みんなの連続アニメレビュー Menu

色づく世界の明日から 12話[光る光る この一日が光る]

2018年【日】 第1シーズン[全13話]
平均点: / 10(Review 2人) (点数分布表示)
青春もの学園ものファンタジー
[イロヅクセカイノアシタカラ]
新規登録() 【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-05-14) 【シネマレビュー管理人】さん
放送開始日(
放送終了日(2018-12- )


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

監督篠原俊哉
キャスト石原夏織(女性声優)月白 瞳美
島本須美(女性声優)月白 琥珀(60年後)
東山奈央(女性声優)川合 胡桃
森川智之(男性声優)月白 弦
本田貴子(女性声優)葵 遙
本渡楓(女性声優)月白 琥珀
市ノ瀬加那(女性声優)風野あさぎ
[11話] 第12話[光る光る この一日が光る] レビュー [13話]
平均点:9.00 / 10(Review 2人)
エピソード別レビューはネタばれレビューのみです

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> 改行なし表示
※ 「改行」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 最終話ぽい12話

青春レベルが最高潮まで達してます。
しかしお化け屋敷から出た後に
手を放す描写が芸が細かい。

細かい心理描写の描き方が
やっぱり上手いです。

花火の描写も良かった。
花火以外はモノクロなんですねぇ。

ベジータなら「弾けて混ざれ」的な感じですが
こちらは非常に美しい。

最終話に向かって盛り上がってきました。
ってことで8点
シネマレビュー管理人さん [CS・衛星(日本アニメ)] 8点(2019-01-30 00:13:39)(良:1票)
1.《ネタバレ》 遂にその時はやってきた。

瞳美と唯翔が互いに言いたい事を言えずもどかしい気持ちのまま文化祭で二人過ごすシーンがまず良かった。お化け屋敷の中で手を繋ぐのだが、出た所で急に離すんじゃなくて、名残惜しむようにゆっくりと離して、最後は小指だけが繋がっている描写。細かいけど、こういう所が素晴らしい。まるで楽しい思い出を名残惜しむように、互いの気持ちが感じられる良い演出だった。
まだ、時間はあるのに教室に戻ると言う瞳美。それは楽しい思い出を最後にしたかったから…。

そして、時間は過ぎて行き、いよいよお別れの前に魔法で花火を打ち上げるというサプライズイベント。

もうね、このシーンをもって10点確定しました。
なんとも美しい花火が、瞳美目線で映し出される花火が、瞳美の気持ちの変化によって色を変えて行くんです。

最初はモノクロだった。

しかし、彼女が幸せを感じた時、花火は色づき始める。
まさに色づく世界のその瞬間。

嬉しさで涙が頬を伝うと、花火もぼやけて見えます。ここでも細かな演出が光る。

最終回への期待が最高潮に膨らむ素晴らしい回だった。
ヴレアさん [インターネット(日本アニメ)] 10点(2019-01-10 18:48:11)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 9.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
10150.00%

■ ヘルプ
Copyright(C) 1997-2019 JTNEWS