海猫のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > 海猫
 > (レビュー・クチコミ)

海猫

[ウミネコ]
2004年【日】 上映時間:129分
平均点:3.75 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-11-13)
ドラマラブストーリーロマンス小説の映画化エロティック
新規登録(2004-07-25)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2018-06-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森田芳光
キャスト伊東美咲(女優)野田薫
佐藤浩市(男優)赤城邦一
仲村トオル(男優)赤城広次
ミムラ(女優)野田美輝
蒼井優(女優)野田美哉
三田佳子(女優)野田タミ
深水元基(男優)野田孝志
鳥羽潤(男優)高山修介
角田ともみ(女優)幸子
小島聖(女優)啓子
白石加代子(女優)赤城みさ子
伊藤克信(男優)
菅原大吉(男優)
小林トシ江(女優)タエ
佐藤二朗(男優)
宮下順子(女優)
原作谷村志穂「海猫」
脚本筒井ともみ
音楽大島ミチル
津島玄一(音楽プロデューサー)
浅梨なおこ(選曲)
編曲鷺巣詩郎「冬のエトランジェ」
主題歌MISIA「冬のエトランジェ」
撮影沖村志宏(撮影助手)
製作東映(「海猫」製作委員会)
テレビ朝日(「海猫」製作委員会)
S・D・P(スターダストピクチャーズ)(「海猫」製作委員会)
朝日放送(「海猫」製作委員会)
ギャガ・コミュニケーションズ(「海猫」製作委員会)
杉山登(製作委員会)
企画早河洋
坂上順
プロデューサー木村純一
三沢和子
配給東映
衣装宮本まさ江(衣裳)
編集田中愼二
山下健治(編集助手)
録音橋本文雄
柴山申広(録音応援)
照明渡辺三雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.これは面白くないですねー。
濡れ場は多いが絶対に見えない!
そんなことばかりが気になります。
虎王さん [DVD(邦画)] 3点(2012-01-23 23:53:32)
27.伊藤美咲のヌードが……見えそうで見えない!!
j-hitchさん [DVD(邦画)] 2点(2010-08-20 14:56:42)
26.これはやっぱりダメじゃないでしょうか? どこがというより全体、せっかく海が舞台なのに。(某ドラマで佐藤氏と美咲サンが上司と部下だったのはスゴイ変な気がしました)
レインさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2010-05-25 00:10:03)
25.伊東美咲ってのは美人なんだろうけど、女としての魅力に欠けるな。一方ミムラは特に美人でもないけどなんかいいんだよな。なんでだろ?
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 3点(2008-12-28 16:35:14)
24.誰か~伊藤美咲に!伊藤美咲に!!モデルを薦めてください。もうこれ以上見ていられません・・・
にうさん [DVD(邦画)] 2点(2008-10-18 00:21:55)
23.《ネタバレ》 見えそうで見えない!必死こいて大事なところを隠すくらいなら、こんな濡れ場だらけの映画に最初から出なけりゃいいのに。最後の大ジャーンプ!には、もう笑うしかない。
フライボーイさん [映画館(邦画)] 4点(2008-01-12 08:45:32)
22.自分には何を表現したいのか、何を評価すればいいのかわからない内容。
孤独は人を狂わせるってことだけかな。
カラバ侯爵さん [映画館(邦画)] 0点(2007-12-04 21:27:00)
21.封切り前の宣伝がやたら頑張っていたな~という印象があります。「伊東美咲って女優も、この映画が初出演作品なのかな? ろくに演技の経験もなくてコレだったら、まあ頑張っているほうなのかな」などと大目に見ようと思っていたら、もう過去にも何度か映画にも出てる人なんですね(驚き) それでこの演技・・・。もう少し、しっかり演技できる人を主役に抜擢してほしいものです。演技については佐藤浩市が唯一頑張っていたかな~という感じです。シナリオもストーリーもこれといって評価すべき点がありません。この手の作品にふれる度に「邦画、もっと頑張れ」と思うのですが、こういう映画が世に送り出される時点で、もう手遅れかもしれません。今作の製作に携わったスタッフや会社の中に「もっと素晴らしい映画を作りたい!」という人はおりまへんのかね。こんな話題先行の映画ばっかり作ってたらしまいに邦画も終わりまっせ。
☆Tiffany☆さん [DVD(邦画)] 5点(2007-08-25 12:36:32)
20.驚くほどに退屈な映画でした。全てが中途半端な印象です。蒼井優さんがチラッとだけ出ています。彼女はこの作品のことをどう思っているのでしょうか??
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2007-03-06 07:25:04)
19.暇だった。絡みシーンも特にいい映像ではなかったし。なんかいろんなシーンにおいて、唐突感が否めない。
Michael.Kさん [ビデオ(邦画)] 3点(2007-02-25 00:08:12)
18.伊東美咲のセリフが棒読みに聞こえるのだが、あれは棒読みに聞こえる方言なのだろうかと思ったのは仲村トオルも三田佳子もちょっと棒読みなもんだからなんだけど、佐藤浩市が方言らしい方言をしゃべっているのでやっぱりただの棒読みだったのだろうが、小学生の本読みでももうちょっと感情豊かに話してくれるぞと思うと、これは演技なのかもと思ったりもしながら観ていると映画は終わってしまった。お話は女としての自分の気持ちに正直に生きた女の悲劇なのだが、やたらとそうならざるを得ない状況の描写に固執し、その正直な気持ちというものが見えてこないのが痛い。『近松物語』を観て勉強しなさい。それからセックスシーンが生々しくもなければ美しくもない、ただの宣伝のためにしか存在しない最悪なものだった。足を縛られているシーンが最もエロティックで衝撃的だった。そのすぐ後の雨の中、佐藤の追いかける様もなかなかのもの。それだけの作品。
R&Aさん [DVD(字幕)] 2点(2007-02-15 13:01:57)
17.《ネタバレ》 この手のお話は、昼メロドラマで免疫がついていたつもりだったのですが、本作はダメでした。テレビだと、どんなお話でも笑って許せる部分があって、めちゃくちゃなお話ほど面白いと感じるのですが、本作は正直腹が立ちました。それだけ『映画』だと本気になってのめり込めるということかもしれません。鑑賞後の率直な感想は「みんなバカだな」というものです。とくに薫と広次は底抜けのバカとしか思えません。2人の娘(ひとりはまだ乳飲み子)のことを一切考えず自殺する母。兄の妻と分かっていながら粉をかける弟(+後追い自殺)。”愛”という免罪符があれば何でも許されるというものではありません。「薫はみんなに愛された悲しい女」。薫の母にしてみれば、そうでも思わないといたたまれないのでしょう。でも第3者からみれば、そんなに上等なものだとは思えません。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2006-08-14 01:36:52)
16.伊藤美咲の為のアイドル映画ですね。しかし、随分とふにゃふにゃした役ですね。
SEXしか彼らには頭に浮かばないのでしょうか?漁師が嫌なら始めから結婚しなければいいし、子供を残して自分だけ自殺してどーすんねん?全く訳がわからない人です。でも、仲村トオルと佐藤浩一は熱演でした。ラストが手に汗握ったのでちょっと評価も甘めです。ただ映画としてはつまらないです。
たかちゃんさん [DVD(邦画)] 3点(2006-07-10 21:14:41)
15.《ネタバレ》 なんかちょっといい話だったかのように締め括っているけど、
冷静になって考えてみると、旦那の弟と浮気して、
幼い子供たちを残して自殺した無茶苦茶な女の物語なわけで、
どう考えても同情の余地が無い。
そりゃ慣れない生活に旦那の浮気という不幸な境遇は理解できるけど、
安易に旦那の弟に抱かれるというのは問題外。
僕にとっては非常に不愉快な話だった。
とは言うものの、笑わせる映画、泣かせる映画、怖がらせる映画といった具合に
映画にもいろいろあって、この作品は不愉快にさせる映画なのかも知れない。
そういうことなら、結構よく出来た作品と言えなくもない。
もとやさん [DVD(邦画)] 4点(2006-06-17 22:36:12)(良:1票)
14.くら~い、さむ~い、面白くな~い。の三拍子そろった作品だと思った。睡魔が幾度と無く襲ってきた。かおるから助けの手紙を受け取った弟が広次の元に・・・って警察行けよ~と思っちゃいました。すでにレビューされている方も書かれていましたが、最後飛び降りした後のクラクション、変!!めちゃくちゃ変だよ~。良かったのは、伊東美咲と主題歌だけです。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 3点(2006-05-18 22:22:24)
13.《ネタバレ》 映画の枠組みとしては、日本映画、にしては、良くできていたかな、と、
想ってしまいました、HDレコーダーで、録画していたので、何度か、
みなおしを、珍しくしてしまいました。
佐藤浩一が、奥さん役の人と出会ったシーンも、金融機関のシーンも
ワンカットはいっていました。こういう風に出会ったのだな、と、
想いました。
浩一の弟役、トオルが、珍しく良かったです、オーバアクション気味な
所が、見られなくて。
伊東ミサキだっけ、背中姿や、下着でのパンツ姿、それだけでも、素晴らしい
とおもえる、女優さんですね。
トオルに目で合図するシーンなんか、おもわず、なるほど、とおもって
しまいました。
飛び降りのシーンは、何度か、トオル歩いてる、シーンで、同じ場所を、
つかっていますよね、周りの風景から、高台だな、とうのが、かんじ、
とれました、これは、まきもどして、見直したから、解りました。
全体的にカット割りを、短くしているので、つながりシーンが、わかり、
にくいですが、日本映画も、こういう風に、作れるんだ、というか、
なぜ、いまごろ、海猫、なんていう、情緒くさい、映画を撮れたのかが、
面白いです。みたひろこの母親役は、ちょっと、あわないかな。ヤクザ映画
見たいな、雰囲気を残しちゃいましたね。娘さんが、浩一の家を訪れた時の
家の落書き、とか、村人から、最後、相手にされない、彼が、いったのは、
奥さんと、弟さんに、飛び降りされたり、不倫をされたのが、ばれたから、
なのか、その辺のシーンも、なかったけど、よく考えれば、そういうもの
なのかとか、浩一に会いに来た、娘さんやくの役者も、美人だし、いいかなと。
船に乗せるシーンなど、浩一の髪の毛をもうすこし、白髪にすれば、
ちがったかな、とか、細かいところは、キリがないのですが、全体的に
景色も綺麗だし、日本映画としては、この手の映画としては、楽しめた、
おもわず、感動してしまいました。トオルまで、飛び降りたとは、きづき
ませんでした、奥が深いかも。いとうみさきは、びじんだな、と思いました。
映画って、本当に素晴らしいです、楽しめました。
yasutoさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2006-03-20 03:43:40)(良:1票)
12.いくら希な美人でも、
漁師の嫁なんて気も体も強くないと務まらないだろうに。
性格が暗くて、船酔い体質で、二人目を生んだ後は寝たきりで・・
よくもらったよなという感じ。それでも薫はけなげに頑張っていたのだけど。
「邦一はあとでグダグダ文句たれるぐれぇなら、初めっがら小島聖さんの方と
結婚してれば良かったんだよな」「んだ」(←正直な気持ち)
一番悪いと思われる人が被害者面をしているのはどうなんだとも思いつつ、
薫たちが飛び降りた後のエピローグは割と好きだったりします。

ひろほりともさん [DVD(字幕)] 8点(2005-12-22 16:28:11)(良:1票)
11.なんでこんな映画に出たんだ~・・・なんでオッパイ見えないんだ~・・・
マー君さん [DVD(字幕)] 3点(2005-11-16 19:53:50)
10.う~ん、なぜ本作を観たのか..自分でも良く分からない.. きっと魔が差したのだ...
コナンが一番さん [DVD(字幕)] 1点(2005-09-08 16:53:05)
9.《ネタバレ》 予想通りの陰気な雰囲気で進む展開だった。縄で繋がれているシーンからは異常っぷりにぐっとひきつけられて飛び降りるまでしっかり観ることはできた。しかし伊東美咲はなんなんだろう。終始おどおどしていてセリフも少ないから頭が弱い人に見える。白痴美人というか…。それに濡れ場もなんだかね。あれじゃ人形としてるみたいで男としても観ていてあんまりおもしろくない。
日向夏さん [DVD(字幕)] 5点(2005-06-26 12:00:42)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 3.75点
013.57%
113.57%
2517.86%
3932.14%
4414.29%
5517.86%
600.00%
700.00%
827.14%
900.00%
1013.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.50点 Review4人
3 鑑賞後の後味 4.75点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review3人
5 感泣評価 3.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS