シネマレビュー
MENU
誓いの休暇(1959) 1959年 [ソ連]>(詳細)
平均点:8.63点 (Review 46人)>(詳細 / あらすじ ・ 検索)
<< 前1-20/46件後 >>
1. 名作とされていて、確かに素晴らしい部分もあったのですが、個人 .. >(続きを読む)
2. <ネタバレ>ロシア映画ってズルいよね。あの大平原があれば開放的で心地良い .. >(続きを読む)
3. <ネタバレ>愛おしい…。観客は主人公が死ぬことをあらかじめ知らされている .. >(続きを読む)
4. <ネタバレ>延々と続く白い1本道、そこを一人歩く黒いスカーフの女性。ナレ .. >(続きを読む)
5. <ネタバレ>初見。アリョーシャの帰郷の道中譚。
純真で正義感が強く人情 .. >(続きを読む)[良:1票]
6. <ネタバレ>よかったですよ。宮崎駿監督お気に入り、とのこと。合点がいきま .. >(続きを読む)
7. <ネタバレ>勲章よりも一人暮しの故郷の母に会うことを願い、6日間の休暇の .. >(続きを読む)[良:1票]
8. <ネタバレ>ストーリーそのものよりも、このストーリーを作り出してしまった .. >(続きを読む)
9. 雪解け期の単なる国家賞賛映画ではない、新たな映画観に基づく傑 .. >(続きを読む)
10. <ネタバレ>誰しもある淡い恋心、色々な愛情も戦争ですべて断ち切られてしま .. >(続きを読む)
11. 美しいカットは魅せられる部分があるが、戦争のリアリティに乏し .. >(続きを読む)
12. <ネタバレ>出てくる人が皆優しくて、軍人もみんな優しいのが若干胡散臭いけ .. >(続きを読む)
13. <ネタバレ>このサイトで、ちょっと期待しすぎたせいか、いいのか悪いのか判 .. >(続きを読む)
14. <ネタバレ>戦場のシーンは冒頭で主人公の青年通信兵アリョーシャが戦車を2 .. >(続きを読む)[良:2票]
15. <ネタバレ>『もうどこにも行かせない』
母親が子を思う気持ちは万国共通 .. >(続きを読む)
16. 「戦争は何でダメなの?」と聞かれたとき、答えはすべてこの中に .. >(続きを読む)
17. <ネタバレ>決して褪せることないであろう反戦映画、地味に秀作。 戦争がな .. >(続きを読む)[良:1票]
18. 反戦映画として、是非一度は見ていただきたい作品。グググッとき .. >(続きを読む)
19. フルシチョフ政権下の民主化の動きの中ということもあろうが、こ .. >(続きを読む)
20. この作品は、ぜひ日本でアニメ化してほしい。[良:1票]
<< 前1-20/46件後 >>