真夜中のサバナのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 真夜中のサバナ
 > (レビュー・クチコミ)

真夜中のサバナ

[マヨナカノサバナ]
Midnight in the Garden of Good and Evil
1997年【米】 上映時間:155分
平均点:3.79 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-08-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
助監督ロバート・ロレンツ(第一助監督)
トム・ルーカー(第二助監督)
キャストジョン・キューザック(男優)ジョン・ケルソー
ケヴィン・スペイシー(男優)ジム・ウィリアムズ
ジャック・トンプソン(男優)ソニー・サイラー
イルマ・P・ホール(女優)ミネルバ
ジュード・ロウ(男優)ビリー・ハンソン
アリソン・イーストウッド(女優)マンディ・ニコルズ
キム・ハンター(女優)ベティ・ハーティ
ジェフリー・ルイス(男優)ルーサー・ドリッガーズ
レオン・リッピー(男優)ブーン
ボブ・ガントン(男優)フィンレイ・ラルジャン
マイケル・ローゼンバウム(男優)ジョージ・タッカー
アン・キューザック(女優)配達の女性
家中宏ジョン・ケルソー(日本語吹き替え版)
池田勝ジム・ウィリアムズ(日本語吹き替え版)
阪脩(日本語吹き替え版)
脚本ジョン・リー・ハンコック
音楽レニー・ニーハウス
撮影ジャック・N・グリーン〔撮影〕
スティーヴン・S・カンパネリ(カメラ・オペレーター)
製作クリント・イーストウッド
トム・ルーカー(共同製作)
ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
特撮ILM/Industrial Light & Magic(特殊視覚効果)
美術ヘンリー・バムステッド(プロダクション・デザイン)
リチャード・C・ゴダード(セット装飾:ロサンゼルス)
ジェームズ・J・ムラカミ(美術監督:サバナ)
衣装デボラ・ホッパー(衣装スーパーバイザー)
編集ジョエル・コックス〔編集〕
ゲイリー・ローチ(編集補)
字幕翻訳稲田嵯裕里
スタントジョージ・オリソン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 原作はアメリカではベストセラーのノン・フィクション小説なんだそうですが、映画化された本作はまったくノン・フィクションらしさがない、原作者が怒ったと言うのはそういう部分じゃないかと思います。この物語の主人公はサバナという町とそこに住む住人たちなのに、原作では第二部で語られてたケヴィン・スペイシーの裁判が映画ではメインに据えられているのでよくある法廷ミステリー映画になってしまったのが失敗でしょう。 サバナという所は、日本で言うと京都か金沢みたいな古都なんでしょうね。独自の文化を誇っている排他的な土地柄というわけです。そのサバナの実在の有名人であるレディー・シャブリなるオカマちゃんを出演させちゃったのが、やはり大失敗だったんじゃないでしょうか。だってスペイシーもキューザックも完全に喰われてしまってますもの、この素人に。 イーストウッドは真面目に丁寧に撮っているのは好感出来るのですが、この脚本ではどうしようもないところです。どうせベストセラーを映画化して原作者を怒らせるなら、『シャイニング』のキューブリックぐらい弾けて欲しいものです。そういう所はイーストウッドという人は固すぎるんだよなあ。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-08-17 22:20:07)
27.2008.11月鑑賞。イーストウッド監督の作品にしては・・。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-10 21:12:58)
26.ジョン・キューザックとケヴィン・スペイシーは別に誰が演じてもいいんじゃないか?と思えるような役所でした。キャラで言えばシャブリが際立ってた。気持ち悪いさ全開。サスペンスとしての展開はイマイチで見どころもない。この作品に関するイーストウッドは3流監督と批判されてもおかしくないぐらい本人の良さが出てない。明らかな失敗作。
関白宣言さん [映画館(字幕)] 4点(2010-05-28 14:14:31)
25.ジョン・キューザックとイーストウッドなんて全然合わないんじゃないかと思って見始めたら、まったくそのとおりでした。彼はやはり、ひねくれた役とか裏がある役とか性格が歪んでいる役とかの方が合ってますよ。ケビン・スペイシーもそれは同じ。そもそも、法廷サスペンスを軸にしようとしている割には突然わけのわからない描写があったりして、作品として何が表現したかったのかもよく分かりません。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-10-06 02:35:17)
24.キャストの割りにしょぼかった。
PADさん 4点(2004-10-13 15:07:07)
23.この作品の言わんとすることは「知らぬが仏」「言わぬが花」ということになるのでしょうか?素材を殺した料理は、大変もったいないように感じます。そんな作品の感想も、当然言わぬが花。
プミポンさん 3点(2004-09-12 04:29:58)
22.サバナって、綺麗な街ですね。行ってみたくなりました。
しまうまんさん 7点(2004-06-13 01:11:43)
21.《ネタバレ》 演技は濃~いしイーストウッドらしいんだけど、盛り上がるとこがなかったら・・・宝の持ち腐れですわ。ジュード・ロウも出てきたと思ったらすぐにあっさり死んじゃうし。っていうか、ウィリアムズはなんで死んだ?呪いかな。
M・R・サイケデリコンさん 2点(2004-05-20 17:50:50)
20.《ネタバレ》 ジョン・キューザックがとてもクールでした。ジュード・ロウにはちょっと驚いた・・・ラストのジムに対しての笑顔が印象的です。面白くはなかったが眠くならずに最後まで見れました。
マーク・ハントさん [地上波(字幕)] 4点(2004-05-15 16:40:39)
19.深夜に偶然やってるのを見た。暇で死にそうだった。もう見ない。バイバイ~!
ピルグリムさん 1点(2004-05-01 10:27:53)
18.アメリカの片田舎の楽しげなパーティーの雰囲気は伝わってきたがそこで繰り広げられるサスペンスが茶番だった。「真夜中のサバンナ ~アフリカ南部の熱帯夜~」として大自然ドキュメンタリー映画にしたらかなり魅力的だね。当然ジョン・キューザックはムツゴロウのポジション、吹替え版のナレーションは柳生博あたりでね。
スルフィスタさん 3点(2004-04-29 04:04:48)
17.主演と監督の名前でかなり期待して試写会に行ったのですが、途中で寝そうになりました。アメリカ南部の雰囲気はよく撮れていると思いますが。
あおみじゅんさん 4点(2003-12-11 17:32:59)
16.設定はなんだか面白そうだったけど、内容はあまりに淡白で何の盛り上がりもなかった。キャスト的にも曲者ぞろいで期待しただけに残念だった。
鉄腕麗人さん 2点(2003-11-18 11:42:40)
15.面白くなく、またそれがダラダラダラダラ永遠に続く。抑揚なく単調に進められるので、精神的なダメージがどんどん蓄積されていきます。最後はもうフラフラメロメロのグロッキー状態。唯一救いだったのはシャブリの急患シーンかな。笑えました。
tantanさん 2点(2003-11-13 00:28:06)
14.ちょっと面白みに欠けるけど、あの淡々としたような薄まったような感じ、なぜか好きです。一応サスペンスなんだろうけど(サスペンスとしてはどうかと思う)ゆったりした空気が流れていて気分良く見れました。サバナというちょっと特殊な街でのあれこれの特殊な出来事に驚く主人公、ジョン・キューザックは適役と思います。レディ・シャブリはその名前以上に凄かったですね。サバナの名物?
queequegさん 7点(2003-10-04 18:33:24)
13.ケビン・スペイシーの気障ったらしい所がよかった!でも愛人役のキャラクターが好きでなかったなぁ~。もっとミステリアスな感じにしてくれたら良かったんだけど。どうしてあんな薄っぺらな感じになっちゃったんでしょう??いろいろ要素を盛り込みたいという意気込みが空回りした感じなんでしょうかね(呪術師だしたり架空の犬を散歩させたり)でも「レディ・シャブリ」はすごくイイ味出しててよかったですね!笑えました!ただ、作品としては、友達に薦められない・・・。
まーささん 3点(2003-09-22 01:29:32)
12.ブルジョア階級の町、怪しげな住人達、意味ありげな小道具、ワクワクした割には大したことないラスト。ある意味ショッキング。
亜流派 十五郎さん 3点(2003-09-15 00:18:58)
11. 監督に専念したイーストウッド作品なんだが…犯罪サスペンスでもなし、コメディでもなし、何とも掴み所のない不可思議な映画ではあった。ブードゥー教のバアさんがチョット面白いくらいでキューザックもスペイシーも木偶の坊過ぎてメリハリに欠けるのが致命的。まぁ5点。
へちょちょさん 5点(2003-08-10 17:58:25)
10.テレビで途中から見た。殺された愛人役はさすがにイケメン使ってる、ちょっとジュード・ロウみたいじゃん、と思ったら本当にジュード・ロウだった。このビデオ探したときはなかったんだ。将来ジュード・ロウが重厚な役者になった時、若い時は顔を生かしてこんなチンピラ役やってたんだよ、と珍品として価値が出るであろう。
クーリンチェさん 4点(2003-06-22 02:45:30)
9.アメリカ南部のサバナ(サバンナの方が正しいと思うけど…)が持っている、独特の頽廃感と妖しさが、とても良く表現されている。決して悪い映画じゃないと思うんだけど、ちょっとケビン・スペイシーの主人公に、いかがわしさが足りなかったかな。それと、やはり後半の裁判シーンがダレるのはイカンです。イーストウッド監督には、こういうスクエアな場面の演出が合わないのかも…。もっとも、どんな監督が撮っていても、裁判のシーンなんてたいていタイクツなんだけどね。やはりイーストウッドは、出演もしてくれなきゃ寂しいよぉ。
やましんの巻さん 6点(2003-06-06 13:21:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 3.79点
000.00%
127.14%
2621.43%
3621.43%
4517.86%
5310.71%
6310.71%
7310.71%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 6.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS