対話の可能性のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 対話の可能性
 > (レビュー・クチコミ)

対話の可能性

[タイワノカノウセイ]
Dimensions of Dialogue
(Moznosti dialogu)
1982年【チェコスロバキア】 上映時間:12分
平均点:5.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
アニメオムニバスバイオレンスショート(短編映画)
新規登録(2003-11-13)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2011-06-20)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヤン・シュヴァンクマイエル
脚本ヤン・シュヴァンクマイエル
その他ザジフィルムズ(提供/映画祭にて)
ユーロスペース(提供/映画祭にて)
レン・コーポレーション(提供/映画祭にて)
イメージフォーラム(劇場/映画祭にて)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 一本目のアニメーションが一番面白かった。アニメーション作成の手間を考えると眩暈がしてくる。
民朗さん [映画館(字幕)] 6点(2012-03-25 16:28:58)
7.《ネタバレ》 グロテスクな映像は、本作でも健在。
やはり苦手。
だけど、表現しようとしているものは伝わってくるし、表現方法の独自性などは秀でている。

それを考慮しても、やはり粘土のオッサン顔が、口から何やら吐き出したり、グチャグチャしたり、気色悪いにも程がある。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2011-05-01 16:26:08)
6.ヤンシュバンクマイエル展にて鑑賞。映画としての評価は6点です。が、これを芸術作品としてみると8点かな。
HAMEOさん [試写会(字幕)] 6点(2009-08-28 18:33:35)
5.《ネタバレ》 非常に斬新なのは認めますが、これを面白いと思えるかが難点です。2つめの泥人形対決が一番良かったかな。
マーク・ハントさん [インターネット(字幕)] 4点(2009-06-03 00:10:28)
4.もはや話し合いの余地はない。
TAKIさん [DVD(字幕)] 7点(2009-01-16 22:34:59)
3.まだヤン翁が無名だった頃、本作の日本初上映の時に身近なファンを誘って観に行って、全員が全員腰を抜かしました。当時の感想は「うあー!」しかない。 (詳細はブログにて)
エスねこさん [映画館(字幕)] 9点(2007-06-10 20:28:53)
2.《ネタバレ》 トレビアン!(笑)こういうアイディアを思い付いて、それをそのまま映像化できてしまうところがヤン・シュヴァンクマイエルという人の非凡なセンスを物語っていると思います。様々なパーツで作られた人の顔が相手を飲み込んではまた吐き出すという、反復動作と機械的な動きが印象的な「永遠の対話」。「情熱的な対話」は男女間の痴話喧嘩を見ているようで面白い。いつまで経ってもお互いの話が噛み合わない「不毛な対話」は日常でもよく見かけるような気がします。
かんたーたさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-05-20 22:46:41)
1.いろいろ考えながら見てもいいし、何も考えずに見てもいい映画だと思う。「不毛な対話」などは子どもが見てもそれなりに楽しめるのではないだろうか。
北海道日本ハム優勝さん 6点(2003-12-30 11:35:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 5.88点
000.00%
1112.50%
200.00%
300.00%
4112.50%
500.00%
6337.50%
7112.50%
8112.50%
9112.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 7.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 7.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS