コーリングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > コーリング
 > (レビュー・クチコミ)

コーリング

[コーリング]
Dragonfly
2002年【米・独】 上映時間:105分
平均点:5.67 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-05-31)
ドラマホラーラブストーリーファンタジー
新規登録(2003-11-23)【M・R・サイケデリコン】さん
タイトル情報更新(2022-05-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トム・シャドヤック
助監督ミッキー・ギルバート(第2班監督)
アラン・B・カーティス
演出ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストケヴィン・コスナー(男優)ジョー・ダロウ
ジョー・モートン(男優)ヒュー・キャンベル
ロン・リフキン(男優)チャーリー・ディキンソン
キャシー・ベイツ(女優)ミリアム・ベルモント
リサ・ベインズ(女優)フローラ
マット・クレイヴン(男優)エリック
レスリー・ホープ(女優)チャリシー・ダロウ
リンダ・ハント(女優)シスター・マデリーン
ジェイコブ・バルガス(男優)ヴィクター
津嘉山正種(日本語吹き替え版)
堀越真己(日本語吹き替え版)
伊藤和晃(日本語吹き替え版)
脚本デヴィッド・セルツァー
音楽ジョン・デブニー
編曲ブラッド・デクター(編曲スーパーバイザー)
ジョン・キュール(追加編集)
ジェフ・アトマジアン(追加編集)
ジョン・デブニー(ノンクレジット)
撮影ディーン・セムラー
ロバート・プレスリー(カメラ・オペレーター&ステディカム・オペレーター)
製作ロジャー・バーンバウム
トム・シャドヤック
マーク・ジョンソン
ゲイリー・バーバー
アラン・B・カーティス(製作補)
ユニバーサル・ピクチャーズ
製作総指揮ジェームズ・D・ブルベイカー
配給東宝東和
特殊メイクデヴィッド・ルロイ・アンダーソン
特撮ジョン・ファーハット(視覚効果スーパーバイザー)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
衣装ジュディ・L・ラスキン
編集ドン・ジマーマン
スタントデヴィッド・バレット[スタント]
その他ジョン・デブニー(指揮)
あらすじ
シカゴ記念病院のER部長ジョーと、同じ病院の小児がん科医エミリーは固く結ばれた夫婦だった。しかし、エミリーは、夫の反対を振り切り、子どもを身ごもったまま、エクアドルの赤十字活動に赴き、戦禍激しくなる中で、事故死してしまう。エミリーの死を信じられないジョーは、臨死体験の中でエミリーに出会ったという、エミリーの患者の子どもに出会う…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
42.《ネタバレ》  このストーリーだったら、余計なホラー演出は全体のバランスを崩してしまうのでは・・・。『シックス・センス』のように、ホラーとドラマの調和がとれたものもありますが、本来は両極端な別ジャンル。何でもかんでもミックスさせれば良いってものでも無いみたいですね。
 また、どーしても夫に子供のことを伝えたいのはわかりますが、そのために夫を臨死体験に導いちゃうっていうのはどうでしょう。ガイドの人が助けてくれなかったら夫は死んでいたかもしれません。子供は天涯孤独の身になります。それが、本当に『愛』だと言えるのでしょうか。
 とは言え、ラストのオチはまったく予想していないものだけに、『驚き&感動』で、鑑賞後の評価は高くならざるを得ません。
 伏線はいろいろ張ってあったのに、その伏線に後から気付く脚本・演出は、極めてレベルが高いと思います。
 いろんな意味で、ラストに救われた作品だと言えそうです。
 ラストがなければ、流行にのっただけの、主題不在の失敗作に終わったことでしょう。このラストで、一気に観る価値のあるドラマへと進化しています。最期に、娘と遊ぶシーンを入れてくれたのも、嬉しい心配りです。どこから見つけてきたか知りませんが、お母さんにそっくりな娘さんです。
 すごく良い映画だっただけに、せめて音楽だけでも違うのにしてくれたら良かったのに。
 最愛の人をなくし、悲しみに暮れるケビン・コスナーに深く共感していたわけです。
 それなのに、『子供が目ぇ見開いて起き上がる。』『窓の外に奥さんが立っている。』『死体に腕をつかまれる。』『片付けたものが全部もとの場所に戻される。』
 何かあるたびに、ハラハラドキドキ。いったいどういうスタンスで見れば正解だったのか、いまだつかめず。
 ホラー演出が邪魔だというたくさんのご意見に、深く同意です。
たきたてさん [DVD(字幕)] 8点(2016-05-21 15:11:05)
41.《ネタバレ》 全ての事柄において 論理的・科学的に考えてしまうのは あまりにも 狭いことだなぁ と考えてるクチなので  いわば このような現代科学では 説明できないこと は アリ だと   ラストはそうきたか!ちょっと予想外  でもいいじゃないですかロマンがあって(子どもは宝です)  ケヴィンとキャシー・ベイツの組み合わせもなかなかのものでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-10 07:28:59)
40.これは「ミステリー・ゾーン」の世界のお話でした。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-12-07 22:50:59)
39.《ネタバレ》 とてもハートウォーミングな話でした。ラストは遂に奥さんの遺体とご対面なのかと思いきや、まさかそういう風にくるとは・・・。不覚にもウルッときてしまいました。奥さんがあそこまで執拗にジョー(=ケヴィン・コスナー)にコンタクトを図ろうとしたのもあれでうなずけました。終わり良ければ全て良し、というわけではありませんが、少なくともこの映画においてはあのラストによって、それまでの不可解なところが自分の中で解消できました。良かったね、見つかって。

ストーリーは、赤十字で海外医療に従事する妻がある日事故で亡くなり、残された夫のジョーがその喪失感に苦しむのですが、やがて瀕死の状態から回復した患者から「あの世であなたの奥さんに会ったよ」と言われ、妻が彼らを通じて何を伝えようとしてるのかということを、ジョーが追いかけていきます。

この映画で思ったことは、合理化が進んでいくこの現代で、死者の声が聞こえるとかそういうものはナンセンスであり、そんなことを言ってるのは頭がおかしいと思われがちですが、個人的にはとても夢があり断片的にでもそういうことを信じて生きていくとこは大事なことなんだなということを思いました。この映画のような超常現象はおそらく起こりませんが、亡くなった人がどのように感じているかとか亡くなった時どのような気持ちだっただろうとか、そういったことに思いを巡らせることは、漠然とした観念ですがきっと生きていく上で大事なことなんだろうなあと思いました。

ご近所の弁護士のミリアムが、スティーブンキングの『ミザリー』だったのにビックリしました(笑)
TANTOさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-12-01 12:48:09)(良:1票)
38.伝えたいことがあるのに、何故あんな謎かけのような方法になるのか…? 奥さんのコミュニケーション手法がまどろっこしくて納得できなかった。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 4点(2008-08-17 23:11:26)
37.なんかなぁ。説得力不足の現象が多すぎですな。
わけわかんない演出で伸ばしすぎでしょうな。
別に演出をホラーにしなくてもよかったのでは?
シックスセンスの影響なのかな~。
突っ込みさん [DVD(字幕)] 3点(2007-11-10 17:38:48)(良:1票)
36.ケビン・コスナーちょっとちがうじゃーないかな?って感じ。
ジダンさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-10-26 19:10:32)
35.《ネタバレ》 複線に気づかずにラストで思わず感動してしまいました。でもホラー、ビックリ演出は皆さん言われるように邪魔でした。
かじちゃんパパさん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-26 15:07:18)
34.【RYOTA】さんが書かれてる様に、「良く考えれば特別意外なラストではない」。ちゃんと序盤に判り易い伏線が張ってある。しかし私も、鑑賞中はこの可能性に全く思いが至らなかったので、ラストは少し感動してしまいました。洗面所の自殺死体が起き上がっても「やられた」とは感じませんでしたけど、今回はやられました。演出上のミスディレクションが上手かったのでしょう。題材的に新味の無かったことが本作最大のネックですね。ところで私は原題の「トンボ」より、ややネタバレ気味ではあるものの、邦題の「呼びかけ」の方がずっと良いと思います。そういったことで、6点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-05-19 00:01:31)(良:1票)
33.必要性をまったく感じないホラー的演出がかなり邪魔です。主人公が行動に移るまでが長く、中だるみも感じる。尺をもう少し詰めるか、別のエピソードを織り込むなりすれば、もっと観れる映画になったような。惜しいとこです。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2006-05-16 15:36:20)(良:1票)
32.私はこの手は結構受け入れやすく、否定する気は全くありません。浪人時代に小林秀雄の「信じることと知ること」に接したからだと思います。この世には科学や合理性では説明できない何かがあるという事を受け入れるか否かで評価は分かれるでしょう。
東京50km圏道路地図さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-05-07 23:06:50)
31.《ネタバレ》 自分はなんとなく未知との遭遇を思い出しながら見ていました。主人公が見えない世界に対する信と不信に葛藤しながら亡き妻からのメッセージに応えていく主人公の心情がじっくりと描かれており見終わって静かに感動しました。 たしかに、静かな進行で、最近の映画としては展開が遅い感じがしましたが、それも主人公の心情をじっくりと味合うのには丁度良かったように思います。
ただ、邦題のコーリングでは自分は天職を見いだす人の話かと思っていました(笑)
しかせんべいさん [地上波(字幕)] 7点(2006-04-27 19:07:43)
30.限りなく6点に近い5点。「コーリング」を脅かし演出で見せることで物語の芯がぶれてしまったような気がする。生きている人間にとってはそのような超常現象は恐怖なのだろうが、それでもしつこすぎた。謎解きまでの過程もちょっとだらだらして退屈してしまいますね。こういうテーマはとても好きなのでちょっと残念です。
ロイ・ニアリーさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-04-25 23:40:54)(良:1票)
29.DVDパッケージからはとても怖そうな話のイメージを抱きましたが、そんなことは全然なかったですね。私と同様の勘違いをして敬遠している人にも是非観て欲しい、そんな良作でした。
kinouさん [DVD(字幕)] 8点(2006-03-19 23:41:40)
28.《ネタバレ》 ありえない話だが、あったらロマンティックだなあ。娘を見つけたのはいいが、どうやって出生届を出したのか知りたいところだ。一人で赤ん坊を育てて奮闘しているシーンを、3秒でもいいから見せて欲しかった。それがあったら大泣きしたかも。奥さんは怖いもの知らずの女だったから、仕方ない。
パブロン中毒さん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-16 22:47:53)
27.ケビン・コスナー主演映画にはずっと裏切られ続けてきたが
久々に良作に出会えたと思う。
皆さんが指摘するとおり、「サイン」や「プロフェシー」に類似した演出があったり
ラストまでを引っ張りすぎて中だるみしている感が拭えず
作品全体の出来としてはイマイチ。。。
しかししかし、それを全部打ち消してしまうほど胸がこみ上げてくるラスト!
よく考えれば特別意外なラストではないかもしれないが
観ていたときには全く予測でなかった。
とにかくラストシーンでは涙が止まらなかった・・・。
RYOTAさん [映画館(字幕)] 8点(2005-10-28 15:07:33)
26.もう少し高く評価したいのですが、なにぶん引っ張りすぎ。もう少しシンプルにまとめられなかったんでしょうか。こんな風にもたついた方が、ある意味「現実的」なのかもしれませんが… 話の筋書き的には好きです。出演者もそれぞれが熱演。もう少しスピード感があったらなぁ…
ぽこたさん [ビデオ(字幕)] 6点(2005-06-18 08:28:17)
25.悪い映画ではないんでしょうけど・・・超常現象的な話って個人的にイマイチ好きではないんです.はったりでも,こじつけでもいいから最後に「人間がしくんだ事」になってくれないと,何か煮え切らない.シックスセンスくらいまでいってくれれば別なんですが.
マー君さん 5点(2005-03-26 09:56:26)
24.《ネタバレ》 仕事はグダグダになり、友人達ともうまくいかず、警察沙汰にもなっちゃって。忘れようとしても、トンボの置物落としてみたりして忘れさせない。そんな事してまでも伝えたい事って一体何なの!単に「愛してた」とか「私がいなくても強く生きて」とかだったら、
怒るぞ!・・・なんて思いながら観てました。赤ちゃんがいたのね。そんなら納得。
とーこさん 6点(2005-01-20 23:45:08)(良:1票)
23.ケビン・コスナ-の熱演が強く心に響く! 信じることは愛することだ。改めて愛することの大切さを教わった。忘れかけていた『想い』を喚起させる、ドラマティックな傑作だ!←この映画を観ての、毒蝮三太夫のコメント
永遠さん 2点(2004-12-29 08:11:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 5.67点
000.00%
100.00%
224.76%
349.52%
449.52%
5614.29%
61023.81%
71228.57%
849.52%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.25点 Review4人
4 音楽評価 6.33点 Review3人
5 感泣評価 7.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS