容疑者(1987)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヨ行
 > 容疑者(1987)
 > (レビュー・クチコミ)

容疑者(1987)

[ヨウギシャ]
Suspect
1987年【米】 上映時間:122分
平均点:4.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷もの
新規登録(2003-12-03)【brass ring】さん
タイトル情報更新(2010-05-18)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ピーター・イエーツ
キャストシェール(女優)
デニス・クエイド(男優)
リーアム・ニーソン(男優)
ジョー・マンテーニャ(男優)
ジョン・マホーニー(男優)
フィリップ・ボスコ(男優)
マイケル・ビーチ(男優)
リチャード・ガント(男優)
ビリー・ウィリアムズ[撮影](男優)
ビル・コッブス(男優)
脚本エリック・ロス
音楽マイケル・ケイメン
撮影ビリー・ウィリアムズ[撮影]
配給コロムビア・ピクチャーズ
衣装リタ・ライアック
編集レイ・ラヴジョイ
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 この手の法廷ドラマは、弁護人と被疑者との関係を丁寧に描くのがセオリーかと思うんだけども。なぜかシェールとドラマを展開するのが陪審員のD・クエイド、リーアム・ニーソン放ったらかし。聾唖者にした設定もほとんど活きてない。デニス側の人間関係をやけに描き込むのも蛇足気味。票集めに女議員と関係を持つくだり、要ります?シェールを手伝う探偵も一瞬で消えちゃうし、同僚の弁護士ももっと何かしてくれるのかと思わせておいて特に何もなし。雰囲気ばかり出そうとして、人物の置き方、絡み方の配置が雑だという印象を受ける。判事が自ら弁護士を殺害に行くって、そもそも無理がありすぎじゃないでしょうか。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-08-29 00:30:47)
1.《ネタバレ》 シェールの顔は印象的だよなぁくらいしか印象に残らない映画。
序盤、容疑者に話が通じず判事が「容疑者に知能障害の可能性がある」と宣告。さらに国選弁護人に選ばれた主人公が容疑者と話すもやはり話が通じず「こんなの時間の無駄だわ!」とキレる。その夜、容疑者の資料を眺めていた主人公は「そうだったのね…」、とそこではじめて容疑者が聾唖者である事を知るわけですが…いやお前ら資料は先に読むとかしろよ、と。まぁそんな感じで結構杜撰でしかもぱっとしないストーリーが淡々と進む映画。結構微妙。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-11-17 15:46:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
42100.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS