Menu
レビュー詳細表示 画面
タイトル名 キャリー(1976)
レビュワー アラジン2014さん
点数 7点
投稿日時 2014-05-03 15:17:05
変更日時 2015-09-30 18:24:54
レビュー内容
キャリー'76に触れたのは自体が遅くて5年ほど前です。自分の中ではホラー系を外してきたので鑑賞自体が遅かったです。この映画を一言で表すなら「青春映画」ですね。とにかく主人公母子が気の毒でした。この母親の設定はかなり無理がありますが、当時のアメリカ、また35年前でしたらOKなのかもしれません。

皆さん書いてらっしゃる通り、シシーの演技が圧巻です。おどおどした感じだったり喜びを表現したりと、異常なくらいリアルに役にハマっています。もちろん観客である私たちも感情移入しまくりです。

惜しいのは血を被った後のアクションと体育館内の表現がショボい点ですかね。自宅に帰ってからはそんなにショボくないので惜しいですね。ちなみに、今話題のリメイク版は未鑑賞で今後観る予定はありません。



旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS