新・座頭市物語のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 新・座頭市物語
 > (レビュー・クチコミ)

新・座頭市物語

[シンザトウイチモノガタリ]
1963年【日】 上映時間:91分
平均点:7.09 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-03-15)
アクションドラマ時代劇シリーズものハードボイルド小説の映画化
新規登録(2004-01-13)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2020-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田中徳三
助監督土井茂
キャスト勝新太郎(男優)座頭市
坪内ミキ子(女優)弥生
近藤美恵子(女優)お新
真城千都世(女優)おきぬ
河津清三郎(男優)伴野弥十郎
丹羽又三郎(男優)奥村紀之介
中村豊(男優)馬造
須賀不二男(男優)安彦の島吉
遠藤辰雄(男優)三五三吉
舟木洋一(男優)為吉
水原浩一(男優)多七
杉山昌三九(男優)山田靖之助
伊達三郎(男優)安蔵
南條新太郎(男優)建部主馬
武智豊子(女優)お茂
南部彰三(男優)神田陣八郎
東良之助(男優)真壁の浅右衛門
尾上栄五郎(男優)与四郎
高倉一郎(男優)神田欽吾
玉置一恵(男優)寺尾元彦
浜田雄史(男優)辰助
沖時男(男優)猪之助
春日清(男優)森屋市左衛門
細谷新吾(男優)
藤川準(男優)旅篭の亭主
福井隆次(男優)笹之助
志賀明(男優)丑松
木村玄(男優)宇吉
高森チズ子(女優)
原作子母沢寛
脚本犬塚稔
音楽伊福部昭
撮影牧浦地志
企画久保寺生郎
配給大映
美術太田誠一
編集山田弘
録音大角正夫
照明古谷賢次
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.一作目は平手造酒がいて天保水滸伝の時代。これでは天狗党が絡んできてずっと幕末も押し詰まったころの印象があって、時代的に見てどうなんだろう、そう不自然でもないのかな。よくわかんない。市が周囲にロウソクを立てて居合いをし、順番に斬れ落ちていき、居合いのわざよりもそれで暗くなるのがいい。師の娘坪内ミキ子は18歳ということになっている。カタギになります、地道な暮らしを立てます。とカタギに戻ろうとするアウトローが、でも戻れないというお話の設定。いいのは仇と狙う須賀不二男。やられる覚悟で市に向かう男気、カタギになろうとしている市を見てサイコロ勝負、半だった目をそっと四六の長に変えて「運のいい野郎だ」とか言って去っていくの。それだけじゃないんだけどね。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 7点(2013-12-16 09:55:53)
10.《ネタバレ》 座頭市の師匠が登場、その妹の弥生が市に惚れて、市も弥生のために堅気になると誓う。兄の仇をとるべく市の命を狙う安彦の島吉にも市は刀を捨て、手をついて謝るし、弥生も必死に許しを請う。「私も一緒に斬られます」とまで言っている。座頭市・純愛編といった感じ。二人に負けた島吉の優しさにも感動。十数人を相手にした太刀回りも見事だったと思うし、師匠であり、愛する弥生の兄でもある人を斬らなきゃならない市のつらさも伝わってきた。「市はやっぱりこんな男でして…」切ない。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 8点(2011-11-06 12:01:39)
9.《ネタバレ》 「座頭市」シリーズ3作目で初のカラー作品。初期作品とあってかまだそんなに派手な殺陣シーンはないが、その分、市の内面の描写がしっかりとしている。市がヒロインに求婚されて本気で堅気になろうと決意する展開はどこか「男はつらいよ」シリーズの寅さんのようではあるが、このシリーズではちょっと珍しいし、市を兄の敵と狙う男がそれを知ってわざと賭博で負けるのもべたではあるが、ちょっとウルッとくるものがある。剣の師匠(河津清三郎)を倒した市がその妹であるヒロインに「やっぱりこんな男です。」と言い残して去っていくラストシーンも切なかった。ただ、この剣の師匠の人物描写が浅く、ラストの対決もここがもっとしっかりとしていればもっと違う印象になっていたと思うし、ドラマとしても深みがあるものになっていたのではないかと思うと少々残念な気がする。とはいえ、久しぶりに見る座頭市(そういえば大映の時代劇もかなり久しぶりに見た気がする。)で、全体的にはなかなか楽しめた。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 7点(2011-09-02 01:40:58)
8.《ネタバレ》 カラーになっても影の見せ方が綺麗、いっつぁんの三味線にシビれる三作目の座頭市。
90分ちょいの話だが、濃厚で無駄なシーンは一つもない。というか、足りてない気がする。居合の師匠がどんな人なのか、兄妹の関係性はどうなのかとかの掘り下げがあれば、もっと深味のある一本になってた筈。
二人の恋はいつの間に盛り上がってたのか知らないし、魅力的なヒロインとも思えないが、女のために生まれ変わろうとするいっつぁんは情けなくも人間臭く男らしい。それでも結局は大暴れ。なんたって、市はこんな男ですから…。切ないぜ。
すべからさん [インターネット(字幕)] 7点(2009-05-10 00:21:55)
7.第一作を見てしまうと、後続作品を見たときの感慨が薄れてしまいますね。そこが「男はつらいよ」と違うところでしょうか。。。
くろゆりさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2008-05-05 15:52:32)
6.第3作、初カラー作品。
市が居合いを教わった師匠と戦い、
その妹「お嬢さん」に求愛されるんですね。
そして舞台が、茨城だ。ブラボー

戦わねばならぬ宿命を嘆き、
去っていく市の後ろ姿。。
過去シリーズは4、5本観たが、
この作品では後と違い内面の描写があった。
しかし今観ると寅さんのようで…
いやなんでもない、やはり居合いのシーンはたまらなく息を呑むかっこよさです。

ただ昔の娯楽作品、時代劇等に共通するように、
時間が90分と短いこともあってか、
特に師匠の過去から現在に至るまでの変化に関する描写が浅く、物語の深みを削ってはいるなと思った。

映像は、市の寂しくも哀しい人生を表すように陰影があって、カラーの色味も綺麗だった。
祥子さん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-13 13:10:02)(良:1票)
5.初期の座頭市シリーズは市の過去を掘り起こすようなエピソードが物語の中心だった。これもそのひとつ。シリーズの最初の二作の色を引きずりつつ、でも一方で後の娯楽路線の可能性とも両立させている。その分新鮮味はないけど、安心して見られますね。
いのうえさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2007-06-18 22:54:13)
4.《ネタバレ》 シリーズ第3作。ヒロインの求婚が若干唐突に感じて入り込みにくいが、それ以外は、賽の目で見せる男気とか、なかなか観ていて面白い。あまり殺陣シーンがないのでその分地味めではある。
MARK25さん [DVD(邦画)] 6点(2007-01-08 22:51:21)
3.《ネタバレ》 第3作。見る前は全然期待してなかったけど見てみるとシリーズでも最高クラスに面白かった。恋愛中心で市と対決するのがヤクザじゃないのも珍しい作品だと思う。失恋してすぐ旅立とうとする市が「男はつらいよ」とたぶって見えた。あとなんと言っても坪内ミキ子がかわいい! まだデビューまもない頃でほんと初々しい。珍しく善人役の須賀不二男も印象的。
バカ王子さん [DVD(邦画)] 9点(2006-04-10 23:39:44)
2.《ネタバレ》 勝新、座頭市の3作目にあたる最初のカラー作品!座頭市の親分との最後の戦いを遠くから見つめるお嬢さんの姿が何とも痛々しく感じられました。戦いを終えて、お嬢さん、わっしはこういう男です。と去っていく勝新の後姿が哀しくもあり、またかっこよくもあり、けど全体的に一番最初の作品と比べると前作同様、落ちる出来という印象!それでも結構、楽しめたし、たけしの座頭市なんかよりもずっと良いし、近年のどうしようもなく駄目な時代劇よりはずっと良い!残りの座頭市シリーズも全部、観たくなりました。
青観さん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-09 22:11:44)
1.お、この作品の舞台って茨城じゃないか!茨城出身者としては、なんか嬉しい。子供のころ、歴史上の人物で自分と同じ苗字の人を発見した感じ。なんて話はいいとして、「座頭市」シリーズ三作目、市を仇と付け狙う島吉がいい味出してます。ただ、これもプログラムピクチャーとしての時間的制約のせいかもしれないけれど、市の剣の師匠の人物描写をもっと掘り下げて描写してくれたら、もっと物語に深みが出たんじゃないかなあと思います。
ぐるぐるさん 7点(2004-01-14 18:13:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 7.09点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6218.18%
7763.64%
819.09%
919.09%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS