Menu
 >
 >
 > ガタカ

ガタカ

Gattaca
1997年【米】 上映時間:106分
平均点: / 10(Review 420人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスSF
[ガタカ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-10-09)【イニシャルK】さん
公開開始日(1998-05-02
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督アンドリュー・ニコル
キャストイーサン・ホーク(男優)ヴィンセント・フリーマン
ユマ・サーマン(女優)アイリーン
アラン・アーキン(男優)ヒューゴ刑事
ジュード・ロウ(男優)ジェローム・ユージーン・モロー
ローレン・ディーン(男優)アントン・フリーマン
ゴア・ヴィダル(男優)ジョセフ局長
アーネスト・ボーグナイン(男優)清掃係シーザー
ウナ・デーモン(女優)看護士長
ザンダー・バークレイ(男優)ラマー医師
イライアス・コティーズ(男優)アントニオ・フリーマン
マーヤ・ルドルフ(女優)分娩担当の看護婦
ブレア・アンダーウッド(男優)遺伝学者
トニー・シャルーブ(男優)遺伝子ブローカー
ウィリアム・リー・スコット(男優)10代のアントン・フリーマン
宮本充ヴィンセント・フリーマン(日本語吹き替え版)
田中敦子〔声優〕アイリーン(日本語吹き替え版)
井上倫宏ジェローム・ユージーン・モロー(日本語吹き替え版)
阪脩ジョセフ局長(日本語吹き替え版)
藤本譲清掃係シーザー(日本語吹き替え版)
仲野裕ラマー医師(日本語吹き替え版)
立木文彦遺伝学者(日本語吹き替え版)
千田光男遺伝子ブローカー(日本語吹き替え版)
小室正幸アントニオ・フリーマン(日本語吹き替え版)
山野史人ヒューゴ刑事(日本語吹き替え版)
後藤敦アントン・フリーマン(日本語吹き替え版)
脚本アンドリュー・ニコル
音楽マイケル・ナイマン〔音楽〕
撮影スラヴォミール・イジャック
製作ダニー・デヴィート
マイケル・シャンバーグ
ステイシー・シェア
コロムビア・ピクチャーズ
ジョージア・カカンデス(製作補)
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクブライアン・ペニカス
特撮シネサイト社(視覚効果)
美術ヤン・ロールフス(プロダクション・デザイン)
衣装コリーン・アトウッド
ヘアメイクヴェ・ニール(メイクアップ監督)
録音ゲイリー・A・ヘッカー
ポール・マッシー[録音]
リチャード・キング[録音]
ダグ・ヘンフィル
字幕翻訳佐藤恵子
スタントマイク・スミス[スタント]
その他マイケル・ナイマン〔音楽〕(指揮〔ノンクレジット〕)
あらすじ
遺伝子の優劣が社会的階層を決定する近未来。自然な形で生れたヴィンセント(イーサン・ホーク)は、遺伝子操作で生れたエリート=“適正者”に対して、“不適正者”のレッテルをはられている。宇宙飛行士の夢を追い続けるヴィンセントは、下半身不随となった“適正者”ユージーン(ジュード・ロウ)の身分を借り、宇宙開発事業を手がけるガタカ社の社員として潜りこむことに成功する…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

380.《ネタバレ》 私は、自分で言うのもなんだけど、結構親に期待されて育ったタイプだと思う。逆にその期待に応えられなくて自分の素質の無さに嫌気が差すことが少なからずあったと思う。今でも何をやるにも飲み込みが悪いと感じることが多いし、人よりも映画とか小説とかにチョッピリ詳しい位しか能が無いと思ってる。この映画「ガタカ」はそんな私の様な人間には福音であると思う。少なからず私にとってはそうだった。この映画の世界は最早人間の優劣は遺伝子、即ち生まれ持った素質によってのみ決まる世界。近未来という設定だが、今の世の中も同じことが少しは言えると思う。誰もが或る程度は社会にランクを付けられて生活している。それが時に学歴であったり、年収であったり、地位であったり、世間体であったりするだけのこと。そんな残酷な世界を見せてこの映画は始まるが、どんなに素質に恵まれなかった人間であっても、その未来だけは計り知る事が出来ないというメッセージで映画は終わる。この映画を観ると下らない運命なんて乗り切って生きようという気持ちがフツフツと湧いてくる。頑張ろう。
民朗さん [DVD(字幕)] 10点(2011-09-23 13:03:13)(良:3票)
379.まず、見る前に管理社会に対しての、もっと社会的なテーマの強い作品かと誤解してた。ジャンルとしてはドラマですね。
生の意味を訴える作品としては、ヴィンセントの身体的な弱さの演出や、ガタカに入る前の努力の描写が殆ど無いのが気になった。
とはいえ、全体的には非常に良くできた作品だと思う。
ジュード・ロウの他の出演作をほとんど見たことないが今作中の演技は出色だと思う。
楊秀清さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-09-03 10:55:44)
378.《ネタバレ》 ジェロームとヴィンセントが契約者という形式上の関係から次第に心を通わせていく所が良かった。ヴィンセントに夢を託して旅立ったジェローム、恐らく偽証を早い段階で見抜いていたが敢えてヴィンセントを見送ったドクター、終盤からラストシーンにかけては何度も見直したくなります。
TAKIさん [DVD(字幕)] 8点(2011-08-23 17:15:38)
377.SF映画でありながら生命体としての人間とその可能性について言及することを主としている作品で、また内容も難しすぎることもなく、人間ドラマも相まってSFに馴染みのない人も取っつきやすいものとなっている。遺伝子の優劣というテーマも現実の世界と重ねて考えるものがあって興味深いです。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-22 00:37:51)
376.土星がどんなとこか見せてくれやー。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2011-08-12 23:41:06)(笑:1票)
375.《ネタバレ》 無尽蔵に広がる宇宙への渇望を 自らの手で切り開く直向さ。
クールな近未来を舞台に、主人公が劣等感からなる飽くなき前向きな姿勢をみせる。
そこに織り成すユマ・サーマン演じる純然たる女性像がとても美しい。
可能性とは無限の宇宙。そんな言葉がぴったりだ。
ゆめやさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2011-08-07 01:22:17)
374.ちょっと苦手な近未来のストーリー。
一応SFのジャンルなんだろうけど、倫理観を問うテーマも含んでいる。
遺伝子操作は、すでに現実的なレベルにまで達しているなんて話を聞くと、
中々興味深く鑑賞できるし、実際にそれが一般レベルで可能な世の中がきたら、
この作品は時代を先取りしていた、凄かったということになるんだろうな。
それよりもこの作品の一番いいところは、主人公の苦悩がしっかり描かれていること。
ストーリーに粗はあるけど、柔軟性に富んだ若い人には特にお薦め。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-07-16 06:18:44)
373.ストーリーや設定に粗さはあるけど、テーマの大きさと映像の美しさで十分カバーされている。ジュード・ロウが切なかった。
ashigaraさん [DVD(邦画)] 8点(2011-07-06 22:37:32)
372.可能性という名の希望。
アフロさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2011-06-19 12:02:25)
371.《ネタバレ》 やり遂げる意志があればなんでも可能になるという、非常に前向きな映画だと思いました。刑事たちとのやり取りが全編緊張感を保てて良いですね。だれること無く観ることができました。私もエリートとは程遠い存在なので、主人公を応援したくなっちゃいます。ラストで今更遺伝子もクソもないと気持よく送り出してくれた医者も素晴らしい。
mustang_newsさん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-04 08:38:28)
370.《ネタバレ》 遺伝子によってのみ個人が評価される未来。遺伝的に弱者な不適格者は夢を見ることすら許されない。ある若者は甚大な努力によって遺伝子の烙印を消し去ろうと試み成功する。最高の適格者として生まれ、不適格の烙印を押された若者の助けを借りて。友情と反目の中、本当の友人として強く結びつく二人。遺伝的に不適格者の烙印を押されたヴィンセントが主人公ではあるが、後天的に不適格者となったジェロームの境遇に、より惹かれた。最高に優秀な遺伝子を持っていても必ずしも思い通りの人生が遅れるとは限らない。彼は生まれながらにして不適格者として烙印を押された若者の夢に自分の夢を重ねるようになる。優秀な遺伝子さえあれば個人の存在を偽れるというこの世界において、最後の最後に「燃えてなくなる」ことで「自分の存在に自分で決着をつけられた」ジェローム。いずれにしても悲しく重い物語のラストは、不透明ながらも若者の光に満ちた(同時に暗く閉ざされた)未来を予感させ、非常に心を打つ物語として心に残った。
しぇんみんさん [DVD(吹替)] 7点(2011-05-30 22:48:07)(良:1票)
369.設定が甘すぎ。近未来なら、遺伝子以外の物がもっと進歩していてもよいのではと思ってしまう。毛とか皮ってもっと落ちるものだろ。

SF映画でも、リアリティがほしい。むしろリアリティはなくてもよいが、上手くごまかして見せてほしい。

とはいえ、レビュー367.せいさんのレビューがこの映画の趣旨であろう。と考えると素晴らしい映画だ。(せいさんもすごい)
そして、この映画のラストシーンはきもちよかった。
海外イチゴさん [地上波(吹替)] 5点(2011-05-24 09:39:52)
368.前半の近未来設定にわくわくしたが、後半の無理めな展開の連続でテンションが落ちた。
ユマ・サーマンの美しさに釘付けになった。
特に、髪をまとめている時のユマ・サーマンは、超絶に美しい。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 6点(2011-03-24 02:17:33)
367.テーマが素晴らしい。近未来SFと言われる本作ですが本当にこんな世界は近いのかもしれない。恐ろしいことです。
akilaさん [DVD(字幕)] 9点(2011-02-21 20:02:59)
366.この映画はいつも私に勇気を与えてくれます。
心からの感謝を込めて9点献上。
棘棘棘棘棘棘棘さん [DVD(字幕)] 9点(2011-01-23 17:10:07)(良:1票)
365.《ネタバレ》 遺伝子で「選別」された人達が生きる近未来 無機質で冷たい質感 この独特の世界感にイーサン・ホーク ジュード・ロー ユマ・サーマン この3人が見事はまっておりキャスティングが素晴らしい が、夢に向かって努力することは大事だけど 身分を偽りガタカに入ってる時点で その努力の「純度」とベクトルの向きにちょっとなぁと思ってしまったりして しかしそんなこといいつつ、面白くて人間味あふれる良く出来た映画ですよ 多少の突っ込みどころもまぁSFということで、なんだけど、スーツのままロケット乗っちゃうってスゴイ(笑) 最後の最後に意表を突かれマシタ
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 7点(2011-01-10 19:09:59)
364.《ネタバレ》 偽装の手法などについては、他のレビュアーさんも指摘の通り、ツッコミどころ満載と思うが、これはそういった“SF”主眼の映画ではないだろう。
人の「生」についてのすぐれて倫理的な問いをふくんだ映画だと思う。

印象的なのが、遺伝子設計されて生まれてきた弟と、自然出産の兄(主人公)との、遠泳競争シーン。遠くまで、はるか遠くまで、泳いでいけたほうが勝ち。
この受精の際の精子の競争の象徴シーンで、初めて勝ちを収めた時に主人公は転身を遂げる。そして後での兄弟対決のときにも同じシーンが繰り返される。

ひとは「優れていたから」ではなく、「どうしても生きたい(行きたい)」と思ったがゆえに、卵子へまでたどりつき、この世に生をうけたのではないだろうか?
そんなことを暗示するシーンだと思う。

そして、「母なる」宇宙への道もまた、「優れているゆえに」ではなく、「どうしても行きたい(生きたい)」と心から思う者に開かれていて、いいはずだろう。

「宇宙飛行士になりたい」という主人公の切なる思いはラストで報われ、宇宙という海へと泳ぎ出していく(ロケット打ち上げも、遠い卵子を目指してゆく精子の旅の暗喩か)。
人は生きる。切なる願いを果たすために。

けれどその同じ時、主人公とコインの裏表の関係のような「適格者」ジェロームは、主人公と同じく「遠い旅」に出る。自死する。主人公の切なる願いを守るために。
でもそれは、誰に設計されたわけでもない、彼自身の心から生まれた願いだった。

人が生まれてくること、生きることについて、たくさん考えさせられた。素晴らしい作品だったとおもう。

せいさん [DVD(吹替)] 8点(2011-01-10 03:13:39)(良:4票)
363.話のセッティングはよいと思うのですが、雰囲気に馴染めず、のめり込むことができなかった。味の濃い映画好きだとこの作品は少し味がわからない気がします。
たこちゅうさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-18 23:46:47)
362.《ネタバレ》 遺伝子チェック、検査をどうやってくぐり抜けるかの連続。
初めのほうはそれも面白かったがそれが結構続く。
ラスト、わかっていても通してくれる医者(?)はかっこいい。
私にとってはユマ・サーマンは全く綺麗に見えずブスなのがつらいポイント。
虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2010-08-06 22:23:32)
361.大きな山あり谷ありって映画ではなく、とても静かだが、見入ってしまう。
朴モグタンさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-14 11:33:22)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
21
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 420人
平均点数 7.75点
000.00%
100.00%
210.24%
330.71%
4122.86%
5317.38%
6389.05%
78119.29%
810825.71%
97818.57%
106816.19%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review18人
2 ストーリー評価 8.17点 Review35人
3 鑑賞後の後味 8.15点 Review32人
4 音楽評価 7.19点 Review26人
5 感泣評価 7.85点 Review20人

【アカデミー賞 情報】

1997年 70回
美術賞ヤン・ロールフス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS