Menu
 >
 >
 > スクリーム

スクリーム

SCREAM
1996年【米】 上映時間:111分
平均点: / 10(Review 193人) (点数分布表示)
ホラーサスペンスコメディシリーズもの
[スクリーム]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-01-19)【M・R・サイケデリコン】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ウェス・クレイヴン
助監督ニコラス・マスタンドレア
キャストネーブ・キャンベル(女優)シドニー・プレスコット
デヴィッド・アークエット(男優)デューイ・ライリー
コートニー・コックス(女優)ゲイル・ウェザーズ
スキート・ウールリッチ(男優)ビリー
マシュー・リラード(男優)スチュアート
ジェイミー・ケネディ(男優)ランディ
ドリュー・バリモア(女優)ケイシー・ベッカー
リーヴ・シュレイバー(男優)コットン・ウェアリー
ケヴィン・パトリック・ウォールズ(男優)スティーヴ
W・アール・ブラウン(男優)ケニー・ジョーンズ
ローズ・マッゴーワン(女優)テイタム
ヘンリー・ウィンクラー(男優)アーサー・ヒンブリー校長(ノンクレジット)
ウェス・クレイヴン(男優)フレッド(ノンクレジット)
リンダ・ブレア(女優)リポーター(ノンクレジット)
根谷美智子シドニー・プレスコット(日本語吹き替え版)
宮本充デューイ・ライリー(日本語吹き替え版)
佐々木優子ゲイル・ウェザーズ(日本語吹き替え版)
三木眞一郎ビリー(日本語吹き替え版)
林原めぐみケイシー・ベッカー(日本語吹き替え版)
森川智之スチュアート(日本語吹き替え版)
渕崎ゆり子テイタム(日本語吹き替え版)
仲野裕ニール・プレスコット(日本語吹き替え版)
辻親八ケニー・ジョーンズ(日本語吹き替え版)
納谷六朗アーサー・ヒンブリー校長(日本語吹き替え版)
田原アルノフレッド(日本語吹き替え版)
脚本ケヴィン・ウィリアムソン
音楽マルコ・ベルトラミ
編曲ピート・アンソニー
撮影マーク・アーウィン〔撮影〕
ピーター・デミング(追加撮影)
製作ミラマックス
ニコラス・マスタンドレア(製作補)
キャシー・コンラッド
製作総指揮ハーヴェイ・ワインスタイン
スチュアート・M・ベッサー(共同製作総指揮)
ボブ・ワインスタイン
配給アスミック・エース
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
ロバート・カーツマン(特殊メイク監修)
グレゴリー・ニコテロ(特殊メイク監修)
ハワード・バーガー(特殊メイク監修)
美術ブルース・アラン・ミラー(プロダクション・デザイン)
編集パトリック・ルシエ
字幕翻訳石田泰子
スタントアレン・ロビンソン
その他マルコ・ベルトラミ(指揮)
スチュアート・M・ベッサー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
カリフォルニア州の田舎町ウッズボロー。ある夜、高校生ケイシー(ドリュー・バリモア)が恋人スティーヴと共に正体不明の犯人に惨殺された。←<★記念すべき死傷者第1号> 翌朝、ケイシーの学校には警察や報道陣が詰めかけて大変な騒ぎになった。彼女のクラスメイトだったシドニー(ネーヴ・キャンベル)は忌まわしい記憶を呼び起こされて苛立つのだが、次から次へと身の周りで殺人が・・ 犯人は一体誰なのか!
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
193.《ネタバレ》 驚かし系ホラーサスペンスで、怖さは感じない。
主人公やサイコな二人よりも、あのマスクが印象に残るだけ。
ホラー映画オタク的オマージュを散りばめたところで、それがなんなのとしか思わないし。
怪しい人物がたくさんいて、犯人はネタバラシまでわからなかったけど、だからといってそれが面白さに直結するかというとそうでもなく。
意外性はあっても、スッキリやられたって感じのネタバタシではない。
それと、ホラーに中途半端なコメディ要素はいらない。

ドリュー・バリモアが早々に消された冒頭は、インパクトがあって期待できるツカミだったのに。
主人公のネーブ・キャンベルの魅力がドリューより落ちるのも、右肩下がりの要因か。
普通なら魅力のあるほうを主人公にするけど、セオリーの逆をいくのがコンセプトでそうしたのだろうか。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 4点(2014-11-24 23:02:56)
192.《ネタバレ》  なんかコメディと思い込んでしまっていたので、導入の本格さに本気でびびりました。なんてこった。まじめか!しかも殺人鬼が窓破って飛び込んでくるシーンと、連れがドアをバーンて開けて入ってくるミラクルが偶然重なって、鼻から心臓飛び出すかと思いました。
 このタイプの映画で犯人探しなんてきっと意味ないから、はなから探す気なんてなかったんですけどね。気付いたら犯人探しやっちゃってますね(笑)2人いるとは思わんかったな・・・。最初、何故かテイタム(ローズ・マッゴーワン)が怪しいと思っていました。
 スピード感、テンポ、ノリ、恐怖演出、どれも過剰すぎず適度なバランスで非常に見やすく楽しいです。怖がらせ、惑わせ、ちょいちょい笑わせ、映画トークで「にやっ」とさせる、こーゆー映画は理屈抜きにほんと好きです。続編も楽しみです。
 ってゆーか、あまりに有名な映画すぎて見たことある気になっていたのですが、全く見たことがなかったです。その点が一番驚きでした。ジェイソン並に有名な衣装ですから、勝手に見た気になっていたんでしょうね。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2014-04-13 22:24:10)(良:1票)
191.《ネタバレ》 パラサイトと並ぶティーンエイジ青春学園ものホラーの決定版。
にして、スラッシャーホラーの良作。
ティーンエイジホラーの帝王といわれるウェスクレイブンの作品。
監督のホラー映画愛をこの映画で全開に出したことがホラー映画ファンへのアプローチとなり、
それでこの映画はホラー映画としての魅力も増したと思う。
殺人鬼の目的に深さとか不条理さ、怖さは無いが、
そういうものを必要としていないちょっと奇妙なスラッシャーホラーかもしれない。
殺人鬼の脱力ぶりは異常。まるで普通のパーティー・コスプレ野郎。
恐怖演出という意味では少し低いかも。
あくまでも10代のゲーム感覚。
ほのかなコメディと爽快感が良い。
日常でのキャラクターの描かれ方が良いので、殺されるのが惜しいくらい。
I scream? You scream?♪ いったい犯人は誰だ!?
究極のネタバレですが・・・・・・処女あげた男の頭打ち抜くって凄いこと!
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 8点(2014-02-23 23:36:07)(良:1票)
190.これはたいして怖くはないけど、脚本と演出の勝利でしょう。あのマスクも流行りましたね。
nojiさん [DVD(字幕)] 6点(2013-10-27 00:46:20)
189.映画愛がある映画は大好きです。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2013-08-18 20:00:07)
188.《ネタバレ》 これは実に面白いと言うか楽しく見れた作品です。冒頭のつかみは満点。その後もホラー映画のパロディを踏襲しつつ犯人は誰だ?と思わせておいて、実に意外なヤツが犯人と言う。本作はホラー映画に対してリスペクトしつつ新しいホラー映画を作り上げた実に画期的な作品と高く評価します。
ぴのづかさん [DVD(字幕)] 8点(2013-03-20 22:32:51)
187.《ネタバレ》 所謂スラッシャー・ホラーのパロディ的作品ですが、作り手が本当にホラー映画のマニアで意図的に定石を破っているのが良く分かるので楽しく観れました(大して愛も無いのにパロディにしている作品ほど見ていて不快なものは無い)。冒頭のドリュー・バリモア殺害のシーンからホラーとしての掴みはOK、その後は学園内でのミステリーへと展開して行きますが、最高に面白かったのはハイライトのパーティーでの惨殺ですね。劇中で言及されている通りスラッシャー映画の定石(処女・童貞の法則とか)を破っているので、誰が生き残るか予想がつかない。殺人鬼の最期を無駄に湿っぽい演出に走らず、スカッとする倒し方だったのも実に良い。
民朗さん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-06 11:31:02)
186.《ネタバレ》 冒頭シーンで掴みはオッケーって感じで、あとは犯人知りたいが為とテンポの良さでラストまで・・・

しかし無意味に殺し殺され過ぎ(校長先生が可哀相だった)、ホラーでそれ言ったらお終いかもだけど・・・

まぁ長いこと映画観ている人やホラー好きの人には、ほくそ笑む映画ネタが出てきて面白かったけど。

青春ホラーって感じね。

そして『童貞でよかった』ってセリフが妙に残りました。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 5点(2012-03-31 19:23:02)
185.ホラー映画の王道を走ってますね。コメディ要素を取り入れつつもしっかりホラーしてます。冒頭シーンはホラー映画史に残る名シーンではないでしょうか。それだけでも評価に値する作品だと思います。ドリュー・バリモアまじ色っぽい。
ケ66軍曹さん [DVD(吹替)] 8点(2012-03-24 04:03:57)
184.昔6点、今は4点。以前見たときは、怖いのと犯人が誰かの興味本位で見ていたが、今もう一度見直してみると、凄く残酷な映画だ。リアルといえばリアルだが、目を覆いたくなるシーンが何か所もある。そしてもっとわからないのは動機、映画の中でも語られてはいるが、いかにも薄弱。そしてもっと恐ろしいのは、何の関係もない人を次々殺していっていることだ。見直していくうちにどんどん評価が下がる。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 4点(2012-01-08 15:45:24)
183.そこまで怖いわけでもないけど、テンポ良く進むし楽しく見れると思う。
afoijwさん [映画館(字幕)] 5点(2012-01-07 00:55:04)
182.気楽に楽しめる、ホラー映画の定番といった作品。
高校生の男女グループ、変な怪人が出てきて、女の子がキャーッ!
あんまり怖くないし、ちょっとエッチなシーンや笑えるシーンがあるのもいい。
一応伏線やヒネリはしっかり用意されているようで、そこがまたクスッと笑えてしまう。
ポップコーンやポテチを片手に鑑賞するには、ちょうどお手頃な映画である。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-03 09:58:49)
181.神出鬼没、連続殺人の動機が曖昧、基本的に手際は良いが、ヒロインを手にかける時だけモタつく、なかなか死なない……スラッシャー系殺人鬼のお約束を揶揄した作品であることは重々承知の上で、そういう要素は見ていてとってもイラつくことを再確認しました。
次郎丸三郎さん [DVD(字幕)] 5点(2011-07-24 16:57:05)
180.地上波で何回かやっていたのを記憶しているが、最後までしっかりと観たことがなかったので、観てみることに。面白かったです。何かあると意識させるカメラワークは単純だけど、好き。2も観てみよう。
あるまーぬさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-22 01:21:37)
179.《ネタバレ》 今まで見たホラー映画の中でも最高でした。狂気性が凄まじく意外度も高い。また見たくなる作品。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-03-24 00:35:08)
178.《ネタバレ》 ドリューバリモア復帰作!ですよね?事実上。
Peccoさん [映画館(字幕)] 8点(2011-02-26 23:49:53)
177.これってほとんど「出オチ」に近いんじゃないでしょうか?ドリューの場面とそれ以降とで、演技、演出、スリル感など、すべてが違いすぎます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2011-01-13 02:41:04)
176.《ネタバレ》 この映画の何が良いって、『映画への愛』が惜しみなく詰まっている所でしょう。
作中には既存の愛すべきホラー、サスペンス、ミステリー映画のオマージュに溢れていて、
まさに「映画ファンの為に作られたホラー映画」だと思いました。

予定調和を逆手に取りつつ王道を行き、ドンデン返しも決して忘れない。
これに大変好感を持ちました。
絶妙な間の取り方、緊張感、適度なエログロ描写、王道の逃走パターンなど
「抑えるべきホラー映画のポイント」はしっかりと踏襲しています。
翻って、主人公の身体能力の高さや強さ、映画を引用したシニカルな台詞回しなど、
「観客目線の疑問や不満」を型破りな手法で魅せてくれます。
ゆえに、観客はより登場人物たちへ感情移入してしまい、自分の思考回路も撹乱されてしまうのでしょう。
巧いと言わざるを得ません。

また、バランス感覚に非常に優れています。
見慣れた光景から新しい世界へ誘われれば、胸が高鳴り、惹き込まれていくのは、
ごく自然の成り行きです。
そんな疑似体験をさせてくれたのがこの映画でしょう。

登場人物が個性的で、誰もが愛すべき存在であることも、大きな魅力の一つです。
主人公以外のキャラにスポットを当てると、大抵はその場面に必要性が感じられないのですが、
本作では当てたスポットが後々生かされ、且つその魅力もどんどん増してくるから不思議です。

何度観ても面白い、ホラー映画の王道作品です。
しかし、型破りなホラー映画と言えます。
これらは、私なりの最大級の賛辞です。
港のリョーコ横浜横須賀さん [DVD(字幕)] 9点(2010-12-08 13:19:50)(良:1票)
175.3作ともしっかり楽しませてくれた本シリーズ(マンネリ化の危険を冒してシリーズ化するのは、作品のメタレベルを引き上げるため。ホラーたるもの「シリーズでなくてはイケナイ」のです)、シリーズとしてちゃんと成功しているのだけど、やっぱりこの第1作が一番、そのインパクトたるや大きかったですよね。「イザという時に殺人鬼がやたらドン臭くなる点(ホーム・アローン並み)」まで含めて、ホラー映画を徹底的にコード化し、“マニア向け”を装いつつも、結局は万人を楽しませてくれる。秀逸なアイデアと、ホラーの魅力を知りつくした職人芸が、際立っています。 (※)ところで、先日BSで放送されてるのを観たら、残酷シーンにボカシが(!?)。地上波ではフツーに放送してなかったっけか。つい笑っちゃったけど違和感アリアリで感心しない。 (※)ところで、私が本作を観ていると、例によって途中でやってきた子供が、顔を引きつらせ「コワイ~消して~」と大騒ぎ。映画が終わるとホッとしたのか、何やら引き出しを物色した後、機嫌よく家の中を走り回っていたのですが……よく見ると何と、子供の手には、プラスチック製のペーパーナイフが(!笑?)。これは結構ウケました、勿論、しっかり注意しておきましたが。ああ、こんなコトだから、放送時にボカシが入れられちゃったりするのですね。すみません。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-11-03 05:34:14)
174.始まってすぐにドリュー・バリモアを殺すわ!その後も次々とナイフ一本で殺人の連続。ヘンリー・ウィンクラーまでも殺してしまう。恐るべし殺人鬼の映画ならではのお話でした。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-08-02 23:01:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 193人
平均点数 6.64点
000.00%
110.52%
221.04%
384.15%
4126.22%
52915.03%
62412.44%
75528.50%
83719.17%
9168.29%
1094.66%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.40点 Review5人
2 ストーリー評価 6.91点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.83点 Review12人
4 音楽評価 5.33点 Review9人
5 感泣評価 4.40点 Review5人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS