トキワ荘の青春のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > トキワ荘の青春
 > (レビュー・クチコミ)

トキワ荘の青春

[トキワソウノセイシュン]
1996年【日】 上映時間:110分
平均点:4.76 / 10(Review 29人) (点数分布表示)
公開開始日(1996-03-23)
ドラマ青春もの実話もの
新規登録(2004-06-07)【mhiro】さん
タイトル情報更新(2021-10-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督市川準
キャスト本木雅弘(男優)寺田ヒロオ
鈴木卓爾(男優)安孫子素雄
阿部サダヲ(男優)藤本弘
大森嘉之(男優)赤塚不二夫
古田新太(男優)森安直哉
生瀬勝久(男優)鈴木伸一
翁華栄(男優)角田次郎
柳ユーレイ(男優)棚下照生
きたろう(男優)編集者・丸山
桃井かおり(女優)藤本の母
時任三郎(男優)寺田の兄
原一男(男優)学童社編集長・加藤
広岡由里子(女優)学童社事務員
内田春菊(女優)娼婦
七尾伶子(女優)
塩野谷正幸(男優)
山西惇(男優)
菅原大吉(男優)
甲本雅裕(男優)
原作手塚治虫(原案協力)「トキワ荘の青春物語」
藤子不二雄Ⓐ(原案協力)「まんが道」/「トキワ荘青春日記」
石ノ森章太郎(原案協力)「トキワ荘の青春」
脚本市川準
作詞佐伯孝夫「燦めく星座」/「東京の屋根の下」
サトウ・ハチロー「胸の振り子」
作曲服部良一「東京の屋根の下」/「胸の振り子」
主題歌霧島昇「胸の振り子」
灰田勝彦「燦めく星座」/「東京の屋根の下」
撮影小林達比古
製作近代映画協会(製作協力)
作画むぎわらしんたろう(漫画協力)(名義「荻原伸一」)
美術間野重雄
録音橋本泰夫
照明中村裕樹
その他藤子プロ(資料協力)
小学館(資料協力)
講談社(資料協力)
NHK(資料協力)
IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.尺の問題で一つ一つのエピソードを掘り下げられないのは仕方ない。掻い摘んで淡々と描かれる群像劇だが、1950年代の雰囲気を楽しむ映画だと割り切っていいと思う。劇場にお越しの方々もほとんどがお年寄りだった。
公開当時は賛否あった様だが、寺さんの本木雅弘は個人的には良かった。寺さんはトキワ荘屈指のイケメンなのである。
つのだ我孫子の再現度が凄い。本人かと見紛うばかりによく似ている。これは大きな評価ポイント。
赤塚石森はイメージがなかなか本人と一致せず、慣れるのに時間が掛かった。若き頃の赤塚は紅顔の美少年と言われた。赤塚石森の配役が逆でも良かったのでは。
水野英子が妙に色気があって可愛かった。黒髪ショートに眼鏡というのは女っぽさを際立たせるのに効果的。
トキワ荘のマドンナこと石森の姉も良かった。地味美人万歳。
にしきのさん [映画館(邦画)] 6点(2021-05-17 20:09:57)
28.《ネタバレ》 NHKの「わが青春のトキワ荘」を見ていると、誰が誰か分かりやすく、
この作品のテーマも読みやすい。
というか、市川準は、漫画にそれほど愛情を持っていると思えず、
いつもの市川節ならば、もう前述のNHK特集を見ればいいわけで、あまり制作の意図が読めない。

本木くんの映画と思えば、すっきりはするが・・
長回しというか、淡々と情景を撮るというか、長いCM(昭和に流行った感じの)のようである、
市川節では、この素材はもったいなさすぎである。

でも自分を殺さず、時流に取り残されていく作家の話としては、
見応えがありました。
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2020-07-22 01:35:37)
27.伝説のトキワ荘での漫画家たちの若き頃を垣間見ることができる。
出てくる漫画家の漫画で育った世代なら特別の感慨があるかもしれないが、ストーリーとしては特に盛り上がるようなものはない。
飛鳥さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2017-08-31 23:01:42)
26.《ネタバレ》 トキワ荘に惹かれて視聴。うーん、少しわかりにくいかな~
誰が誰だかよく分からない。話の盛り上がりがない。残念。
あずれもさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-14 09:54:19)
25.小津映画的構図を用いて描かれる、主人公の心情に合わせた静かな佇まい。トキワ荘メンバーの中で寺田ヒロオの視点とはいえ、しんみりし過ぎ。ヒソヒソ話のようなセリフ回しや暗い画面の連続は時に不快でさえある。
ドラマ性を排した演出により、漫画家同士以外の人間関係が無機質で事務的な印象を受ける。昭和30年代、都会とはいえ下町が舞台であり、この雰囲気がこの時代に合うとは思えない。
主人公は“いい人”としてあっさりした描き方であるが、創作者として信念を貫くか時代と向き合い妥協するかの苦悩はあったんじゃないの?それがあまり感じられず物足りない。
お互いの才能がぶつかり、時には助け合う中、世間の評価や本人の向き不向きでそれぞれの道があるのが世の習い。ペラペラ漫画からアニメという新天地への転向を打ち明ける鈴木伸一や、志半ばで挫折した森安の別離は印象的。
赤塚と寺田、この二人の会話がその後の立場の逆転を冷徹に象徴している。それでも、寺田が漫画に対する信念を貫き通したことは、ひとつの見識と解する。
映画の内容から離れるが、寺田の画風を考えてふと思う。ピーナッツ・シリーズのような4コマ漫画に生きる道はなかったのだろうか、と。
風小僧さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-11-27 11:52:42)
24.映画としては地味で盛り上がりもない。寺田ヒロオについても全く知らなかった。が、調べてみると、それなりに頑固な人だったようで、実際はちょっと違うのかなあという印象も受けた。高度成長の始まりとしては、時代背景にやや勢いに欠けるし、トキワ荘の雰囲気が実際どうだったのだろうか?という疑問もあるのだが、時代の流れに迎合するか否かはアーティストとしてのジレンマなのだろうとは思う。「漫画なんだから売れるモノを描けばいいんだよ」という編集者の言葉が印象的。トキワ荘についてはよく知らなかったので、その背景・経緯について知れたのは勉強になった。漫画家アパートで、その後売れっ子輩出したのは偶然ではなく、必然だったし、その影で敗者もいたんだなあと。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-11-23 22:12:30)
23.正直、驚きました。すばらしい素材と、有名な役者(当時はまだ無名だったかもしれませんが)が揃っているのに、どうしてこんなくだらない作品になってしまうのかと。暗くて貧乏くさいのは、それなりにリアルな表現なのでしょう。しかし、懐メロ風の曲をガンガン流したり、ときどきセピア色の写真を挿入したりするのは、いかにもわざとらしい。団塊世代あたりが泣いて喜ぶとでも思ったのでしょうか。
それに何より、登場人物たちの心情もキャラクターもまったく伝わってきません。中途半端な〝引き〟の映像ばかりで、しかも頻繁に〝暗転〟するので、メリハリというものがない。結局、見る側が実在する漫画家のイメージを重ねて補うしかないという感じです。これが「プロ」の仕事なんですかねぇ。
眉山さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2016-02-06 21:27:46)
22.青春、という雰囲気はあるものの物語の進み方に観る側がなかなかついていけない。
登場人物に入り込めないからだと思うが、個々の人物の特性もちょっと分かりにくい。
悪い雰囲気ではないが、テーマがちょっと曖昧だったと感じてしまう作品。
simpleさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-01-30 21:39:01)
21.見所がよくわからない、淡々とした映画(^_^;)
ようすけさん [地上波(邦画)] 4点(2016-01-30 20:45:50)
20.恥ずかしながら、この映画に登場する漫画たちの作品は読んだ事がないし(アニメは見てたけど)、「まんが道」も知りませんでした。それがよかったのか、先入観なしに見る事ができて いち映画として良かったと思います。思い入れがある方にはダメなのかもしれませんが・・・。「ただウケ狙いのためだけに作品を作ることがいいことなのか?」という葛藤と、この映画の演出スタイルが一致していて好感が持てます。良い意味で、面白すぎないというか(汗)。化学調味料をブっ込んだ「面白さ」を良しとするかどうか。これは作り手だけでなく観客にも突きつけられる課題のような気がします。個人的には、冒頭で「キャラクターに個性がないんですよね」と、これ以上ないくらい平凡そうな女性編集者に指摘されてしまうシーンがツボにはまりました。 「まんが道」読んでみようかな。
ゆうろうさん [DVD(邦画)] 7点(2014-01-21 09:50:18)
19.《ネタバレ》  しかし、自分のやり方が通用しなくて、後から来た若者がどんどん認められてゆく状態というのは、キビシイものだ。客観的な優劣がない代わりに、人々の支持という形で現れる類のモノでは、なおさら辛かろうと思う。

 そういう人が、次々と成功する後続を見つめ続けるこの物語は、タイトルがイメージさせるほど若く明るいものではない。むしろ「寺田の苦悩」ともいうべき物語に見える。…まあ、そうは言っても描写が淡白すぎて、彼がどう葛藤しているのかいないのか、分かりにくい事は事実。
 そうかと言って、トキワ荘に住む若者たちの群像劇だといわれると、ちょっと視線が寺田に寄り過ぎている。

 つまり、何を描きたいのかがよく分からない。正直、あのアパートで見たいものは新しい漫画のムーブメントを作った若者たちの話であって、道半ばに倒れた若者の話をではない。それをするするなら、別の素材もしくは成功側の若者を排除した視点でやるくらいの「絞り込み」が必要ではないだろうか。

 それと、暗転が長い。多い。物語に無関係な、昔の写真の時間がもったいない。セリフが聞き取りづらい。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 3点(2013-07-24 23:56:18)
18.有名な漫画家さんたちが住んでいた、御存知トキワ荘のお話。
当時の時代背景を描きつつ、漫画家寺田ヒロオの視点で物語は進むが、
かなり淡々とした流れで、映像もやや暗く、地味といえば地味なストーリー。
でもちゃんと映画にはなっているし、
一番伝えたかったであろう部分もタイトル通りに表現できてるし、
特別大きな粗があるわけでもないので低い点数はつけにくい。
トキワ荘の話をかじってる人は、より鑑賞しやすくなるのでは?
でもやっぱりこれは、テレビドラマの作りで見たほうが圧倒的に面白いかな。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 4点(2011-07-19 13:42:48)
17.《ネタバレ》 トキワ荘物語の光と影の部分の、影の部分を背負っていた寺田ヒロオを主人公にした物語。
一言で言うと、寺田ヒロオ先生への鎮魂歌のような作品

「トキワ壮物語」や「まんが道」などに愛着がある人にとっては、いい作品です。

予備知識や、この素材に興味がない人の場合、ちょっときついかもしれません。
ひであきさん [DVD(邦画)] 5点(2010-10-26 20:25:13)
16.《ネタバレ》 理想と現実、売れる者と売れない者・・・。藤子不二雄Aの「まんが道」を読んでいたので楽しめました。盛り上がるところは一切なかったですが。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 6点(2010-03-18 23:20:49)
15.淡々と、あくまで淡々と話は進む。雰囲気も悪くない、役者もいい。しかしこの映画には致命的な欠陥がある。面白くないのだ。シーン変化時の長い暗転や聞き取りにくい台詞、全て狙ったものだろうがかなりの逆効果、まるでどこぞの自主映画のような作り。観ているこっちが気を使う。観終わった後に爽やかさが残るのはさすがだが。
カーヴさん [DVD(邦画)] 5点(2010-01-12 09:50:46)
14.典型的な“貧しいけれど夢があった”式の話で、でも仲間うちのワキアイアイの描写がベタついていないのが感じいい。なれなれしくない。新漫画党結成のパーティシーンなんか、ちょっと距離をおいて話し合ってる雰囲気が好ましかった。実際のトキワ荘がそうだったのか、市川監督の理想なのか。みんな似た帽子かぶってんのね、と母親が言う。恋愛のない青春ものというのも珍しい。石森の姉へのほのかな感情はあるが。全体の骨格としては、マンガの時代の到来と、寺田ヒロオ式のマンガの凋落とが重ね合わされている。そこらへんの陰影がよく、細部に満ちている映画なので、何か芯が物足りないと不満を持ってはいけないのかも知れない。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 6点(2009-09-22 12:02:59)
13.《ネタバレ》 評価低いな~
この映画と「まんが道」や「愛しり~」を比べたらいかんのですよ(どっちも大好きで全巻持ってるけど)。
これはトキワ荘の栄光よりもダークサイドにスポットを当ててるのよね。
暗くてあたりまえ。
もちろん当時の雰囲気やエピソードとかはA氏の描いた漫画のほうが正確なんだろけどそんなことは問題じゃない。
良質で健全なスポーツ漫画を子供たちのために描こうとするがために時代遅れになる寺田ヒロオ、説明不要のダメ人間森安なおやがこの映画の主人公。
藤子コンビや石森、赤塚じゃないのよ。
今まで売れなかった赤塚不二夫が描きたい漫画が描けるようになり、売れっ子になる上り調子のエピソードさえも森安や寺田との対比のためのものにしか見えない。
牛乳配達(新聞だっけ?)で「売れないまんがなんかやめてしまえ」って言われた森安が「これがなかなかやめれんのですわ」ってつぶやくシーンを市川準監督は見せたいのでは?
だいたいトキワ荘モノにつげ義春が出てくるところからこの映画の方向性がわかる。
一応住民だったこともあるらしいけど普通とりあげないでしょ。
しかしただ敗者を取り上げる暗い映画じゃないのがわかるのがラストの藤子コンビが寺田に「相撲しませんか?」って誘うシーンと土手で背番号0の少年に野球ボールを渡すシーン。
漫画だけじゃない絆でみんなつながっていたということ、そして自分の漫画が確かに子供たちに読まれ、子供たちを育んだいるということを美しく表現している。
CBパークビューさん [ビデオ(邦画)] 8点(2009-07-25 10:52:12)(良:1票)
12.《ネタバレ》 原案は読んでませんが、寺田ヒロオを中心に据えたのは市川監督らしいですね。そうすることでトキワ荘での劇的な変遷も、創明期の若い漫画家たちの同志的な繋がりもよく表現されていたと思います。そう手塚治虫が寺さんを晩飯に誘うプロローグ的なエピソードからトキワ荘の性格を形付け、それから始まる青春群像へすんなり誘ってくれます。出前に来た店員だけに演技させた描写も素晴らしく、優れた小説の情景描写のように全てを静かに物語れるカメラワークは秀逸です。人間模様もうまく表現されていて、成功と挫折だけではない尊厳までもしっかりと描かれています。自分の世界を確立していても時代に取り残されるように、漫画のもつ無限の可能性と子供の娯楽といった要素との葛藤も寺さんを透して見事に表現されています。様々なジャンルがある現在ならば、寺さんの作品にも居場所があったのではないでしょうか。ラストの後輩たちからの相撲の誘い。トキワ荘の軒先から通りまでを捉え続けたアングルの中で一心に相撲をとり続ける寺さんの汗と涙がとても良かった。静けさの中、丁寧に散りばめられたエピソード一つ一つとそれらを優しく包みこむ素晴らしい選曲も心に沁みました。唯一、サントラもDVDも発売されていないのが悔やまれます。
カリプソさん [ビデオ(邦画)] 9点(2008-03-22 18:24:59)
11.当時の雰囲気は良く出ていると思うが、淡々と進むためドラマ性が薄い。しみじみと感じ入るための映画。過度な期待は禁物。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 4点(2008-01-12 18:46:36)
10.あくまで当時を再現しただけでドラマ性を出そうなんて思惑すらない。
製作意図は何なんだろう?
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 0点(2007-12-04 06:45:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 4.76点
013.45%
100.00%
213.45%
3517.24%
4827.59%
5517.24%
6310.34%
7310.34%
826.90%
913.45%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS