーク)は、遺伝子操作で生れたエリート=“適正者”に対して、“不適正者”のレッテルをはられている。宇宙飛行士の夢を追い続けるヴィンセントは、下半身不随となった“適正者”ユージーン(ジュード・ロウ)の身分を借り、宇宙開発事業を手がけるガタカ社の社員として潜りこむことに成功する…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
397.努力は天分を超えるというメッセージとともに、データに頼り切った文明社会に対する皮肉にも思えた。そもそもイーサン・ホークとジュード・ロウでは外見で一目で違いがわかるのに、遺伝子で判断するなんて・・・。良かったのはラスト、あの医者は早くから違いに気づいていたと思われるのに、主人公をパスさせたこと。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2013-07-13 21:54:50)
396.《ネタバレ》 「ルディ 涙のウィニングラン」と「砂の器」を足して2で割った作品というイメージ。「ルディ」ほど純粋な感動を得られないし、「砂の器」ほど絶望的でもない。ほどよく適温で生暖かい感動だった。で、もし「相棒」の右京さんにかかったら、ラストのドクターの心憎い見逃しなどもってのほかで、「生まれながらに希望の職に就けないのはあなただけじゃありませんよ!」と説教しながらビンセントの首根っこをつかんでズルズルと宇宙船から引きずり降ろしたことだろう。
 遺伝子操作された者の優位性は、確かに非人間的な価値観だが、あくまでこの作品では「肺活量が弱い人はパイロットになれない」くらいの差別にしか見えなかった。清掃員、ドクター、車いすのジェロームに怒鳴られる刑事にしろ、社会的弱者を決して蔑み切っている社会のようには見えなかったからだ。「アポロ13」だって、はしかの疑いが出たクルーはメンバーから外されたのだ。リスクを負わされる他のクルーの迷惑を考えずにいられない。
 そもそもこの作品を手放しで感動できないのは、姑息なイメージが強いからだ。「ズルをしてでも夢をかなえてやる」という男を大真面目に描き、病的なまでに徹底した不正工作をするから、悪質で不愉快なのだ。ビンセントが陣川クンのノリだったら、右京さんも彼を止められないだろう。そういうノリでこのテーマを扱われてももちろん困るのだが・・・・・・。
tonyさん [DVD(吹替)] 6点(2013-06-14 00:01:59)
395.《ネタバレ》 遺伝子情報が個人の特定だけでは無く、個人の資質に決定的な評価を下す近未来社会。その評価は、劇中でも語られるように「差別」として機能する。その「差別」に抗い夢を実現しようとする主人公の前に、殺人捜査のストレスが「差別」を代弁してのしかかる。サスペンスとして見応えのある一本でした。
ただ、本作は下半身不随の遺伝子情報提供者を外して語れないと思います。夢の陰陽を見せる意味で必要な設定だったことは分かります。彼のような不運が無くとも、叶わない夢の方が多いのが現実の世の中ですから。だからこそ、率直に彼には死んで欲しくなかった。人は夢から希望をもらうと同時に絶望ももらいます。ルートを閉ざされた夢はもろ刃の剣となってその人を苛みます。でも、ひとつの夢が唯一絶対ではないはずです。ベタなストーリーになったとしても、彼には主人公のサポートを通して新たな生き甲斐を見つけて欲しかったです。身近にハンディを負った友人を持つ者の感想です。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-04-01 00:34:05)(良:2票)
394.《ネタバレ》 うーん、中途半端な印象。遺伝子による差別がいきすぎた悲惨な未来、という描かれ方と、、犯人と間違われてがんばる主人公と真犯人はだれだ的なちょっとしたミステリー、という描かれ方がいまいちマッチしていないような気がします。どちらかというと遺伝子による差別がいきすぎた悲惨な未来で、どんんどん不幸になっていく主人公って感じで押してくれたほうが「未来世紀ブラジル」っぽくなってよかったかなぁ。
ゆうちゃんさん [DVD(字幕)] 4点(2012-12-13 17:19:02)
393.《ネタバレ》 近未来のSFものだが、一風変わっている。
それほどSFチックではなく、現代的な人間ドラマに焦点を当てている。
遺伝子で職業など将来を決められてしまうという設定に、前半からラストがなんとなく読めてしまう。
思った通り、遺伝子だけでは将来を計れないという教訓めいた結論へと話が向かう。
主人公と刑事になった弟が、再び水泳で対決するのも違和感がある。
ただ、不適合者である主人公と、それに夢を託す車椅子の適合者の友情などを絡め、それなりに話に引き込まれる。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 5点(2012-12-06 17:32:49)(良:1票)
392.努力すれば夢は叶うという王道を行く内容だが奇抜な設定のおかげで全く説教臭くない。単なるハッピーエンドでないところも好印象。
秀吉さん [ブルーレイ(吹替)] 8点(2012-08-20 00:26:14)
391.《ネタバレ》 (2010年映画メモをもとに)
なんともいえない感動を味わえる映画でした。
ささやかに魂に伝わるものがあります。
時に能力の欠点は残酷に突きつけられるものですが、しかしそこではないところに素晴らしいものがありました。
スピリチュアルでヒューマンな映画だと思います。
音楽は非常に美しく漂い繰り返し、映画の中に不思議な空間が生まれてます。
こういう大切なものを伝える映画はそう多くないです。
(追加)無機質な空間の中で、体液がキーアイテムとなるのが面白い。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2012-07-21 00:01:37)
390.いくつものテーマが読み取れそうな、ちょっと変わったSF映画ですね。映像も綺麗です。
nojiさん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-15 09:13:32)
389.《ネタバレ》 もっとSF的なものを期待していた。
根底の「夢をあきらめないで」みたいなテーマは理解したが、「目的のためには手段を選ぶな」ともとれるw
たんたかたんさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2012-05-02 16:43:57)
388.《ネタバレ》 おもしろいが、なんかよくわからない点もいくつか。

ドクターは主人公の不正を気づいて見逃していたのに、???と思われる行動が前半にある。
最後の遺髪のように託された、髪の毛の意味は??
でも、それらを差し引いてもおもしろかった!

たかくんさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-27 18:55:56)
387.《ネタバレ》 面白い映画ではないけど凄く良い映画。ちょっと哲学的なお話。友情や愛情や家族愛と言った人と人との繋がりを見せてくれつつ、人間に運命なんてものはなく未来は自分で切り開くもの、という人類普遍とも言えるテーマを掲げている映画でした。なんか勇気を貰えます。今観ておいて良かったー。これ10代の時に観ても多分分からなかっただろうし30代とかになってから観ても遅すぎたかもしれない。あまり自分というものに自信がなく卑下しがちな自分には刺激的な内容でした。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 9点(2012-04-17 06:32:50)(良:1票)
386.《ネタバレ》 映画館で観た「TIME」(の前半)の雰囲気に当てられ、ふらふらーっと鑑賞。多くのロケットが宇宙に飛び立っていくシーンや夜の海で遠泳するシーンが綺麗でした。レビューを書こうとしてびっくり。結構前の映画なんですねこれ。全然気づきませんでした。
時は過ぎ、現在は映画製作時より科学技術が進歩し、遺伝子の研究は進んでいます。しかしどの遺伝子がどの病気に関わっているかを決定するのは容易ではなく、一昔前まで思われていたようにある遺伝子がある病気を決定しているといった単純なものではなく、最近は病気の要因には他に多くの蛋白質が複雑に関係していることが常識で、映画の様な世界が来るのはまだまだ先のようです。自分は将来そのような研究に携わることが夢なのですが、この映画を鑑賞し、別の面から改めて遺伝子研究の負の部分を考えさせられました。
ユマ・サーマンは綺麗ですね。ジュード・ロウの演技も良かったです。
アンダーソン君さん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-08 02:40:13)
385.テーマありき。なので、2度は見ようと思わないな。
afoijwさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-09 23:31:02)
384.何であまり楽しめなかったのかと考えていたのですが、イーサン・ホークがこんな無機質な役には合ってないことと、ナレーションが始終しつこかったことが原因でしょうか。期待していたので、残念でした。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2011-12-03 22:06:37)
383.《ネタバレ》 どうも哲学的な話でした。気分的にこの手のものをみる気がなかったので時期によってはまた点数ちがったのかな?未来だけど色んなところで古い検査方法とか服装とか容姿。まあこれはわざと映像カラー含めてレトロ観だしてるんだろうなぁ。なんだか2001年宇宙の旅ににてるなぁ。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-09-25 19:46:48)

382.《ネタバレ》 私は、自分で言うのもなんだけど、結構親に期待されて育ったタイプだと思う。逆にその期待に応えられなくて自分の素質の無さに嫌気が差すことが少なからずあったと思う。今でも何をやるにも飲み込みが悪いと感じることが多いし、人よりも映画とか小説とかにチョッピリ詳しい位しか能が無いと思ってる。この映画「ガタカ」はそんな私の様な人間には福音であると思う。少なからず私にとってはそうだった。この映画の世界は最早人間の優劣は遺伝子、即ち生まれ持った素質によってのみ決まる世界。近未来という設定だが、今の世の中も同じことが少しは言えると思う。誰もが或る程度は社会にランクを付けられて生活している。それが時に学歴であったり、年収であったり、地位であったり、世間体であったりするだけのこと。そんな残酷な世界を見せてこの映画は始まるが、どんなに素質に恵まれなかった人間であっても、その未来だけは計り知る事が出来ないというメッセージで映画は終わる。この映画を観ると下らない運命なんて乗り切って生きようという気持ちがフツフツと湧いてくる。頑張ろう。
民朗さん [DVD(字幕)] 10点(2011-09-23 13:03:13)(良:3票)
381.まず、見る前に管理社会に対しての、もっと社会的なテーマの強い作品かと誤解してた。ジャンルとしてはドラマですね。
生の意味を訴える作品としては、ヴィンセントの身体的な弱さの演出や、ガタカに入る前の努力の描写が殆ど無いのが気になった。
とはいえ、全体的には非常に良くできた作品だと思う。
ジュード・ロウの他の出演作をほとんど見たことないが今作中の演技は出色だと思う。
楊秀清さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-09-03 10:55:44)
380.《ネタバレ》 ジェロームとヴィンセントが契約者という形式上の関係から次第に心を通わせていく所が良かった。ヴィンセントに夢を託して旅立ったジェローム、恐らく偽証を早い段階で見抜いていたが敢えてヴィンセントを見送ったドクター、終盤からラストシーンにかけては何度も見直したくなります。
TAKIさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-23 17:15:38)
379.SF映画でありながら生命体としての人間とその可能性について言及することを主としている作品で、また内容も難しすぎることもなく、人間ドラマも相まってSFに馴染みのない人も取っつきやすいものとなっている。遺伝子の優劣というテーマも現実の世界と重ねて考えるものがあって興味深いです。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-22 00:37:51)
378.土星がどんなとこか見せてくれやー。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2011-08-12 23:41:06)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 417人
平均点数 7.76点
000.00%
100.00%
210.24%
330.72%
4122.88%
5307.19%
6378.87%
77918.94%
810926.14%
97918.94%
106716.07%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.47点 Review17人
2 ストーリー評価 8.26点 Review34人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review31人
4 音楽評価 7.19点 Review26人
5 感泣評価 7.85点 Review20人

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
美術賞ヤン・ロールフス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS