Menu
 >
 >
 > トイ・ストーリー2

トイ・ストーリー2

Toy Story 2
1999年【米】 上映時間:92分
平均点: / 10(Review 183人) (点数分布表示)
アクションドラマコメディアドベンチャーファンタジーシリーズものファミリーCGアニメ
[トイストーリーツー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-30)【イニシャルK】さん
公開開始日(2000-03-11
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・ラセター
アッシュ・ブラノン
リー・アンクリッチ
トム・ハンクスウッディ
ティム・アレンバズ・ライトイヤー
ジョーン・キューザックジェシー
ケルシー・グラマープロスペクター
ドン・リックルズポテトヘッド
ジム・ヴァ-ニースリンキー
ウォーレス・ショーンレックス
ジョン・ラッツェンバーガーハム
アニー・ポッツボー
ウェイン・ナイトアル
ジョン・モリス[声]アンディ
ローリー・メトカーフアンディのママ
エステル・ハリスミセス・ポテトヘッド
ジョディ・ベンソンツアーガイド・バービー/その他バービー
ジョー・ランフトウィージー
アンドリュー・スタントンザーグ
R・リー・アーメイ軍曹
ジョナサン・ハリス修理屋
ジェフ・ピジョンエイリアン
メアリー・ケイ・バーグマンジェシー(ヨーデル時)
ロバート・グーレウィージー(歌唱時)
唐沢寿明ウッディ(日本語吹き替え版)
所ジョージバズ・ライトイヤー(日本語吹き替え版)
小林修プロスペクター(日本語吹き替え版)
名古屋章ポテトヘッド(日本語吹き替え版)
永井一郎スリンキー(日本語吹き替え版)
三ツ矢雄二レックス(日本語吹き替え版)
大塚周夫ハム(日本語吹き替え版)
戸田恵子ボー(日本語吹き替え版)
樋浦勉アル(日本語吹き替え版)
北尾亘アンディ(日本語吹き替え版)
小宮和枝アンディのママ(日本語吹き替え版)
楠トシエミセス・ポテトヘッド(日本語吹き替え版)
谷口節軍曹(日本語吹き替え版)
高橋理恵子ツアーガイド・バービー/その他バービー(日本語吹き替え版)
佐々木梅治修理屋/ザーグ(日本語吹き替え版)
佐古正人ウィージー(日本語吹き替え版)
桜井敏治エイリアン(日本語吹き替え版)
宮本充フリック(日本語吹き替え版)
島香裕ハイムリック(日本語吹き替え版)
石川悦子(日本語吹き替え版)
原作ジョン・ラセター(原案)
ピート・ドクター(原案)
アッシュ・ブラノン(原案)
アンドリュー・スタントン(原案)
脚本アンドリュー・スタントン
リタ・シャオ
ダグ・チャンバーリン〔脚本〕
クリス・ウェッブ[脚本]
音楽ランディ・ニューマン
主題歌ロバート・グーレ「君はともだち」(ウィージー・バージョン)
トム・スコット[音楽]「君はともだち」(インストゥルメンタル・バージョン)
撮影シャロン・キャラハン
製作ヘレン・プロトキン
カレン・ロバート・ジャクソン
製作総指揮サラ・マッカーサー
制作ピクサー・アニメーション・スタジオ
編集エディ・ブレイマン
デヴィッド・イアン・ソルター
リー・アンクリッチ
録音トム・マイヤーズ(録音)(サウンド・デザイナー)
井上秀司(日本語吹き替え版調整)
字幕翻訳石田泰子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
143.《ネタバレ》 魅力的な登場人物・・・いや登場おもちゃ、無駄のないスリリングな展開、もの悲しげな表情などなど完成度の高さに驚かされました。
前作は「陳腐化により飽きられるというおもちゃの宿命」、そして今回は「子供の成長とともに存在意義が薄れるおもちゃの宿命」というように一貫してぶれないテーマが根幹にあることが完成度の高さにつながっていると思います。よく「1」の人気にあやかり、とってつけたような「2」物がありますが、この作品はそうではありません。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 8点(2010-08-15 14:22:54)
142.《ネタバレ》 前作とは比べ物にならないくらい面白い。4年でCGのレベルも格段に向上し、前作を踏襲したキャラクター設定と、ふんだんに盛り込まれたパロディ描写、本編終了後のNG集まで、全く隙のない作り。玩具コレクターに誘拐されたウッディ救出作戦という燃える展開に、おもちゃと人間の関係性を描いた深いテーマ性。やがては飽きられ捨てられる運命かもしれないけれど、「それでも俺はアンディのおもちゃであり続ける」というウッディの誇り高さに涙を禁じ得ない。この調子で3も観るぞ!
フライボーイさん [DVD(吹替)] 8点(2010-08-15 09:50:52)
141.公開当時から観たいとは思っていたこの「2」・・・。
やっぱり完成度が高い。世界観が広がり、パロディを取り入れたりして飽きずに観ることができた。
eurekaさん [ビデオ(吹替)] 7点(2010-08-13 20:26:00)
140.《ネタバレ》 2回目の鑑賞だと思う。
内容をほとんど忘れてたけど、観たらやっぱり面白かったです。
大切な仲間のためなら絶対にあきらめない!というのがこの作品。
友情映画の良作であり、アニメだからこそ描けるこの友情の描写が魅力だと思います。
3作目を見た後に2作目を見るとさすがにCGの密度が低いのかなぁ、と思いますがそれが減点の対象にはなりません。
SF的な色合いが強くて何とも面白いです。
冒険とアクション性が高いのでワクワクします。
道路横断とかヤバいです。
うるさいカントリー娘も好きになってしまいました。
ブルズアイはディズニーのキャラクターらしさがあって良いです。
ただ、数々のウッディー・グッズには命が宿らないんですね。
1作目が好きな自分は初めてこの2作目を見たときに、バズライトイヤーが2人もいたのでなんだか複雑な感じでしたけど。
しかし1作目から良い感じに世界観が広がってます。
おもちゃにはおもちゃの世界がある、それを見事に描いたシリーズの2作目も面白かったです。


ゴシックヘッドさん [地上波(吹替)] 8点(2010-08-13 01:49:55)
139.冒頭シーン、とくにザーグがいいですね。点数がちょっと辛いのは、じゃじゃ馬のカウガール・ジェシーのキャラが苦手だからです。圧倒されちゃうんですよ、あのタイプには。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕)] 8点(2010-08-02 02:27:24)
138.今回の救出作戦は単独じゃなくてパーティ組んでパワーアップしてます。
登場するキャラクターも増えて賑やかですし、相変わらず楽しい。
前作でもバズがちょっと落ち込む切ないシーンがあったけど、今回はもっと深刻な問題提起もあり。
よく出来たシナリオ構成の良作に仕上がっていますね。
もとやさん [DVD(吹替)] 8点(2010-07-29 16:37:55)(良:1票)
137.《ネタバレ》 「3」を観てから再見すると、3への伏線を上手く張っていることが分かります。
プロスペクターが「アンディも大人になる」とウッディに忠告するシーン、ウッディがアンディが大人になることを分かって「今を楽しむしさ」とバズに言うシーン、NG集でプロスペクターがバービーに「3に出してあげるから」と口説くシーン(笑)などなど。
なによりもジェシーの回想は「忘れられたおもちゃは悲しい」というメッセージが込められている切ないシーンですが、この作品では「じゃあ僕たちおもちゃを持つ人間は、どうしたらいいの?」というところまで踏み込んではいません。
そしてその答えは3のラストで提示される。なんて素敵な布石!改めて
トイ・ストーリーという作品の素晴らしさを確認できました。
◆ちなみに一番好きなシーンはスターウォーズをパロったあげくに、偽バズがザーグお父さんと遊んでいるシーンです。可愛すぎる。
ヒナタカさん [CS・衛星(吹替)] 9点(2010-07-26 19:24:42)
136.素晴らしい出来。ベタといえばベタだが、実写作品でこのレベルに並ぶ物は少ない。
カウガールジェシーのエミリーとの思い出の回想シーンで流れる歌を聞きながら、
私は、自分の子供の頃の思い出と照らし合わせて、
「親への感謝の気持ちを忘れてはいけないなぁ」という気持ちが湧いてきて涙した。
幸志さん [地上波(吹替)] 9点(2010-07-26 04:23:45)
135.こちらも繰り返しみました、子供よりも好きかもしれません。よくできているストーリーです。夢があります、おもちゃよりも下手な画で描かれている人間たち、本作も引き続きおもちゃが主役です。3を早く見ないと!
HRM36さん [DVD(吹替)] 8点(2010-07-21 20:49:46)
134.ボクは子供心を忘れかけてしまっていたよ…久々にスカートめくりでもしにいくか!
くまさんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 9点(2010-07-14 01:03:35)(笑:1票)

133.1作目であれだけ完結していた物語を更に広げるピクサーは流石ですね。オモチャの幸せとは一体何なのか?この映画を見たら子ども達がオモチャを大切に扱う様になりそうですね。
民朗さん [映画館(吹替)] 7点(2010-07-08 23:58:20)
132.《ネタバレ》 前作ほどではないが、本当に良くできたアニメ。分かりやすい悪役がいるのが、前作に比べると陳腐だが、「玩具のアイデンティティ」に踏み込む展開は流石だ。「遊んでもらえてこその玩具!」というメッセージにはジンと来た。続編が楽しみになってきた。
枕流さん [DVD(字幕)] 6点(2010-07-04 20:08:12)
131.《ネタバレ》 前作に劣らぬ良作。今作でもウッディとバズによるコンビアクションが炸裂。前作に増してアクションシーンが痛快です。最後のNG集もウケる。笑いと涙があって大人でも充分楽しめると思います。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2010-05-07 02:06:11)
130.《ネタバレ》 1作目と同様、安心して楽しめる映画です。ホロっと切ないシーンもあり、笑えるシーンもあり。何と言っても玩具達が冒険する様子がとても面白いです。自分を玩具だと思っていない、勘違いしたバズは滑稽で面白いです。
VNTSさん [DVD(字幕)] 8点(2009-09-25 20:14:39)
129.《ネタバレ》 前作よりずっとできが良く、驚きました。おもちゃの細かい動きもさることながら、やがて大人になり、捨てられるであろう持ち主の子供のもとへ戻るか、一生スターとして博物館のケースの中に飾られるか、また、誘拐先で出会ったおもちゃの事情にも同情してほおっておくわけにもいかず、板ばさみにされたウッディーが葛藤して成長するストーリーの組み立てもなかなか良くできている。バズが、おもちゃという自覚が無くヒーローだと信じ込んでいる、昔の自分にそっくりなおもちゃ屋の別のバズ人形と向き合う場面もかわいい。父親の登場も笑える。前作の内容につながる部分が幾つもあるので、1・2と続けて観た方が絶対に良い。
爽やか林檎さん [インターネット(字幕)] 8点(2009-09-21 00:41:25)
128.2になってもやっぱりおもしろかったです。キャラクターにもより深みが増して。とにかく子供に観せるべき!!
HAMEOさん [映画館(字幕)] 6点(2009-08-17 16:05:09)
127.約10年前の作品だが見るのは今回が初めて。前作を見たのも10年以上前の話なのでちょっといまさら感があったし、ウッディーの窮地をバズが助けるという前作の逆をいくストーリーと知ってやや心配だったが、単純明快なストーリーで「スター・ウォーズ」や「ジュラシック・パーク」を意識したようなパロディーシーンとか笑える部分も多くとても面白かった。それでいて、忘れ去られて捨てられるおもちゃの悲哀が描かれているなどドラマ的な部分(ジェシーの回想シーンは見ていて悲しくなるし、ウッディーにプロスペクターがかける「大学や新婚旅行に一緒に連れて行ってもらえるか。」という言葉は妙なリアリティーがある。)がしっかりとしていて見ごたえ充分な続編。前作の細かなところをあまりよく覚えていないのだが、これはひょっとしたら前作を凌ぐ完成度の高さかもしれない。エンドロールで流れるNGシーンも楽しかった。そこに登場する「バグズ・ライフ」のキャラクターを見て、まだ「バグズ・ライフ」を見ていないことを思い出した。(見なきゃ。)この「トイ・ストーリー」も3が製作中らしいが、この続編を見たら思わず3が見たくなってしまうじゃないか。
イニシャルKさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2008-12-31 23:59:50)(良:1票)
126.1と同様に、上質の娯楽映画でした。始終微笑みっぱなしでした。
安定感があって、安心して見てられました。
タックスマン4さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2008-12-12 17:09:18)
125.《ネタバレ》 1では主人公らしからぬ態度で仲間からボロクソな扱いを受けてしまったウッディーは、相変わらず心の弱さを見せてくれますが、今作ではオモチャの仲間たちが協力してドタバタと活躍してくれるのが痛快。
 コメディセンスも磨かれ、2倍のバズや、ダースベイダーもどきとの間抜けすぎる対決のくだりはかなり笑わせてもらいました。ウッディーはヘタレ部分ばかりが印象に残り、あんまり活躍の印象がないけど、妙に人間くさいところが共感を呼ぶのでしょう。
 仲間も増えたし、続けて3も見たいと思わされるかなり出来の良い続編。
すべからさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2008-12-11 15:10:45)
124.面白かったです。良くできてますね。コメディとしても、アドベンチャーとしても、優等生的な出来でした。こんな映画が実写でできないものか、いつも考えてしまいます。残念なのは、対象年齢をあまりにも低く設定して作ってあるように思われることです。誰が見ても楽しめるとは思いますが、心に残る映画にはなっていませんでした。
shoukanさん [DVD(字幕)] 7点(2008-11-03 23:48:04)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 183人
平均点数 7.56点
000.00%
100.00%
200.00%
331.64%
410.55%
563.28%
62614.21%
74424.04%
86434.97%
92614.21%
10137.10%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.70点 Review10人
2 ストーリー評価 7.94点 Review17人
3 鑑賞後の後味 8.06点 Review15人
4 音楽評価 7.72点 Review11人
5 感泣評価 6.92点 Review14人

【アカデミー賞 情報】

1999年 72回
オリジナル主題歌ランディ・ニューマン候補(ノミネート)"When She Loved Me"

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS