不連続殺人事件のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > 不連続殺人事件
 > (レビュー・クチコミ)

不連続殺人事件

[フレンゾクサツジンジケン]
1977年【日】 上映時間:140分
平均点:4.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(1977-03-15)
ミステリー小説の映画化
新規登録(2004-03-04)【_】さん
タイトル情報更新(2019-06-30)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督曾根中生
キャスト瑳川哲朗(男優)歌川一馬
夏純子(女優)歌川あやか
福原ひとみ(女優)歌川加代子
金田龍之介(男優)歌川多門
泉じゅん(女優)下枝
田村高廣(男優)矢代寸兵
桜井浩子(女優)矢代京子
内田裕也(男優)土居光一(ピカ一)
内田良平(男優)望月王仁
小坂一也(男優)巨勢博士
殿山泰司(男優)南雲一松
初井言栄(女優)南雲由良
伊佐山ひろ子(女優)南雲千草
石浜朗(男優)三宅木兵衛
楠侑子(女優)宇津木秋子
神田隆(男優)神山東洋
絵沢萠子(女優)神山木曽乃
江角英明(男優)人見小六
根岸季衣(女優)明石胡蝶
木村元(男優)丹後弓彦
内海賢二(男優)内海明
松橋登(男優)海老塚医師
宮下順子(女優)諸井琴路
粟津號(男優)坪田平吉
岡本麗(女優)坪田テルヨ
梓ようこ(女優)八重
谷本一(男優)奥田利根五郎
浜村純(男優)片倉清次郎
長弘(男優)南川巡査
桑山正一(男優)平野(カングリ)警部
武藤章生(男優)荒(八丁鼻)部長刑事
清川正廣(男優)長畑(ヨミスギ)刑事
岡本ひろみ(女優)女中
原作坂口安吾「不連続殺人事件」
脚本大和屋竺
田中陽造
曾根中生
荒井晴彦
音楽コスモスファクトリー
撮影森勝
製作麻生誠
ATG
配給ATG
美術坂口武玄
編集鍋島惇
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 昭和のころの男と女の情を
殺人事件の動機にしている点で文学作品なんですね。
金では愛は買えない、それがポイントの映画でした。

で、犯人はだれかとか、知的な挑戦を観客にしてるわけではなく、
だから殺されていく人物の描写などもあまり緻密に演出しない。
観てる自分は、あれ?また殺されたのって感じだ。

そもそも不連続とは、どの事件が本当の犯人の意図か、それをごまかすための連続殺人なので
「不」連続殺人というらしい。
劇中、探偵がそう言ってる。
多くの殺人の時に、奥さんがそばにいることで、殺しの本命のだんなに安心させといて、
昔の恋人と組んで、最後だんなを殺す。そういう話でした。


ラストの事件の解明は明快だった。
モヤモヤした世界に一本筋が入るような感じがした。
だから、観終わってみると、面白かったとなるんだね。
トントさん [DVD(邦画)] 6点(2019-06-30 11:14:50)
5.《ネタバレ》 原作未読。まずキャラが濃いんだか薄いんだかわからないような登場人物が多すぎて相関関係を把握しきれない。ハダカにジャケットで強烈なキャラを発揮してる内田裕也。その一方で主役であるはずの小坂一也演じる素人探偵は最後まで印象薄い。なぜか太陽に吠えろばりのニックネーム刑事たち。この人誰だっけ?と考えてる間に8人も殺されてた。物語に起伏がなく最後に謎解きされても説得力がないので殺された理由が希薄なまま死んでいった7人の登場人物たちが憐れ。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-06-15 03:51:07)
4.いやあシュールなもん観た~。古典的な節回しの台詞と舞台劇のような大仰な仕草。横溝映画になれそうでなれないけっこうな詰めの甘さ。無駄に裸になる女優とエロ描写。目が点になるばかり。
そこそこ重量感のある役者を並べていながら、脚本の粗っぽさとのミスマッチが観ていてバランスが悪くて気持ちが悪い。気持ちが悪いといえば、狂人海老塚医師とチンピラ内田裕也、こんな濃い目のヤバいのがセットで狼藉し放題、ついていくのがやっと。濃いなー。
胸を張るわりには「本格推理作品」とは遠いプロットの粗さ。意味なく配置されている人物の多さも気になる。「犯人を逃がしゃしませんよ 畜生!」と憤っていた素人探偵氏の、数分後の解説者風謎解き場面には腰くだけた。あの怒りはどこへやら。
70年代の香り漂う、シュールで独特な雰囲気は唯一無二ではある。いろんな意味で忘れ難いほど印象強烈。
tottokoさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-03-11 00:07:25)
3.横溝正史風の時代背景と雰囲気に序盤は期待するも、淡々と殺人が起こり、淡々とストーリーが進み、淡々と謎解きがされるミステリー。
登場人物があまりにも多いため、主要キャラたちの描写が薄く、人間関係において置いてきぼりにされる可能性あり。
決してつまらないわけではないけど、140分でもこれだけ詰め込まれるとちょっとつらい。
カメラワークも単調で、最後まで盛りあがりに欠ける映画だった。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 3点(2013-02-19 03:40:07)
2.《ネタバレ》 ひたすら変な人たちが変な会話を交わしていって、その中でいつの間にか事件が積み重なって、そして解決していくという展開なのだが、もともとそういう原作なのだから仕方がない。それよりも、この異形の原作を何とか映像化しようと挑戦したその心意気の方を買いたいと思う。ただし、謎解きの部分に迫力が皆無なのは大きなマイナス。音楽がコスモス・ファクトリーっていうのは凄い。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2012-05-27 02:29:40)
1.《ネタバレ》 昔テレビの深夜放送で見たが、やっぱり映像化には向いてない原作でしたね。人間関係が複雑すぎて途中から理解不能になりますが、複雑な人間関係が話の胆になっているので省略するのも難しい。主演は田村高広らしいのですが、はっきりいってこのキャストは何の役割も担っていません。探偵役は小坂一也だし、かといって犯人では絶対あり得ない設定だし、ワトソン役というわけでもない。途中からセリフも出番もガタ減りだし何のためにいるのって感じ。原作は日本最高の推理小説といわれていたらしいですが、そうかなあって思う。このトリックってナイルに死すとかぶっている気がするが。B級テイスト満載な微妙な豪華キャストが魅力といえば魅力だが、内田裕也はミスキャストだと思う。松橋登の変態医師ぶりと夏純子の演技が今となっては懐かしい。80年代前半の2時間ドラマ(特に土曜ワイド)でよくこんな役やってましたよね。
陽炎さん [地上波(邦画)] 3点(2008-10-04 02:15:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 4.33点
000.00%
100.00%
200.00%
3350.00%
400.00%
5116.67%
6233.33%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS