華の乱のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 華の乱
 > (レビュー・クチコミ)

華の乱

[ハナノラン]
1988年【日】 上映時間:139分
平均点:6.17 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー歴史もの伝記ものロマンス小説の映画化
新規登録(2004-01-28)【ヒゲ太】さん
タイトル情報更新(2021-10-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
キャスト吉永小百合(女優)与謝野晶子
松田優作(男優)有島武郎
緒形拳(男優)与謝野寛(鉄幹)
松坂慶子(女優)松井須磨子
池上季実子(女優)波多野秋子
石田えり(女優)伊藤野枝
成田三樹夫(男優)波多野春房
蟹江敬三(男優)島村抱月
風間杜夫(男優)大杉栄
三條美紀(女優)有島の母
西川峰子(女優)林滝野
野口貴史(男優)足立
内藤剛志(男優)和田久太郎
中村錦司(男優)山川
石橋蓮司(男優)沢田正二郎
中田喜子(女優)山川登美子
谷口高史(男優)
原作永畑道子「華の乱」/「夢のかけ橋」
脚本深作欣二
筒井ともみ
神波史男
音楽井上堯之
高桑忠男(音楽プロデューサー)
撮影木村大作
清久素延(撮影助手)
企画岡田裕介
佐藤雅夫
配給東映
美術内藤昭
編集市田勇
照明増田悦章
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.まともな恋愛をしてる人が1人も登場しない。
ベッキーもびっくりの泥沼不倫劇です。
思いの丈を歌に込めた与謝野晶子は世間から叩かれたけど、思いの丈をLINEに込めたベッキーも100年後には世間から理解されるようになるんだろうか?
超豪華なキャストで名作の雰囲気がプンプンしてるけど、やってることはただの不倫。
子供たちにどうしても行かなくちゃいけないと宣言して不倫旅行に出掛ける辺りで呆れ返ってしまいました。
昔の偉い人が不倫は文化という言葉を残したけど、僕にはまだ理解できない崇高な思想のようです。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2016-01-29 11:29:24)
5.明治大正の文壇における大事件を描いた大作(どこまで脚色しているのかわからないが)ではあるが、駆け足すぎて基礎知識の無い人にとっては、何がなんだかわからないだろう。これだけの事件と人間関係を描くには3~4時間かけてじっくりやって欲しかった。
登場人物が皆中途半端で、心情・思想の掘り下げが弱い気がする。この辺を補填したいのであれば、原作を読めばよいのかもしれないが。
有島武郎の心中は今でも不可解で、子供が出てくるシーンでは「小さき者へ」が思い出され、「これだけの文章が書ける人がなんで?」との思うと同時に、松田優作は死直前の演技でもあり、どういう気持ちでこの役を演じたのだろうとの思いも強くなった。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 6点(2014-06-10 11:07:03)
4.綺麗な日本映画です。特に衣装がとても良いです。
でもこれだけの素晴らしい俳優さんたちが、なぜか作品の良さへは貢献されていないと思うんです。
皆様の演技は素晴らしいが故に、なぜかしらもったいなさを鬱々と感じて観てました。



こねさん [地上波(邦画)] 6点(2012-04-28 21:39:55)
3.こういった作品を観ることで、日本史や文学に興味が出るきっかけになるのではないのかと思います!その時代での、それぞれのひとの生き方が感じられて、しかも目にもいいこれだけの俳優陣で、日本の歴史ものはそうめったには観られません。粗を探すより、良いところをたくさん見つけることが楽しめる映画です。
momomoさん [DVD(邦画)] 8点(2007-05-06 21:04:07)
2.もう、びっくりするほど主演の皆様方のキャスティングが合っていない。辛うじて適合しているのは池上季実子ぐらいか。内容的にも、与謝野晶子と有島武郎の不倫もどきの中途半端なロマンスが延々と流されているだけであって、彼女の人生のドラマチックさなどまったく表現されていない。つまり、俳優陣のビッグネームの面々を、歴史上のビッグネームに適当にあてはめて作っただけのこと。ただし、大杉栄や伊藤野枝など、明治日本の黒歴史というべき部分についても、きちんと登場人物としての位置を与えてスポットを当てた点については評価したいので、そこに+1点。
Oliasさん [DVD(邦画)] 5点(2006-09-09 19:21:01)
1.丸みを帯びて円熟味すら感じる演技でした。力強さや荒々しさといったイメージは微塵も感じません。死に魅入られた者を上手く演じていました。狂気を描いた作品(野獣死すべし)よりもこちらの方が私はまだ許せるようです。
ゆみっきぃ♪さん [DVD(吹替)] 7点(2005-08-06 09:36:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 6.17点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5233.33%
6233.33%
7116.67%
8116.67%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS