Menu
 > 作品
 > キ行
 > キャリー(1976)
 > タッチッチさんのレビュー
キャリー(1976) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 キャリー(1976)
製作国
上映時間98分
劇場公開日 1977-03-03
ジャンルドラマ,ホラー,サスペンス,シリーズもの,青春もの,学園もの,小説の映画化,オカルト映画
レビュー情報
《ネタバレ》 初見。ああ、傑作だなあ。ストーリーというより、なによりキャリー役のシシーの表現演技となんといってもデパルマの演出の凄さ。冒頭のエッチなシーンで度肝抜かれてそのあと延々と続くヌルイシーンがクライマックスを際立たせる。エロ目線の画も抜群だしね。善意のかたまりで大好きな先生もよかれと思っているのが大裏目になってるしあっさりやられちゃってるし、一番の大元の腐れ女は生き残って食らわされてるし。面白いなあ。キリスト教に対するメタファーも面白かった。初見だったけど、中谷美紀は間違いなくこのシシーの表現は勉強してたなというのは良く判る。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 8点(2015-12-20 12:20:28)
その他情報
作品のレビュー数 201件
作品の平均点 7.09点
作品の点数分布
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%
作品の標準偏差 1.68
このレビューの偏差値 53.23
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
キャリー(1976)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS