ある殺し屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > ある殺し屋
 > (レビュー・クチコミ)

ある殺し屋

[アルコロシヤ]
1967年【日】 上映時間:82分
平均点:7.25 / 10(Review 16人) (点数分布表示)
公開開始日(1967-04-29)
ドラマサスペンスシリーズもの犯罪ものハードボイルド小説の映画化
新規登録(2004-02-03)【黒猫クロマティ】さん
タイトル情報更新(2009-09-15)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森一生
助監督大洲斉
キャスト市川雷蔵(男優)塩沢
野川由美子(女優)圭子
成田三樹夫(男優)前田
小池朝雄(男優)木村
渚まゆみ(女優)茂子
小林幸子(女優)みどり
千波丈太郎(男優)健次
伊達三郎(男優)
松下達夫(男優)大和田
浜田雄史(男優)巡査
橋本力(俳優)(男優)ボディガード
堀北幸夫(男優)ボディガード
寺島雄作(男優)
越川一(男優)「菊の家」の客
芝田総二(男優)飲食店の主人
岡島艶子(女優)老婆
黒木現(男優)
伴勇太郎(男優)サブ
上原寛二(男優)沢井
岩田正(男優)「菊の家」の客
加賀美健一(男優)東都建設社員
志賀明(男優)ボディガード
大林一夫(男優)東都建設社員
森内一夫(男優)ボディガード
松田剛武(男優)ボディガード
久本延子(女優)ウエイトレス
原作藤原審爾「前夜」
脚本増村保造
石松愛弘
音楽鏑木創
撮影宮川一夫
企画藤井浩明
配給大映
美術太田誠一
編集谷口登司夫
録音林土太郎
照明美間博
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
16.《ネタバレ》 この作品の雷蔵はニヒルでストイック、冷静沈着でとにかくカッコイイ。
針一本での殺しは、仕掛け人梅安をヒントにしているのでしょうか?
市川雷蔵の現代劇に興味があり、陸軍中野学校も好きな映画です。
もっと長生きしていれば、色々な役柄がみれただろにと残念に思います。
若い頃の地味な小林幸子はレアですね。おきゃんな野川由美子の役柄は昔TVで観た「必殺仕置人」を思い出しました。
成田三樹夫もやっぱり良いですね〜。
とれびやんさん [インターネット(邦画)] 7点(2020-11-23 17:38:13)
15.《ネタバレ》 これは良い。雷蔵のニヒルな味が、現代劇でも炸裂。そして、野川由美子。可愛いくて、おきゃんで良い。でも、一番の収穫は、成田の喜劇的演技。抜群。後の松田優作の探偵物語の演技の萌芽。
にけさん [映画館(邦画)] 9点(2019-01-28 23:00:33)
14.阿婆擦れを描かせたらピカイチの増村保造の名に恥じぬ圭子(野川由美子)、野心ギラギラの三下前田(成田三樹夫)、善良そうな小料理屋の店主/凄腕殺し屋塩沢(市川雷蔵)。それぞれ際立った個性に惹かれるものの、三人が絡んで進んでゆくストーリーが拙くて盛り上がれないの歯痒かった。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 6点(2016-06-20 14:42:31)
13.《ネタバレ》 話が展開していくにつれてどんどん面白くなっていき、クライマックスで大爆発する。古今東西のフィルム・ノワール映画の中でも上位に位置する映画に間違いない。市川雷蔵は器用な人だ。小料理屋の主、パーティに招かれた芸能の師匠、常に冷静なプロの殺し屋。仕草や表情に違和感がない。特に芸能人としての立ち振舞は梨園出身の俳優でもなければ演技できないだろう。いや、演技ではなく素の仕草なのかもしれない。中村獅童や市川海老蔵に、雷蔵の本作での演技ができるだろうか?不出生の映画スターとして一世を風靡したのには理由がちゃんとあった。今の俳優にはない魅力が。
カニばさみさん [DVD(邦画)] 7点(2016-02-25 14:10:54)
12.ストーリー自体は特にどうとも思わないが、主人公・塩沢の仕事っぷりはかっこいい。この2年後に亡くなる市川雷蔵のクールな存在感によって平凡な脚本もそれなりに面白くなると。さすがスター。成田三樹夫、野川由美子、小池朝雄も良かった。小林幸子は座頭市シリーズで見かけたんで、今回は驚かずに済んだ。時系列ずらしだけは少し注意してご覧になった方がいいかも。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-06-10 17:34:10)
11.こういった映画が苦手な私ですら格好良いと思うのだから、好きな人にはたまらないだろうと思う。それほど、渋く、クールで格好良い。ラストの成田三樹夫の台詞には笑った。「色と仕事の・・・」は、雷蔵の受け売りではないか。
ESPERANZAさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2012-05-18 13:03:48)
10.《ネタバレ》 『必殺仕事人』の中村主水のキャラ造形に影響を与えたと言われますが、殺し屋雷蔵は普通ぶりでは藤田まことのはるか上を行ってます。仮の姿は小料理屋の主人、そして本業になれば殺し屋としてターゲットを料理する、いやーカッコ良すぎです。ところが脚本はけっこう粗くて、クールなくせして怪しげな成田三樹夫が持ってくる麻薬強奪案件にホイホイと乗ってしまう。凄腕殺し屋はたいがい仕事にはセオリーやこだわりがあるものですが、この仕事は殺しではなく単なる強盗じゃないですか。野川由美子に付きまとわれるのも「自分しか信じない」一流殺し屋とは思えない甘さです。この野川由美子のキャラがまた増村保造ワールド全開のあばずれで(増村保造は脚本を書いてます)、雷蔵のキャラと野川のキャラが両極端で二人が組む(というか雷蔵が野川を追い出さない)必然性がないのが苦しい。ところがそこに怪しいヤクザ成田三樹夫が絡むので、三人の不思議なアンサンブルが成立しちゃうのが面白いところです。本作の成田三樹夫はなんか光輝いていて、実にいい味出してるんですよ。そして耳に残る主題曲、これだけ単純なコードを使ってここまで印象的なメロディになるとは驚きました。まあいろいろ突っ込みはしましたが、必見の価値ある愛すべき一篇です。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2010-11-18 00:01:09)
9.《ネタバレ》 風貌は殺し屋のようではないが、仕事は完璧にこなしていく殺し屋、塩沢。最後にきちんと分け前を与えるところが律儀でこれもまたカッコいい。

■しかし、前半を時間軸をあえて崩した意図がイマイチわからない。ただ混乱させるだけなのかこれは???そこら辺がスタイリッシュではあるがあんまり好かないので減点。しかし全体にいい雰囲気でコンパクトに最後まで持っていっていて、いい映画だと思う
θさん [DVD(邦画)] 7点(2010-08-10 00:30:39)
8.《ネタバレ》 小料理屋の主人でありながらもその裏では殺し屋という市川雷蔵扮する男がどう見ても殺し屋には見えないというそんな大きな欠点を良い意味で上手く利用し、そして、あのアパートの室内から見える外の景色、ギラギラした雰囲気、シャープな映像、何もかもが宮川一夫カメラマンの手にかかれば、ここまで見事に映し出されるのには頭が下がる。話そのものはそれほど面白いという感じはしないが、俳優陣の好演、特に脇を固める俳優陣、中でも野川由美子のあばずれ女ともう一人、成田三樹夫のお調子の良さ、ラストで全てを持っていてしまうあの台詞、市川雷蔵の台詞の真似をああもあっけらかんと言うなんて、私もついつい「お前は寅さんか!」て突っ込み入れてしまいました。それにしてもこの映画、いくら「殺し屋」てタイトルにもあるように殺し屋の映画だからって、お墓の前でしかも、あんなにも沢山、お金持ってるのに住んでる市川雷蔵の殺し屋、そんなんで良いのか?
青観さん [ビデオ(邦画)] 7点(2007-09-21 22:39:03)
7.《ネタバレ》 さて、オープニングのシーン。
暗いトーンの映像の中で、市川雷蔵の無言の演技が続く。
ここで既に釘付け。

最初の5分で見事、この作品にハマることができた!
これほど幸せなことはない。
その後、大ハズレが無いことを確信できる感じがしたからだ。
映画の最初の5分で、自分との相性が分かると、どこかで耳にしたことがあるが、まさにそうだと私も思う。
この独特の暗いトーンの映像は、溝口作品でお馴染みの国宝級カメラマン、宮川一夫が撮ったモノ。
さすがという感じ。

そしてオープニングの舞台となっているのが、劇中「晴海町」となっている埋立地。
晴海だから、あの晴海か。
空には轟音と共に飛行機が飛んでいるし。
市川雷蔵は、埋立地の中にポツンと位置する汚いアパートに入っていく。
なんと周りには、お墓が!
ま、埋立地でこのシチュエーションは、当時でもあり得ないが(笑)。
あり得ないけど、こんなシチュエーションがあったら最高だと思える程の、サビシ~い場所。
フィルム・ノワールに“黒い華”を添える、素晴らしいロケーションである。

そして程なくして、野川由美子や成田三樹夫が登場。
野川由美子と言えば、そう、あなたでもきっと知っている、あの野川由美子です。
テレビで数年前に放映された『白い巨塔』。
あの中で、鵜飼教授の夫人を演じていた、あの醜いおばさんです。
ま、本作では当然若い頃の野川由美子なんだけど、「別に。」って感じ(笑)。
個人的には、若い頃もあんま好きじゃないっす。

この後の展開は、観てからのお楽しみ。
ところで、肝心の成田三樹夫だが。
本作では、凄まじいまでのカッコよさ。
さすが成田三樹夫の代表作の一つと言われるだけのことはあった。

特にラストシーンでの、市川雷蔵のセリフをパクって野川由美子にそのまま吐き捨てるシーン。
コミカルさも相まって、ゾクゾクするほどのカッコよさ。
やっぱり成田三樹夫は最高にかっこよい!
にじばぶさん [DVD(邦画)] 9点(2007-09-02 11:26:17)
6.物語の時間進行がバラバラになっているトリッキィな構成。なぜ寿司の折り詰めを「3つ」買うのだろう・・・? 主人公のセリフが切り詰められていることもあって、最初は謎めいたストーリー。これが、映画の進行とともに徐々に明らかになっていくところに、ハードボイルド的シブさと、謎解きのスリルがあります。雷蔵の表の顔は、7・3分けカツラ風髪型の飲み屋のオヤジ、しかし裏の顔は切れ者の殺し屋。いや、切れ者と言うのとはちょっと違うのかもしれない。ヌカリ無く着々と準備を進める有能ぶりとは裏腹に、どこか生死を超越したような、雷蔵の虚無的な表情(←いつもどおり、という話もある)。その姿はまるで死神のようでもあります。ラストの後ろ姿が実に印象的。その後の成田三樹夫のセリフは、直前の雷蔵のセリフをそのまま頂いたもので、映画のオチとしてはピシッとキマったシーン、のハズだけど・・・「おいおい、シタリ顔でそのまんまヒトのセリフをパクりやがって。オマエは寅さんか!」と、つい突っ込んでしまいました。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-08-15 13:10:42)(笑:1票)
5.「ガンもドスもいらない非情のテクニック! 狙った奴は必ず消す! 俺の殺しに指図は無用!」 これは煽りすぎw 見終わった後色々と疑問が出てくるけど面白いです。先を読ませない展開に、渋い雷蔵、間抜けな?成田三樹夫、キュートだけどお腹がプニプニな野川由美子、みんな魅力的でした。音楽も印象的で、繰り返し見たい傑作です。
バカ王子さん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-19 23:33:45)
4.雷蔵晩年の代表作の一本。監督は雷蔵主演作をもっとも数多く手がけた森一生。脚本が増村保造で、そのためかやや構成も複雑で面白かった。成田三樹夫や小池朝雄はこういう役柄がはまるよな。アバズレっぽい野川由美子も良かった。しかし、いちばん驚いたのは雷蔵が表向きに営んでいる飲み屋の店員役の小林幸子が今の面影が全くないほど若かったこと。今や毎年のように紅白でド派手な衣装を着て歌っている印象しかないが、やっぱりこんな頃もあったんだなあ。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 8点(2005-05-21 16:26:29)
3.仕事人の原点ですねー。おっそろしく地味で渋い。燻し銀どころか百年物の海泡石パイプの輝きだ…ってよくわかんねー例えですが。でも1点だけ気になる点があるので、現在の平均よりひとつ下げます。市川雷蔵、声が細すぎないか…? もっと落ち着いた男の低い声であるべきなんじゃ…? そこを藤田まこと流にアレンジした結果が必殺シリーズであるのか、オイラが先に中村主水を刷り込まれているが故の違和感なのか、判然とはしませんが。私的には市川雷蔵の殺し屋像は、完成形になっていないような気がする。続編『ある殺し屋の鍵』ではもっとエンタメして違和感がグッと減ってますが、それがいいのか悪いのかも判断できないな…。作品としての完成度は、小粒ながら素晴らしいと思います。
エスねこさん [ビデオ(字幕)] 6点(2004-12-25 02:07:15)
2.成田三樹夫や小池朝雄は〝いかにも〝といった感じを漂わせているのに対し、市川雷蔵は全く殺し屋の雰囲気を漂わさず、ただの小料理屋の亭主といった感じなのだが、そこがまた魅力なのだった。ジタバタしてる成田や野川由美子の傍らで始終クール、それでもって分け前はきっちりやる、といった粋な仕事人に、観終わった時は自分も弟子入りしたい気分でした。なぜか若い小林幸子も出ておりました。(地味な役者時代なのかな) 塩沢の仕事ぶりは〝必殺仕事人〝の秀と妙にダブった。(こっちがオリジナル?)雷蔵、シブし。
fujicoさん 7点(2004-05-10 22:13:10)(良:1票)
1.普段は小料理屋の主人、しかし本職は藤枝梅安の如く針1本で仕事するプロの殺し屋「塩沢」を市川雷蔵が言葉少なに演じる。ひょんな事から塩沢の店に居座る事になったあばずれ(野川由美子)とヤクザの下っ端(成田三樹夫)が結託、塩沢を取り込んで組の麻薬を横取りしようとする。正直このへんの流れは「殺しのプロにしちゃ甘いんじゃないの?」と言いたくなるが、全編に漂う独特の暗さには妙に惹かれる。塩沢は戦時中飛行機乗りとして従軍していたようで、部屋には仲間二人と肩を組んだパイロット姿の写真がポツンと飾ってある。常に淡々としている塩沢だが飛行機の音だけには微妙に反応し、「仲間はみんな死んでいった」とポツリと呟く。高度成長期真っただ中の当時、彼ら戦中派は何とも言えない空しさを感じていたのだろうか。映画を見ながらそんな事を考えた。
黒猫クロマティさん 7点(2004-02-03 15:44:36)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 16人
平均点数 7.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6318.75%
7956.25%
816.25%
9318.75%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS