ワンダーランド駅でのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ワ行
 > ワンダーランド駅で
 > (レビュー・クチコミ)

ワンダーランド駅で

[ワンダーランドエキデ]
Next Stop, Wonderland
1998年【米】
平均点:6.84 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-12-18)
ドラマラブストーリーロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2008-03-22)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブラッド・アンダーソン〔監督〕
キャストホープ・デイヴィス(女優)エリン・キャスルトン
フィリップ・シーモア・ホフマン(男優)ショーン
キャリー・ソーン(女優)クリケット
アラン・ゲルファント(男優)アラン・モンティエロ
ホーランド・テイラー(女優)パイパー・キャスルトン
ジェイソン・ルイス〔1971生〕(男優)ローリー
ロバート・クライン(男優)アーティ・レッサー
ヴィクター・アーゴ(男優)フランク
ポール・ワグナー(男優)ボブ
カーラ・ブオノ(女優)ジュリー
リン・ヴァウス(男優)ダリル
ホセ・ズニーガ(男優)アンドレ・デ・シルヴァ
原作ブラッド・アンダーソン〔監督〕
脚本ブラッド・アンダーソン〔監督〕
リン・ヴァウス
音楽クラウディオ・ラガッツィ
挿入曲アントニオ・カルロス・ジョビン
製作ミッチェル・ロビンズ
レイチェル・ホロヴィッツ(共同製作)
ローラ・ベルニエリ(共同製作)
配給アスミック・エース
編集ブラッド・アンダーソン〔監督〕
字幕翻訳松浦美奈
あらすじ
アメリカ・マサチューセッツ州のボストン。29歳の看護婦・エリンは、夜勤明けで帰宅すると、いきなり恋人の活動家・ショーンに一方的に振られる。ある日、奔放な恋愛を謳歌する母が勝手に新聞に掲載した、自分の恋人募集広告にアクセスしてみると、そこには64件にも上る男性からのアプローチがあった。一方、35歳になる配管工・アランは、ギャンブル中毒の父親の借金と、通い始めた大学の学費のために仕事を続ける傍ら、水族館でダイバーのボランティアをしている。そんなある日、金貸しのフランクからある不穏な頼み事をされるが。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.《ネタバレ》 青いトーンで統一された映像。アメリカ東海岸のまるでヨーロッパのような知的な風景。自己主張せず物語に静かに寄り添うボサノヴァ。もちろん幸せを予感させる結末も、全てがかなりお気に入りの一本。映画全体に漂うしっとりとした情感もとても心地よくて、雨が降る日曜の午後、軽くお酒と一緒に観るにはピッタリだ。登場人物たちもね、いい感じなんです。有名どころが出演していないので、全員の存在が近くて親近感があってあまり映画を観ている気がしません。たぶん、この年齢になっても結婚できない(しない)男たちに自分自身を観ているようで安心するのでしょう(笑)。約1名、少ない出番ながら存在感抜群のフィリップ・S・ホフマンだけは例外で、これは本人役(himself)で彼の私生活と思うことにしてる。実は本作を観て以降、代わり映えしない退屈な日々も、運命の人が待つ夢の終着駅(ワンダーランド)までの単なる通過点、と思えるようになった。数多くの映画を観てきて、自分の心境にピタリとはまる映画に出会うこと。それはとても幸せなこと。男と女が多くと出会いすれ違い生きてきて、いつしかピタリとはまる運命の人にめぐり逢うこと。それはとてもとても幸せなこと。
タケノコさん [DVD(字幕)] 10点(2017-04-04 23:05:16)
42.《ネタバレ》  予備知識なしで観ると、いったいどーゆードラマなのかが最初はわかりにくいです。その上、やたらと人のアップが早いスピードで切り替わるので、観ていて疲れます。
 中心人物が二人。エリンとアラン。要はこの二人が出会うまでのすれ違い、行き違い、それぞれのエピソードを噛みしめて楽しむ物語。最初わかんなかったです。
 二人が出会うまで長かったなー。『やっと出会った!』と思ったら映画が終わりますからね。なるほど、そーゆーことですか。出会うまでのストーリーを楽しむもんだと知っていれば、もう少し違う見方で鑑賞できたかもしれません。今作については、事前にストーリー設定を知っておいたほうが良いかもしれないですね。
 いずれにせよ、今作は脇役のキャラ設定、1つ1つのエピソード、そのどれもが中途半端な印象です。自然な日常、自然な社会を撮りたかったのかもしれませんが、自然すぎてつまらないです。どこにでもいそうな人たちのどこにでもありそうな日常を、ありふれた会話で延々と見せられても面白いわけがないと思うのですが、いかがでしょう?
 ただ中盤から終盤にかけては、物語が面白くなります。二人の結末が気になります。音楽もなかなか良いです。ハッピーエンドなので、観終わった後の後味は清々しくて、悪くないです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2014-11-23 10:07:48)
41.惜しい、次~は~ワンダーランド~(駅)、だからワンダーランドに行くまでが大事なんですよね、ワンダーランド駅で、じゃなくて。感想はといえば、ときめく前のちょっと歯がゆい感じかな、物足りないです。兄の顔がしつこすぎなのかな(笑)、医者で詩人だった父が大好きでプライドが高すぎる女も吹っ切れず好きになれないのが原因かも、もう少しフィリップ・シーモアにがんばってほしかった。。。
HRM36さん [DVD(字幕)] 6点(2013-05-08 12:41:53)
40.映画全体の雰囲気がとてもよく、ぐいぐいと引き込まれた。ところどころにちりばめられたユーモアもクスリと笑わせてくれるし、なにより展開が心地よい。
lalalaさん [DVD(字幕)] 8点(2010-03-27 01:57:23)
39.《ネタバレ》 冒頭の掴みはとても良かった。「一人が好きなの。寂しいオンナと思わないで」とか言うスタンスの割りに男漁りをしまくるエリンさんの行動力に脱帽。話は少し散漫な気がした。
名言らしきものが散らばっているが、どうも心に響かない。でも、彼女が一番言われたかったのは元夫の「君は変わる必要がない」って言葉だったんだと思う。そのシーンが一番良かった。アラン君と相性いいとは思えないけどなぁ。
すべからさん [DVD(字幕)] 6点(2010-01-23 15:20:34)
38.発想がとても面白いと思いました。もっといっぱいニアミスがあってハラハラするようなコメディでもよかったですが、ほろ苦いボサノヴァ風なところがミソなんでしょう。彼女のツンデレっぷりもいいなぁ。
色鉛筆さん [インターネット(字幕)] 6点(2008-11-29 23:14:40)
37.普通のラブコメじゃないところがいいですね
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-08-21 16:38:48)
36.自分勝手なエリンのママ、悩めるアラン、不機嫌なエリン、可愛いハリセンボンのパフ、全部がMIXされるとこんなにも心地いいのね。
mimiさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-07-29 17:01:18)
35.しゃれた映画ですよね。ボサノバと海の景色や水族館。主人公2人を取り巻く恋愛と出来事がテンポ良く進んで行って、このまま2人は出会うことがなく終わるのかなと思ったら鮮やかに小粋な出会いが待っていて、いい意味で裏切られたというか心温まる感じ
でした。 女性が混雑した電車の中でめまいを起こしたり、担当の患者に一杯誘われて夜勤明けのバーで口説かれている中、周りを見渡して猛烈な孤独感を抱いて泣き出しそうになる場面など、本当にキュートな心の中を描いていて秀逸です。 観ていて心が浄化されるような、心地よく癒されていくような映画でした。

たくみさん [DVD(字幕)] 7点(2007-07-16 16:55:14)
34.一言で言えばラブコメなんでしょうけど笑いのセンスが上品でいいですね。全体的な物語の流れやトーンもすごく好きなんですが、最終的に2人の出会いが弱くないか?出会うべき人とは何もしなくとも自然と出会う、ビビビッと来たらああなっちゃうのか?
亜流派 十五郎さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-01-19 00:12:48)
33.今までにはない恋愛モノだったように思います。だって、二人が出会うまでを映画にするなんて。。ちょっとじれったい感じもしましたが、久しぶりに純粋な恋愛がしたいなぁって思えました。また、「二人がどう出会ったかよりも、それからどうしていくかが問題なのよ」って素敵なセリフに感動です☆
キャラメルりんごさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-02 14:55:27)
32.《ネタバレ》 いつも仏頂面で、自分の身の丈に合う安らぎをなかなか見つけられないエリン。とっても美人なのに、寂しげで満たされない感じがよく表現されていたと思う。29歳って、若くもなく成熟までも行かず本当に微妙な年齢だ。余分な悩みも抱え込みがちな雰囲気をホープ・デイビスが好演していた。「いい男は少ない…」と同僚に話をしていたけれど、ゲイの同僚が「プロセスより出逢った後どうなっていくかが大切」の言葉のほうが私としては頷けるな。だから男女が出逢ったところで映画が終わるっていうのがなんとも歯がゆい。彼女は運命の存在について頑なに反対意見を述べていたけれど、ラストはやっぱり運命なんだろうか?いきなり花が咲くような満面の笑みに驚いた。ボッサと海と多少お洒落な画も手伝って、全体的にオトナ向きな雰囲気の映画。
のはらさん [DVD(字幕)] 7点(2005-07-30 12:46:07)(良:1票)
31. 初めに角川文庫版を読んで気に入り、それからようやく見つけた字幕版ビデオをレンタルして観ました。原作 (ノベライズ版) と映画版となると、どちらかがイマイチというものが多い中で、この映画は例外で、双方がお互いの良さや美しさを損なうことなく、引き立てていると思います。

 映画版では、何と言っても全篇に渡って要所で流れるボサノバが、素晴らしい効果を挙げています。ボストンを舞台にしたストーリーで、その中心になるのは地下鉄の各駅 (特に、空港駅とワンダーランド駅) やアイリッシュパブ、水族館、そしてワンダーランド駅近くの海辺など。ボストンに行って、ロケ地巡りをしたくなってしまいます。後に、CDショップでサントラ盤を見つけた時も、「即買い」でした。
Harpo=ひろしХирошиさん [ビデオ(字幕)] 10点(2005-07-02 19:30:00)
30.劇中に溢れるボッサ 嫌味でなく 町や会話と溶け合い。非常に気持ちのいい映画でした。恋に飢えてるのか?なんか気分的にピッタリきました。日常のようで自然体な所もよかったです!!!
レスマッキャン・KSKさん [地上波(字幕)] 8点(2005-06-10 05:23:03)
29.以前見たときには二人の出会いが予定調和ぽくってピンと来なかったけど、作中にゲイの看護士さんが行っている通り、「どう出会うかは問題じゃなく、その後の2人の関係をどうやって続けるかが大事なんだ」と思ったら、あまり気にならなくなってしまいました。そしてこの作品は仕事や恋愛で挫折の一つ二つ経験した後に改めて見直してみると、なかなか沁みる映画ですね(笑)。特に「君を変えることができなかった!」という捨て台詞を残して去ったかつての恋人が、再びErinの前に現れ、「君は変わる必要なんてなかったんだ」と語る場面が印象的かな。そして、理想の相手を探すのって、同時に自分がどういう人間なのかを捉え直す作業なのかもしれません。ネガティブ・スパイラルにはまり込んだ自分に、「そのままで良いんだよ」と言ってくれているような作品です。
マイケルさん 8点(2005-01-13 16:22:02)(良:2票)
28.《ネタバレ》 二人の出会った電車内で「Next,Wonderland.」ってアナウンスがあるわけですよ。もちろん次の停車駅を言ってるだけなんですが、明らかに二重の意味を持たされてます。この二重の意味を持ったアナウンスというアイデアが成立してる時点で、僕は兜を脱ぎました。やられました。ロマンチックじゃないですか! ←しかも主役の男女のやり取りとは別の所でロマンチックさをアピールしてるのが心憎い。「Next,Brazil.」じゃなくて本当に良かった。もちろん、他にもいいところはいっぱいありますよ。いい年して、自分の好きな勉強に打ち込んでいる元配管工とか、自分の孤独とうまく付き合えない看護婦さんとか。でもとりあえず、日本の鉄道会社も夢のある駅名をつけてくんないかなと。これが一番の感想です。
wunderlichさん 8点(2004-12-06 19:14:28)(良:1票)
27.BGMの効果なのか、常に潮の香りがただよっていて気持ちいい。ホープデイビスの気高さがよく合ってる。かなり自己中だけど魅力的。実は寂しい独身女性って知りあいにも結構いるし、なんか妙に可笑しかった。
ぷりんぐるしゅさん 6点(2004-05-04 15:49:55)
26.ヴォサノヴァが好きなので何となく見たまで。
kasumiさん 5点(2004-03-30 01:02:12)
25.ストーリーはいたってふつう。この映画で
1番印象に残っているのが、「女は男を選べる・・・」
たしかに・・・
ボビーさん 7点(2004-03-08 18:01:34)
24.少しドキュメンタリーのような撮り方をしているせいか、登場人物の会話がとても自然な感じです。物語に退屈することなく最後まで心地よく観られました。運命に導かれた出会いなんてあるのかなと疑いながらもその人を捜し求め続けるエリンの気持ちがよく伝わってきました。アランといつ出会うのかが観ている者を惹きつけるわけですが、わたしはこの二人が出会って交際を始めても性格や暮らしぶりから見てうまくいくとは思えません。エリンにはブラジル男か他の誰かの方が良かったかも。エリンがカフェで突然息苦しくなったのとブラジル男と抱擁までするまでになった気持ちの変化の理由がやや描き足りなかったように思います。空港直前で偶然出会ったアランについていく、ここがいいところなんですがここも理由付けが弱かったかなあ。
WEB職人さん 6点(2004-01-18 12:44:37)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 6.84点
000.00%
100.00%
212.33%
312.33%
412.33%
536.98%
61125.58%
71227.91%
8920.93%
924.65%
1036.98%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 8.33点 Review3人
4 音楽評価 8.33点 Review3人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS