英雄の条件のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > 英雄の条件
 > (レビュー・クチコミ)

英雄の条件

[エイユウノジョウケン]
Rules of Engagement
2000年【米】 上映時間:130分
平均点:5.22 / 10(Review 108人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウィリアム・フリードキン
助監督ニュート・アーノルド
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
デイル・ダイ(軍事アドバイザー)
キャストサミュエル・L・ジャクソン(男優)テリー・L・チルダーズ大佐
トミー・リー・ジョーンズ(男優)ヘイズ'ホッジ'ホッジス大佐
ガイ・ピアース(男優)ビッグス少佐
ベン・キングズレー(男優)モーリン大使
アン・アーチャー(女優)モーリン大使夫人
マーク・フォイアスタイン(男優)トム・チャンドラー大尉
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)H・ローレンス・ホッジス将軍
ニッキー・カット(男優)ヘイズ・ホッジス三世
ブルース・グリーンウッド(男優)ソーカル大統領補佐官
デイル・ダイ(男優)ペリー将軍
ライアン・ハースト(男優)
フランク・ウェルカーラジオDJ
池田勝テリー・L・チルダーズ大佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ホッジ(〃【テレビ】)
堀勝之祐ヘイズ'ホッジ'ホッジス大佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏ビッグス少佐(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野島昭生ソーカル大統領補佐官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠大典リー大尉(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡部猛ペリー将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
鈴木泰明H・ローレンス・ホッジス将軍(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
長克巳E・ワーナー判事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
屋良有作テリー・L・チルダーズ大佐(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士ビッグス少佐(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
清川元夢モーリン大使(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
羽佐間道夫ソーカル大統領補佐官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
西凛太朗リー大尉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
富田耕生H・ローレンス・ホッジス将軍(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中村正[声優]ペリー将軍(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
秋元羊介ビン・リー・カオ大佐(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
内田直哉トム・チャンドラー大尉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小島敏彦E・ワーナー判事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
加瀬康之ヘイズ'ホッジ'ホッジス大佐(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲野裕アマー医師(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希モーリン大使夫人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作ジェームズ・ウェッブ
脚本スティーヴン・ギャガン
音楽マーク・アイシャム
撮影ウィリアム・A・フレイカー
製作リチャード・D・ザナック
アーン・シュミット(共同製作)
スコット・ルーディン
製作総指揮ジェームズ・ウェッブ
アダム・シュローダー
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ポール・J・ロンバルディ(特殊効果スーパーバイザー)
その他アーン・シュミット(ユニット・プロダクション・マネージャー)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
108.全然面白くなかった。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 2点(2014-10-03 01:29:47)
107.裁判がダラダラ続くだけ。おまけにびっくりするようなどんでん返しもないという。
B級映画ですな
カップリさん [DVD(字幕)] 4点(2013-08-06 04:02:24)
106.《ネタバレ》  どうやって相手の理論を崩すのか、非常によくできた筋だ、と思いました。けれど、たいした解決もないままエンディングを迎えてしまいます。
 最後まで見た人はがっかりしたでしょうね。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-01-06 16:21:02)
105.《ネタバレ》 公開当時「史上最悪の人種差別映画」と言われただけのことはあって、この映画のアラブ人差別は凄まじいものがあります。100人近くのアラブ人を殺した海兵隊長が無罪になるという物語なのですが、「アラブ人は殺されて当然の野蛮人です」という描写のオンパレード。なぜ彼らが反米なのかという複雑な中東情勢を微塵も匂わせることなく、大使館に押し寄せるアラブ人が当然の如く悪人扱いされており、小学校にもあがっていないような女の子が銃をガンガン撃ちまくるという常軌を逸した描写までがあります。どこの馬の骨かもわからないインディーズスタジオならともかく、パラマウントという大企業が突如こういう映画を作ってしまうという辺り、アメリカ人というのは油断ならん連中だなとあらためて気付かされます。。。と大きな問題を抱えた内容ではあるのですが、映画としてはなかなか面白く仕上がっています。腐ってもオスカー監督、こういう硬派な題材を扱わせるとフリードキンは良い仕事をします。前半の戦闘シーンの圧倒的なテンション、後半の法廷シーンにおける言葉の応酬戦など、見るべきものは少なからずあります。事件を都合よくコントロールするため政治家が証拠を葬ってしまうという展開も、現在の日本では非常にタイムリーで興味深く見ることが出来ました。欲を言えば、命の恩人を刑務所に入れようとすることに良心の呵責を覚える大使とその奥さんをキーパーソンに据えれば法廷ものとしてさらに面白くなったと思うのですが(せっかくベン・キングスレイに演じさせたのに、彼を有効活用しなかったのは勿体ない限り)、それでも本作は十分に良い出来だと思います。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 7点(2010-11-27 22:17:12)
104.戦闘時の殺人に関する法廷もの。役者はすごい。ただ内容の割には長めでだれる。戦争ものとしても、法定ものとしてもお勧めできるものではない。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2010-01-03 06:12:05)
103.原題を直訳すると交戦規定で、これは検事が被告に読ませようとしたら、被告が暗誦したやつのことだろう。攻撃前に威嚇や警告をせよとか、非武装の人に発砲するなとか…。たぶんこの映画が言いたいのは、交戦時に最も大切なことはそんな規則の中味ではなく戦友や部下の命ってことですね。それは正しいと思います。でも、その大切なことは規則にする類いのことではない。交戦規定の裏側に存在する明文化できないルール。それを表現した原題のはずなのに、邦題が酷いです。たまたま主人公は英雄的な働きをしてきた人物でしたが、英雄を定義している映画では無い。これを観た日本人は、邦題の為に少なからず視点がブレるんじゃ無かろうか。でもこれは、フィクション(ですよね?)として見ても、イエメンの人たちは怒るだろうなぁ。右傾傾向にある映画として批判され易そうな内容ですが、自分は銃弾が飛び交う中では奇麗事を言ってられないというのが現実だと思いますね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-11-19 01:34:35)
102.いまいち盛り上がらない.戦争映画?法廷映画?もうちょっとハッキリさせたらよかったのかも.
nojiさん [地上波(吹替)] 4点(2009-07-04 07:34:43)
101.現場でのトミー・リー・ジョーンズ、大使館の中にいた時と外に出た時、着てるポロシャツの色が明らかに違うよね。誰も指摘してないけど、気になってしょうがなかった。B級っぽいね。それはさておき、映画自体は・・・。戦争映画っていうのは、どんな描き方をするにせよ、所詮、戦争をカッコよく表現してしまうわけで戦争肯定映画になってしまうわけだが、この映画は、あまりにもアメリカ的だね。「アメリカに銃を向けるものは、皆、悪だ。ぶっ殺せ!」みたいな。「エイリアンがうじゃうじゃいるから星ごと爆破しちまえ(エイリアン2)」みたいな・・・ネ。サミュエル・L・ジャクソンはカッコいいんだけどねえ。
フラミンゴさん [地上波(吹替)] 4点(2009-06-13 21:43:23)
100.《ネタバレ》 結構面白い法廷物。まあ役者が役者だけに演技に文句はつけようがない。最後はビデオテープが見つかって無罪の方がスッキリ終われた気がする。国が軍人を裏切る行為は絶対許されないとしみじみ感じた。補佐官役は悪賢い役やらせたらさすがに巧いねえ。毎度。トミーリーも脅したんなら後日談ではなくてちゃんと暗殺くらいして欲しいね。とにかく後日談で補佐官と大使をやっつけてもこっちが納得できん。片足やられた少女の発砲シーンは結構衝撃だった。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-06-04 18:29:56)
99.トミー・リー・ジョーンズは渋いね!最後の台詞がよかった。
Dr.Teaさん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-08-12 01:57:09)
98.アメリカの映画館で見たので、字幕なしです。サミュエル・L・ジャクソンの英語はとにかく早くて、たいへんに手強いです。私の理解不十分のところもあると思いますが、映画としての面白さは期待を上回るものではありませんでした。フリードキンは好きな監督なのですが、どうしてしまったのでしょう。
ジャッカルの目さん [映画館(字幕なし「原語」)] 5点(2007-05-26 08:39:45)
97.“Engagement”とは約束、婚約、雇用、交戦etc。ここでは交戦の意か。
実話がベースらしいが、もう一つ政治的狙いが理解し得なかった。
また過去の戦闘で始まるが年齢的に老け過ぎ。最近、この手の老優が青年を演じるケースが多くなってるが感心しない。逆の方がまだマシかも。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-05-25 14:26:28)
96.《ネタバレ》 なかなか面白かったです。ちょっと審議に対して緊迫感というか真実味に欠けていた気もするがやはり最後は救われる、このシュチュエーションがたまらなく良い。まさに『英雄と殺戮者は紙一重だ・・。』
きままな狐さん [DVD(字幕)] 6点(2007-05-19 19:47:50)
95.戦争している兵隊に罪はない。って事を言いたい映画でしょう。
東京ロッキーさん [ビデオ(字幕)] 6点(2006-11-27 20:06:14)
94.《ネタバレ》 見ている内に最後には被告を応援してしまっていた。罪を正当化する映像の作り方には驚いた。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2006-11-05 11:11:19)
93.《ネタバレ》 軍事裁判なんて所詮身内に甘いもんだが、この呆れた判決理由には反吐が出る。
MARK25さん [DVD(字幕)] 0点(2006-05-12 17:38:01)
92.トミー・リー・ジョーンズとサミュエル・L・ジャクソンが殴りあうシーンって必要あった?
たろささん [インターネット(字幕)] 6点(2006-04-20 01:35:59)
91.《ネタバレ》 法廷サスペンスとしては、いまいち盛り上がりに欠ける。
証拠隠蔽がもっとクローズアップされるのかと思ったが、そのまま終了・・・
T.L.ジョーンズの演技がいいです。
あきぴー@武蔵国さん [インターネット(字幕)] 5点(2006-04-16 15:18:03)
90.《ネタバレ》 法廷スリラーなのに、衝撃の新事実とか、どんでん返しとかがなくなんとも薄っぺらい感じです。
センブリーヌさん [DVD(字幕)] 5点(2005-04-03 23:13:35)
89.まじめちゃん映画で最後まで堅苦しい。そんなの字幕で見せられてもなァ。何より邦題のセンスを疑う。
SAEKOさん 5点(2005-02-26 17:15:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 108人
平均点数 5.22点
010.93%
121.85%
265.56%
31110.19%
41412.96%
52422.22%
62523.15%
71211.11%
81110.19%
910.93%
1010.93%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.75点 Review4人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 3.75点 Review4人
4 音楽評価 4.66点 Review3人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS