ヒマラヤ杉に降る雪のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > ヒマラヤ杉に降る雪
 > (レビュー・クチコミ)

ヒマラヤ杉に降る雪

[ヒマラヤスギニフルユキ]
Snow Falling on Cedars
1999年【米】 上映時間:128分
平均点:6.01 / 10(Review 71人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-04-01)
ドラマ法廷もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スコット・ヒックス
キャストイーサン・ホーク(男優)イシュマエル・チェンバーズ
工藤夕貴(女優)ハツエ・ミヤモト
鈴木杏(女優)ハツエ・ミヤモト(少女時代)
リック・ユーン(男優)カズオ・ミヤモト
サム・シェパード(男優)アーサー・チェンバーズ
マックス・フォン・シドー(男優)ネルス・ガドマンソン
ジェームズ・クロムウェル(男優)フィールディング判事
ヘンリー・オー(男優)ナガイシ(ジャン・シーレン 名義で)
エリック・タール(男優)
ケイリー=ヒロユキ・タガワ(男優)
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)
ジェリコ・イヴァネク(男優)
宮本充イシュマエル・チェンバーズ(日本語吹き替え版)
工藤夕貴ハツエ・ミヤモト(日本語吹き替え版)
鈴木杏ハツエ・ミヤモト(少女時代)(日本語吹き替え版)
佐久田修アーサー・チェンバーズ(日本語吹き替え版)
内田稔ネルス・ガドマンソン(日本語吹き替え版)
松岡文雄フィールディング判事(日本語吹き替え版)
佐々木敏(日本語吹き替え版)
石田彰(日本語吹き替え版)
塚田正昭(日本語吹き替え版)
脚本スコット・ヒックス
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影ロバート・リチャードソン〔撮影〕
製作キャスリーン・ケネディ
フランク・マーシャル
字幕翻訳戸田奈津子
その他奈良橋陽子(キャスティング)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
71.《ネタバレ》 日系のアメリカ国民を強制収容所に隔離し、彼らから人権と財産を不当に奪ってしまったというアメリカ近現代史の闇。そんな歴史の中で引き裂かれた男女のロマンス。人種的偏見が絡んだ殺人事件の裁判。この3つの要素が絡み合った作品ながら、各々がうまく混ざり合わないまま2時間が経過してしまったという印象です。過去と現在の物語が主人公の回想により同時進行で進んでいくというスタイルをとっているのですが、年代毎に画面のトーンを変える等の工夫がなされていないため直感的に内容を把握しづらく、話を追うことに対してストレスを感じてしまいます。話が分からないわけではないのですが、あえてこのスタイルをとる必要があったのかは疑問であり、上映時間が長くなるという弊害はありますが、話を年代順に整理した方が観客の理解は進んだのではないかと思います。
また、主人公の感情に共感しづらいという点も弱みとなっています。日系人に対する彼の態度が、度を越して冷たいのです。強制収容所送りが決定した際、彼は日系の恋人に寄り添うことを諦め、さらには、隔離政策に対して反対意見を述べる父親に向かって「そんな記事を書けば新聞社が潰れてしまう」と言い、日和見を決め込もうとしました。また、裁判開始後、偶然にも雪道で再開したハツエから「言論の力で何とかこの危機を救って欲しい」と懇願されたものの、「大したことはできない」と言ってアッサリと拒絶。さらには、かなり早い段階でカズオの無罪に繋がる証拠を入手していたものの、その公表をずっと控えているという冷血漢ぶり。さすがにイライラさせられました。
タイプキャストも作品の弊害となっています。カズオの弁護士がマックス・フォン・シドー、判事がジェームズ・クロムウェル。彼らの重厚なパフォーマンスは大いに評価できる一方で、額に「誠実」と刻み込まれているかのようなこの二人が付いていれば、カズオは絶対に大丈夫だろうという安心感が漂ってしまい、固唾を飲んで裁判の行方を見守るという観客の楽しみが失われています。少なくとも判事役には、どちらにでも転びかねないタヌキオヤジみたいな俳優を配置すべきだったと思います。また、対する検事役が悪人顔のジェームズ・レブホーンという点もマイナス。彼では、どう見てもマックス・フォン・シドーには勝てません。レブホーンとクロムウェルの役柄を入れ替えてしまった方がよかったと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2015-08-29 00:10:39)
70.何が面白いかわからない意味不明の映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 1点(2014-10-03 01:20:22)
69.寒々としたちょっと暗めの独特の雰囲気は結構好きです。イーサン・ホークのなんとも煮え切らないところがじれったさを感じる。工藤夕貴と鈴木杏の演技は個人的には気に入っている。起伏が少ないストーリーは評価が分かれるところかもしれない。
きーとんさん [DVD(字幕)] 6点(2010-09-21 02:10:04)
68.《ネタバレ》 こういう静かで深い映画はいいですね 第二次世界大戦開戦(真珠湾攻撃)当時の差別・偏見、そして日本人の強制収容というアメリカの暗い過去に光が当たった意味深い内容で、撮影には当時強制収容された多くの日系人の方々も参加されたそうです(特典映像で監督が言ってます) 素晴らしいキャスト…特に弁護士役のマックス・フォン・シドーの演技は…シブい(感心) 白く美しい映像と音楽のマッチングも最高 いやーーーいい映画みっけた感ありますネ
Kanameさん [DVD(字幕)] 8点(2009-12-22 10:11:25)(良:1票)
67.あまりに錯綜しすぎであり、あまりに幻想的すぎる編集演出をしてるので、見る人を選ぶ映画なのは間違い無いと思う。それを不快に思う人は多いだろうし、私の場合はむしろ心地良くみれたため良い映画だと感じた。表面的には太平洋戦争時の人種差別をテーマにしてるが、真の主題はより普遍的な事をテーマにしてると思う。それは愛であり、許しであり、イシュマエルの成長の物語である。彼が青少年期をトラウマを克服し、真の大人へと成長してく姿を見事なカタルシスとともに描きだしてると感じる。個人的には隠れた名作として評価したい。

ミナトさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2009-09-01 12:15:27)(良:1票)
66.暗い描写でひたすらに重い・・。当時の事を真面目に描こうとしたんでしょうけど。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 3点(2008-05-11 17:21:46)
65.《ネタバレ》 どうもアメリカ映画の日本人や日本的なものの描き方には違和感を感じてしまうのですが、この作品も例外ではありませんでした。何か、平等やら何やら言ってはいても上から目線なんですよね・・・・・。

 ただ、偏見や世論に人々の判断が流されそうになる中、真実を見出そうとする老弁護士や主人公の姿には感銘を受けましたけど。
TMさん [地上波(吹替)] 6点(2008-05-01 15:47:32)
64.無駄な画が多く、何度も眠くなった。とりあえず印象に残ったのは弁護士の最終弁論と鈴木杏。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 3点(2007-11-10 20:46:29)
63.《ネタバレ》 「戦争とそれによる人種差別、偏見」「殺人事件とその真相」「恋愛と未練」このシリアスとサスペンスとラブの3つの要素が見事に絡み合って、この作品独特の世界観を作り上げています。人間の一筋縄ではいかない奥深さ、多層な精神というものが端的に表されていて、とてもいい。監督はラブの部分を強調したかったらしく、映像表現の仕方はイシュマエルの感情と思い出をそのまま映像化したような幻想的で凝った作りになっていて、それでいて現実世界の描写は大人らしい落ち着いた雰囲気になっていて、個人的には好感の持てる表現の仕方だったと思います。原作「殺人容疑」はフィクションではありますが、偏見と強制収容、実際に起こった事件を元にして作られた、いわばアメリカの影の歴史の部分にスポットライトを当てた作品なわけです。その意気込みに、純粋に賛辞を送りたい。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2007-08-27 01:25:16)
62.過去と現在が交錯するので初見では結構混乱すると思う。 私の場合原作を読んでから観たがそれでもわかりにくい部分があった。 とても美しい映像、音楽。 ゆっくりした演出の流れの中でじわーっと心に染み渡る。 これはイシュマエルの癒しの物語。 イシュマルのハツエに対する屈折した想いは当時の日系移民に対する差別偏見、日米戦争、そして越えられない父親の存在が混ざり合って形成された。 しかしそれを決定的にしたのはハツエだった。 なぜあのようにハツエはイシュマルを拒絶したのか。 映画だけから彼女の心情を読み取るのは難しいかもしれない。 イシュマルは父の影響で日系人に対しても差別なく公平に接していた。 しかしハツエから最後の最後に拒絶され打ちのめされている時に彼は海兵隊員、通信兵としてタラワ島に上陸、そこで負傷する。 腕を切り取られた手術台の上でつぶやいた「Fucking Jap Bitch!」。 これは日本兵に対する言葉か、あるいはハツエに向けられたのか。 それともそのすべてを含む「日本」という存在に対する言葉だったのかもしれない。 それまで日系人と偏見なく接してきた彼が発した言葉だけに重い。 マックス・フォン・シドーが演じる弁護士の最終弁論が極めて印象に残る。 ハツエ役の工藤夕貴は日本人で日系二世を演じた。 たいしたもんだと素直に思う。 だが相当な力みを感じた。 他の出演者の自然な演技と比べてやや浮いていた。
称えよ鉄兜さん [映画館(字幕なし「原語」)] 8点(2007-08-12 10:12:11)
61.モノトーンすぎて飽きる。イーサンは良かったけど。鈴木杏があまり受け入れられなかった・・
Michael.Kさん [ビデオ(字幕)] 4点(2007-01-23 23:45:09)
60.思わぬ掘り出し物を見つけた気分です。たしかに地味だし、暗いし、時間軸がグチャグチャで分かりにくいんですが、それを差し引いても十分におもしろかった。日本人差別という大きな問題と、イーサンの個人的感情との絡ませ方が見事です。最後のほうで、日本人の家族がイーサンに向かって静かに頭を下げるシーンには、思わずグッと来てしまいました。ケンドーに殺傷能力があるとは知りませんでしたが。
眉山さん [DVD(字幕)] 8点(2005-11-09 12:14:46)(良:1票)
59.正直つまらんし、時代背景もよくわからん。工藤夕貴を筆頭に最初から最後までワンパターンで単調だった。
ぷりんぐるしゅさん [地上波(吹替)] 3点(2005-10-30 01:42:50)
58.人種問題を淡々とした提示した監督の乾いたセンスと、美しい風景と、イーサン・ホークの切ない瞳と、鈴木杏の無垢な美しさと、そして何よりもどアップでの英語の長台詞を見事クリアした工藤夕貴の根性にこの点数を。「英語でしゃべらナイト」での工藤夕貴の言葉は、尊敬に値するものでした。「SAYURI」でどれほどの役を与えられているのかは知りませんが、スクリーンの中、中国や日本の大女優たちを圧倒しているであろう彼女を確信します。
showrioさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-05-17 15:34:27)
57.悪い映画ではないのだけれど法廷シーンが単調すぎて少し飽きてしまいました。
屋外の風景はいいトーンなのですけれど
かじちゃんパパさん 6点(2004-09-27 12:29:44)
56.演出、編集が懲り過ぎです~ もっとシンプルな方が絶対に良かった..ストーリー自体シンプルなので、そう見せたかったのか..もう少し感動させてくれるのかと..ちょっと期待し過ぎでした...
コナンが一番さん 5点(2004-07-13 12:26:18)
55.なんか惜しかったですよね~。映像はとてもよかったし、工藤夕貴も鈴木杏もとてもいい感じだったんですけど。イーサンちょっと未練が激しすぎて、ひいちゃう感じだし、何かダラダラと長すぎた感も否めません。
おばちゃんさん 6点(2004-07-04 23:22:55)
54.確かに暗くて思い話。淡々と降り積もる雪と静かな音楽がそれに拍車をかけてる。
でも「日本人差別」という、一般人がアメリカの恥をさらけ出したこのストーリーは絶品。工藤夕貴、がんばってます。
ふくちゃんさん 7点(2004-07-03 03:37:24)
53.とにかく地味な映画。結ばれなかった男女、それでも愛し続ける男。その話がメインなのか? 女は別な人と結婚したものの旦那は無実の罪を掛けられ、その裁判の行方を追う。こっちがメインなのか? 日本人に対する人種差別があった時代の話で重みはあるけど、何か話があっちに行ったりこっちに行ったりでイマイチわかり難かった。個人的には裁判のシーンよりもイーサンのハツエに対する想いをもっと全面に出して欲しかったな。鈴木杏チャンがとても良かったので、ちょっと惜しいなと思う。
smiLey'70さん 5点(2004-06-24 21:03:05)
52.「偶然がこの世を支配する。支配されないのは人間の心の中だけだろう」に納得。それにしても人種差別ってのは根深いね。荷物と同じように札をつけられ収容所に送られる日系人の姿をみて、我々日本人は差別される側である事をあらためて認識した。
東京50km圏道路地図さん 7点(2004-05-04 16:12:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 6.01点
000.00%
111.41%
200.00%
357.04%
41216.90%
5912.68%
61216.90%
71419.72%
81419.72%
945.63%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
撮影賞ロバート・リチャードソン〔撮影〕候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS