走らなあかん 夜明けまでのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 走らなあかん 夜明けまで
 > (レビュー・クチコミ)

走らなあかん 夜明けまで

[ハシラナアカンヨアケマデ]
1996年【日】
平均点:3.83 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマコメディヤクザ・マフィアハードボイルド小説の映画化
新規登録(2003-12-27)【長尾 景虎】さん
タイトル情報更新(2015-12-16)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督萩庭貞明
キャスト萩原聖人(男優)坂田勇吉
世良公則(男優)金倉健一
夏八木勲(男優)堀河幸三郎
大森嘉之(男優)大山三治
石倉英彦(男優)唐山
片桐竜次(男優)刑事
國村隼(男優)秋津
大塚寧々(女優)橋崎真弓
原作大沢在昌
音楽梅林茂
製作読売テレビ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 原作の大沢在昌さんと主演の萩原聖人さん、どちらもとても好きなんだけど、なんだか妙なヤクザ映画(?)みたいになっていた。しかも主人公は少し気弱。舞台が大阪なのは、ヤクザがメインだから??クライマックスの、腕から鍵を盗むシーンで、昔のおもちゃを思い出した…。なんだっけ…ブルドッグから骨を盗むやつ。
揺香さん 6点(2004-07-08 16:21:56)
5.話は二転三転、それなりに緊張感を持って最後まで引っ張っている辺りは上手いと思う。
大阪やくざの理不尽さを少しコミカルに描いてるのは有り勝ちな流れとも言えるが、かたぎの関東人を通して描くことでコテコテの謗りを免れようとしている感じだろうか。
作品全体の雰囲気としてはB級なのだが、それなりの役者を揃えているので、ちょっと期待してしまう。
でも、やっぱりB級なのに違いはないので、あんまり期待しないで暇潰し程度に見るといいかもです。
もとやさん [地上波(邦画)] 5点(2004-05-30 13:14:38)
4.《ネタバレ》 萩原が逃げるヤクザが追いかける。世良が助けるでも・・・・
ボバンさん 6点(2004-05-30 03:37:11)
3.大塚寧々のケバさに時代を感じる・・・え!そんな昔じゃないの?ん~じゃあ、あのケバさに怖さを感じる・・・正直言うとケバいしか残ってない。
モチキチさん 2点(2004-03-16 02:38:52)
2.スキー合宿に行く途中、バスの中で見た。結局、萩原聖人は道化師やったのね。ヤーさんに踊らされてただけなのね。大塚寧々が何故大阪弁なのかはさておき、私にはVシネは不向きってことで。
たまごくんさん 0点(2004-03-03 03:32:28)
1.《ネタバレ》 サラリーマンの萩原聖人が、間違ってヤクザの荷物を受け取ってしまい次々とトラブルに巻き込まれるというだけの話だった。
長尾 景虎さん 4点(2004-02-25 15:30:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 3.83点
0116.67%
100.00%
2116.67%
300.00%
4116.67%
5116.67%
6233.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 2.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS