虚栄のかがり火のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 虚栄のかがり火
 > (レビュー・クチコミ)

虚栄のかがり火

[キョエイノカガリビ]
The Bonfire of the Vanities
1990年【米】 上映時間:125分
平均点:4.77 / 10(Review 35人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-11-11)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
演出ゲイリー・ハイムズ(スタント・コディネーター)
キャストトム・ハンクス(男優)シャーマン・マッコイ
ブルース・ウィリス(男優)新聞記者 ピーター・ファロ
メラニー・グリフィス(女優)マリア・ラスキン
キム・キャトラル(女優)シャーマンの妻 ジュディ・マッコイ
ソウル・ルビネック(男優)ジェド・クレイマー
モーガン・フリーマン(男優)判事 レオナルド・ホワイト
ケヴィン・ダン(男優)トム・キリアン
クリフトン・ジェームス(男優)アルバート・フォックス
ドナルド・モファット(男優)マッコイ
アラン・キング〔1927年生〕(男優)アーサー・ラスキン
キルスティン・ダンスト(女優)マッコイ夫妻の娘 キャンベル・マッコイ
リタ・ウィルソン(女優)広報の女性
F・マーレイ・エイブラハム(男優)地方検事 エイブ・ワイズ(ノンクレジット)
ゲイリー・ジョーンズ[衣装](男優)エレベーター内のウエイター(ノンクレジット)
三ツ矢雄二シャーマン・マッコイ(日本語吹き替え版)
津嘉山正種ピーター・ファロ(日本語吹き替え版)
佐々木優子マリア・ラスキン(日本語吹き替え版)
脚本マイケル・クリストファー
音楽デイヴ・グルーシン
編曲ジャック・ヘイズ〔編曲〕
撮影ヴィルモス・ジグモンド
ダグ・ライアン(カメラ・オペレーター)
製作ブライアン・デ・パルマ
フレッド・C・カルーソー(共同製作)
ワーナー・ブラザース
製作総指揮ピーター・グーバー
ジョン・ピーターズ
配給ワーナー・ブラザース
特殊メイクトーマス・R・バーマン
美術リチャード・シルバート(プロダクション・デザイン)
グレゴリー・ボルトン[美術]
衣装アン・ロス〔衣装〕
ゲイリー・ジョーンズ[衣装](衣装デザイン助手)
編集ビル・パンコウ
デヴィッド・レイ[編集]
録音リチャード・P・シリンシオーネ
アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
35.興行的にはボロボロだったそうですが、私はけっこう好き。複数の人間の欲とか嫉妬とか見栄とか蔑みとかがグロテスクに混じり合って、なんとも毒気の強い世界を描いています。登場人物の中では一番マトモで正直なトム・ハンクスが、一番の悪役に仕立てられそうになるあたり、案外リアルだったりします。モーガン・フリーマンの最後の演説はやや空振り気味だったけど。
皮肉なストーリーもさることながら、ストーリーとは関係のない会話も秀逸。奥さんによる「ケーキのカケラ」の話とか、愛人の夫による「アラブ人の乗った飛行機」の話とか、床を引きずられる飼い犬とか。不謹慎であることを重々承知しつつ、つい大笑いしてしまいました。
眉山さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-02-07 01:27:14)
34.冒頭のB・ウィリスの長回しの印象がどうしても強い。酔いどれてホテルに到着してから会場に行き着くまで。カートに乗ったりエレベーターに乗ったりしつつ、わざと失敗を許されないようなアクションばかり織り込んでいる。お盆を引っくり返したり、ケーキを手づかみで壊して壁に投げつけたり、「長回し」というドキュメントを見ている感じで、これでいいのかな、とか思ってるうちにT・ハンクスの物語に入っていき、やがてウィリスも絡む。検事や黒人宗教家をもっと膨らませ、全体をグツグツ煮立ってる「虚栄の都市」として笑い飛ばせればよかったのに、あんまり笑いが弾けてくれない。デモのふりして自宅に帰ったところのパーティシーンなんかけっこう良かった。猟銃撃っても、みんなただ笑うばかり。判事までは笑い飛ばせなかったところが弱点。「裁く人」になっちゃって、説教しちゃう。B・ウィリスは良かった。どこか一途になりきれない雰囲気があり、人物にゆとりが生まれてる。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2013-08-03 09:54:19)
33.●マリアが絵に描いたような馬鹿で辟易。●シャーマンは冤罪が晴れただけで、ヒーローじゃないだろう。ひき逃げ車に同乗してたんだし。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 5点(2011-04-03 16:48:03)
32.あんな内容の暴露記事で、なんで時の人になれるのかさっぱりわからん。最後の演説だけ妙に浮いてるし。
nojiさん [地上波(吹替)] 4点(2010-12-21 07:42:58)
31.《ネタバレ》 何かが違う気がしました。何だろう?? 最後の法廷のシーンも盛り上がりに欠けて。スッキリしません。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 3点(2008-11-16 23:05:08)
30.トム・ウルフの原作は、80年代のニューヨークを描いた同時代小説としてそれなりに評価されているようですが、映画化してヒットを狙うにはハードルが高い素材だったと思います。共感を誘うヒーローやヒロインがいない映画なのに、有名な俳優陣がキャスティングされ、期待を裏切られたファンも多いはず。でも個人的には、救いようのない世の中の救いようのない面々の駄目さ加減を、それなりに楽しむことができました。
Picanderさん [ビデオ(字幕)] 5点(2007-08-07 20:23:53)
29.《ネタバレ》 こういうのがアメリカ人は好きなのかなというような内容。アメリカ人には分かるんだろうネタらしきものがちょこちょこ見られて、何気に文化の違いを感じます。記者の語りで進行するが、主人公を「切っても切れない存在になる男」などと言う割りに二人の距離感がまったく遠い。最後まで二人に大した進展も無く結びつきも薄いままだし、第一、記者自体の影が薄い。これでは、この男に語り部の役割をさせてもマイナス要素にしかなりません。終盤のM・フリーマンの演説への持って行きかたも、ちと強引。演説でもさせなきゃ締まらんと思ったのかもしれないが、したところで締まるもんじゃありません。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 2点(2007-01-08 22:16:28)
28.すでにたくさん指摘されているとおり、演出の方向性が全然一貫していません。本来、どうみてもコメディ向きの素材だと思うけどな・・・。それを抜きにしても、手垢のついたようなありがちな展開に説明的なシーンを積み重ねた面白くない作品です。今から見ればびっくりするようなキャスティングとスタッフの豪華さに免じて+1点。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 4点(2006-11-11 23:29:20)
27.なんだかまどろっこしい映画だと思った。何を伝えたいのか焦点を一つにして欲しかった。それに、やたら人種についての話とか出てきたり、なんかあんまり頭に入ってきにくいセリフでわかりにくかった気がした。この映画見てると、アメリカの白人も黒人も両方ともとんでもないやつらばかりに思えてしまう。あの尻軽女がむかついたし、その女に引っかかって結局失墜した主人公に同情の感覚すらわかなかった。今思うと、奥さんがちょっとかわいそうに思える。自業自得と言えばそれまで。この映画の主要人物でまともだったのは、主人公(トム・ハンクス)の父ぐらいだと思った。ブルース・ウィリスもアル中の役だし。後半もっと緊迫感をだしてちょっとストーリーをいじって法廷シーンに力を入れて盛り上げればもう少し面白い映画になると思った。あと、フリーマンの喋りもなんか説得力がなかった。
スワローマンさん [地上波(吹替)] 4点(2006-11-11 10:27:28)
26.《ネタバレ》 途中から「つまらないな…」と感じ、恐らくラストまで面白くなるとも思えなかったが、最後まで観てもやはり面白くなかった。キャストは豪華、キャラクターもそれぞれ一癖ありユニークで、それぞれの思惑がぶつかりあう展開。そして、テーマもかなり奥深いというのに、2時間かけて、この映画はいったい何を伝えたかったのかが、まるで見えてこなかった。虚栄、エゴ、節度、正義、人種問題等、これらの重要なことが盛り込まれているにも関わらず、本作からは何一つ伝わってこなかった。
戦犯は、まずはなんといってもトムハンクスだろう。トムハンクスというよりも脚本におけるマッコイの人物像に相当問題があるのではないか。
あんな小心者の男が、なぜウォール街のトップに君臨できたのかと疑わざるを得ない。はったりも効かず、度胸もなく、ただ事故に怯え、妻に怯え、愛人に怯え、父親に怯え、警察に怯え、社会に怯える。とても一日で数億ドルを扱う大物には見えない。ただの小物の小さな転落劇では、「虚栄」というテーマが活きてこない。彼からは「栄光」も「虚栄」も何もかも感じられなかった。「地球は俺中心に回っている」くらいの堂々として自信満々で、威厳を備えていないと、本作の主人公としては失格だろう。本作の主人公に相応しいのは、周りから媚びへつらわれ、裸の王様ということに気付いていない憐れな男ではないか。
そして、自らが築きあげた「栄光」が一瞬でもろくも崩れ去る姿を見せる必要があり、築き上げていたものは、単なる砂上の楼閣に過ぎないということをしっかりと見せるべきであった。マッコイの人物像は、トムハンクスというよりも、むしろ冒頭のブルースウィリスに近いキャラクターではないかと思う。そのウィリスも中途半端な印象を受けた。
彼ら二人の出会いによる「化学反応」がまったく生じていない。二人の出会いによって、お互いに何も変わらないのは問題ではないか。
ファロー(ウィリス)は、マッコイの虚栄の人生を見つめ、ピューリツアー賞を得て、一躍「虚栄」を手に入れた。自己の「虚栄」に何を感じるのだろうか…という余韻にはまるで浸れない。当然、モーガンフリーマンの演説も、劇中において「正義とは何か」「法とは何か」「欲にまみれた人々に必要なものとは何か」ということがきちんと描きこまれていないので、深みのある生きた「言葉」には聞こえてこない。
六本木ソルジャーさん [DVD(字幕)] 3点(2006-09-20 23:39:37)
25.デ・パルマといえば長まわし。ここでもオープニングで見せてくれ、けっこう期待したんだけど、映画としてはワタシの好みとはいえなかったです。ノレない、惹きこまれる面白さとか魅力がなかった。でもキム・キャトラルには笑ったなあ、キャスティングはいいし、なかなかの俳優が揃っているのにもったいない感じ。ブルース・ウィリスって時々気まぐれ、思いつきみたいな仕事するのね。ところでこれってリメイク?それともやっぱりパクリ?モーガン・フリーマンの「正義とは・・・」という演説のところ、どっかで見た記憶がある。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2005-12-13 09:42:53)
24.これだけ豪華な俳優たちを構えながら、この程度だとは・・・・零点でもいいかも。
ボバンさん 1点(2004-11-13 14:33:52)
23.かなり微妙な映画、地味で記憶には残らない。
A.O.Dさん 5点(2004-11-13 11:45:49)
22.エゴ、エゴ、エゴ。私は重体の息子のお母さんがきれいな服を買って、法廷に座っていたシーンが、なんともいえない女の業を感じましたねえ。
バチケンさん 5点(2004-11-12 23:45:53)
21.《ネタバレ》 他人の不幸ほど面白いものはないってことでしょうかね。主人公のトム・ハンクスも決して善人とは呼べないキャラクターだし、憐れみは感じるものの感情移入するまでには至りませんでした。他の登場人物たちにも一定の距離を置いて、あまりの馬鹿っぷりに暫し苦笑。現代のアメリカ社会だとか、あまり深く考えないで見ていたらそれなりに楽しめましたよ(ていうか浅薄なだけ)。ラストのブルース・ウィリスの台詞にも半ば諦めというか、投げやりな感じがデ・パルマの胡散臭さに反映していて良かったです。ただ悲しむべき点は、冒頭の長回しなど驚異的なショットの数々がその場の状況に応じてあまり生かされていないということですかね。まぁ二回は観られないかな(本当に性悪なレビューだったな…汗)。
かんたーたさん 7点(2004-10-31 20:15:51)
20.系統としては嫌いでないジャンルだが、イマイチ話に乗れなかった。なぜだろうかと考えてみた。作品は正義が勝ち、悪が裁かれる単純明快作品ではない。アメリカの社会の問題・影の部分の一つを題材としている。しかしそうした問題提起はあっても、劇中その解決策は提示されていない。裁判で無罪を勝ち得ただけだ。これがイササカ後味の悪い終わり方に感じられたからだと思う。リアルに描けば描くほど、面白く見せるのは難しいことなんね。
プミポンさん 4点(2004-09-12 03:06:50)
19.トム・ハンクスの映画はどれも最高!ほんとに良い俳優さんだと思います。
teruhisaさん 10点(2004-08-09 01:30:50)
18.登場する人物達はT・ハンクスも含めて共感できる者はほとんどいない。最後に演説をぶつ判事のM・フリーマンとハンクスの父あたりのみがまぁまともな人物といったところ。人間の汚いくて嫌な部分をことさらにみせるので見ててもまるで楽しくはないし好みでもないのだが、これが結構ブラックジョークに見え興味深かったりする。
キリコさん 5点(2004-04-28 19:08:17)
17.観たのを後悔しました。
(映画館)
zero828さん 3点(2004-02-25 21:59:39)
16.冒頭の長回しやら、トム・ハンクスにおおよそ似合わない役柄、この当時はまだ「ダイ・ハード」で出てきたばかりだったブルース・ウィリス、さまざまな要素から、これが実験作だったことに、疑いの余地はない。
スターを起用して、よくある役柄で手堅い作り方をしていれば、そこそこ商売にはなるかもしれないけれど、それでは作り手として面白いわけはない。
本作は確かに興行的にはうまくいかず、売れかけたトムもかなりこれで一時期沈んでしまったらしいが、私は欠点だらけかもしれないこのビター味の作品が、けっこう好きだ。
一番がんばってたと思うのは、メラニー・グリフィスかな。
おばちゃんさん 7点(2004-02-07 17:25:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 35人
平均点数 4.77点
012.86%
125.71%
225.71%
3514.29%
4514.29%
5822.86%
6514.29%
738.57%
825.71%
912.86%
1012.86%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review2人
4 音楽評価 0.00点 Review1人
5 感泣評価 0.00点 Review1人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1990年 11回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞ブライアン・デ・パルマ候補(ノミネート) 
最低主演女優賞メラニー・グリフィス候補(ノミネート) 
最低助演女優賞キム・キャトラル候補(ノミネート) 
最低脚本賞マイケル・クリストファー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS