ドグマのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドグマ
 > (レビュー・クチコミ)

ドグマ

[ドグマ]
Dogma
1999年【米】 上映時間:130分
平均点:5.57 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-08-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケヴィン・スミス
キャストベン・アフレック(男優)バートルビー
マット・デイモン(男優)ロキ
リンダ・フィオレンティーノ(女優)ベサニー・スローン
アラン・リックマン(男優)メタトロン
クリス・ロック(男優)ルーファス
サルマ・ハエック(女優)セレンディピティ
ジェイソン・ミューズ(男優)ジェイ
ケヴィン・スミス(男優)サイレント・ボブ
ジェイソン・リー〔男優・1970年生〕(男優)アズリエル
アラニス・モリセット(女優)
ジャニーヌ・ギャロファロ(女優)リズ
バッド・コート(男優)ホームレスの男
堀内賢雄バートルビー(日本語吹き替え版)
平田広明ロキ(日本語吹き替え版)
五十嵐麗ベサニー・スローン(日本語吹き替え版)
大友龍三郎メタトロン(日本語吹き替え版)
桐本琢也ルーファス(日本語吹き替え版)
佐藤しのぶ【声優】セレンディピティ(日本語吹き替え版)
咲野俊介ジェイ(日本語吹き替え版)
内田直哉アズリエル(日本語吹き替え版)
八奈見乗児(日本語吹き替え版)
水野龍司(日本語吹き替え版)
河野智之(日本語吹き替え版)
脚本ケヴィン・スミス
音楽ハワード・ショア
ランドール・ポスター(音楽監修)
作曲ヨハン・シュトラウス2世"Blue Danube Waltz"
主題歌アラニス・モリセット"Still"
撮影ロバート・D・イェーマン
製作ケヴィン・スミス(ノンクレジット)
配給ギャガ・コミュニケーションズ
編集ケヴィン・スミス
字幕翻訳松浦美奈
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 カトリック(というより宗教全般?)や聖書(新旧)のスキマを突付いておちょくり倒した脚本が、何よりも素晴らしい。無駄に豪華なキャストと、全体的に薫るB級さを上手にマッチングさせており、そのアホ臭いくらいの器用さに驚愕するばかり。

???役にアラニス・モリセットという配役も、憎い。
aksweetさん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-13 23:04:40)
52.この映画を観た人の、この映画に対する評価は、実は観る前から既にほぼ決まっていると思う。ポイントはこの映画を観ようと思った理由。監督で決めた人は満足するだろうが、マット・ディモンやベン・アフレックが目的で観たならば不満が残るに違いない(以上、皆様のレビューをちら読みしてからの勝手な推理)。私は前者の立場なので、とてもいい映画だと思っている。「生」や「死」や「宗教」は考え出すと妙な不安に襲われるため、なるべく避けたい話題であり、私のなかでは結構なタブーである。しかしこの映画においては、神聖なものを前にしても相変わらずのジェイとボブのキャラクターが、見事に私の恐怖感を打ち壊してくれている。ケヴィン・スミスはお馬鹿の鎧を纏ったかなりの知恵者に違いないと確信した。ところで、どうせ最初にテロップを出すなら、このB級っぽさに対しても注意書きを入れたら良かったかもしれない。
よーちーさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-05-23 20:31:23)(良:1票)
51.信仰心が少し薄れている現代だから上映できたんでしょうね…冗談っぽい気持ちで見ないととんでもなく問題になりそうな作品。
未見の人は、面倒ですが少し聖書の勉強をしてから見たほうが楽しめると思います。あと、食事中は見ないほうがいいでしょう。しかしもったいない俳優の使い方。
エルキューさん [DVD(字幕)] 6点(2009-02-17 11:50:55)
50.コレ、かなりの傑作だと思います。バカで下品で、それでいてシニカルで……。ストレートな笑いから、ちょっと捻った笑いまで、ごった煮的に散りばめられてます。冒頭の人を喰ったお断りや、いろんな映画を引き合いに出しておちょくりまくる辺りも楽しい。しかし、その根底には結構真面目な“信仰”に対する想いや、キリスト教への愛情も感じられる。尤もそういう芯があるからこそ、評価すべきコメディ映画として成り立っているワケだけれども。そしてその上で、キリスト教の矛盾点等をさらっと突いてみせる。よく出来た映画です。終盤はちょっと笑いの要素が減ってそれなりに真面目な展開になるんだけれど、バートルビーの持った不満は割とよく映画の題材として使われるテーマで、これをホラーに仕立てると『ゴッドアーミー』(コレも名作!)のような映画になるんだろうな。
TERRAさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-03-02 19:40:52)
49.友人に薦められて、深夜に一人で鑑賞して、朝まで大爆笑の巻。 天使二人の演技が大変よろしー。二人とも見直した。
センブリーヌさん [DVD(吹替)] 7点(2008-01-11 13:23:22)
48.こんな大馬鹿な内容の話を、ここまで真面目に真剣にやっている出演者と制作者に好感。出るキャラ出るキャラがみんなアホっぽくて非常によろしいのであるが、その中でも唯一の一般人の誘導役として登場したリンダ・フィオレンティーノの頑張りが大きいと思う。分かったような分からないような宗教会話も面白いが、「ホロコーストに対しては沈黙していた」とか、「同じ教義のはずなのに殺し合いを繰り返している」など、真面目な部分も見え隠れするのが興味深い。天使の翼が異常に安っぽかったり、さりげなくいろんな映画をボロカスにけなしていたりなど、お馬鹿な部分でもツボを突いてくるのがさらに楽しい。ただ、カメラワークのいい加減さは残念でした。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2006-04-02 04:04:34)
47.マットデイモンが出ている作品は好きな物が多いのですが、正直これは厳しかったです。
テンポがまばらだったのが最大の要因か・・・
コメディという先入観でみたせいか・・・今までの人生経験の知識では、正直安心して
笑えなかったです。そんなにムキに否定してもな~という感じで。
ぽっしゃんのギャグを痛々しい表情で眺める人の気持ちが少しだけわかった気がしました。
o-zさん [ビデオ(字幕)] 2点(2005-10-27 20:12:01)(笑:1票)
46.カトリックを茶化すと言っても、教義の揚げ足を取る様な辛辣なものではなく、神は女に「見える」であるとか、キリストは黒人であるとか、これまで散々言われてきた「単なるギャグ」レベル。辛辣だと思ったのは、オープニングで「まっと・でぇもん」が尼僧に逆布教するシーン位でしょうか。教会を怒らせたのはキリストに異父兄弟(?)がいるって辺りかな? でもマリアがキリストを身篭ったってことは、逆に神と不貞を働いたってことにはならんのかね? ま、そんなことはどーでもいいですけど…。私には初のケビン・スミス作品でしたが、宗教以外の部分でも充分楽しめたので、6点献上。
sayzinさん [DVD(字幕)] 6点(2005-08-03 00:07:52)
45.マット&ベンのお友達コンビという事でとりあえず見てみた。「ドグマ」って何だ?教義って意味らしいけどピンと来ない。で、見た後もやっぱりピンとは来なかったです。信仰心とか宗教観とか無いと単なるコメディとしては笑えない。見る人を選ぶ作品。
ちゃかさん [地上波(字幕)] 4点(2005-06-08 13:18:34)
44.バカバカしいおかしな映画かと思えば、急にシリアスな展開になったりと、何だかよくわからない話で、乗りはB級映画っぽいが、語ってることは意外と辛辣。聖書をよんでいるとそこがかなり楽しめるはず。キャラも脇もしっかりしており、とにかくにぎやかな映画。自宅でスナック菓子でもたべながら深夜みるのがおすすめ。
コムギコさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-04-30 22:28:28)
43.宗教の保守的な部分をとことんおちょくってる感じですね。正直あんまり笑えはしなかったけど、そういう宗教の根本的なところを話してるその会話がなかなか面白かったかな。
あろえりーなさん 4点(2004-10-30 20:50:29)
42.よくこんなストーリーを考え付くな~と感心する。ケビン・スミス監督って毎回馬鹿みたいな映画ばかり撮っているけど(褒め言葉)、まさか宗教にまで手を出してしまうとは…。これは「ライフ・オブ・ブライアン」と「パッション」に並ぶ問題作だ!と言っても冒頭でお断りしている通り、あくまでただのジョークですからね。あまり深く考えないで楽しめば良いんじゃないかなと思います(何じゃそりゃ)。
かんたーたさん 7点(2004-10-24 19:38:53)
41.マッドデイモンのもったいない使い方(笑)喜劇とわかってても聖書を良く知らないせいか楽しめなかったですね。
civiさん 3点(2004-10-24 13:06:45)
40.ベン・アフレック、マット・デイモンときてこの作品ですか!結構こういうの嫌いではないタチですが、これはあまり受け付けなかったかな。ところどころ笑えましたが、失笑に近い形でした。アラニス・モリセットが出てきたのにはビックリしましたが。。。
こばやんさん [DVD(字幕)] 5点(2004-08-29 06:32:53)
39.《ネタバレ》 陰でコソコソ悪さをするヤツは殺してやる! オレたちだって見捨てられたらツラいんだ! あんまり不公平な仕打ちにはキレてやる! あらまあ、天使は人の似姿なんだ。カトリックは土俗的で人間くさい宗派ですね。ドタバタとしてまずまず切れがいいし、クリス・ロックのしゃべりも快調、アラニス・モリセットの丸ごとプッツンの雰囲気も得難い。神は自分の創った世界にあんまり関心持ってなくて、人は見捨てられてるようなもんだけれど、文句付けてもしょうがないんじゃないの、やりたいことをやりたいようにやって、後は野となれ山となれだぁな!という破れかぶれの心情を映像にした、という印象。キリスト教に浸って育てられたけれど、今では信仰を失ってしまった欧米のインテリが、複雑に爆笑する喜劇でしょう。
哲学者さん 7点(2004-08-22 11:26:40)
38.ひと言でいって悪のりおバカ映画ですね。キャスティングがなかなか面白い。だってそれらしくない人ばっかりだもの。アラン・リックマンはどう見ても悪魔だ。この監督はドリーム・ワークスとかディズニーなどに(だと思うけど・・・)恨みでもあるのか?いろいろとネタにしてましたねぇ。話の筋よりもこういったネタが可笑しかったです。残念なのはジャニーン・ギャロファロの出番が少なかったこと。
envyさん 5点(2004-08-10 11:51:57)
37.その道(どの道だ?)では有名な監督だとか、その監督らしいお遊びに満ちているとか、そういうのを知ったのは観てからずっと後でした。当時は普通に「馬鹿だなー面白いなー」と楽しめたので、ある意味幸せだったかと。
金子淳さん 8点(2004-06-27 13:16:46)
36.私は無宗教なので,ただのバカ映画として観れましたが,キリスト教徒の方はどう思うのでしょうか?
マー君さん 5点(2004-06-13 21:02:08)
35.この映画の楽しみ方は、目の前で繰り広げられていることに突っ込みを入れるのではなく、某マンガの「ぴよ彦」のごとく頭の中で「ガビーン」といいながら見ることにある。「な、なぜカモノハシ・・・」ガビーン。「イエスがヒッピーだよ!!」ガビーン。「しゃ、しゃべってるよサイレントボブ!!」ガビーン。そして・・・「ベン・アフレック、これって地だろ?」(爆)
合言葉は埜波と軍曹/埜波(のなみ)さん 8点(2004-06-05 01:01:01)
34.ベン・アフレック、マット・デイモンというハリウッド2代スターを使ってこれはもったいないんじゃないかと思う。でもまぁまぁ面白かったんで5点とします。
映画大好き人!さん 5点(2004-03-25 00:21:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 5.57点
000.00%
135.66%
235.66%
323.77%
4611.32%
51018.87%
6815.09%
71222.64%
8815.09%
900.00%
1011.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 1.50点 Review2人
4 音楽評価 5.00点 Review1人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS