SONNY ソニーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ソ行
 > SONNY ソニー
 > (レビュー・クチコミ)

SONNY ソニー

[ソニー]
SONNY
2002年【米】 上映時間:110分
平均点:5.73 / 10(Review 15人) (点数分布表示)
ドラマ青春もの
新規登録(2004-05-23)【放浪紳士チャーリー】さん
タイトル情報更新(2009-08-08)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニコラス・ケイジ
キャストジェームズ・フランコ(男優)ソニー・フィリップス
ブレンダ・ブレッシン(女優)ジュエル・フィリップス
ハリー・ディーン・スタントン(男優)ヘンリー・ウェイド
ミーナ・スヴァーリ(女優)キャロル
ニコラス・ケイジ(男優)アシッド・イエロー
スコット・カーン(男優)ジェシー
シーモア・カッセル(男優)アルバート
ブレンダ・ヴァッカロ(女優)メグ
マーク・コッポラ(男優)ジミー(マティの店から帰る男性)
デヴィッド・ジェンセン〔男優・1952年生〕(男優)Mr. Penn
脚本ジョン・カーレン〔脚本〕
音楽クリント・マンセル
撮影バリー・マーコウィッツ
製作ニコラス・ケイジ
ポール・ブルックス〔製作〕
配給ギャガ・コミュニケーションズ
動物タック
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
15.売春の世界を描いている割に濡れ場がなかったのはだまされた感があった。
たこちゅうさん [地上波(吹替)] 5点(2011-02-26 22:04:36)
14.コップの上に紙を乗せて叩いてから酒を飲むシーンがカッコ良く印象的。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2009-07-10 23:04:46)
13.《ネタバレ》 ミーナ・スヴァーリは相変わらず綺麗でした。ジェームズ・フランコとハリー・ディーン・スタントンも渋くて良い演技をしていたと思います。ストーリーはもう少し面白くできたのではないかな?盛り上がりに欠けているし、テーマの割りには濡れ場はゼロ!!大好きなミーナ・スヴァーリが出演しているから期待していたんだけどな。ニコラス・ケイジの出演シーンなんて完全に入らなかった。ラストも救いようのある結末が良かったなぁ。キャロルがあんな親父と結婚するとか不憫でならない。ソニーも違う町でキャロルとやり直すことだって出来ただろうに。その辺の脚本が甘いかなって感じがする。ミーナ・スヴァーリは綺麗なのでファンなら見ても良いと思います。
マーク・ハントさん [地上波(吹替)] 5点(2009-06-17 20:29:55)
12.《ネタバレ》 最初は「貴重な時間を奪われた。時間の無駄映画。」と思ったけど、もう一度録画したのを見直してみて、ほんの少しだけ評価は変わった。ラストの場面、この世界から抜け出したいけど抜け出せない、今のこの自分の運命を受け入れるしかないソニーの悲しみがあのドアの前に佇むシーンに凝縮されていたのだと思う。でももう少しエンドロールに入るまでの「ため」がほしいというか…間を考えてくれたらなぁ…と。直後に流れるエンドロールのBGMももうひとつだし。ストーリーはイマイチだったのでこの点数。もうこの作品を2度と見ることはないでしょう。
☆Tiffany☆さん [地上波(吹替)] 3点(2009-06-12 08:36:11)
11.ジェームズ・フランコはあまり好きではなかったのだが、この役は、はまっていて苦悩する様を上手く演じていた。ニコラス・ケイジの出演はなくても良かったんじゃないかな?個人的には面白かったけど。
茶畑さん [DVD(字幕)] 5点(2008-10-02 23:30:24)
10.12から身体を売って、しかも母親に仕込まれてって・・・かなりヘビーだよ。 でも、ジェームズ・フランコの表情の変化は良かった。凄く良かった。彼の笑顔は犯罪並で、ミーナ・スバーリの可愛さは逮捕しちゃいたいくらい。可能性に挑戦してみる女と、足を洗えない男。「娼婦が子供が欲しいと思っちゃいけないの?」というミーナのセリフが悲しい。あのラスト、私は好きかな。なんといってもこの作品はジェームズがせくしーーー。
アンナさん [DVD(字幕)] 8点(2006-11-24 23:29:54)
9.ニコラス・ケイジ初監督作から勝手にイメージしたものとは大きく逸脱したもので驚いた。オープニングこそごくありふれた色調だったが主人公の住む世界に入ってゆくごとに独特の色を配してゆく、いわゆるアート系の作品の臭いを持っている。戦争から帰還し家の扉を開けるオープニングシーンもただのお話のオープニングというのでなく、ちゃんと物語のキーとなる「自分の殻」の象徴として登場し、エンディングにもリンクしている。俳優の演技が作品の評価を左右するほどの人物偏重の描き方は監督が俳優だからでしょう。でも俳優陣はその重責を全うした演技を見せてもいます。とくにジェームズ・フランコの表情の作り方は絶妙です。ただしやっぱり脚本の盛り上がりの無い構成や、先にあげた人物偏重の描き方が不満に残る。
R&Aさん [DVD(字幕)] 5点(2006-07-21 14:57:51)
8.男娼として育てられた青年の、足を洗いたくても洗えない悶々とした苦悩を描いた青春映画。ずっと箱入りだった訳でもなく、戦前の話でもないのに、主人公のソニーは純粋培養された様な男として描かれる。生まれてこの方、ずっと裏街道を生きてきた筈なのに、女の子がちょっとクスリをやってただけで「堅気」に幻滅するってのはおかしい。自分を買ってきた女達も全員堅気だろうに…。それに、他の町に移って仕事を探せば簡単にやり直しがきくと思うのに、そうしないのは何故か。この辺の理由付けにストーリーの弱さが感じられ、唯の変態プレイ見本市みたいな印象で終わってしまいました。それにしてもブレンダ・ヴァッカロ。結構な美人女優だったのに、老醜を晒す肉塊役というのは結構驚きました。そういうことで、5点献上。
sayzinさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2005-10-02 00:04:21)
7.良くも悪くもアメリカ映画のこれが限界かな?というところを知り尽くしたニコラス・ケイジならではのセンスが溢れてます。82年という微妙にレトロな時代設定もオイシい。最大のインパクトはやはりジェームズ・フランコとミーナ・スヴァーリの恐ろしいほどの存在感で、若さに似合わず見せてくれる深い表情には末恐ろしさを感じました。ハリー・ディーン・スタントンやブレンダ・バッカロのポジションも絶妙ですし、圧倒的に配役勝負の作品だと思いますがこれだけやれば充分でしょう。欲を言うならラストのBGMだけちょっと違うんじゃないかという気がしました。題材からルイ・マルの「プリティ・ベビー」を思い出してしまうのはどうしようもなく仕方のないことですが、ミーナ・スヴァーリのお人形ちっくな無表情さと底知れぬ絶望感、この世界から抜け出そうともがく若者の葛藤など、ほとんどオマージュと言って良いほど強い影響を受けていると感じました。だからこそ母親役がスーザン・サランドンではなかったんだろうと思いますけど、むしろサランドンをかつぎ出して来ちゃっていたらとんでもない茶番劇に落ち着いていた可能性大ですね。「プリティ・ベビー」が好きな方はたぶん気に入ると思います。わたしは好きです。
anemoneさん [DVD(字幕)] 7点(2005-08-22 10:41:45)
6.うーん、ソニー君は何年かの軍隊生活で何を学んできたんですかねえ。軍隊時代の友人宅での破天荒なキレッぷりで、この主人公に対する興味や同情が一気に冷めてしまいました。ああいった環境で育った場合、人間はどういう形で成長するのかを観たかったんですけどね。ニューオーリンズの退廃的な街の雰囲気は、意外に良く出ていたとは思うんだけど・・・。
放浪紳士チャーリーさん 6点(2005-03-21 17:57:06)
5.いかにも俳優監督のデビュー作らしい映画。ハリウッドスターが憧れるアウトローを見せられた。それだけ。
michellさん 5点(2004-12-21 01:21:04)
4.ケイジの初監督作品というわけで期待して観ました。題材が好みではないけど、うまくまとめてますね。音楽やカメラワーク等も良いと思う。だけどヒロインはパッとしないし、ババアの裸は見たくないね。ヘンリーが渋かった。ケイジは出演しなくても良かったんじゃないかな
やっぱトラボルタでしょうさん 7点(2004-12-16 08:45:08)
3.ジェームズ・フランコのかっこ良さが一番印象に残りました。
たまさん 7点(2004-12-15 20:44:13)
2.ニコラス・ケイジがメガホンをとったということで、どんなもんなんだろうとは思っていたが、悪くはなかった。2人の心情が丁寧に描かれていたように思う。にしてもミーナ・スヴァーリは年々顔が歪んでいってる気がするのは私だけ?
c r a z yガール★さん 6点(2004-12-13 01:24:39)
1.うわっ、ケイジが演じるキャラ濃いなー、というわけでニコラス・ケイジ初監督作品で自らも出演しております。主人公ソニーの孤独と焦燥と諦観、希望と現実。そのへんは非常に分かりやすく描いております。ソニーはさながら底辺をさまようウォークマン、母親のアイボ、といったところですな。アップの多さはジェームズ・フランコ、ミーナ・スヴァーリなら許しておきましょうね。
彦馬さん 7点(2004-06-06 22:44:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 15人
平均点数 5.73点
000.00%
100.00%
200.00%
316.67%
400.00%
5746.67%
6213.33%
7426.67%
816.67%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS