天使にラブ・ソングを2のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 天使にラブ・ソングを2
 > (レビュー・クチコミ)

天使にラブ・ソングを2

[テンシニラブソングヲツー]
SISTER ACT 2: BACK IN THE HABIT
1993年【米】 上映時間:107分
平均点:7.29 / 10(Review 188人) (点数分布表示)
公開開始日(1994-06-11)
ドラマコメディシリーズもの青春もの学園もの音楽もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-03-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ビル・デューク
助監督ダン・ペリ〔タイトル〕(第二班監督)
演出木村絵理子(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
キャストウーピー・ゴールドバーグ(女優)デロリス・ヴァン・カルティエ(シスタ-・メアリ-・クラレンス)
マギー・スミス(女優)修道院長
キャシー・ナジミー(女優)シスター・メアリー・パトリック
ウェンディ・マッケナ(女優)シスター・メアリー・ロバート
メアリー・ウィックス(女優)シスター・メアリー・ラザルス
バーナード・ヒューズ(男優)モリス神父
ジェームズ・コバーン(男優)クリスプ理事長
マイケル・ジェッター(男優)イグナティウス神父
ローリン・ヒル(女優)リタ
アラナ・ユーバック(女優)マリア
ライアン・トビー(男優)アマール
ロン・ジョンソン[1956年生](男優)スケッチ
ジェニファー・ラヴ・ヒューイット(女優)マーガレット
タニア・ブラント(女優)ターニャ
ヴァレリア・アンドリュース(女優)ヴァレリア
ロバート・パストレッリ(男優)ジョーイ
エレン・アルベルティーニ・ダウ(女優)聖歌隊の修道女
京田尚子修道院長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
信沢三恵子シスター・メアリー・パトリック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
納谷悟朗モリス神父(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝トーマス神父(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林清志クリスプ理事長(日本語吹き替え版【VHS/DVD/日本テレビ】)
安西正弘イグナティウス神父(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
安原義人ウォルフガング神父(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木望(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村晃子デロリス・ヴァン・カルティエ(シスタ-・メアリ-・クラレンス)(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
藤波京子修道院長(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
さとうあいシスター・メアリー・パトリック(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
矢島晶子シスター・メアリー・ロバート(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
村松康雄モリス神父(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
納谷六朗イグナティウス神父(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
稲葉実トーマス神父(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高山みなみリタ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
石田彰アマール(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
高木渉スケッチ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
篠原恵美マーガレット(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
森川智之フランケイ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
松本梨香マリア(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
島香裕司会者(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
野沢由香里(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
脚本ジェームズ・オア
音楽マイルズ・グッドマン
マーク・シェイマン(音楽監督&音楽プロデューサー)
マーヴィン・ウォーレン(追加音楽)
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン"Joyful, joyful"/"Ode to Joy"
主題歌ウーピー・ゴールドバーグ"Ain't No Mountain High Enough"
挿入曲ウーピー・ゴールドバーグ"The Greatest Medley Ever Told" 他多数
ローリン・ヒル"His Eye Is On The Sparrow","Joyful, Joyful"
タニア・ブラント"His Eye Is On The Sparrow"
ライアン・トビー"Oh Happy Day","Pay Attention","Joyful, Joyful"
ヴァレリア・アンドリュース"Pay Attention"
ロン・ジョンソン[1956年生]"Joyful, Joyful"
撮影オリヴァー・ウッド〔撮影〕
製作スコット・ルーディン
マーク・シェイマン(製作補)
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮ローレンス・マーク
マリオ・イスコヴィッチ
配給ブエナビスタ
美術ダン・ペリ〔タイトル〕(タイトル・デザイン)
編集スチュアート・H・パップ
ペンブローク・J・ヘリング
ジョン・カーター〔編集〕
字幕翻訳稲田嵯裕里
スタントパット・ロマノ
その他ポール・モエン(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
188.《ネタバレ》 普通に名作。
話は前作と同じだけど今度の舞台は学校で教える相手はその生徒という違いはある。
歌が良いので聞いてて楽しい。
前作を見たのが一昨日なので話が被ってストーリー自体はあまり楽しめなかった。
Dry-manさん [インターネット(吹替)] 6点(2020-12-31 15:11:24)
187.《ネタバレ》 シリーズ第2作。1作目を見てから一週間ほどで本作を見たが、実はちゃんと見るのがこれが初めてだということに見ている途中で気がついた。それはともかく、前作とは逆に修道院側がデロリスに助けを求める冒頭からまあ続編だとそういう展開になるわなという感じなのだが、前作と違ってデロリスの母校である高校を舞台にしたことで、前作と少し毛色の違う映画になった印象でストーリー自体はまあ悪くないと思うし、史上初めて続編映画の監督をアフリカ系アメリカ人が手がけた意味で歴史的な映画でもあるらしく、そのためか立場や差別などにも重くならない程度にふれているなどちょっとした社会的側面も出ていて、そのあたりは興味深く見ることができた。しかし、前作に比べると別にシスターでなくても、デロリスでなくても成立するような感じが否めないし、素行の悪い生徒たちがデロリスによって変わっていくという本作要の部分もドラマとしてあっさりしすぎているように感じてしまってかなりの物足りなさが残るし、生徒の一人であるリタ(ローリン・ヒル)の音楽活動に反対している母親が最後に彼女を認めるという展開も見ていて容易に予想がつき、安心して見られる反面、予定調和な感じも強かった。さっきも書いたようにストーリー自体は決して悪くはなく、単品として見た場合はそこそこだと思うものの、やはりシリーズものの2作目として見てしまうと前作ほどの面白みは感じないという典型的な続編の感想になってしまうのは仕方のないところか。でも、成功したいなら周りをよく見てという言葉は胸に残るし、主要登場人物たちがバックで歌うエンドロールも良かった。(このエンドロール、たぶん民放のテレビ放送ではカットされる部分なんだろうなあ。なんか惜しい。)
イニシャルKさん [DVD(字幕)] 6点(2020-12-17 23:57:54)(良:1票)
186.高校生のパワフルさと揺れ動く心に、キュンとしました。
黒人監督らしく、立場など丁寧に表現出来ていた。

今観るとおとなしいく感じるが、公開当時は時代に乗ってパワーがあったのかも。
声量ある歌声に感動。
たんぽぽさん [DVD(字幕)] 7点(2020-03-07 15:55:10)
185.1作目に比べて取ってつけたようなストーリー。音楽のノリが体には響くけど心にはイマイチ。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-01-13 21:57:06)
184.音楽と学園と、定番な作りの映画。
悪くはないが、思ったよりもスンナリと進むストーリーだった。シスターである意味がどこまであるのか疑問だが、設定として悪くはないか。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2016-07-30 22:36:38)
183.「シスターでなければ」という要素が前作より希薄で、物語にパワーが欠けます。一応「聖歌隊」というワードが出たり、前作のシスターたちが出てはいますが、果たして態度の悪い生徒たちを改心させるのに本当にウーピーでなければいけなかったのか、かつて聖歌を大衆曲にアレンジしローマ法王までひきつけたあのウーピーが指導するからこそ生まれる面白味はあったのか、というね。「シスターでなければ」というより「ウーピーでなければ」ですかね。結局音楽で生徒たちの心が開くのなら、音楽に情熱のある人なら主役は誰でもよかったんじゃないの、という気がします。生徒たちを手なずけるのも意外とあっさりで、歯ごたえに欠けるところも。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-10-02 00:35:32)
182.《ネタバレ》 続編でも相変わらずエネルギッシュで元気な歌声。少年少女たちを突き動かす歌のエネルギー。
パワフルな歌はいつまでも聞いていたい。

落ちこぼれた少年少女たち、ただ彼らには貧乏でも負けない、見返してやるんだというハングリーハートがある。その魂と歌は共鳴する・・・そんな映画。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 8点(2014-12-11 08:03:25)
181.中学生のときに見た記憶を頼りに採点。
案外面白かった。
miumichimiaさん [DVD(吹替)] 6点(2014-08-31 19:18:11)
180.《ネタバレ》 個人的に思い入れがある作品。何といっても「Joyful,joyful」からエンディングまでの一連の流れと曲が素晴らしい。ただ本作の欠点はコンクールの結果がネタバレ無しでも誰でも予想できちゃうというところ。最後にコンクールを持ってきた時点でまあ仕方ない気もしますが、そりゃ主人公サイドが5位とかなわけないもんなぁ・・・となっちゃうわけで。あと「2」であることのデメリットとして、若干ストーリー運びが強引であったりキャラより設定が先になっちゃってたりシリアス度が高めだったり、続きものだけに前作との比較でマイナスに感じてしまいます。
 ところでTV版ではだいたいEDがカットされていますが、それはいかんでしょう。EDの分の時間を本編から削っても良いからEDは入れていただきたい。そのくらい良いEDだと思います。トーマス神父はじめじいちゃん神父ばあちゃんシスターのあの活き活きとした姿を見ろやこのやろー!と言いたくなりますね。
53羽の孔雀さん [DVD(字幕)] 7点(2014-02-23 08:47:12)
179.主役っぽい女の子よりも、準主役っぽい男の子の歌が必聴。ただ、ストーリーも楽曲も1に劣ります。
なこちんさん [地上波(字幕)] 5点(2014-02-14 00:57:50)
178.無理やり作った続編感が丸出しで、最後の最後までストーリーが読めてしまう。歌もクライマックスより途中のシスターたちのほうがよかったと思う。最後の舞台でのリタの声がもひとつ伸びてなくて-1点。
Skycrawlerさん [地上波(吹替)] 6点(2014-01-13 01:44:12)
177.《ネタバレ》 やはり、前作に比べると落ちますね。いつのまにか聖歌隊の結成に生徒が反対しなくなったり、本番前の生徒の心情がコロコロ変わったり、あげくにはあっさり優勝したりと、ご都合主義が目にあまります。リタと母親のエピソードも、もう少し掘り下げてもらいたかったところ。それと学校を舞台にしたため、デロリスと合唱団員の関係が完全に指導者と生徒という立場になったのもマイナスでしょう。前作では、あくまで同じシスターということで、仲間意識が芽生えたことがポイントでしたから。
あと学校を舞台にしたのなら、映画よりもドラマの方が生徒たちの個性も描けてよいのではないかと思います。実際、「glee」というドラマが制作され、人気を博しています。そのプロトタイプになったという意味では、必ずしも失敗とばかりは言い切れません。あと、ノリノリのエンド・クレジットは無類に楽しい。
ちなみに、修道院長と校長の会話に“オマリー司教”が出てきますが、これはやはりビング・クロスビーが演じたあの映画を意識してのことなんでしょうね。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-19 15:12:25)
176.前作はウーピーゴールドバーグの魅力が作品を引っ張っていたが、今作はやや抑え気味。ローリンヒルが主役だった。可愛く歌も素晴らしく、宝石のような女の子。でもスクリーン全体に元気やパワーをみなぎらせてしまうような、ウーピーのようなパワーを感じさせるには至っていないんだな。コンクールの歌とダンスは素晴らしかった。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2013-04-02 15:36:35)
175.びっくりするぐらい陳腐で紋切り型な学園モノ。役者にも、ストーリーにも、見るべきところはありません。しかし、最後の音楽だけは良かった。高校生の合唱コンクールというより単にプロのショーでしたが、いかにも「新世界」な「第九」という感じ。映画全体をこの1曲に至るまでの長い長いプロモーションビデオと捉えれば、時間の浪費感もやや薄れるかと。それにしても、名優J・コバーンの軽さとキャラの弱さがつくづく残念。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-01-27 10:41:12)
174.《ネタバレ》 前作が良すぎただけに、ちょっと期待はずれ・・・。ストーリーそのものは、どこにもありそうな平凡な内容でした。でも歌だけは前作を上回っていましたね。ローヒン・ヒルは最高にかわいいし歌はうまいし、コンクールもかなりうまいグループがたくさん出ていて楽しめました。余談ですが、オーハッピーディのリードの少年が「今度は黒人から何を奪う?」というような意味のセリフ、見た時はよく意味がわかりませんでしたが、「ドリーム・ガールズ」を観て「こういうことか」と納得しました。
ramoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-15 18:04:25)
173.気分を上げたい週末深夜に合わせて 取って置きのモノを観るかのごとく鑑賞いたしました。
ところがどうして 作風がすっかり変わってしまいましたね。
観るんじゃなかった がっかりだ。
学園生徒のキャラがいちいち不要に感じてしまった。
ウーピーのキャラ一本立ちで光り輝いてた前作に比べて 今回凡人に成り果ててしまってた感がいたします。
これは相当ショックです。
すっかり油断をしてしまった 天使に・・・ に限っては絶対に面白い 《ハズだ 》  と決め込んでしまっていました 
ホント、油断って恐ろしいですよね がっかりだ。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2012-06-17 22:24:34)(良:1票)
172.とんとん拍子に物事が上手く進みすぎな印象。ローリン・ヒルもバックれたと思ったら速攻で戻ってくるし。家族向けの映画だなと思います。
カップリさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-05-27 06:53:36)
171.《ネタバレ》 前作、本作とも歌がいいのは同じなんですが、ストーリーありきの前作に比べて本作は歌ありきの印象でした。まぁ歌が良かった前作の続編なのでこんなバランスなんでしょうけど生徒に魅力があればもっと評価が良かったと思います。とは言え家族揃って楽しめる作品ってのが少ない昨今、こーゆー映画はホントに素晴らしいと思います。
ってコレも20年前の作品なんですねぇ。
自分も年をとるはずです(笑)
ろにまささん [DVD(字幕)] 6点(2012-05-27 04:04:27)
170.今度は学園もの。結構日本のドラマでもよくあるような内容だけど、こういう作品って飽きがこないし、この作品のよさはやっぱり歌であろう。ストーリを経た後の歌声にはどんな映像にも負けない。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 7点(2012-01-23 23:41:00)
169.この映画自体はそれほど悪くないと思うのだが、前作と比べたら数段落ちる。舞台を修道院から高校に移したのだから、もっと青春ドラマに徹するとかしてほしかった。反抗的な子どもたちを手懐けるのもあっさりした感じだし、一度飛び出した子が戻るのも簡単すぎ。歌もこの手の歌はあまり好きでないし・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2011-12-31 12:59:04)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 188人
平均点数 7.29点
000.00%
100.00%
210.53%
331.60%
473.72%
5179.04%
63820.21%
73518.62%
83719.68%
92312.23%
102714.36%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review5人
2 ストーリー評価 6.00点 Review7人
3 鑑賞後の後味 7.22点 Review9人
4 音楽評価 8.33点 Review12人
5 感泣評価 5.83点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS